ロシェ・デ・ビュイ 2015の特徴はモーリーセックの畑に輝く地中海のフレーバーだ!正真正銘どれもパーカー90点以上!

Pocket

ロシェ・デ・ビュイ 2015の特徴はモーリーセックの畑に輝く地中海のフレーバーだ!

ロシェ・デ・ビュイ 2015の特徴はモーリーセックの畑に輝く地中海のフレーバーだ!正真正銘どれもパーカー90点以上!

 

最近購入したワインセットは!正真正銘どれもパーカー【90点以上】!!

の中の「ロシェ・デ・ビュイ 2015」の試飲記録の紹介!

1.パーカー91~94!!こってり中華におすすめ チョコレートにあう濃厚極旨!

南仏の気鋭生産者が造るしっとり濃厚&滴る果実味!甘みが有名な地区で造られた唯一の個性の辛口赤ワイン!

濃厚ベリー感にベルベットの舌触り、プルーンの余韻―!

その名は「ロシェ・デ・ビュイ2015」 

産地:フランスルーション-AOP モーリー・セック  

ブドウの品種:グルナッシュ75%+シラー25%!味わい:フルボディ!

【パーカー91~94点!!】

★こってり中華におすすめ

★チョコレートにも合う濃厚極旨!!

★南仏の気鋭の生産者が造るしっとり濃密&滴る果実味!!

甘口が有名な地区で造られた唯一の個性の辛口赤ワイン!!

濃厚ベリー感にベルベットの舌触り、プルーンの余韻・・・ 

地中海とラテンの風を感じる熱いワインに燃え上がれ!! 

★パーカー【91-94点】

★ 素敵な掘り出し物のご紹介です!!

南仏ルーシヨン地区の新鋭ワイン生産者「ヴィニュロン・ トータヴェル・ヴァングロー」が造る、濃厚な赤ワイン!!

しかも、ワイン評論の権威ロバート・パーカー氏が創設 したワインガイド

『ワイン・アドヴォケイト』誌におい て、なんと【91-94点】という高得点を獲得!!  

じつはこのワインを造る「ヴィニュロン・トータヴェル・ ヴァングロー」は、

すでに他のワインでもパーカー評が 高く、過去に90点以上という高得点を連取しているとい う、いま超注目の生産者!!

そんな、飛ぶ鳥を落とす勢いの気鋭の造り手がこのたび リリースしたのが、この[ロシェ・デ・ビュイ]。

このワインは、南仏ルーシヨン地区のスペイン国境近く、 モーリー地区にある

[シャトー・カタール・ド・ケリビュ ス]というワイナリーで造られた辛口の赤ワイン。

モーリー地区といえば、濃厚な甘口ワイン“モーリー” が有名ですが、今回ご紹介のこのワインは

“モーリー・ セック”、すなわち濃厚な果実味はそのままで、

残糖は かなり少ない赤ワインに造られています。

樹齢の高いグルナッシュを主体に、シラーを25%ブレン ドしたこのワインは、

収量を一般的な南仏ワインの半分 以下に抑えて凝縮度を高めて造った、

こだわりのワイン! じっさいに飲んでみたときのテイスティングコメントは こちら↓

『フレッシュなラズベリーにイチゴ、そしてダークチェ リーの滴るような果実味。

エキゾチックなスパイスに、 風に乗る南仏のハーブの香り、

わずかにバルサミックな ニュアンス(これはたぶんモーリーらしさ)。

その味わいは柔らかでしっとり濃密。

黒々としたベリー 感とシダーウッドの香りが口中に広がり、

ベルベットの ような緻密なタンニンのボリュームが膨らみます。

甘口 のモーリーに特徴的なドライプルーンの風味が、このワ インにもたっぷりと感じられ、

このモーリー地区の灼け た断崖のブドウ畑の風景が目に浮かびます。』 じつに、ここにしかない個性!!

「まさにモーリー」としか言いようのないこの風味、こ の濃密さ、この余韻・・・  

回鍋肉などのこってりと甘めの中華料理にぴったり!!

そして、チョコレートとの相性も抜群!!

辛口だけど、デザートワインとしての役割も果たせそう なこのワイン、何日かかけてじっくりと楽しむのもよさ そうです。

ぜひとも、ごゆるりとご堪能ください!!

