一足まるごと・土に還るスニーカー!Fashion!土に還るからと水をよごし、働く人が虐げられてれていたのでは意味がない!

Pocket

一足まるごと・土に還るスニーカー!型はイタリアで手作業で削って製作された!

一足まるごと・土に還るスニーカー!Fashion!土に還るからと水をよごし、働く人が虐げられてれていたのでは意味がない!

 

生地や靴紐縫い糸はオーガニックコットン。靴底は天然ゴム、中敷は植物繊維を圧縮したラテックス。

接着も石油系ではなく、水溶性ののり、プリントの塗料も天然由来の素材を使う。

4月に発売される「General Scale=ジェネラルスケール」のスニーカーは、全てのパーツに生分解性の素材を用いている。

つまり微生物にとって環境に悪影響を与えないものに分解され、20年ほどかかると見られるが、「土に還る」のだという。

アッパーやソールなどの部分的に環境に配慮した素材を用いて靴は、大手ブランドを中心に従来あった。

しかし、一足丸ごとというから驚きだ。

通常、補強のためにドーナッツ型の金具をつけることが

多い靴紐を通す穴も、オーガニックコットンデカがるように縫い付けて強度を高めた。

一般的にプラスチックなどのカバーがつく靴紐の先端にも、オーガニックコットンをほつれないように巻き付けている。

手がけるのはファッションブランド「メゾン ミハラヤスヒロ」。

デザイナーの三原康裕さんは、「どこまでチャレンジできるか、やってみたかった」と話す。

発見も多く楽しかったと話すデザイナーの三原康裕さん!

ここ数年サステナビリティに対する意識が急速に高まったが「環境に配慮していれば善、

そうでなければ悪と全てを分けてしまうような状況が、正直ちょっと不快だった」。

環境問題に対し、個人の考え方も社会の向き合い方も発展途上にある。

気運の高まりも「今回で何度目かの波。人間は飽きてしまう、でも、そうあってはいけない問題」という。

だからこそ、どこまでこだわれるかやってみようと思ったそうだ。

靴を生産するポルトガルの工場人たちの協力を得て、ヨーロッパを中心に素材を探した。

例えば靴底は世界でも珍しい、天然ゴム100%のフランスの「LA CTAE HEVEA」を採用した。

原料として使用するのは栽培林のパラゴムの木で、収穫を経て切り倒したら新たに植林するという。

「土に還るからと水をよごし、働く人が虐げられてれていたのでは意味がない。

背景も把握して材料を選ばなければいけない」と三原さん。

環境だけでなくし、社会に対しても向き合おうと、生産に携わるすべての企業情報を提供する。

「僕らにとって正直どこまでできるのか」

スニーカーを見た限りでは何もわからない。ぽってりとしたソールに、ふわっとしたリボンのような靴紐を合わせて楽しい雰囲気。

よく見ると、すでに長年一緒に過ごしてきたかのようにすり減ったデザインで、新しいのにビンテージのよう。

「タイムレスを表現したかった」。土に還るまで、ともに歩んでいけるというわけだ。

三原さんは多摩美術大学在学中に独学で靴を作り始め、1997年にブランド「ミハラヤスヒロ」を創設した。

靴を手がけ、アパレルの展開も開始し、現在はパリコレクションでも活躍する。

「メゾン・ミハラヤスヒロ」2021秋冬のコレクション!

靴でも洋服でも、ものづくりやデザインに一貫するのは「日常的に使うものに芸術性を持たせること」だ。

その背景には子供の頃の経験がある。美術館で絵や彫刻を触ろうとして、よく怒られたそう。

「たぶんその鬱憤がたまっていて、人と芸術が調和しないもどかしさをずっと感じている」

なぜこの靴は、どこにも金具が使われていないのだろうか。

なぜ最初から、風化したようなデザインなのだろうか。

作りたいのは「人に考えさせる力を持つもの」。

それは「芸術の本質は問題提起だと思っている」からだ。

1月に発表した21年秋冬コレクションについて、「憂鬱でロマンチックで、魅惑的にワイルドで、

コロナ渦が落ち着いた 将来、着るということについて考えるものだった」。

米ヴォーグ紙のウエブ版はこう評した。着用しているとふと思考のスイッチが入る、そんな服や靴なのだろう。

サステナブルなものを作ることで「世の中や環境が本当に良くなっていくのか、その答えはまだわからない」と三原さん。

それでも土に還るものだけでなく自分なりに責任を果たしたものを様々に表現していきたいとという

今は産地からの輸送手段について、燃料消費で環境負荷が低くなるような空輸から海運へ移行できないかを思案中だ。

次はどんなことを私たちに考えさせてくれるだろうか。    

井上聡子  遠藤宏撮影 日経新聞。

 

