ワインの海と言われてる!イエクラ!バルデベーニャス!フミーリャ!スペインの銘醸地4!

Pocket

この地図はスペインの銘醸地で私が作った地図です。

私が作った地図でイエクラ、フミーリャ、ブーリャス、バルデベーニャスなどがワインの海が入っています。まさにスペインの銘醸地4です。


ワインの海と言われてる!イエクラ!バルデベーニャス!フミーリャ!スペインの銘醸地4!

 

[スペインの銘醸地 4] スペイン南部に産地が集中! ワインの海と 言われる地域です!

<アリカンテ> スペインの南東部に位置し、標高600mにある地域は夏場50℃以上にもなるのに夜は涼しく、その寒暖差が葡萄に良い影響を与えます。

葡萄の品種は  モナストレルを中心に、カベルネソーヴィニヨン、メルロ 、テンプラニーリョ—– 中でも産地を代表するモナストレルから作られるワインは逸品です。

<イエクラ> 標高500-800mの高地にあり、地中海の温暖な気候と、乾燥したテロワールによる、葡萄栽培に最適な環境でワインが造られます。

バラオンダはイエクラの代表ワインで、しかも葡萄の品種がモナストレルです。

<イエクラ>の歴史はわりと古く、黒葡萄のモナストレル種の産地で、 P・P 90点以上が目白押し—-その中には私の五ツ星「バラオンダ  バリカ」もあります。

<ブーリャス> 海抜800以上で1000m越えもある<ブーリャス>は、冬は寒く、夏は暑いが夜は涼しく、雨量は550mと少なく、幾つかのワイナリーが80年代から新技術により高品質ワインを世に送り出しています。

高地栽培の樹齢30〜50年のモナストレル種の古樹からは、パーカーポイント90点以上を連発するなど、ブーリャスが注目されています。

<アルマンサ> バレンシアの南西に位置し平均樹齢45年超の固有のガルナッチャ・ティントレラの産地です。

これがガルナッチャ・ティントレラの葡萄から熟成されたワインのマリウスです。

猛烈に暑い夏と極寒の冬を経験する<アルマンサ>は標高800mの大陸性気候で葡萄の質が複雑—–パワフルなワインが生まれるそうです。

スペインの天才醸造家エステル・ニンがP・P100点満点を2004年と2005年に二年連続で獲得しピングスを凌ぐと言われているのが「ボデガス・アルマンセニャス」—- 今や世界の注目のアルマンサです!

<バルデベーニャス> 広大なラマンチャ平原の南側に大きな渓谷があり、「石の谷」を意味するこの地形にバルデベーニャスがあります。

葡萄の栽培面積がスペインNo. 1がバルデベーニャス。これはドン・アウレリオの葡萄畑。

スペインNo.1の葡萄栽培面積と生産量を誇るワイン生産地です。

この土地のワイン造りは長い歴史を持ち、19世紀から20世紀にかけて首都マドリードで特に愛飲されていました。

<フミーリャ> バリューワインの宝庫スペインにおいても、屈指のコスパを誇る産地 —– 最高標高900mの高地の大陸性気候で冬はマイナス気温—–夏は40°と暑いが、夜は涼しく寒暖差が大きい。

フミーリャの葡萄畑です。

代表的な葡萄モナストレル種は凝縮し、果実味が パワフルだと言われています。

注目されるワイン産地の ひとつ。

<リベラ・デル・フーカル> フーカル川の上流域で、標高650ー750m—-年間 降雨量は450ml程度の、大陸性気候で冬は寒いが 夏は暑く、夜が涼しいため葡萄は凝縮され、アルコール度数12-14.5%ぐらいの、上質なワインとなります。

葡萄はセンシベル種(テンプラニーリョ)がメイン。

<リベラ・デル・グアディアーナ> グアディアーナ川が、一部ポルトガルとの国境をなしていて 、標高は280-850m—-6つのサブゾーンに分かれていて、多様な栽培条件を持ち葡萄も様々。

夏は酷暑 、冬は厳冬で雨量は少ない。葡萄の栽培面積がラ・マンチャ地方に匹敵するほど広大で  「ワインの海」とも呼ばれるほどです。

以上でスペインの銘醸地の紹介は終わります。

中でもイエクラには、注目に値するワインがありますし、フミーリャはスペインで「一二を競う」安くて美味しい赤ワイン産地です。この地域の代表的な葡萄は、モナストレル種で、とてもいい赤ワインを熟成させます。

スペインではテンプラニーリョと共にスペインをいや世界を代表する葡萄の品種がモナストレル!!