Rocher des Buits 2015

■色・容量:赤750ml   

■ALC:14.5%   

■ブドウ品種:グルナッシュ75%、シラー25%   

■産地:フランス – AOPモーリー・セック   

■味わい:フルボディ   

■ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)、安定剤(アカシア)

★パーカー【91-94点】

★ 南仏ルーシヨン地区の新鋭ワイン生産者「ヴィニュロン・ トータヴェル・ヴァングロー」が造る、濃厚な赤ワイン。

しかも、ワイン評論の権威ロバート・パーカー氏が創設 したワインガイド

『ワイン・アドヴォケイト』誌におい て、なんと【91-94点】という高得点を獲得。  

じつはこのワインを造る「ヴィニュロン・トータヴェル・ ヴァングロー」は、すでに他のワインでも

パーカー評が 高く、過去に90点以上という高得点を連取しているとい う、いま超注目の生産者。

そんな、飛ぶ鳥を落とす勢いの気鋭の造り手がこのたび リリースしたのが、この[ロシェ・デ・ビュイ]。

このワインは、南仏ルーシヨン地区のスペイン国境近く、 モーリー地区にある

[シャトー・カタール・ド・ケリビュ ス]というワイナリーで造られた辛口の赤ワイン。

モーリー地区といえば、濃厚な甘口ワイン“モーリー” が有名ですが、今回ご紹介のこのワインは

“モーリー・ セック”、すなわち濃厚な果実味はそのままで、残糖は かなり少ない赤ワインに造られています。

樹齢の高いグルナッシュを主体に、シラーを25%ブレン ドしたこのワインは、

収量を一般的な南仏ワインの半分 以下に抑えて凝縮度を高めて造った、こだわりのワイン です。

ぜひとも、じっくりとご堪能ください。   

京橋ワイン。

 

 

【パーカー91~94点!!】★こってり中華におすすめ★チョコレートにも合う濃厚極旨!

【パーカー91~94点!!】★こってり中華におすすめ★チョコレートにも合う濃厚極旨!!

 

[ロシェ・デ・ビュイ 2015]    

【パーカー91~94点!!】

★こってり中華におすすめ

★チョコレートにも合う濃厚極旨!!

★南仏の気鋭の生産者が造るしっとり濃密&滴る果実味!!

甘口が有名な地区で造られた唯一の個性の辛口赤ワイン!!

濃厚ベリー感にベルベットの舌触り、プルーンの余韻・・・

地中海とラテンの風を感じる熱いワインに燃え上がれ!!

ロシェ・デ・ビュイ 2015

【パーカー91~94点!!】

★こってり中華におすすめ

★チョコレートにも合う濃厚極旨!!

★南仏の気鋭の生産者が造るしっとり濃密&滴る果実味!!

甘口が有名な地区で造られた唯一の個性の辛口赤ワイン!!

濃厚ベリー感にベルベットの舌触り、プルーンの余韻・・・地中海とラテンの風を感じる熱いワインに燃え上がれ!!

★パーカー【91-94点】

★ 素敵な掘り出し物のご紹介です!!

南仏ルーシヨン地区の新鋭ワイン生産者「ヴィニュロン・ トータヴェル・ヴァングロー」が造る、濃厚な赤ワイン!!

しかも、ワイン評論の権威ロバート・パーカー氏が創設 したワインガイド

『ワイン・アドヴォケイト』誌におい て、なんと【91-94点】という高得点を獲得!!

じつはこのワインを造る「ヴィニュロン・トータヴェル・ ヴァングロー」は、すでに他のワインでも

パーカー評が 高く、過去に90点以上という高得点を連取しているとい う、いま超注目の生産者!!

そんな、飛ぶ鳥を落とす勢いの気鋭の造り手がこのたび リリースしたのが、この[ロシェ・デ・ビュイ]。

このワインは、南仏ルーシヨン地区のスペイン国境近く、 モーリー地区にある

[シャトー・カタール・ド・ケリビュ ス]というワイナリーで造られた辛口の赤ワイン。

モーリー地区といえば、濃厚な甘口ワイン“モーリー” が有名ですが、今回ご紹介のこのワインは

“モーリー・ セック”、すなわち濃厚な果実味はそのままで、残糖は かなり少ない赤ワインに造られています。

樹齢の高いグルナッシュを主体に、シラーを25%ブレン ドしたこのワインは、収量を一般的な

南仏ワインの半分 以下に抑えて凝縮度を高めて造った、こだわりのワイン!