では「一足まるごと・土に還るスニーカー」について研究をしてゆきます。

 

 

土に還るスニーカーで軽やかに歩こう サステナブルスニーカー!

土に還るスニーカーで軽やかに歩こう サステナブルスニーカー!Millaye(ミライェ)は独自技術を用いた!!

 

[FASHION]  

[土に還るスニーカーで軽やかに歩こう サステナブルスニーカー「EUYEN」]    

株式会社Millaye(ミライェ)は独自技術を用いた、土に還るサステナブルスニーカー「EUYEN(ユーエン)」を開発。

クラウドファンディングサイトにて9月13日まで販売を行なっている。

アウトソールに独自の天然ゴム発泡技術を使ったほかアッパー材や染料まで天然由来の素材にこだわった。

[サステナブルスニーカー「EUYEN」クラウドファンディングで販売開始]    

株式会社Millaye(ミライェ)は、クラウドファンディングサイト「MAKUAKE(マクアケ)」にて、

自社ブランド「EUYEN(ユーエン)」より「土に還るサステナブルスニーカー」の応援購入プロジェクトを実施している。

SDGsへの貢献を目指し、地球環境への負担低減に寄与する商品の企画開発・製造・販売を行う

株式会社Millayeは、独自技術である「天然ゴム発泡アウトソール」を中心に、生分解性の高い素材だけでスニーカーを生み出した。 

天然ゴムのアウトソール、綿糸のアッパー、植物染料など地球思いのこだわり!

クラウドファンディングサイトにおける販売は9月13日までで、期間終了後は自社サイト等での販売を予定している。

[天然ゴムのアウトソール、綿糸のアッパー、植物染料など地球思いのこだわり]    

現在、世界では年間250憶足の靴が販売されており、その多くでPU、PVC等の

石油由来の素材やEVAと言われるビニル系の素材が使用されている。 

とくにEVA素材のミッドソールは、軽量性、高反発性の特徴から多くのスニーカーで採用されているが、

廃棄後のEVA素材はVOC(揮発性有機化合物)を排出するなど、地球環境に与える負の影響が大きい。

EUYENは独自の「天然ゴム発泡技術」を用いて、天然由来のアウトソールを開発。

天然ゴムソールの課題である「重い」「グリップ力」「熱に弱い」「汚れやごみがつきやすい」の4点をすべて解決した技術だ。

天然ゴムソールの課題である「重い」「グリップ力」「熱に弱い」「汚れやごみがつきやすい」の4点をすべて解決した技術! 

EVAを使わずとも軽量で機能面も担保するとともに、アッパー材には、生分解性の高い綿糸を使用。

肌触りもよく通気性がある。

色染めには、花や植物からできる天然顔料を使用。その他の素材も天然由来の素材にこだわることで、

地球環境への負荷を低減する“サステナブルスニーカー”を実現した。  

地球環境を思い、日常生活において使うものを見つめると、その素材の多くは地球環境へ悪影響を及ぼしていることに罪悪感を覚えることもあるだろう。

EUYENのスニーカーを履けば、心軽やかにお出かけを楽しめそうだ。     

ELEMINISTO より。

 

 

土に埋めると自然に還り花が咲く オランダ発エコなスニーカー!

土に埋めると自然に還り花が咲く オランダ発エコなスニーカー!オーガニックコットン、コルクなど!

