世界中で愛される天使のワイン・モンテス5本セット!5450円税抜き!エノテカ!

Pocket

世界中で愛される天使のワイン・モンテス5本セット!

世界中で愛される天使のワイン・モンテス5本セットを購入!!5450円税抜き!エノテカ!

 

[エノテカ創業以来の大ベストセラー「モンテス」のデイリーワインをたっぷり楽しむ!]

世界中で愛されるプレミアム・チリワインの先駆者モンテス。

1988年、チリのワインシーンをリードする4人の専門家によって設立されて以来、革新的なワイン造りを続け、

世界の名立たるレストランや航空会社の機内ワインとしても採用。

今や誰もが認めるチリを代表するトップワイナリーです。

この度正規輸入代理店としてモンテスを日本のワインラヴァーの皆様にご紹介してきたエノテカが贈る限定セットが登場!

スタンダード・キュヴェであるクラシックシリーズと、モンテスがアルゼンチンで手がけるカイケンシリーズを含む、赤ワイン5本をセレクト。

いずれもお客様から高い支持を集める人気アイテムばかり。

すでにモンテスラヴァーという方も未体験の方も、ぜひこの機会にモンテスの魅力をご堪能ください!

[モンテスの魅力を堪能する赤5本▼]

プレミアムチリワインの先駆けであるワイナリー、モンテス。

モンテス・クラシック・シリーズは、モンテス社の基本と言える、最もスタンダードなワイン。

フレッシュでソフトな飲み口が特長です。

スタンダードなこのキュヴェにモンテスの魅力がすべて凝縮されています。

1.  モンテス・クラシック・シリーズ・カベルネ・ソーヴィニヨン

モンテス・クラシック・シリーズ・カベルネ・ソーヴィニヨン!

(スクリューキャップ)  通常価格 1,500 円 (税抜)

濃い果実味とスムースなタンニン、優れたバランスの赤ワイン。

こちらのモンテス・クラシック・カベルネ・ソーヴィニヨンは、いちごやカシスなどの赤・黒系果実のアロマに、

フレンチオークに由来するシナモンやナツメグなどのスパイスのニュアンス。

強く濃い果実味と、柔らかで芳醇なタンニンが優れたバランスを持ち、イキイキと躍動感のある味わいです。

くせがなく飲みや すいため、毎日のお料理を引き立ててくれます。

2. モンテス・クラシック・シリーズ・メルロ

通常価格 1,500 円 (税抜)

モンテス・クラシック・シリーズ・メルロ!

まろやかな口当たりとジューシー果実味。シチュエーションを選ばない万能メルロ。

クラシック・メルロは、厳選したブドウを使ったモンテスの自信作。

ブラックチェリーやブルーベリーなど熟した黒系果実のフルーティーな香りが立ち上ります。

しなやかなタンニンが支えるしっかりとした骨格があり、余韻には

心地よくまろやかな口当たりが残る、シチュエーションを選ばない万能赤ワインです。

「リミテッド・シリーズ」

元々は醸造家のアウレリオ・モンテス氏が実験的に造っていたリミテッド・シリーズ。

お値頃価格ながら高品質で、ファンの多いシリーズです。

3.  モンテス・リミテッド・セレクション・カベルネ・カルメネール

モンテス・リミテッド・セレクション・カベルネ・カルメネール!

通常価格 2,000 円 (税抜)

カベルネ・ソーヴィニヨンとチリを代表する品種、カルメネールを使用した

力強く飲みごたえのある赤ワイン。

こちらのカベルネ・カルメネールは、バタースコッチやスパイス、バルサミコや黒系果実のしっかりとしたアロマ。

力強い味わいがありますが、オーク樽由来のバニラのニュアンスによって、複雑味とエレガントさも感じられます。

カベルネ・ソーヴィニヨンの複雑さと、カルメネールの凝縮感が見事に表現されたワインです。

「モンテス・カイケン・シリーズ」

カイケンはモンテス社がアルゼンチンに所有するワイナリー。

チリとアンデス山脈を挟んだ隣国アルゼンチンでの新しい挑戦の象徴として、

アンデス山脈の渡り鳥、ガンの現地名である「カイケン」と名付けられました。

4.  カイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン

カイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン!