[フミーリャについて詳しく記述します]

これがフミーリャのワイン達です。

フミーリャ(スペイン語: Jumilla)は、スペイン・ムルシア州のムニシピオ(基礎自治体)。2016年の人口は25,362人。スペインワインの産地として知られる。

フミージャとも。

地理[編集]

中心市街地の標高は510メートルであり、1372メートルのカルチェ山(英語版)を筆頭とした800メートル以上の山に囲まれている。

フミーリャの面積は972m2であり、スペインで10番目に面積の大きな自治体である。

この位置がフミーリャです。

経済[編集]

フミーリャ(ワイン原産地) DO Jumilla location.svg  スペインにおけるフミーリャ (DO)の位置(濃赤)

正式名称:Jumilla D.O.  タイプ:DO  ワイン産業:1966年(DO認定年[3])-

国:スペインの旗 スペイン  所在地:ムルシア州、カスティーリャ=ラ・マンチャ州アルバセテ県

ブドウ園面積:27,022ヘクタール(2010年)[4]  ブドウ園数:2,870園 (2010年)[4]

ブドウの品種:モナストレル種など  ワイナリー数:44社(2010年)[4]  主なワイン:254,973ヘクトリットル(2010年)[4]

テンプレートを表示

フミーリャには20メガワットの電力容量(ピーク時)を持つ大規模な太陽光発電所がある。

12万枚のソーラーパネルからなるこの太陽光発電所は100ヘクタールの土地に設置されており、2万戸が使用するエネルギーに相当する年間発電量を持つ。

この太陽光発電所の存在によって二酸化炭素の排出量が年間42,000トン削減される[5]。

フミーリャの経済は農業に基づいており、ブドウ畑、オリーブ畑、その他の果樹園などが広がっている。

フミーリャや近隣のジェクラ(英語版)では、ムルシアではヤギのムルシアーナ(英語版)種やグラナディーナ(英語版)種が飼育されている[6]。

ワイン生産[編集] フミーリャ (DO)のワインボトル

ワイン生産の特徴[編集]

スペインワインの原産地呼称制度であるデノミナシオン・デ・オリヘン(DO)の産地としてフミーリャ (DO)があり、フミーリャの自治体域を超えて広がっている。

世界が注目する新しい個性フミーリャ。

フミーリャ (DO)には32,000ヘクタールのブドウ畑があり、うち45%がムルシア州内に、55%がアルバセテ県内にある。

ムルシア (DO)には3,000人のブドウ生産者が登録されている。

フミーリャ (DO)では主にモナストレル種のブドウを使用している。

土壌は石灰質である。夏季の最高気温は摂氏40度に達するが、冬季には氷点下になることもある大陸性気候の産地である[7]。

これがボデガス・サン・ディオニシオです。

年間日照時間は約3,000時間と長く、年間降水量は約300ミリメートルと乾燥している[7]。

2014年に生産されたワインのうち、42%はスペイン国内に、58%はスペイン国外に出荷された[8]。

ワイン生産の歴史[編集]

特有の気候条件によってアルコール度数が高くなり、伝統的に他産地のワインのブレンド用バルクワインとして、また日常消費用のワインとして販売された[7]。

1966年には原産地呼称のデノミナシオン・デ・オリヘンに指定された[3]。

フミーリャワインコンクールで金賞受賞のフェンデアラモ。

他産地から約100年も遅れて、1980年代末にはフミーリャでフィロキセラ(ブドウネアブラムシ)が蔓延[7]。

これを機に多くのブドウが改植され、ワインの品質向上が図られるようになった[7]。

指定自治体[編集]

ムルシア州のフミーリャに加えてカスティーリャ=ラ・マンチャ州アルバセテ県南東部の6自治体、計7自治体がフミーリャ (DO)に含まれている。

ムルシア州 : フミーリャ

カスティーリャ=ラ・マンチャ州アルバセテ県 : モンテアレグレ・デル・カスティーリョ(英語版)、フエンテ=アラーモ(英語版)、オントゥール(英語版)、エリン(英語版)、アルバターナ(英語版)、トバーラ(英語版)

ブドウ品種[編集]

赤ワインまたはロゼワインにはモナストレル種を50%以上使用しなければならない[8]。

黒ブドウ品種 : モナストレル種、センシベル種、カベルネ・ソーヴィニヨン種、ガルナッチャ・ティンタ種

白ブドウ品種 : マカベオ種、ペドロ・ヒメネス(スペイン語版)種

 

 

これがイエクラのモナストレルの葡萄畑。


イエクラは!フミーリャともに!モナストレルの葡萄の産地!世界一の葡萄だと思っています!