 

[土に埋めると自然に還り花が咲く オランダ発エコなスニーカー]    

ランダのシューズブランド「OAT Shoes」が、「生分解性プラスチック」やオーガニックコットン、コルクなど、

生分解(=物質が微生物によって分解される性質を持つこと)する素材を使用した

スニーカーコレクション「OAT Shoes Limited Skin Collection」を販売している。

靴底には花の種が仕込まれており、使用済みのスニーカーを土に埋めて自然に還すことで、種が発芽して花が咲く。

 「OAT Shoes Limited Skin Collection」のメイン素材として採用されている

「生分解性プラスチック」は、でんぷんを主原料とした新素材。

微生物の働きにより、分子レベルまで分解されるため、最終的には

二酸化炭素と水となって自然界へと循環していく特性を持つ。

環境と調和した循環型社会の実現に向けて、国内でも食品容器や農業資材などに利用されている。

 デザイナーChristiaan Maatsが手がける「OAT Shoes」は、2008年に環境保護と

モードなデザインの両立を目指すシューズブランドとしてスタート。

「生分解性プラスチック」でできた「OAT Shoes Limited Skin Collection」は、土壌や気候などの

環境の変化により差はあるものの、土に埋めて約6カ月で、スニーカーの成分が分解されて土に還る。

靴が分解された後は、靴の底にある小さなポケットに内包した種が発芽し、デイジーやスノードロップ、ポピーなどの

様々な花が咲くエコなスニーカーコレクションとなっている。

「OAT Shoes Limited Skin Collection」は、オランダとベルギーのショップとブランドの

公式WEBサイトで、149ユーロで販売している。日本での販売は未定。

 「OAT Shoes」の公式Facebookページでは、「OAT Shoes grow flowers!

That’s right, you can bury our nifty sneakers after they’re worn down, water regularly

and watch flowers bloom from your old kicks!(=『OAT Shoes』の靴は花を咲かせます!

使用済みのスニーカーを土に埋めて定期的に水をあげることで、

満開の花々を見ることができるのです!)」と紹介している。    

FASHIONSNAP.COM  より。

 

 

マカロニアン×ビオ ホテルの!土に還るスニーカーが見た目も心も潤してくれるモノ!

マカロニアン×ビオ ホテルの!土に還るスニーカーが見た目も心も潤してくれるモノ!!

 

[人工的なモノが自然に還る!?「マカロニアン×ビオ ホテル」の土に還るスニーカーが見た目も心も潤してくれるモノでした!!]    

暖かい日がだんだんと増えてきましたね。気候が安定していると、心も穏やかな気持ちになっていく気がします。

今回は、エコとデザインを融合させた、“マカロニアン×ビオ ホテル”のスニーカーをご紹介します!

なんと、このスニーカーは新しい試みのあるスニーカーだというので、魅力に迫っていきたいと思います!

「1 地面を歩くアイテムのスニーカーでありながら、土に還るスニーカーでした!?」   

 実は私も、どういうことですかって思わず聞いてしまいました。

スニーカーなのに土に還る?人工的なモノなのに、自然に還る?

クエスチョンマークが頭の中にありましたが、聞いて納得なエコなプロダクトだったので、ご紹介していきますね。 

クラシックな雰囲気のスニーカーですが、見た目ではわからないほど、素材や加工に工夫がされています。 

順にお伝えしていきますね。まずは、アッパーとインナーのキャンバス素材にはすべてオーガニックコットンを使用しています。

エコなアイテムの代表格の素材でもあります。 

アッパーのスエードレザー部分に関してですが、表面に傷が入った為、

廃棄されるはずだった革の裏側を使用しているので、見た目にはわかりません! 

さらにシューレースホール部分の金属アイレットを排除し、シューレースの

先端部分のプラスチックを用いていないのがポイントです! 

しかも、紐の先端部分を固結びにしているので、アクセントになっているのもいいですね! 

極めつけはアウトソール! 

紐の先端部分を固結びにしているので、アクセントになっているのもいいですね!

マカロニアンお得意の生ゴムを使用していて、ソールのゴムの部分はすり減っても大丈夫なんです!

リペア可能なので、交換することができるんですね。

アッパー、ソール、シューレース部分など全てに環境に配慮した素材を用いているので、土に埋めれば

分解され、燃やした場合は温室効果ガスや有害物質が出ない、まさにエコロジカルなスニーカーです!!