じっさいに飲んでみたときのテイスティングコメントは こちら↓

『フレッシュなラズベリーにイチゴ、そしてダークチェ リーの滴るような果実味。

エキゾチックなスパイスに、 風に乗る南仏のハーブの香り、わずかに

バルサミックな ニュアンス(これはたぶんモーリーらしさ)。

その味わいは柔らかでしっとり濃密。黒々としたベリー 感とシダーウッドの香りが

口中に広がり、ベルベットの ような緻密なタンニンのボリュームが膨らみます。

甘口 のモーリーに特徴的なドライプルーンの風味が、このワ インにもたっぷりと感じられ、

このモーリー地区の灼け た断崖のブドウ畑の風景が目に浮かびます。』 

じつに、ここにしかない個性!!

「まさにモーリー」としか言いようのないこの風味、こ の濃密さ、この余韻・・・

回鍋肉などのこってりと甘めの中華料理にぴったり!!

そして、チョコレートとの相性も抜群!!

辛口だけど、デザートワインとしての役割も果たせそう なこのワイン、

何日かかけてじっくりと楽しむのもよさ そうです。

ぜひとも、ごゆるりとご堪能ください!!     

Wine-days より。

 

 

ラングドックルーション地図! 


パーカー91~94点!南仏の気鋭の生産者が造るしっとり濃密&滴る果実味!!

 

パーカー91~94点!

南仏の気鋭の生産者が造るしっとり濃密&滴る果実味!

その味わいは柔らかでしっとり濃密。

黒々としたベリー 感とシダーウッドの香りが口中に広がり、ベルベットの ような緻密なタンニンのボリュームが膨らみます。

商品名: 赤ワイン フランス wine 750ml

ロシェ・デ・ビュイ 2015

France パーカー parker 91~94点

【パーカー91~94点!!】

★こってり中華におすすめ

★チョコレートにも合う濃厚極旨!!

★南仏の気鋭の生産者が造るしっとり濃密&滴る果実味!!

甘口が有名な地区で造られた唯一の個性の辛口赤ワイン!!

濃厚ベリー感にベルベットの舌触り、プルーンの余韻・・・

地中海とラテンの風を感じる熱いワインに燃え上がれ!!

[ロシェ・デ・ビュイ 2015]

★パーカー

【91-94点】

★素敵な掘り出し物のご紹介です!!

南仏ルーシヨン地区の新鋭ワイン生産者「ヴィニュロン・トータヴェル・ヴァングロー」が造る、濃厚な赤ワイン!

しかも、ワイン評論の権威ロバート・パーカー氏が創設したワインガイド

『ワイン・アドヴォケイト』誌において、なんと【91-94点】という高得点を獲得!!

じつはこのワインを造る「ヴィニュロン・トータヴェル・ヴァングロー」は、すでに他の

ワインでもパーカー評が高く、過去に90点以上という高得点を連取しているという、いま超注目の生産者!!

そんな、飛ぶ鳥を落とす勢いの気鋭の造り手がこのたびリリースしたのが、この[ロシェ・デ・ビュイ]。

このワインは、南仏ルーシヨン地区のスペイン国境近く、モーリー地区にある

[シャトー・カタール・ド・ケリビュス]というワイナリーで造られた辛口の赤ワイン。

モーリー地区といえば、濃厚な甘口ワイン“モーリー”が有名ですが、今回ご紹介のこのワインは

“モーリー・セック”、すなわち濃厚な果実味はそのままで、残糖はかなり少ない赤ワインに造られています。

樹齢の高いグルナッシュを主体に、シラーを25%ブレンドしたこのワインは、収量を一般的な

南仏ワインの半分以下に抑えて凝縮度を高めて造った、こだわりのワイン!

じっさいに飲んでみたときのテイスティングコメントはこちら↓

『フレッシュなラズベリーにイチゴ、そしてダークチェリーの滴るような果実味。

エキゾチックなスパイスに、風に乗る南仏のハーブの香り、わずかにバルサミックなニュアンス(これはたぶんモーリーらしさ)。

その味わいは柔らかでしっとり濃密。黒々としたベリー感とシダーウッドの香りが口中に広がり、ベルベットのような緻密なタンニンのボリュームが膨らみます。

甘口のモーリーに特徴的なドライプルーンの風味が、このワインにもたっぷりと感じられ、

このモーリー地区の灼けた断崖のブドウ畑の風景が目に浮かびます。』じつに、ここにしかない個性!!

