中国の秘境・四川美人谷!女王の谷の女性達は美人揃いで、歌や踊りで活躍する!!

Pocket


女王の谷の女性達は美人が多く歌や踊りで活躍!

中国の秘境・四川美人谷!女王の谷の女性達は美人が多く歌や踊りで活躍!

 

ジャムとジャシーは村の伝統的しきたりで結ばれた!

まず男性が歌う次に女性が歌い返す!

ディンムーシャンという求愛の儀式!

ラムは儀式を通じ14歳でジャッキーと婚約!

18歳でこの家に嫁いできた!

今は子供が二人!

石の家は4階建てだ!

石の家は4階建てだ!

地下は家畜の住まいで、1階は居間、囲炉裏がありそこに神様が宿るという。

2階と3階は寝室など生活のスペースで、4階は仏間!

古い信仰も残していて屋上は、その仲間の場所!

今はチベット仏教を信じる人々。

屋上の真ん中に「白い石」が置かれている。

この石については旅の後半でその歴史を語ってくれます。

娘を学校に送っていくのはジャシーの役目!

お父さんたちのバイクが行き交う。

そう学校は谷の底にある。

学校では中国の標準語の練習から始まる。

くあー!くあー!くあーとは胡瓜のこと!

フグんはギャロン語という独自の言葉を話すので標準語はななかな難しい!

女王の谷の女性達は美人が多く歌や踊りで活躍する人が多い。

女王の谷の女性達は美人が多く歌や踊りで活躍する人が多い!

地元のカブダンの練習もそれ。

北京で活躍する人もいる。

この谷が美人谷となった由縁だ!

でもラムは畑で耕す道を歩んでいる。

トウモロコシのタネを撒くのは、豚やヤギの大切な餌にするためだ

2人の子供には十分な教育を受けさせたいと思っている。

私たちの様に苦労せず、楽にお金が稼げる様にしてあげたい。

四川省・カンゼ・チベット族自治州。

神神が棲む山は標高3000mから5000m。

谷底は標高2000m。その間に集落が広がっている。

所々に塔が見える。

高いもので50mで、やはり石作だ!

四角い形が基本で中には13角形のものもある!

この山奥に500を超える石の塔!

誰が立ったのか?

凄いなーおとぎ話の世界を見ている様だ――-旅人の満島真之介さん!

僕は谷の歴史を訪ねてきた!

遠く離れた国の故郷沖縄と不思議なつながりを感じた!!

高さ30mの塔の前に立つと、10階建てのビルの様だ!

何のために作られたのだろー!

ウエー祈る場所だと!

昔は塔と家が繋がっていて中に人が住んでいた!

7~800年前に作られたという!

盗賊や敵が来たときはには、門を閉じ壁の穴から矢を射る。

防御の建物だった!

この塔、昔は中に階段があった。

塔は戦にそなえるものだった。

塔は戦にそなえるものだった!

250年ほど前も北京の皇帝の軍隊に攻められたが、人々は塔にこもり戦った。

他を見下ろすところにひときは目立つ2つの塔が立っている。

そこは地元の言葉で女王という地名がついている。

古くて要塞の様な建造物、かつてここに女王が棲んでいた。地元ではそう伝わっている。

本当かどうかわからないが、かつてこの地に女王がいた時、その国には女性しかいなかったと言われている。

風が吹くと子供が生まれて、それも女子だけが!

唐の歴史書は唐女子と名付け、その国は女子達だけであった!

およそ4万世帯が暮らし兵力は1万を超えた!

女性を重用し、男性は軽く扱われた。

女王には数百人の女性が支え、二日に一度まつりごとが執り行われていた。

女王の住む城は9階建で、民の家は6階建まで許された。

美人谷は女王の末裔が暮らす谷!

中国の旧正月から旧正月までの1年を見つめている。

旧正月になると都会から若者が戻ってくる。

中国で春節と呼ばれる旧正月 になると、女性達が帰ってきて伝統衣装に着替える。ディジーも母に着付けをしてもらう。

父は谷で小さな民宿を営んでいる。

ギャロン・チベット族は独特な髪飾りだ!