「2 環境に優しいだけでなく、履く人にも優しいデザインのバリエーションです!」    

先ほどのミリタリーシューズテイストの他にもバリエーションがあります。 

オールホワイトが眩しいプレーントゥタイプのスニーカー。 

スニーカーなのにレザーを用いているのと、シンプルでスタイリッシュな

デザインがドレスな雰囲気を醸し出していますね! 

こちらはオールスエードのスリッポンタイプ。

ライトグレーの色味とスエードの素材感が、足元に優しさを与えてくれる1足です。

3型ともホワイト、グレーでの2色展開になっており、デニムからドレスパンツまで

パンツを選ばず、合わせやすいスニーカーなのが嬉しいですね! 

正直、エコなスニーカーと言われてもあまりピンと来ませんでしたが、反省します。

エコでありながら、モードな雰囲気。 

環境に優しく、人にも優しいスニーカーでした。 

しかもこのクオリティーで¥12,800ならお財布にも優しいですね! 

「[maccheronian×BIO HOTEL Return to Mother Earth MODEL―土に還るスニーカーー]」    

老舗スニーカーブランドの「マカロニアン」と健康と環境配慮に関する厳格な

基準をホテル規約に持つ「ビオ ホテル」のコラボレーション企画。 

素材やディティールを環境に配した作りにし、量産型では表現できない、クラフト感のある

風合いのするスニーカーへと昇華させたプロダクト。 

素材:オーガニックコットン(キャンバス部)×レザー。 

製法:バルカナイズ製法 サイズ:36~45まで(23cm~28.5cmまでの目安) カラー:ホワイト、グレー。 

バリエーション:全6モデル(スリッポン、ミリタリー、プレーン各2色ずつ) 各¥12,800    

Mono Max Web より。

 

 

天然ゴムソール、軽くてふわっと歩ける!土に還るスニーカー「EUYEN」!

天然ゴムソール、軽くてふわっと歩ける!土に還るスニーカー「EUYEN」!

 

[独自開発の天然ゴムソール、軽くてふわっと歩ける。土に還るスニーカー「EUYEN」]    

天然素材をベースに履き心地を追求し、圧迫感を排除したミニマルデザインのスニーカー。 

独自技術による天然ゴム発泡素材の軽量かつクッション性に優れた高機能アウトソールを使用。 

持続可能な天然資源を使用した。

自然に優しいモノ作り。

[EUYEN/優艶 サスティナブルスニーカー]    

未来の子供たちの為に自然豊かで、安心安全な世界を守りたい。 

自然を壊す製品を作らない。 

世界中に3億人いると言われる靴の履けない子どもたちを無くしたい。 

私たちはこの3つの目標の達成を目指し、そこに新しい価値基準があると信じています。 

今回のプロジェクトでEUYENは弊社独自の天然ゴム発泡素材を用いて、環境に優しく、

シンプルなデザインで快適に簡単に履くことができるスニーカーを開発します。 

EUYENはSDGs推進における、2030年アジェンダのグローバルな実施に貢献すべく 活動し、

特に「12 つくる責任、つかう責任」に対して 「日本から世界へ発信するサスティナブル・エコシューズブランド」として取り組んでいきます。 

※優艶=優美で上品なこと 

※サスティナブルとは、人間の活動が自然環境や資源に悪影響を与えず、かつその活動を維持できるさまを表す言葉。

[独自技術の「天然ゴム発泡素材」がなぜ優しいか?]

 

独自技術の「天然ゴム発泡素材」がなぜ優しいか?

ご存知ですか? 