通常価格 1,800 円 (税抜)

木樽のニュアンスが心地よいまろやかで凝縮感のある味わいが特徴の赤ワイン。

熟したプラムやベリー系果実の甘い香りと、スパイスとブラックオリーブのニュアンス。

程良く香る木樽のニュアンスも心地良く、果実味はフレッシュでジューシー。

ビターチョコレートやバニラのような複雑味も感じられます。

凝縮感のある味わいが余韻まで長く続く、飲み応えある1 本です。

5.  カイケン・エステート・マルベック

カイケン・エステート・マルベック!

通常価格 1,800 円 (税抜)

アルゼンチンを代表するブドウ品種、マルベックを使った濃厚赤ワイン。

チェリーなどの赤系果実の香りと、スパイス香が感じられます。

味わいにはよく熟した赤い果実の風味に、オーク熟成によるバニラの甘みが融合し

複雑味を与え、上品でまろやかなタンニンが口いっぱいに広がります。

豊富な日と乾燥した気候が生み出す、強い果実味と豊富なタンニンが魅力の赤ワインです。

 

 

 

世界で愛されるプレミアムチリワイン!


日本への輸入量が5年連続No. 1!プレミアムワインは長期熟成に値するクオリティを誇る!ロバートパーカーさんが絶賛!

 

[世界で愛されるプレミアムチリワイン]

2020年1月に財務省貿易統計で、日本への輸入量が5年連続No. 1となり、ますます注目を集めているチリワイン。

今や、日本のワインシリーズになくてはならない存在となっています。

チリワインは栽培に最適な豊富な土壌を持ち、陽光たっぷりの温暖な気候からは、たっぷりとした果実の旨みが魅力のワインが生み出されています。

渋みやタンニンが強すぎない味わいは、日本の食文化にもマッチしやすく、多くのワインラヴァーに支持されています。

現在チリワインの主流はデイリーに飲める安くて旨いワイン。

それはチリワインが品種の個性を十分に表現しつつも、コストパフォーマンスに長けているからこそと言えます。

しかしその中で、モンテスは、世界のトップワインに並ぶとも劣らない

高いクオリティのワインを作り出し、プレミアムチリワインの先駆者としてその名を轟かせています。

高いクオリティのワインを作り出し、プレミアムチリワインの先駆者としてその名を轟かせています!

多くのワイナリーが後を追うように高品質のワインを生産していますが、

モンテスの魅力や個性は常に一歩先をゆき、他のチリブランドから抜きん出た存在です。

そのクオリティの高さで圧倒的なシェアを誇り、世界の名だたる

レストランやワイン評論家にも絶賛される、プレミアムチリワインなのです。

”チリワインが到達できる最も高いレベルに位置している”

”エントリーレベルのワインは驚くほど良心的な価格で、初心者向けのチリワインとして完璧であると同時に、

プレミアムワインは長期熟成に値するクオリティを誇る” と、ロバートパーカーさんが絶賛。

他にも華々しい受賞歴の数々!

2015年:アメリカワイン誌『ワインエンスージアスト』誌が選ぶ「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

未開のワイン産地を次々と開拓し、さらに温暖化を見据えてドライファーミング農法を取り入れるなど、

他のワイン生産者に先駆けた革新的な取り組みが高く評価されました。

2015年:ドイツのグルメ&ワイン専門誌『ファインシュメッカー』の「ライフタイムアチーブメント」を受賞。

この賞は過去にアンジェロ・ガヤやミゲル・トーレスといった

ワインの巨匠達が授賞した賞で、チリ人としては初という快挙でした。

2013年11月9日(土)の日本経済新聞のNIKKEI プラス1でもランキング:

『食卓彩るワイン、3000円以内で」モンテスアルファーシリーズから2本が5位以内に選ばれました。

などなど、このようにモンテスは、ワインのプロから軒並み高い評価を得ています。

 

 

 

 

プレミアムチリワインの先駆けであるワイナリー、モンテス!