ギャロン・チベット族は独特な髪飾りだ!

大学生の娘も帰ってきた。

この谷ではかつて、日常的に、「鍋圧舞=カショウブ」と言って、鍋を囲んで踊っていた。

特色は楽器にないこと。

久しぶりに帰ってきたディジー。

何やら準備が始まった。

一族の長老の誕生パティーだ!

ボアン95歳で、ディジーのヒイおばあちゃん!アゴアム95歳!

谷では長老のものが家を継ぐ!

アゴアムの子供は11人。

一族は5世代で60人になる。

チベット仏教の儀式が始まる。

カーターと呼ばれる細長い布。

アゴアムから一人一人掛けてもらい祝福を受ける。

まずは子供の世代から。儀式の途中で皆が手気を始めた。

11人の子供のうちもう4人もこの世をさった。

思い出を噛み締めているのだ!

儀式は子供の次は孫そしてひ孫へと続く!

ディジーの番だ!

最後は玄孫=やしゃご! 

命と伝統を繋いできたギャロン・チベット族の女性達! 

一方、正月のご馳走の準備が始まっていた。

正月、女性達が必ず作るもの、それはバター茶!

牛の乳で作ったバターをお湯で溶く。塩で味付けをする。

まづ、長老に振る舞う。

鍋の上にはモモ=お餅の様なもの。

モモとは小麦で作ったチベット風の主食。

料理をゴトクの前に載せる、これが食事の前の儀式!

ゴトクの足の一つには代々の女系の先祖がやどっている。

もう一方には、男系の先祖が宿る。

さあー、いよいよ正月のご馳走だ!

早く音頭をとりなさい!

乾杯!

祝いの席には欠かせないものがある。

美しい歌と踊りをお見せしましょう!

美しい歌と踊りをお見せしましょう!

私達の行き先は真っ白な雪のあるところ!

真っ白な雪が私たちに幸せを運んでくる!

雪の世界だけが私たちを幸せにできる!

ギャロン・チベット族が歌い続けてきた「私達の行き先は雪があるところ」!

真っ白な雪が私たちに幸せを運んでくる!

雪に世界だけが私たちを幸せにできる!

その雪が溶け!

春が来た!

4月の花が咲き乱れ!

1年で一番美しい季節を迎える!

 

 

2008年の四川大地震!集落のあちこちで建て替えが始まった!

2008年の四川大地震!集落のあちこちで建て替えが始まった!

 

石を組み上げる伝統の家作り!

谷には職人がいて家作りをする。

材料は石と泥!

谷で取れる土が、接着剤となって石を固定する!

これが先祖代々伝わる技術だ!

これの方がコンクリートより長持ちするのだ!

材料は石と泥!時間が経てば立つほど、堅牢になる!

時間が経てば立つほど、堅牢になる!

石の塔と同じだ!

実は集落のあちこちで建て替えが始まった!

その原因は2008年の四川大地震だ! 

地震で大きなひび割れができ、どの家も建て替えを迫られている。

谷では労働を交換する慣しがある。

地震の時には本当に恐ろしかった!

家の中にいたけど大きく揺れた。

何も保証はなかった!

うちは全くなかったけど、よそは知らない!

ここらラムが夫家を建てる場所。

大きな岩を取り除かなければ家を建てられない。

固い石は建築材料になる。

一見の家を建てるには1万を超える石が必要だ!

夫婦で一つ一つ切り出してゆく。

僕は石を砕くのが上手くない、専門の職人を呼びたいけど、お金がない。仕方がないから自分でやるしかない。

女王の国の家作りが始まった。

 

 

30歳になる前に谷にリゾートホテルを建てるそれが私に夢!

30歳になる前に谷にリゾートホテルを建てるそれが私に夢!!

 

四川省・成都!

バーのショータイムで歌うディジー。

大都会成都でOLをしている。

30歳になる前に谷にリゾートホテルを建てるそれが私に夢! 

ただの宿泊施設ではなく魂のこもった宿を作りたい!