現状、世界では年間250億以上の靴が販売されています。

スニーカー、サンダル等半の商品で、PUやPVC(油系)素材が常にい割合で使用されています。

また、スニーカー等のミッドソール部分にはEVA(ビニル系)素材が多く使されております。 

これらの靴が履き古された後は、不燃ゴミとして埋めて処理されることが主流で、

近年問題視されている分解性が低いために環境上の悪夢を もたらす主な要因の1つです。

EVA(ビニル系)は埋地でよく発する熱分解と呼ばれる嫌気性分解

プロセスを経て、揮発性有機化合物(VOC)を 気中に放出します。 

VOCは対流圏オゾンの形成に影響を及ぼし、これは間と動植物の命に有害です。 

これらを少しでも解消し環境低負荷なシューズを作ろうと思い

EUYENの「天然ゴム発泡素材」は誕生しました。 

我々が持つ特殊技術により作られる天然ゴム発泡素材は有害物質を一切使用しておりません。 

有害物質を使用していない為、不燃ごみとして対応されてもVOCを発生する心配もありません。 

「これは人間と動植物の生命に限りなく無害です」。 

自然で育ったゴムの木からできる樹液より作られた天然ゴムは、

これら環境問題に適合するとても優れた素材と言えます。 

[天然ゴムを発泡させる意味は?]    

天然ゴム発泡ソールは天然ゴムの中に空気を細かく気泡状にしたものを

取り込んだ後、空気を取り込む事でをスポンジ状に固形化します。 

重量は一般的なラバーソールに比べ半分程度になっています。 

そのうえ、滑りにくく耐久性もあるので、EVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)やポリウレタン製の

靴底を使ったスニーカーを履き慣れている人なら天然ゴム発泡ソールがしっくりくるかと思います。

天然ゴムソールの課題である、 「重い」「グリップ力」「熱に弱い」

「重い」「グリップ力」「熱に弱い」「汚れやゴミがつきやすい」 という課題を全て解決する為に発泡させています!

「汚れやゴミがつきやすい」 という課題を全て解決する為に発泡させています。 

これがEUYENの独自技術になります。 

[EUYENが使用する持続可能な天然資源。]    

①アッパー材:生分解性の高い綿糸を使用。肌さわりが良く。通気性もあり1年を通じて着用できます。  

②色染め:染色には花や植物からできる天然顔料を使用。  

③セメンティング材:現在のスニーカーづくりには主流である石油系は使わず

1960年代以前の手法である天然ゴム糊を使用。粘着性、耐久性に優れます。  

④インソール:麻を2枚の綿で挟み込む事により足あたりの良さと通気性をあげた1960年代以前の手法。

吸水性、速乾性も優れます。  

これらを使用する事で″サスティナブルな自然に優しいモノ作りが可能″になります。 

生分解性が高く、土に還ることができるスニーカーの完成です。 

少しだけ地球に良いことはじめませんか? 

[Relaxのその先へ。

履き心地の追求。圧迫感を排除したミニマルデザインのスニーカー]   

①シンプルなデザイン。

様々なスタイルやシーンにお使い頂けます。  

②締め付けの少ない編み方でゆったりと快適な履き心地を体感できます。  

③簡単な履き脱ぎで快適に。

ヒモ靴のように面倒ではありません。

[アウトソールの充実した機能]    

軽量化:従来重い天然ゴムを発泡させることで、軽量化が得られる。 

※27.0㎝で約280gの重さ(靴全体) 高反発:クッション性が高く、膝、腰への負担を軽減。 

防滑性:氷の上でも滑りにくく、従来のラバーソールより湿潤:3.0倍|

乾燥:1.3倍の防滑性 摩耗性:丈夫な摩耗性。EVA:2.0倍|ラバー:1.5倍 屈曲性:快適な歩行を促します

[利用シーン]    

品仕様の詳細 ブランド名:EUYEN モデル名:ICHI 品番:EU-001 Designed by TOKYO Made in China サイズ展開(男女兼用サイズ)

[着用感]    

男性スタッフ1

普段のスニーカーサイズ27.0~27.5cm、EUYEN着用サイズ27.0cm 感想「サイズ感はベスト。

伸縮性があって快適に履けて軽いし歩きやすい。クッション性が特に良い」。 

女性スタッフ1 普段のスニーカーサイズ24.0cm、EUYEN着用サイズ24.0㎝

感想「軽くて、締め付けがないので靴擦れはしない感じがする。

グリップ力が強く歩きやすい。ウォーキングに使えそう」。

[カラーバリエーション]    

足元をスッキリ見せるBLACK   

さわやかなイメージのWHITE    

落ち着いたアースカラーのGRAYSAND

[ディテール]    

ゴムの木の葉っぱをイメージしたアウトソール柄!     