チリ発、チリ人だけのチリワインカンパニー!世界最高峰のチリワインを造る!偉大なワインは畑から生まれる!

 

[世界中で愛される天使のワイン「モンテス」]

プレミアムチリワインの先駆けであるワイナリー、モンテス。

1988年の設立以来、革新的なワイン造りを続け、今や誰もが認めるチリを代表するトップワイナリーとして知られています。

その品質は、ワインの本場フランスに逆輸入されるほど。

今回は、そんなモンテスの魅力をたっぷりとご紹介します!

[モンテスの歩み]

モンテスは1988年、「チリ発、チリ人だけのチリワインカンパニー」として設立しました。

当時ワインメーカーとして他のワイナリーで働いていたアウレリオ氏は、

「伝統的なワイン生産国と肩を並べられる条件がチリには揃っているのに、どうして誰も品質の高いワインを造らないのだろう」

とずっと疑問に思っていました。

そして、同じくセールスの経験から世界のマーケットにはプレミアムチリワインを受け入れる

ポテンシャルがあることを感じていた、後の共同創業者ダグラス・ムライ氏と出会います。

この二人の運命的な出会いが、「世界最高峰のチリワインを造る」という信念のもと、ワイナリー創業に繋がったのです。

プレミアムチリワインの誕生を目標にしたワイナリー設立は、成功の保証もなく、資金も乏しい中で勇気が必要でした。

そうした中で生まれたモンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨンが、

プレミアムチリワインの先駆けとして高い評価を獲得し、ワイナリーは軌道に乗ります。

「革新を起こすこと、誰も踏み出したことのない道へ進むこと」、全てはこの情熱から始まったのです。

その後もモンテスの情熱は留まるところを知らず、アルファ・エムをはじめとした

チリのテロワールを表現するアイコンワインの誕生や、アルゼンチンでのカイケン・エステートの設立など、現在でも挑戦を続けています。

 “小さなことでも改善をし続けること”にこだわり、常に改善を意識してワインを造り続けている。

―創業者アウレリオ・モンテス

[偉大なワインは畑から生まれる]

偉大なワインは畑で造られます!

なぜモンテスのワインは、クオリティが高いのか。

理由はいろいろありますが、その基本はやっぱり“畑”

偉大なワインは畑で造られます。

チリの中でも厳しい環境にあるモンテスの畑からは、高い成熟度とバランスを備えた高品質なブドウが収穫できるのです。

ここではモンテスで主体となる三つの地域、アパルタ、マルチグエ、サパヤールをご紹介します。

[アパルタ]

アパルタは、コルチャグア・ヴァレーに位置するチリ最高の赤ワイン産地。

アパルタという言葉は地元の言葉で「痩せた土地」を意味し、地名の由来となっています。

土壌はヴァレーフロアは砂質と粘土質で構成されていますが、丘陵地にはフランス・北ローヌと同じ花崗岩質が多く見られます。

この痩せた土壌は高品質なブドウ栽培に最適で、アパルタがチリ最高の赤ワイン産地とされている理由でもあります。

カベルネ・ソーヴィニヨン、カルメネール、シラーといった品種が多く栽培されており、

モンテス・アルファ・エムやフォーリー・シラーなど、チリワインで最も有名な赤ワインの多くがアパルタで造られています。

[マルチグエ] 

マルチグエはサボテンが生え、低木が生い茂る荒涼とした風景が特徴的な地域です。

川が流れていないマルチグエですが、古代の氷河が溶けだしたことによって形成された沖積土壌が近年発見された新しい産地。

アパルタと同じ沖積土壌はブドウ栽培のポテンシャルがあると考えられています。

アパルタと比較すると標高の低いマルチグエのカベルネ・ソーヴィニヨンは、よりパワフルな味わい。

モンテスの最上級ワイン、タイタやモンテス・アルファにもブレンドされています。

[サパヤール]