「まさにモーリー」としか言いようのないこの風味、この濃密さ、この余韻・・・

回鍋肉などのこってりと甘めの中華料理にぴったり!!

そして、チョコレートとの相性も抜群!!

辛口だけど、デザートワインとしての役割も果たせそうなこのワイン、

何日かかけてじっくりと楽しむのもよさそうです。

ぜひとも、ごゆるりとご堪能ください!!

Rocher des Buits 2015

■色・容量:赤750ml   

■ALC:14.5%   

■ブドウ品種:グルナッシュ75%、シラー25%   

■産地:フランス – AOPモーリー・セック   

■味わい:フルボディ   

■ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)、安定剤(アカシア)

★パーカー【91-94点】

★南仏ルーシヨン地区の新鋭ワイン生産者「ヴィニュロン・トータヴェル・ヴァングロー」が造る、濃厚な赤ワイン。

<BR.じつはこのワインを造る「ヴィニュロン・トータヴェル・ヴァングロー」は、すでに他のワインでも

パーカー評が高く、過去に90点以上という高得点を連取しているという、いま超注目の生産者。

そんな、飛ぶ鳥を落とす勢いの気鋭の造り手がこのたびリリースしたのが、この[ロシェ・デ・ビュイ]。

このワインは、南仏ルーシヨン地区のスペイン国境近く、モーリー地区にある

[シャトー・カタール・ド・ケリビュス]というワイナリーで造られた辛口の赤ワイン。

モーリー地区といえば、濃厚な甘口ワイン“モーリー”が有名ですが、今回ご紹介のこのワインは

“モーリー・セック”、すなわち濃厚な果実味はそのままで、残糖はかなり少ない赤ワインに造られています。

樹齢の高いグルナッシュを主体に、シラーを25%ブレンドしたこのワインは、

収量を一般的な南仏ワインの半分以下に抑えて凝縮度を高めて造った、こだわりのワインです。

ぜひとも、じっくりとご堪能ください。    

PayPay モール より。

 

 

魅惑のワイン産地モーリー=アペラシオン がどこか分かりません!


魅惑のワイン産地!「Maury モーリー」と聞いて、どの国のどの地方か、わかった方は、よほどのワイン通です!!

 

魅惑のワイン産地Maury@Roussillon  

「Maury モーリー」と聞いて、どの国のどの地方か、わかった方は、よほどのワイン通です。 

モーリーは、南仏ラングドック・ルション地方のルションの中のアペラシオンです。

2月にモンペリエで開催されたワイン展示会 「Vinisud」で、ルションワイン協会の

エリック・アラシル氏のガイドによるテイスティングと、翌日にはエノロジストでもある

エリック氏が講師を務めるマスタークラスのセミナーに参加してきましたので、リポートします。

Eric Aracil (Responsable export Conseil Interprofessionnel des Vins du Roussillon)

ルション地方はフランスとスペインの国境の地中海側に位置してます。

この辺りは、“ピネレー=オリエンタル地域”と呼ばれます。

ルション地方のブドウ栽培、ワインづくりの歴史は2800年。

地中海に近いですが、山がちで、畑の80%が斜面にあり、標高は600mにもなります。

小さな家族経営の生産者が多く、その数は2200にもなり、うちワイナリー数は345、

協同組合は25。気候は地中海性気候で、23種類のブドウ品種が栽培されています。

そのうち15品種がAOCで認められています。

Vins du Roussiloon のブース(Vinisud)  

ルション地方には14のAOC(AOP)と3のIGPがあり、さまざまなタイプのワインがつくられていますが、

特徴的なのはアルコール度の高い天然甘口ワイン(Vins Doux Naturels、VDN)で、5つのAOCがあります。

ピネレー=オリエンタル地域のワイン生産量はフランス全体の2%と少量ですが

VDNは全フランスの80%がこのエリアで生産されています。

ルションの5つのAOCのVDNは以下の通り

○Banyruls  ○Banyruls Grand Cru  ○Muscat de Rivesaltes   ○Rivesaltes  ○Maury Doux

VDNの中に、今回フォーカスする「AOP Maury Doux」が入ってきます。

そして、辛口の9のAOPワインの中に、「AOP Maury sec」が入ってきます。

実は、2011年の収穫よりモーリーのAOP規定が変わりました。

AOP Vins Doux Naturels Maury は AOP Maury Doux に名称変更

※甘口のVins Doux Naturelsで、タイプは4つAOP Maury Sec 誕生(2011年11月24日) 