Makuake より。

 

 

【日本でも買える】土に還るスニーカーブランド!

【日本でも買える】土に還るスニーカーブランド!!

 

[【日本でも買える】土に還るスニーカーブランドをご紹介]    

物を大事に使っていても、いつかはゴミとして捨てる日がやってきます。

しかし、埋め立て地の容量は限りがあり、簡単に新設もできません。

埋め立て地を逼迫させないよう近年ではゼロウェイストが叫ばれていますが、それに対して土に還る商品という物も出てきています。

今回は、そんな中でも土に還るスニーカーを出しているブランドをまとめてみました。

[土に還るスニーカーとは?]    

そもそも、土に還るスニーカーとは何でしょうか?

通常、スニーカーには、安価で軽く、安定性のあるプラスチックが使用されています。

プラスチックは石油を原料として製造されているため、ゴミとして処分した後の

焼却時に二酸化炭素の排出につながり気候変動に影響を与えます。

土に還るスニーカーは、そのような石油由来のプラスチックの使用をせずに、

自然由来の素材のみを原料として作ることで、商品使用後に土壌に還すことができます。

土壌に還すと、それが微生物等によって分解され最終的に靴の姿は消えてなくなっていきます。

[日本から購入が可能なブランド]    

そんな土に還るスニーカーですが、日本で購入が可能なものもいくつかあります。

「BIO HOTEL x maccheronian(ビオホテル×マカロニアン)」   

ホテルBIO HOTEL JAPANとスニーカーブランドのmaccheronianがコラボレーションして発売した

「地球に帰るスニーカー」~Return to Mother Earth Model~。

BIO HOTELとは、欧州で創設されたビオホテル協会が定める

ビオ(オーガニック)基準をクリアして認証された宿泊施設です。

欧州では7ヶ国約100軒、日本では3つの宿泊施設が認証されています。

maccheronianは、ルーマニアのシューズブランドで、ほぼすべての工程をハンドメイドで製造しています。

元々合成接着剤は使用していませんでしたが、オーガニックコットンや靴紐を通す部分の

金属を取り除くなどを新たに試み土に還るスニーカーができました。

「Allbirds(オールバーズ)」    

今年の1月に日本の1号店が原宿に出店されたことから、名前を聞いたことがある方もいるかもしれません。

Allbirdsは、徹底的に環境に配慮したブランドとしてシリコンバレーの起業家などに人気のブランドです。

その原料のほとんどが、ウールや木材パルプから作られるテンセル、サトウキビなど自然界のものが使用されています。

靴紐だけは、再生ペットボトルが使用されています。

原料の調達から製造工程、消費者が使用する間すべての期間におけるカーボンフットプリント

(どれだけ二酸化炭素が排出されるか)を計算しており、商品に表示されています。

また、ガバナンス、従業員、コミュニティ、環境、カスタマーという

5つの分野で優良と認められた企業に送られるB-Corpも取得しています。

 

 


トウモロコシから生まれて土に還る!

スポーツ用品ブランドとして有名なリーボック!トウモロコシから生まれて土に還る!

 

「Reebok(リーボック)」    

続いては、スポーツ用品ブランドとして有名なリーボック。

「トウモロコシから生まれて土に還る」エコシューズ「Cotton + Corn(コットン+トウモロコシ)」として、土に還るスニーカーが発売されました。 

工業用のトウモロコシとオーガニックコットンを原料として作られており、使用後は土に還ります。

リーボックはこのような靴を今後増やしていく予定で、最終的には、

使用後に堆肥化できる「栽培シューズ」を目指したいとしています。 

日本では未発売となっていますが、Yahooショッピング・楽天市場では購入が可能になっています。

[その他海外のブランド]    

続いては、欧米では店舗がありますが、日本では購入ができないスニーカーをご紹介します。

OAT Shouesは、2010年にオランダ人のデザイナーによって立ち上げられたブランド!