サパヤールはチリで有名なリゾート地ですが、冷たい海風が強く吹きつける

極度に乾燥した気候は、ブドウ栽培の限界地と言えるほど厳しい気候条件です。

チリでもモンテスしか畑を所有しておらず、モンテスの情熱と革新を体現している産地とも言えるでしょう。

ピノ・ノワール、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネなど、冷涼な気候を好むブドウ品種が栽培されており、

OUTER LIMITS(限界を超える)と名付けられた過激なワインがサパヤールで造られています。

ラベルに描かれる天使の由来は?

モンテスのワインボトルには、必ず天使が描かれています。

この天使は創業者の一人、ダグラス・ムライ氏が交通事故から奇跡的に軽傷で助かったことに由来します。

ムライ氏は意識を失っている間に天使に会って助けてもらい、その存在を確信したのだとか。

以来、天使はモンテスのシンボルとして扱われています。

モンテスのワインを飲む皆さまにもハッピーをもたらしてくれるかもしれませんね。

[まとめ]

エノテカとモンテスの創業は同じ1988年。

ともにワイン業界で歩みを進め、30年あまりが過ぎました。

その間モンテスは一貫して挑戦と改善を続け、プレミアムチリワインの

先駆者として世界に認められる存在になりました。

エノテカもチーム・モンテスの一員として、その想いを日本の皆さまに届けていきたいと思います。

 

 

天使とはダグラス・ムライさんのことです!

モンテスには欠かせない人物が、ダグラス・ムライさんで、天使とはムライさんのことです!!

 

天使のワイン「モンテス」!

今日はモンテスの魅力を堪能する赤5本セットの紹介です!

モンテスの記事を書いてこのワインが欲しくなり購入しましたので紹介しました。

世界中で愛されるプレミアム・チリワインの先駆者モンテス。

1988年、チリのワインシーンをリードする4人の専門家によって設立されて以来、革新的なワイン造りを続け、

1988年、チリのワインシーンをリードする4人の専門家によって設立!

世界の名立たるレストランや航空会社の機内ワインとしても採用。

今や誰もが認めるチリを代表するトップワイナリーです。

プレミアムチリワインの先駆けであるワイナリー、モンテス。

モンテス・クラシック・シリーズは、モンテス社の基本と言える、最もスタンダードなワイン。

フレッシュでソフトな飲み口が特長です。

スタンダードなこのキュヴェにモンテスの魅力がすべて凝縮されています。

日本への輸入量が5年連続No. 1となり、ますます注目を集めているチリワイン。

”エントリーレベルのワインは驚くほど良心的な価格で、初心者向けのチリワインとして完璧であると同時に、

プレミアムワインは長期熟成に値するクオリティを誇る” と、ロバートパーカーさんが絶賛

モンテスは1988年、「チリ発、チリ人だけのチリワインカンパニー」として設立。

そうした中で生まれたモンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨンが、

プレミアムチリワインの先駆けとして高い評価を獲得し、ワイナリーは軌道に乗ります。

なぜモンテスのワインは、クオリティが高いのか。

理由はいろいろありますが、その基本はやっぱり“畑”。偉大なワインは畑で造られます。

モンテスで主体となる三つの地域は、アパルタ、マルチグエ、サパヤールです。

この天使は創業者の一人、ダグラス・ムライ氏が交通事故から奇跡的に軽傷で助かったことに由来します。

ムライ氏は意識を失っている間に天使に会って助けてもらい、その存在を確信したのだとか。

先日もこのムライ氏の記事を書いたばかりです。

やはりモンテスには欠かせない人物が、ダグラス・ムライさんで、天使とはムライさんのことです!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。