※赤の辛口スティルワインで、60~80%はグルナッシュ、ただし、2種類以上のブレンドが必須

Maury Secは20011年ヴィンテージから  モーリーといえば、アルコール度の

高い天然甘口ワインの産地として名を馳せていました。 

しかし、近年、甘口ワインの産地はどこも苦戦をしています。

現代人のライフスタイルが変わり、嗜好は辛口にシフトし、甘口ワインを飲む機会が減っています。

そのため、甘口のワインをつくっていた伝統産地でも、テーブルワインとして

日常的に楽しめる辛口ワインにも力を入れるようになってきました。

モーリーでも辛口ワインへのシフトが必然的に起こりました。

しかし、手をかけて高品質の辛口スティルワインをつくっても、

AOPでは「Côtes du Roussillon」や「Côtes du Roussillon Villages」がせいぜいだったのです。

そこで、辛口ワインの新たな名称を求める声が実を結び、辛口ワインの名称として、

元々の「Maury」をベースにした「AOP Maury Sec」が誕生しました。

これにより、似た名称で混乱を招くとして、「Côtes du Roussillon Villages Maury」は廃止となっています。 

「AOP Mauryには DouxとSecの2つがある」 ことを覚えましょう 。

モーリーは、海岸線より内陸に入った場所にあり、標高100mから400mに位置します。

 

 

北はコルビエールの山に、南はピレネー山脈の急傾斜に守られ、長さ17km、幅4kmにブドウ畑が広がります!


北はコルビエールの山に、南はピレネー山脈の急傾斜に守られ、長さ17km、幅4kmにブドウ畑が広がります!!

 

北はコルビエールの山に、南はピレネー山脈の急傾斜に守られ、長さ17km、幅4kmにブドウ畑が広がります。

土壌は非常に貧しく、周囲には南仏特有のガリーグと呼ばれる灌木が見られます。

土壌は白亜紀のシストとマールで、それほど深くなく、calco-schist(カルコ=シスト)と

呼ばれる茶色い部分が所々に見られるのが特徴といいます。

「カルコ=シスト(石灰片岩)は要チェック!と」エリック氏。 

AOP Mauryの畑面積は600haで、栽培ブドウの90%がグルナッシュになります。 

古木で、根っこが深く張っているものが多く見られます。

エリック氏のセミナーに登場した試飲ワインは8種で、最初の4種がMaury Sec(赤ワイン)でした。

左より)  

1)Rocher des uis 2014 Les Vignerons de Tautavel Vingrau  

 

