ロゼシャンパン こだわりの製法で深化!新型コロナウイルス渦で落ち込んだ!2021年に大きく回復し、前年比32%増に!

Pocket

「フルール・ド・ミラヴアル・エクスクルーシヴメント・ロゼ」!


ロゼシャンパン こだわりの製法で深化!新型コロナウイルス渦で落ち込んだ!2021年に大きく回復し、前年比32%増に!

 

フランンスのシャンパン業界は、新型コロナウイルス渦で落ち込んだ

出荷量が2021年に大きく回復し、前年比32%増となった。

中でも「ロゼ」は愛好家からたちの視線が熱く、

シャンパン全体の生産量の約1割という生産量にもかかわらず、

消費者の進化とも相まって美食家たちへと支持層を広げている。

ロゼはもともと色合いや甘めの仕上がりから「女性的」なイメージが強く、

主にアペリティフやデザート用として好まれ、市場も大きくはなかった。

だが、コロナ下も夜間外出制限中に、アペリティフとディナーをつなげた

外食スタイルが人気となり、食前にも食中にも

飲めるロゼやロゼシャンパンが好まれるようになった。

ガストロにミー(美食)界ではコロナ前から

ロゼが重宝されており、この流れが加速した。

「うちのロゼは、特に星付きのレストランで需要が高まっている」

と言うのは創業1625年の「アンリ・ジロー」で醸造を任されていた

「アンリ・ジロー ロゼ ダム・ジャンヌ」2016年発売!

セバスチャン・ル・ゴルヴェさんだ。

白赤両方の要素がほどよく入ったロゼジャパンは、アペリティフから、

魚にも肉料理に至るまで網羅できているかrだという。

地元アイ村の極上ピノノワールを使い独自の熟し方法でロゼシャンパンを造る。

アイ村の自社畑で仁王立ちのクロードさん!

爽やかな飲み心地とフルティーさが特徴の

「ダム・ジャンヌ」は「卵」と呼ばれる丸い磁気の壺で熟成する。

「ダム・ジャンヌ」は「卵」と呼ばれる丸い磁気の壺で熟成する!

「フュ・ド・シェーヌ・MV(マルチ・ヴィンテージ)ロゼ」は、

マルヌ河の地下水槽に作ったタンクで貯蔵するリザーブワインがベースだ。

1990年から蓄積されたワインは、通年で

水温約11度に保たれる水槽に守られ、ピノノワールが伸びやかに熟成。

イチゴジャム、マンダリンにかすかなミントの香り、その背後に芳醇な森の香りをたたえる。

アンリ・ジローのロゼシャンパンの中でも最高峰と言われる

「アルゴンヌ・ロゼ」は、独自の樽造りでさらなるこだわりを見せる。

アンリ・ジローのロゼシャンパンの中でも最高峰と言われる「アルゴンヌ・ロゼ」!

材料の樫の木は、醸造所の東に位置するアルゴンヌ森から。

伐採から手がけ、樽には「森のどの区画から、

いつ伐採されたかまでトレースできるよう」記載される。

板材を湾曲させるための火入れも自社で管理し、その年のぶどうの状態に合わせて調整する。

しなやかで密度の高い樫で作られた樽が、深みのある熟成を促す

アルゴンヌは年間約600本のみ市場に出るという希少なロゼジャパンだ。

ピノノワールの重厚な下地に、

レッドオレンジからオリエンタルスパイス、

トリュフ、

サフランなど次々に変化する香りとその複雑な味わいで魅了する。

「白身魚はもちろんのこと、ウニなどの濃厚な味わいの

海の幸からカモ肉、

和牛、

キジなどのジビエ類にもあう」とル・コルヴェさんは胸をはる。

フランスのロゼ人気に一役買っているのが、

ハリウッド俳優のブラッド・ピッドさんだ。

ハリウッド俳優のブラッド・ピッドさんだ!

08年、南仏にワイン畑付きのシャトーを購入したピットさんは。

シャトーヌフ・デュ・パブの名門ワイナリー「シャトー・ド・ボーカステル」を

所有するペラン家とともに「ミラヴァル・ロゼ」を発表した。

これが権威ある専門誌「ワインスペクター」で13年のトップ

100にランクインするなど、ロゼの認知向上に貢献した。

ピットさんが次に目をつけたのがロゼシャンパンだ。

ペラン家に加え、こだわりのシャンパンメイカー、

ペテルス家を迎え入れ、

15年にロゼジャパンのみ特化した

「フルール・ド・ミラヴアル」をスタートした。

ペラン家にはロゼのノウハウがあり、白ぶどうの女王とも言われる

シャルドネのエキスパートと名高いぺテル家は、

シャルドネ主体のシャンパン作りに定評がある。

ペテルス家自慢のシャルドネのリザーヴワインをベースに、

5年にわたるテイスティングと研究を経てロゼジャパンが誕生した。

ロゼワインの色ワインは少量の赤ワインで出すことが多いが、

フルール・ド・ミラヴァルは

色付く程度に圧搾した若いピノ・ノワールから。

タンニンを極力おさえ、骨格となるジュシーナ側面のみを抽出し、

シャルドネの繊細な芳香と酸味を生かしている。

型破りなのは、ここにはなんと厳選したボトルシャンパンをブレンドすることだ。

「瓶内熟成が進んだシャンパンを入れることで

ピノ・ノワールやリザーブワインとの

調和がとれる」とペテルス家の四代目当主、ロドルフ・ぺテルスさん。

ペテルス家の四代目当主、ロドルフ・ぺテルスさん!