私の故郷は女王の国があったところ。

私も女王になりたい!

楽園を作りたい! 

資金集めをしたいが方法がわからない!

父は谷に戻り普通に暮らせという。例えば公務員とか!

だが私は夢を叶えたい。

私はフィナンシャルプランナーになりたい。 

 

※ ファイナンシャル・プランナーは、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者。略してFPとも呼ばれる。 ウィキペディア

 

銀行、証券、保険といろいろあるけれどそれはこれから少しづつ決めないとダメだろう。

それがよくわからないから、本日、聞きに来た。

お前一体どうしたい焦ってもダメだ!

腰を据えてやらないとこの業界は食えない。

実家に戻っていい子にしていろ!

民宿を営む父、今日も間もなく客が!

民宿は実家を回収して作った10部屋程度のこじんまりしたもの。

集落でいち早く民宿を始め子供を2人育て上げた。

この集落は道路がいち早く整備されたので観光客も多い。

民宿を営む両親はまだ娘の夢を知らされていない。

もてなしのハイライトはギャロン・チベット族の歌と踊り! 

実現したい!

谷の若者が働く場を!もう無飲しか道がないなんて思わない。 

夢と現実のキャリなんて測れない!

私はブサイクだけど心は優しい!

谷の緑が一層深くなる!

初夏になると山神の祀りが近づいてくる!

孫が子供が幸せであります様に!

人々が急斜面を登ってゆく!

女王の谷には・女王が天から降りてくる峰がある。それぞれの峰で独自の祀りが行われる! 

コノテガシワといわれる檜の仲間を燃やしている。

これがコノテガシワといわれる檜の仲間! 

それに、舞い上がる煙を目印に天の神が降りてくる。

そして神は峰から里へと降りてくる! どうやって神は里へと降りてくるのか! 

屋根の上で木を燃やしている、これも、コノテガシワだ!

この煙を目印にここに降りてくるのだ! 

儀式の場に置かれた「白い美しい石」「石英」だ!

どんな意味があるのか、谷には詳しい言い伝えが残っていなかった。

 

 

ここから400km離れたところに白い石を崇める人たちがいるという!

ここから400km離れたところに白い石を崇める人たちがいるという!!

 

ここから400km離れたところに白い石を崇める人たちがいるという!

神に捧げられた山羊の頭!

そして白い石が確かにあった!

彼らはシビと呼ばれる、村の霊媒師!

民族の意思を伝えに継承してきた!

我々の民族は遥か昔北の方に住んでいた!

身を寄せ合い暮らしていた!

あるときはとても勇敢な民族の長が出て!

たくさんの戦をした! 

雪を固めて水の弾にして先住民を打ち負かしていた。

その雪や氷が白い石になった! 

白い石は安住の地を得るための武器だった!

遥か北方からこの地にやってきた! 

そう家いえばラムの歌で歌っていた!

「私たちの行き先は真っ白な雪のあるところ!

真っ白な雪が私たちに幸せを運んでくる!

雪の世界だけが私たちを幸せにできる!」 

雪の世界と白い石を大切にする女王の谷の人々に!

我々は羌族=きょうぞく!! 

美人谷というところで、ああいう白い石を見たんですけど!

このギャロン・チベット族と羌族というのは何か関係があるのですか?

このギャロン・チベット族と羌族というのは何か関係があるのですか?

何千年もの時間をかけてお互いの言葉は異なるものになり、彼らは今、チベット族の仲間になった!

でも彼らの祖先には我々と同じ羌族だったんだ!

かつて北方で遊牧民ととして暮らした羌族の祖先!

何千年もかけ移り住んだ!

司馬遷の表した史記にそれが登場する!

紀元前2000年ごろ、中国最後の王朝夏王朝創始者「禹=う」彼は彼は、古代羌族の地からのし上がった! 

しかしその後古代羌族は辛い運命を辿ることになる。

力を滅ぼした尹王朝その遺跡に残された悠骨には羌という文字が刻まれている。

羊と人を組み合わせた羌の文字!

