ワインをおいしく飲み切りたい! 秋はワインが美味しい季節だ!1本を飲み切れないと、ちゅうちょうしてしまう人もいるだろう!ワインをおいしく飲み切りたい!

Pocket

ワインを飲み切れないなら! 小瓶・少量パック!

ワインをおいしく飲み切りたい! 秋はワインが美味しい季節だ!1本を飲み切れないと、ちゅうちょうしてしまう人もいるだろう!

 

11月18日はボージョレ・ヌーボーの解禁日。

秋はワインが美味しい季節だが、

1本を飲み切れないと、

ちゅうちょうしてしまう人もいるだろう。

ワインをおいしく飲み切るコツを紹介しよう!

ワインをおいしく飲むには「開栓後できるだけ早く飲み切る」が原則。

だが、新型コロナウイルスの影響で、大人数での飲食がはばかれる昨今。

少人数では、ボトルのワインを飲み切るのは難しい。

最近は家飲みする人も増えているが、

初めからワインというより、手軽に「まずはビール」になりがちだ。

となると、ワインはますます飲みきりにくくなる。

 

 

 

ワインをおいしく飲みたいなら、まずは『温度』を知ろう!


ワインの栓の効果は?!!

 

海鮮したワインの味が劣化するのは、空気中の酸素に触れて酸化するため。

防ぎには、なるべく酸素に触れさせないようにする必要がある。

飲み残したワイン保保存するグッズとしては、

まず思いつくのが専用のワイン栓だろう。

市販のワイン栓は大きく2種類あり、

一つは単に飲み口に栓をして密閉するだけのもの。

もう一つは中の空気を抜きながら栓をするものだ。

ただ筆者の経験では、どちらのタイプも、日にちにほとんど違いがない。

空気を抜くタイプでも完全に空気を抜くことは不可能だし、

ワイン自体の個体差もあるので、

明確な差わ感じられないというのが実感だ。

手頃な大きさの小瓶があれば、残ったワインを移し替えるのもいい。

空気に触れる面積が減らせ、それだけ酸化を防ぐことができる。

 

 

箱ワインはコスパ抜群!


小サイズ・箱ワイン!!

 

どうせ飲み切れないなら、初めから小容量のワインを購入するのも手だ。

ここ数年、小瓶や少量パックのワインの種類が増えている。

以前から新幹線ホームの売店などにあったが、最近は一般のスーパーでも扱いが増えている。

選択肢が増え、好みのワインが見つかるかもしれない。

逆に、ワインボトル3~4本分の量が入った箱ワインもおすすめだ。

バックインボックスとも呼ばれ、箱の中には樹脂製の容器に詰めたワインが入っている。

空気に触れにくいので酸化が抑えられるという利点がある。

空気に触れないボトルのしょうゆがあるが、あのワイン版だと考えるとわかりやすいかもしれない。

パックについている蛇口を箱に固定し、栓をひねってワインをグラスに注ぐ。

冷蔵庫で温度管理を十分してやれば、終週間から1ヶ月程度は美味しく飲める。

少しづつ注げるので、料理に使うにもワインカクテルを楽しむにも使いやすい。

以前は箱ワインというと安価なワインの代表格だったが、最近は品質の高い商品も増えている。

瓶のリサイクルコストや輸送コストが年々高騰しているため、

よほど高級ヴィンテージワインでなければ

瓶で運搬するメリットが薄れてきているからだ。

100mlあたりの値段が同じなら、箱の方がいいワインだと言ってもいいだろう。

また、品質が多少劣ったとしても瓶のワインを飲み残して保存するよりは

箱ワインのほうが美味しさが維持できる。

 

 

発酵後の糖分含有量の度合いによって甘口から辛口までのワインになる!


味の変化を楽しむ!!

 

収穫の段階で傷んだ果実を丁寧に取り除いて作られた

ナチュラルワインなどは、安定した力強さを持つという。

ワインの輸入商社ディオにーの遠矢敬宏さんは

「ポテンシャルの高いブドウで作られたワインは、

開封後もすぐに劣化することはない」と話す。

数日間に分けて飲むことで、

日に日に味わいが変化するのを楽しめるというわけだ。

味の変化を楽しめるワインはどれか、

店の人に聞いてみるのもいいだろう。

 

 


面積が増えて酸化を勧めてしまうので、立てておくようにしよう。


冷蔵庫で立てて保存!!

 

ワインの味を劣化させるもう一つの要因が温度変化だ。

これまで紹介したどの方法も、適切な温度管理が前提だ。

ワインセラーがあれば理想的だが、なければ冷蔵庫へ。

瓶を寝かせると、それだけワインが空気に触れる

面積が増えて酸化を勧めてしまうので、立てておくようにしよう。

 

 

カクテルや料理にアレンジしてしてしまおう!


アレンジレシピも!!

 

どうしても飲み切れなければ、

カクテルや料理にアレンジしてしてしまおう。

これからの時期におすすめなのは、

スパイスを入れたホットワイン。

料理に使うなら、牛肉のワイン煮やアサリの

ワイン蒸しなどの洋食のほか、和食にも応用できる。

筆者はイワシの梅煮やブリの照り焼きを、日本酒の代わりに

白ワインで料理してみたが、美味しくできた。 

(家事ジャーナリスト 山田 亮)

 

 

小容量や箱ワインも選択肢!!

 

ワインをおいしく飲み切る3ステップ!

1. 密閉して温度管理  

ワインの味を劣化させる要因は酸素と温度変化。

瓶を密閉できる専用の線を用意し、冷蔵庫で保存する。

2. 通常のボトルに拘らない! 

飲みきれる小瓶や少量パック、

長期保存できる箱ワインを購入する。

3. 料理やカクテルに使う! 

好みの果物を入れてサングリアやホットワインに。 

日本料理で日本酒を使うレシピは概ね白ワインで代用できる。

 

 

ホットワインの作り方!くれぐれも沸騰しないように!

ホットワインの作り方!!

 

基本材料(2人分)は、赤ワイン400ml、オレンジ・レモンの輪切り(1cm幅)各2枚、

りんごの角切り2分の1個分(芯を切り落とす)、

シナモンスティック2本分、

グローブ4個、

カルダモン4個(殻に切り込みを入れる)。

材料を鍋に入れ、沸騰させないように混ぜながら温める。

味を見て酸味が強ければ、はちみつを適量加える。

ベースにするワインの味の違いや、加える

フルーツやスパイスを変えて様々なバリエーションが楽しめる。

沸騰させると香りが飛んでしまうので、くれぐれも沸騰させないように

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。