世界のピノ・ノワール・アルデ・ゴット・ピノ・ノワール!初めてのドイツ・ワイン!

Pocket

これが初めてのドイツワイン「アルデ・ゴット・ シュペートブルグンダー」です!!


世界のピノ・ノワール「アルデ・ゴット・ピノ・ノワール」!ソフトでマイルドな印象のドイツ・ワイン!

 

ピノ・ノワールの6本セットの中の⑥  「アルデ ゴット ウィンツァー シュペートブルグンダー」 の紹介。

世界中のワインの中からAEON de WINEが厳選しました。

世界のピノ・ノワール赤ワイン6本セット

AEON de WINEが厳選!世界のピノ・ノワールの赤を6本セレクトしました。

その名は「アルデ ゴット ウィンツァー シュペートブルグンダー」  

マイルドな酸味と穏やかなタンニンが特徴で、飲む人にソフトでマイルドな印象を与えます。 

アルデ ゴット ウィンツァー シュペートブルグンダー

/ アルデ ゴット ウィンツァー(ALDE GOTT WINZER Spatburgunder)

本体価格 1,980円 (税込価格 2,178円)

[味のバランス]  甘味:★   渋み:★★★★   酸味:★★★  果実味:★★★★

[詳細]  商品コード:4011993637513   

生産地:ドイツ ヴュルテムベルク地方   ワイナリー:アルデ ゴット ウィンツァー   

容量:750ml   タイプ:赤    味わい:フルボディ

[香り]   イチゴ カカオ

[ぶどう品種]  ピノ・ノワール 100%

[商品説明]  

明るいガーネット色の反射を伴う中程度のルビー色。

ラズベリー、ブラックチェリー、イチゴ、ローズヒップのブーケが表れ、

エレガントな果実の風味が味わいをさらに豊かにします。

シルクのように滑らかな口当たりです。

さらに、ココアとヘーゼルナッツのヒントがフィニッシュに現れます。

このココアとヘーゼルナッツは全体的な印象を穏やかでまろやかなものにします。

マイルドな酸味と穏やかなタンニンが特徴で、飲む人にソフトでマイルドな印象を与えます。

[おすすめ]   

「合う料理」お肉料理全般、鶏肉やチーズ、ラムのタジン鍋 飲み頃温度:14~18度

 

 

エレガントな果実の風味が味わいをさらに豊かにします。


エレガントな果実の風味が味わいをさらに豊かに!マイルドな酸味と穏やかなタンニンが特徴!ソフトでマイルドな印象!

[香り]   イチゴ  カカオ    ぶどう品種:ピノ・ノワール

[商品説明]   

明るいガーネット色の反射を伴う中程度のルビー色。

ラズベリー、ブラックチェリー、イチゴ、ローズヒップのブーケが表れ、エレガントな果実の風味が味わいをさらに豊かにします。

シルクのように滑らかな口当たりです。

さらに、ココアとヘーゼルナッツのヒントがフィニッシュに現れます。

このココアとヘーゼルナッツは全体的な印象を穏やかでまろやかなものにします。

マイルドな酸味と穏やかなタンニンが特徴で、飲む人にソフトでマイルドな印象を与えます。

[おすすめ]   飲み頃温度:16~18度

[レビュー]

ドイツのピノノワール なかなか良い評価5点2019/11/30 14:03 By Edvard

ピノノワールのセットで購入した際の1本でした。

独特の香りと味わい、

この6本がピノ・ノワールセット!

ストロベリー系が印象的でした。次回は単品でオーダーしたいとおもいます。

価格に見合わないのでは評価2点2019/09/10 14:46 By cheese

セールでこれを含めて2種類買って、飲み比べをしました。

好みではありますが、通常価格では買わないと思いました。

セールは、色々なワインを知るのにいい機会だと思いました。   

AEON de WINE 記事より。

ドイツワイン かみさん曰く ドイツの雑感の満載ワインだそうです

デイリーでガッツリ系なら十分っす。

マイルドな酸味でタンニンは穏やか。

Vinica 記事より。

 

 

この葡萄畑はシュペトブルグンダー種です!!


シュペトブルグンダー種=ピノノワール種!ブルゴーニュワインより柔らかく飲み心地の良さも印象的!!

 

4月28日はドイツワインの日

2020/04/28

ドイツワインと言えば、甘口で初心者向けと思われていますが、

いいやいや、辛口の白、辛口の赤ワインもありますよ。

柑橘系のフルーツを想わせるすきっきりした酸とフルーティーで軽やかな口当たりの白は 

まさに「吟醸酒」をイメージさせてくれます。

赤ワインはシュペトブルグンダー種(ピノノワール種)を使用、華やかな香りとフルーティーな味わいは

フランス・ブルゴーニュワインより柔らかく飲み心地の良さも印象的です。

おすすめのワインは

白は『カルフェルツ リースリング・フルフトズース』

モーゼル地方で1450年頃からブドウ栽培を続けているワイナリーです。

これがモーゼルの葡萄畑!

ブドウ畑は南~南西の急斜面にあります。

このリースリング フルフトズースはその発酵を早めに止め、より果実味を残し、

アルコール度数を低く抑えています。とてもフルーティでジューシーなワインです。

カルパッチョ、春野菜の天ぷら(特に今は、アスパラの天ぷら)におすすめです。 

赤は『アルデ ゴット ウィンツァー シュペートブルグンダー 』

ヴュルテムベルク地方で1948年に創設された協同組合です。

シュペートブルグンダー(=ピノノワール)100%でマイルドな酸味と

赤ワインの穏やかなタンニンが特徴で「柔らかく&優しい」印象を持ちます。

唐揚げや、焼き鳥、焼き肉、ハンバーグにも合います。

白、赤とも気軽に楽しめるので、オンライン飲み会にもおすすめ!