尹王朝が神に捧げる生贄の記述で登場する!

羌を3人!

尹は敵対する古代羌族を生贄としていた。

その窮地を救ったのは女性達! 

周王朝が起こると古代羌族の女性達が姫咲として、宮廷に入り皇后として力を奮い、周と強い同盟関係を結んだ!

                                                                               BC2000年頃      BC1000年頃

                                                                             ーー!ーー夏ーー!ーー殷ーー!ーー周ーー!ーー  

                                                                                     BC1600年頃

       周王朝時代年代記録!

 

 

 


美人コンテストが開かれた!女王の谷の一大イベント!          

美人コンテストが開かれた!女王の谷の一大イベント!

 

女性の力が歴史を作った!

女王の谷は実りの秋を迎え!

リンゴの収穫!

農民が手出品する市場!

リンゴとクルミの実!

いつも買い叩かれるラムの家! 

二人の妹の助けをした!

もうすぐ大常院まで行こうとしている! 

今になって自分が免れていることを!

市場が閉まった後も二人は売り歩く!

10月末!

冬が近づく頃!

美人コンテストが開かれた!

ラムも2度出場した!

これが女王の谷の一大イベントだ!

ギャロン・チベット族の・こ女王の谷の一大イベントだ!

この大会で優勝した人は、ギャロン・チベット族に生まれたのを、誇りに思います! 

故郷を愛する様に私も愛してください!

民宿のコンブーは煙を炊く!

実は娘からリゾートホテルを作る夢を打ち明けられていた!

実り豊かな谷ですよ!

特に果物がおいしい!

今の季節ならザクロもりんごも、野菜ならじゃがいも!娘がツアー客を連れてくる。

楽しく仕事をしましょう!

バスを降りた客を女王の谷へ連れてゆく!

父から夢を実現するチャンスをもらった!

テーマを持ったツアーは魅力的だ!

私は富裕層をターゲットにしたホテルを建てたい!

現地の文化を深く味わい、9階建てにしてもらう!

民宿の屋上ここの景色が一番だ!

おじいちゃんの家からの眺めは最高だ!

ホテルができたら若い女性達の働く場が作れる。女王の国の再建だ!

デイジーがツアーのコンダクターとしてそしてこの民宿の娘として、皆さんをもてなします!

デイジーに会いに行った満島くん! 

デイジーに会いに行った満島くん!

来月いよいよホテルの建設が始まる!

建設予定地まで足を運んだ!

こんなのを建てるの!

女王の城!

ここは女王の国でしょう!

塔も建てる!

谷全体を見下ろせる様に考えた! 

図面は半年前からあったが、親に見せたのは最近! 

昔は何をしても反対されたけど、観光業なら親も営んでいるから、サポートしてくれるって!!

女王の谷!

その奥に!

ラムの義理の父が満島くんを連れて行ってくれた。

私はもう歳で、よく見えないが、女王が住んでいたのはあの石の塔のあたり!

ほらそこに女王がそこにいるだろう!

この崖の上に女王の城跡がある!この下崖の壁面が女王に見える!

いつ作られたのか天然のものかよく分かっていない!

女王は今も、谷の上から暮らしを見守っている!

 

 

ラムの家作り!家を組み始める前に行う儀式がある!そして土地の四隅に埋めて、神を鎮める!


安住のシンボルとなった白い石!山神と白い石が、これからも守ってゆく!

 

ラムの家作り!

家を組み始める前に行う儀式がある!

小麦やコメをスキに入れる!

そして土地の四隅に埋めて、神を鎮める!

多くの人が手伝いにきた!

それはかつてラムが手伝いに行っていたからだ!10m司法の基礎部分に石を敷き詰めてゆく!

女性達は土をコシ泥を作る!100年以上も変わらない家作り。

チンシャー=新しい家!谷では家が寿命を迎える時、白い石を取り除く!

古い家の壁石は新しい家で使うことになった!

建築現場の仮住まいへ!

長い1日がようやく終わる!

どんな苦しいことも娘のためならできる!

ラムもまた父親に対する思いがあった!