「これまでにない新しいロゼ」はオイリーな重厚感があり、

それでいてフレッシュさも残る斬新な味わいだ。

シャンパン製法の枠組みの中であれば、

ロゼジャパン作りに厳密な決まりはなく、

その自由さが作り手の個性を引き出すのだろう。

「グラン・ヴァン(高級ワイン)」

匹敵するこだわりの奥深さが、

美食家たちの琴線=きせん に触れるのかもしれない。   

吉田知弘。

 

 

 

 

右側グラスに注がれた液体が「シャンパン」である。


シャンパン: Champagne)とは、お酒の一種でフランスシャンパーニュ地方特産のスパークリングワイン、つまり発泡性のぶどう原料の果実酒である。

[呼称]

フランスのシャンパーニュ委員会(CIVC)はフランス語発音に近いシャンパーニュを用いることを推奨しており、

フランス語を学んだ日本人は日常会話でも自然にそう発音するが、

フランス語を話せない日本人の日常会話ではそのような発音はあまりしない。

なお日本語の「シャンパン」も一応はフランス語/ʃɑ̃paɲ/に由来する読み方であり、許容範囲である。

なお「シャンペイン」(英語:/ʃæmˈpeɪn/)は英語読みであり、主に英語圏で使用される。

昔の日本では、三変酒とも呼ばれた。

酸半(サンパン)とも表記された

かつて香港および上海では三鞭酒当て字された。

現代中国語では主に香檳酒と表記される。

キリスト教修道士ドン・ペリニヨンが確立したと伝えられる瓶内二次発酵と、

アッサンブラージュと呼ばれる様々な原酒のブレンド、

さらにティラージュおよびドザージュと呼ばれるシロップの添加に大きな特徴があり、

それ以前の発泡酒ながら白濁したものとは異なる透明な酒となり、

以来上流階級の好むところとなって現在に至る。

TRIPS協定地理的表示に指定され、世界ブランドが保護され、

アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレで「シャンパン」と

定められた物(フランス共和国シャンパーニュ地方で、定められた製法で作られた物)のみ

『シャンパンの名称』を使うことが出来る。

それ以外の物をシャンパンと呼ぶのは違法になる。

シャンパンタワー!

シャンパンを含む発泡性ワインの一般名称(上位概念)はスパークリングワインである。

[概要]

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏で生産されたブドウのみを使い、

瓶内二次発酵を行った上で封緘後15か月以上の熟成を経た、いわゆるシャンパン製法のスパークリングワインを指す。

元となるワインは様々なレシピによりブレンドされる点や、

二次発酵のために発泡の元となるシロップを添加(ティラージュ)、

また仕上げに、リキュールとシロップの添加(ドザージュ)する点も特徴である。

ほぼ同様の工程を経たスパークリングワインに、

スペインの「カヴァ」、

イタリアの「スプマンテ」(一般名詞)、

ドイツの「ゼクト」(一般名詞)、

フランス国内でもアルザス地域圏の「クレマン・ダルザス」、

ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の「クレマン・ド・ロワール」、

ブルゴーニュ地域圏の「クレマン・ド・ブルゴーニュ」等があるが、

シャンパンはその選定基準の厳しさと熟成期間の長さにおいて突出している。

またフランス国内の酒屋(それぞれのクレマンの産地地元は除いて)やスーパーマーケットでも、

シャンパンは他地域のスパークリングワインと比較して、ずっと高額で販売されているのが一般的である。

現在シャンパンと言う場合、

1919年にAOC(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ

原産地呼称統制法)によって定められた定義は『シャンパーニュに使用できるブドウ品種は、

ピノ系品種とアルバンヌ、プティ・メリエのみ』である

また、2010年11月22日の政令による定義に基づき、

シャンパーニュ地方で造られた7つのブドウ品種

黒ブドウはピノ・ノワールPinot Noir)と

ムニエMeunier)、

白ブドウはシャルドネChardonnay)、

ピノ・グリPinot gris)(古代名:アンフュメまたはフロモントー)、

プティ・メリエ(Petit Meslier)、

ピノ・ブラン

アルバンヌを材料として醸造された「スパークリングワイン」のことである

1919年のAOC定義に、シャルドネが指定品種の中に含まれていなかったのは、

ブドウ品種の分類に関する研究があまり進んでおらず、

シャルドネはピノ系のブドウに含まれていたためである。

AOCが制定された当時、シャンパーニュ地方以外の地域でも、

シャンパンという名称でスパークリングワインが生産されており、

スパークリングワインの一般名称であった。

現在でもカリフォルニア・シャンパンという呼称で

カリフォルニア産のスパークリングワインがつくられているのは、

200年以上生産されてきた歴史に基づいている。

しかし近年では、フランスのAOC法が尊重され、

AOCの規格に則って製造されたシャンパーニュ地方製のスパークリングワインだけが、

シャンパンと名乗ることを認められ、

その他のフランス製スパークリングワインは、

ヴァンムスー(: Vin Mousseux)と呼ぶ。

Carafage du champagne à l’Alliance française de Wuhan !

なお日本では、これに似せて作られた清涼飲料水

「ソフトシャンパン」と名付けて販売していたが、

フランス政府からの抗議があり、

商品名をシャンメリーに変更した。

またスイスシャンパーニュでは、

フランスのシャンパーニュより早くから、

伝統的にワインを造っていたが、

1974年に世界貿易機構により、この土地で生産された

ワインやビスケットなどについて

「シャンパーニュ」というラベルを使用することを止めるよう命令された。

シャンパンは生産者毎に番号が振られており、

ラベルに記載される。

ウイキペディア。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。