3)Cuvee Bastoul Laffite 2014 Domaine des Soulanes  

4)Montpin 2013 Domaine Pouderoux

1)はグルナッシュ75%+シラー25%、真ん中2本はグルナッシュ80%+カリニャン20%、

4)はグルナッシュ80%+カリニャン15%+シラー5%。 

土壌もそれぞれ異なり、畑を耕すのに馬を使ったり(2)、オーガニックだったり(3,4)、醸造方法も異なり、味わいも異なります。

1)はエレガント系、2)はタンニン量が多いけれど丸みがあり、ほっこり。

3)もタンニンが多く、野性的なニュアンスがありながら、まろやか、

4)はタンニンくっきり、スッキリの洗練エレガント系。

後半4種はMaury Douxで、4タイプのうち3タイプが登場しました。  

5)Maury Blanc 2014 Domaine Thunevin Calvet  

6)Maury Grenat 2015 Mas Janeil -Francois Lurton  

7)Maury Grenat La Cerisaie 2013 Domaine des Schistes  

8)Maury Tuilé Cuvee du Centenaire

4タイプとは、上の3種(Blanc, Grenat, Tuilé)+ Ambré

“色の違い”(白、グルナ、チュイール、琥珀色)のほか、ブドウ品種、醸造方法、熟成方法の違いで分類されます。

5)は白ワインとまったく同じ外観なので、普通の辛口白と思って飲むと、甘さにビックリします。 

白とアンバーには、最大20%までのミュスカが使われるのが特徴です。

このワインはマカブー100%なのでマスカットの風味はありませんが、ハチミツの風味の中にフレッシュな酸が感じられました。

6)7)はグルナ。ガーネットです。

6)は赤ワインのようなガーネット色で、ワインとしてほどよいボリュームと心地よい甘さがあります。 

7)は黒っぽくて少しにごり、コショウ、リコリスなどのスパイスが味わいにも加わり、タンニン量もたっぷり。 

8)はチュイール。レンガ色。ナッツの風味があり、甘さの中に酸化のニュアンスが加わり、長い余韻があります。 

8)で“酸化のニュアンス”と書きましたが、甘口のモーリーには「酸化」「還元」という2つのワインメーキング方法があります。

今回は詳しくは説明しませんが、2つの手法があることだけ知っておいてください。 

セミナーの進行はフランス語でしたが、英語バージョンの同じ内容の資料が用意され、

スクリーンでも表示されたので、大変理解しやすいセミナーでした。

名前は知っていても、なかなか実際に飲む機会が少ないモーリーなので、最新情報を知ることができ、

比較試飲できたのは大きな収穫で、特に、辛口のMaury Secは興味深いものとなりました。   

ワインな ささやき より。

 

 

独特な特徴はモーリーセックの畑に輝く地中海のフレーバーだと言えます!

独特な特徴はモーリーセックの畑に輝く地中海のフレーバーだと言えます!! 試飲評価・★★★★++!

 

パーカー91~94!!

こってり中華におすすめ チョコレートにあう濃厚極旨!

南仏の気鋭生産者が造るしっとり濃厚&滴る果実味!

甘みが有名な地区で造られた唯一の個性の辛口赤ワイン!

濃厚ベリー感にベルベットの舌触り、プルーンの余韻―!

「ロシェ・デ・ビュイ2015」 

産地:フランスルーション-AOP モーリー・セック!  

ブドウの品種:グルナッシュ75%+シラー25%!

味わい:フルボディ!

★南仏の気鋭の生産者が造るしっとり濃密&滴る果実味!!

甘口が有名な地区で造られた唯一の個性の辛口赤ワイン!!

濃厚ベリー感にベルベットの舌触り、プルーンの余韻・・・ 

地中海とラテンの風を感じる熱いワインに燃え上がれ!! 

★パーカー【91-94点】

★ 素敵な掘り出し物のご紹介です!!

「ロシェ・デ・ビュイ 2015」の試飲記録:2021-06-13-15-17

飲み比べ相手「レ・ディフェーゼ2018」 はサッシカイア の元祖スーパータスカンと言われた有名なワイン!

飲み比べ相手「レ・ディフェーゼ2018」 はサッシカイア の元祖スーパータスカンと言われた有名なワイン!

外観:この色合いはグラスに注いで驚いたそれほど綺麗な色合いだからです!

この色合いはこのワインを作り出している人たちの、努力があったからだろう!

この色はモーリー・セックのテロワールの色合いだ!!

アロマ:このワインをグラスに注いだ時に放たれた葡萄のアロマは、甘い香りの私の好きなワインの香りだ!

そしてこのアロマはベリー系の甘い香りが印象的で、いいワインの証です!

ボディ:このワインは甘みのフレーバーのワインでありながら、それは強い飲み応えのしっかりあるフルボディです!

このボディはワイナリーの人たちが熟成させた、フルボディです!

アタック:口に含んだ時、このワインは評価が高いほどの旨味のワインだと思いました!

それはこのモーリーセックのテロワールが思い浮かぶほどのフレーバーだからです!

だから評価は高く五つ星に近い、旨味を放っていたからです!

ストラクチュア:強くもありまろやかでもある酸味と、タンニンの渋みが実に特徴的!

しかもそれはバランスしていて、いいストラクチュアです!

流石パーカー90点オーバーのことだけはあります!

とにかくいいストラクチュアでした!

一口評:飲み比べではあの「レ・ディフィーゼ2018」は元祖サッシカイア のスーパータスカンでした!

だがこのワインは私の好きなフレーバーのワインだけに、相手を上回っていました!

このワインの独特な特徴はモーリーセッタの畑に輝く地中海のフレーバーだと言えます!

私はこのモーリーセックの産地がよくわからず、調べてみるだけの価値のある産地に嬉しくなりました!

このモーリーセックの「ロシェ・デ・ビュイ 2015」のワインの評価が高いのは、パーカーポイントを見ても納得の旨さです!

これを飲んでモリーセックのファンになりました!

ラングドックはとても広く、その中にいいワイン産地があって、そのためにいいワイナリーが多くあります!

今日の料理は「チキンのクリーム煮」でそのマリアージュはよかったです!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。