「OAT Shoes(オートシューズ)」   

OAT Shouesは、2010年にオランダ人のデザイナーによって立ち上げられたブランドです。

面白いのが、靴の底には花の種が埋め込まれており、使用後に靴を埋めると自然に還り花が咲くというのです。

自然に還るということで、他のブランドと同じくオーガニックコットンやコルクなど自然素材を使用しています。

しかし、OAT Shoesのメイン素材は実はでんぷんから作られた生分解性プラスチック。

生分解性プラスチックとは、プラスチックの使用後に土壌や水中で微生物に分解され

最終的には水と二酸化炭素になってしまうプラスチックのことです。

生分解性プラスチックについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

生分解性プラスチックとは?本当に自然に還る?

土や海、自然に還るプラスチックを、生分解性プラスチックと呼びます。

しかし、生分解性プラスチックのはずなのにいつまで経っても分解されないと…

上の記事を見てもらうとわかるのですが、生分解性プラスチックは、

使用する原料によって分解される環境が異なります。

OAT Shoesの生分解性プラスチックは土壌で分解されやすいものを原料としているものと思われます。

残念ながら、日本での購入はできないようです。公式サイトはこちら から。

[エコな土に還るシューズを履いてみよう]    

今回は、土に還るスニーカーについてそのブランドをまとめてきました。

自分から調べないと身近な存在ではない土に還るスニーカー。

日本でも購入が可能なのでぜひ試してみてくださいね。

[洋服選びも、エシカルに [PR]]    CO+(コープラス)は、

「100年先も美しいものづくりを、共に」をコンセプトに

人や環境に優しいものづくりに取り組むアパレルブランドです。

GOTS認証(オーガニックテキスタイルの世界的な基準)を取得した

オーガニックコットンTシャツは、太めの襟とドロップショルダーで1枚でこなれ感が出ます。

着心地もサラッとしているので夏にぴったりです。 

テンセル™リヨセルを使用したノースリーブは、従来のリヨセルと比較して

約50%の温室効果ガス削減効果が見込まれ、トロンとした落ち感が特徴です。 

生産をしているインドの工場の紹介や、素材の説明をサイトに載せるなど、

透明性のあるものづくりを目指しているブランドです。

ぜひ見てみてください。    

BETTER CHOICE より。

 

 

地球環境の汚れに配慮した天然素材に焦点を当てた問題に挑戦しました!

地球環境の汚れに配慮した天然素材に焦点を当てた問題に挑戦しました!環境が本当に良くなってゆくのか、その挑戦はまだ続いています!

 

今日のまとめ。

一足まるごと・土に還るスニーカー!

Fashion!生地や靴紐縫い糸はオーガニックコットン。

靴底は天然ゴム、中敷は植物繊維を圧縮したラテックス。

接着も石油系ではなく、水溶性ののり、プリントの塗料も天然由来の素材を使う。

ここ数年サステナビリティに対する意識が急速に高まったが「環境に配慮していれば善、そうでなければ悪と全てを分けてしまうよう! 

環境問題に対し、個人の考え方も社会の向き合い方も発展途上にある。

気運の高まりも「今回で何度目かの波。

人間は飽きてしまう、でも、そうあってはいけない問題」という。だからこそ、どこまでこだわれるかやってみようと思ったそうだ。 

「土に還るからと水をよごし、働く人が虐げられてれていたのでは意味がない。

背景も把握して材料を選ばなければいけない。

土に還るスニーカーで軽やかに歩こう サステナブルスニーカー!

Millaye(ミライェ)は独自技術を用いた!

土に埋めると自然に還り花が咲く オランダ発エコなスニーカー!オーガニックコットン、コルクなど! 

マカロニアン×ビオ ホテルの!

土に還るスニーカーが見た目も心も潤してくれるモノ! 

天然ゴムソール、軽くてふわっと歩ける!

土に還るスニーカー「EUYEN」!  

【日本でも買える】土に還るスニーカーブランド! 

スポーツ用品ブランドとして有名なリーボック!

トウモロコシから生まれて土に還る!

今日は一足まるごと・土に還るスニーカー!

地球環境の汚れに配慮した天然素材に焦点を当てた問題に挑戦しました。

一足まるごとすべて天然素材で作るスニーカーとは知りませんでした。

サステナブルなものを作ることで世の中や環境が本当に良くなってゆくのか、その挑戦はまだ続いています!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。