なんとも言いようのない心苦しさがあった!

それは親に対して何もしてやれないこと!

娘の学費の工面で大変な時に、私たち夫婦が家を建て、さらに辛い思いをさせている。

本当に申し訳ないって心が痛いの!

朝早くから夜遅くまで私たちのために、働いて、私たちを育てるのに苦労して今も、私達のために苦しんでいる! 

私は嫁に出て助けてあげられないことが辛い!

娘夫婦が家作りで古老している今度は私が助ける番だ!

どんなに苦しくても娘のためだ!

全く疲れやしない!

この二人が幸せになってくれたわ私はそれでいい!

谷に春節!

中国の春節祭!

旧正月が近づいてくる!

大晦日!

ラム達が工事を始めて10カ月!

4階立ての外壁はほぼ出来上がっていた!

夫婦で切り出した石!古い家で出した石!

1万個以上が積み上がった!ジャシー自身の場所の屋上!

山から神が降りてくるのを迎える場所!

大晦日のこの日大事な作業がある!

やってきたのはかつて家族の家があったところ!

遥か祖先が雪山を越えてこの地に落ち着いた時、安住のシンボルとなった白い石!

女王の国の人にとっての宝物!

だから新しい家に運んでゆく! 

新しい家の敷地にある巨大ないし!

神が宿ると言われ、ジャシーが手をつけなかった石だ!

新しい家が完成するまで、白い石をここに置いておく!

この石はもともとどこにあったのこの石がどこからきたのか僕らは知らない!

父の父のづっと前から受け継がれてきた!

気づいた時には屋上に置いてあった!

この白い石が新しい家に命を吹き込む!

新しい厨房はまだ使われていないけど悪くないね!

新しい家の近くにジャシーちゃんのおじいちゃんのお墓がある!

おじいちゃん――-ジャシーです!大晦日のお参りに来ました!

家族は皆元気!

今年僕らは新しい家を建てた!

引っ越しも済ませた! 

報告を済ませた!!

大晦日のご馳走が並んだ!

あー!おいしい!

誰も怪我をせずにここまで作れた!

ここには自由があるの!

作りたいものがあれば自分で種を巻き収穫して調理して食べる!

辛いことはたくさんあるけど、私はやっぱり谷の生活が好き!

いつでも遊びに来て!

夫婦で1万の石を積み上げた家! 

ギャラモロ・女王の谷!

石を積み上げた家が美しい、ジャンシー達を山神と白い石が、これからも守ってゆく!           

9月15日 NHK BS 旅人・満島真之介! 終り!

 

 

羌人は旧唐書には「東女国」と書かれている女王国の民

羌人は旧唐書には「東女国」と書かれている女王国の民白い石は安住の地を得るための武器だった

 

今日のまとめ。 

本当に美人ばかりで見とれたが、頭には「かふり」を被っていた。埴輪の女性と同じ被りものだ。

取材されていたのはギャロン・チベット族ということだが、もともと羌人(きょうじん)がルーツだったという。

羌人は旧唐書には「東女国」と書かれている女王国の民だ。

番組によると、この民は夏王朝をうちたてた禹(う)のルーツだそうだ。

殷が建国されると羌人はいけにえとされていた。

次に周が起こると、羌人は王の妃として入り込んで身の安全を確保したという。

400km離れたところに白い石を崇める人たちがいるという!

神に捧げられた山羊の頭!

そして白い石が確かにあった!

我々の民族は遥か昔北の方に住んでいた!

雪を固めて水の弾にして先住民を打ち負かしていた。

その雪や氷が白い石になった! 

白い石は安住の地を得るための武器だった!

「私たちの行き先は真っ白な雪のあるところ!

真っ白な雪が私たちに幸せを運んでくる!

雪の世界だけが私たちを幸せにできる!」 


その美人の多さに大変うれしくなり、記事を投稿する決意をしました!

私もNHK BS の番組を見て、四川美人谷というだけあって、

その美人の多さに大変うれしくなり、

記事を投稿する決意をしました!

やはり決め手は美人揃いです!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。