会話も軽やかに弾みます。お試しあれ!

AEONLIQUOR 記事より。

 

 

ドイツのピノ・ノワールを今すぐ買うべきだと!J・ロビンソン曰く!


飲む人にソフトでマイルドな印象を与えます!ドイツのピノ・ノワールを今すぐ買うべき!!

 

ワイン アルデ ゴット ウィンツァー シュペートブルグンダー

/ アルデ ゴット ウィンツァー(ALDE GOTT WINZER Spatburgunder) ドイツ 赤 フルボディ 750ml

マイルドな酸味と穏やかなタンニンが特徴で、飲む人にソフトでマイルドな印象を与えます。

明るいガーネット色の反射を伴う中程度のルビー色。ラズベリー、ブラックチェリー、イチゴ、ローズヒ…  

赤ワイン 美味しいワイン&グルメ nano 記事より。

[ドイツワインの代表品種]

ドイツワインの中でも有名なのが白ブドウ品種のリースリング。

ドイツは世界のリースリングの栽培面積の6割を誇るリースリング大国で、

ドイツに植えられている全ブドウ樹の約1/4をリースリングが占めています。

辛口から甘口、スパークリングまで幅広いスタイルのワインが造られており、

類まれなる芳香性とその土地の味わいを映し出す鏡のような敏感さはワイン愛好家の心をつかんで離しません。

中でもモーゼルとラインガウがリースリングの2大産地とされています。

黒ブドウに関しては、ドイツではシュペートブルグンダーと呼ばれるピノ・ノワールが有名。

ドイツではシュペートブルグンダーと呼ばれるピノ・ノワールの葡萄!

その品質は、ジャンシス・ロビンソン女史が

「ブルゴーニュの後を追って価格が手の届かない成層圏に突入する前に、ドイツのピノ・ノワールを今すぐ買うべき。」

とおススメするほどです。

ドイツの中でも、比較的温暖なバーデンやファルツが特に優れた産地として知られています。 

革新的生産者が活躍する生産地「ファルツ」はドイツで2番目に大きい産地で、ドイツで最も温暖な地域。

「ファルツの3B」と称される大御所を始め、高品質なワインを生産した革新的な生産者が活躍する銘醸地です。

リースリングが最も多く栽培されていますが、ドルンフェルダーやシュペートブルグンダー=ピノ・ノワール 

などの黒ブドウ品種も多く、ドイツ国内において最大の赤ワイン生産地となっています。

ENOTECA online 記事より。

 

 

五日目に評価を上げて試飲評価★★★★++になりました!


フレーバーの正体は甘味の中の渋みが特徴的!五日目で評価を上げた!試飲評価★★★★++!

 

今日は楽しみにしていたドイツのピノ・ノアール=シュペートブルグンダー の

「アルデ ゴット ウィンツァー シュペートブルグンダー」の紹介です。 

マイルドな酸味と穏やかなタンニンが特徴で、飲む人にソフトでマイルドな印象を与えます。

エレガントな果実の風味が味わいをさらに豊かにします。

シルクのように滑らかな口当たりです。

ドイツワインと言えば、甘口で初心者向けと思われていますが、いいやいや、辛口の白、辛口の赤ワインもありますよ。

マイルドな酸味でタンニンは穏やか。


フルボディ同士の飲み比べは、記憶なく初めてです!!

五日目にはチリのフルボディ「バルディビエソ・カベルネ・ソーヴィニヨン」との飲み比べ!

フルボディ同士の飲み比べは、記憶なく初めてです!!

ブルゴーニュの後を追って価格が手の届かない成層圏に突入する前に、ドイツのピノ・ノワールを今すぐ買うべき。 

葡萄の品種:ピノ・ノワール=シュペートブルグンダー 100% 。

試飲記録 2020-06-18-20-21         

外観:色合いはピノ・ノワールの淡いルビーレッド。

アロマ:アロマはベリー系のようだが、何かなめし皮の香りのようで、ブラックチェリーやイチゴの香りではなかった。

ボディ:飲みごたえのあるフルボディ。

ピノ・ノワールにフルボディがあるんですね?

アタック:口に含んだ時甘味の中に渋みの混ざったフレーバーにドイツワインの何かを見たような気がした?

ストラクチュア:甘味に含まれたタンニンと酸味のしっかりさがバランスしていていい!

なかなかいいストラクチュアだ!

一口評:ドイツワインは初めての試飲。

ドイツのピノ・ノワール=シュペートブルグンダー にはフレーバーに特徴がある。

そのフレーバーの正体は甘味の中の渋みが特徴的でそれがこのワインだ!

この「アルデ・ ゴット 2017」の評価は案外低く四つ星ですが、次の試飲三日目と五日目を見てみたいものです。

ドイツワインのワイン名や葡萄名がドイツ語で馴染みがないので戸惑います。

その後三日目、五日目の試飲でさらに硬さが取れたせいか、美味さが増していて評価を二段階上げました、

従ってその評価は四つ星++の高評価になりました!!

五日目にはチリカベの強豪「バルディビエソ・カベルネ・ソーヴィニヨン」との飲み比べではほぼ互角でした。

これはチリカベの強豪のフルボディ「バルディビエソ・カベルネ・ソーヴィニヨン」です!

フルボディ同士の飲み比べで迫力がありました!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。