 

[イエクラについて詳しく記述します]

イェクラ(スペイン語: Yecla)は、スペイン・ムルシア州のムニシピオ(基礎自治体)。2016年の人口は34,037人。スペインワインの産地として知られる。

イエクラと表記されることもある。

地理[編集]

サリーナス山地 ムルシア州の最北端にある自治体であり[1]。

バレンシア州アリカンテ県ビリェーナ、ピノーソ(英語版)、カスティーリャ=ラ・マンチャ州アルバセテ県フエンテ=アラモ(英語版)、

モンテアレグレ・デル・カスティージョ(英語版)、アルマンサ(英語版)、カウデテ(英語版)と境界を接している[1]。

面積は607.7kmであり、標高は602m[1]。

ムルシア州の州都ムルシアからの距離は96km。

南西のフミーリャとイェクラの2自治体でアルティプラーノ郡(英語版)を構成している[1]。

イエクラのバラオンダはモナストレルの極みとまで言わしめた!

自治体名と同名の中心集落のほかに、23km離れてラスパイ(英語版)集落がある[1]。

サリーナス山地(1238m)、アラビ山(1065m)、マグダレーナ山地(1038m)などに囲まれている。

著作家のアリソンとホセ・ルイス・カスティージョ=プチェ(英語版)はともにイェクラ生まれであり、イェクラの学校には両名の名前が冠されている[1]。

ワイン[編集] イェクラ (DO)の範囲

イェクラの自治体域を含むムルシア州北部には、スペインワインの原産地呼称制度であるデノミナシオン・デ・オリヘン(DO)に認定されているイェクラ (DO)(英語版)がある。

南側と西側はフミーリャ (DO)に、北側はアルマンサ (DO)(英語版)に、東側はアリカンテ (DO)(英語版)に、完全に囲まれている。

イェクラ (DO)はモナストレル種を用いた赤ワインで知られる。

この葡萄が私が世界一だと思っているモナストレルです。

この地域では2000年以上前からブドウ栽培とワイン生産が行われており、古代ローマ人によって導入されたと考えられている。

19世紀末にはフランスワインの産地がヨーロッパブドウの白化症状で大打撃を受けたため、フランス人ワイン商人がイェクラ地域のワイン生産に関与するようになった。

1975年にはスペインの原産地呼称制度であるデノミナシオン・デ・オリヘン(DO)に認定された。

イェクラ (DO)のブドウ畑は標高400m-800mにあり、地中海とメセタ(ラ・マンチャ地方)の遷移地帯にある。

イエクラの葡萄畑はこのように石灰質です。

土壌は石灰質であり、表土は砂質で水はけがよい。

気候は地中海性大陸性気候であり、乾燥した長い夏季、穏やかな冬季が特徴である。

夏季の最高気温は摂氏39度に達し、冬季の最低気温は摂氏マイナス5度に達する。

年降水量はわずか300mmであるが、春季と秋季には暴風雨に見舞われることがある。

日照時間は年平均3,000時間と長い。

黒ブドウ品種 : モナストレル、ガルナッチャ・ティンタ、ガルナッチャ・ティントレーラ(英語版)、テンプラニーリョ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー 以上ウキペディア。

スペインの銘醸地については今日で終了。

今日紹介したスペイン南部は「ワインの海」と言われるほどの多くのワインが溢れるほど出荷されている地域。

スペインはワインを熟成させるためのテロワールが優れていて、そのため多くの葡萄の品種が、各地域の特性を生かして、多くの銘醸地として世界に発信しています。

私はこの地域の代表品種「モナストレル」が世界一の葡萄だと思っている程です!

今日はフミーリャとイエクラについて詳しく記述しましたが、ブーリャス、バルデベーニャス、アリカンテ、アルマンサも決して忘れることのできない重要な銘醸地です。

この投稿は2016年2月26日「スペインの銘醸地4」を全く新しく書き直し、2019年10月8日に新しい記事で投稿しました。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。