ヤギと植物 癒やしの宿!喜多方のハイジが3頭のヤギを追って雪道を散歩。熱塩温泉「帰郷のお宿 ふじや」料理は無農薬野菜!

Pocket

雪深い山懐、”喜多方のハイジ”が3頭のヤギを追って雪道を散歩する!


ヤギと植物 癒やしの宿!喜多方のハイジが3頭のヤギを追って雪道を散歩。熱塩温泉「帰郷のお宿 ふじや」料理は無農薬野菜!

 

雪深い山懐、”喜多方のハイジ”が3頭のヤギを追って雪道を散歩する。

福島県・熱塩温泉「帰郷のお宿  ふじや」ではヤギを飼い、

料理は無農薬野菜。

植物療法士が体の不調に合わせてアロマを処方する。

 

 

165cmの観音像が見下ろす「観音風呂」!


湯の心旅!おじいさんから譲り受けたパチュリを皮切りにマロー、エルダの3頭のヤギを飼う。

 

4代目社長と若女将の兄妹コンビが切り盛りするふじや。

若女将の山本志穂さん(39) は子供の頃から動物好き。

2020年に地元に住むおじいさんから譲り受けたパチュリを皮切りにマロー、エルダの3頭のヤギを飼う。

夏放牧して雑草を食べ、冬の餌は杉の葉や有機野菜のサツマイモなど。

毎日周辺を散歩させ、小屋を掃除する。

宿泊客は一緒に散歩できる。

「ヤギの飼育を学ぶうちにカシミヤヤギの扱われ方のひどさを知り、

ビーガ(動物性食品を食べない思想)についても学んだ」と志穂さん。

自身もなるべく動物製のものは食べない「フレキシタリン」(時には肉なども柔軟に食べる主義)に変えた。

この日のお着きの菓子は「生米もちもチマフィン」。

アレルギー対応のビンカースイーツだという。

宿で出す会席料理には肉も魚も使われているが、鍋に盛り込まれた野菜の多さに驚く。

野菜の味が濃いから漬物も美味しい。「味も香りも違うでしょう。

自然農法の野菜は冷蔵庫の中に放置しても、干からびていくんです」(志穂さん)。

別注でニシンの山椒漬けや馬刺など会津の郷土料理も頼める。

8年前、生家に戻ってきた志穂さんは無農薬で野菜を作り

(冬は農家の有機野菜をとり寄せ)、

2年前からヤギの小屋から出る藁や糞を肥料に、

循環型の農業を始めた。

売店で販売するグラノーラやスタッフが身につけるエプロン、

座布団など全て若者の手づくり。

東京のデザイン会社で働いていた経験から

土産物のパッケージデザインのセンスも光る。

 

 

フィットテラピーのカウンセリングをする山本優介さん!


若女将が循環型野菜づくり!フットテラピスト(植物療法士)!

 

温泉は名前の通り、熱くて塩辛い。

薄くにごったうぐいす色で、雪道の散歩で冷えた手足に染み込んでいく。

若女将の夫・山本優介さん(38)は長年香りに携わるフットテラピスト(植物療法士)。

温泉とアロマやハーブでストレスをケアする「リトリープラン」を手がける。

プラン設定日以外でも「首のこりがひどい」

「冷えやむくみをとりたい」

といった特別のカウンセリングを受ける。

「植物療法はストレスの緩和、免疫や自律神経の乱れを整えるのにいい」(優介さん)。

4月から東京の「ルボアフィットテラピースクール」で講座を持つ。

「蔵とラーメンの街」喜多方の市内までは車で約15分。

型染で絣=かすり 模様を表現できる。

「会津型」で作品を作る。

「染織工房れんが」を訪ねた。

伊勢、

京都、

江戸と並んで染型紙の生産地だった喜多方。

工芸家の冠木昭子さん(80)は型紙商だった

小野寺家の蔵から「会津型」の型紙200枚を1984年に譲り受けて復活させた。

「渋柿で和紙3枚を重ねた『地紙=じがみ』を作るのは伊勢『伊勢型紙おおすき』のみ。

手で彫る型紙はすくなくなったけど、温かみが違います」(冠木さん)。

カレンダーサイズの型紙なら初心者でも挑戦できる。(要予約)。

(旅行作家 野添ちかこ)

 

 

精油の瓶とディフューザー!


アロマテラピー!芳香や植物に由来する芳香を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクゼーション、ストレスの解消などを目的とする療法である!

 

アロマテラピー(仏: aromathérapie[※ 1])またはアロマセラピー(英: aromatherapy[※ 2])は、

一般的には、精油(エッセンシャルオイル)、

または精油の芳香や植物に由来する芳香を用いて、

病気や外傷の治療、病気の予防、

心身の健康やリラクゼーション、ストレスの解消などを目的とする療法である。

芳香療法、香料治療とも。

実際様々な方法で用いられている。

ムード作りのインテリアの一種としても使われている。

使用される精油は植物に由来する揮発性の油で、それぞれ特有の芳香を持ち、生物活性が科学的に認められるものもある。

精油を使った医療は、アラビアやヨーロッパで昔から行われている伝統医学・民間療法のひとつである。

1990年代以降世界的に普及した。

ストレス、

うつ、

不安、

睡眠の質、

月経困難症、

女性の性欲の刺激、

疼痛にに有効であるとシステマティック・レビューにより示され

(がんの疼痛は緩和しないようである)、

殺菌作用を持つ精油は、

石鹸などに配合されたり

歯科などでも模索されている。

現代では、自己管理の健康法としても用いられている。

目次

[外部リンク概説]

精油を用いるアロマテラピーは、

植物療法あるいはハーブ医学から派生したもので、

錬金術と深く関係して発展した。

アロマテラピーという言葉は、1930年頃にフランスの

調香師・香料研究者のルネ=モーリス・ガットフォセが、

アロマ(芳香)とテラピー(療法)を組み合わせて作った造語である。

ガットフォセのアロマテラピーは、香料を使った療法であったが、その治療効果に香りは関係なかった。

また彼は、近代科学を疑う自然運動家ではなく、アロマテラピーを一つの新しい見込みのある療法として医者に推奨していた。

日本には、江戸時代に西洋医学が伝わった際に、精油を用いた医療が伝わり、蘭方で精油が薬として利用された。

「アロマテラピー」の呼称では、1980年代に「イギリスからの自然派美容マッサージ」という形で導入されたため、現在の日本では医療という認識は薄い。

日本語では芳香療法と訳されることが多いが、元々は精油を薬剤として用いる薬物療法を指しており、フランスでは現在もこの意味で使われる。

イギリスに伝わって精油を使った美容法などが

「アロマセラピー」と呼ばれるようになり、

のちに精油の香りを嗅いで体と心を癒す感覚療法(嗅覚療法)、

リラクセーション法なども含まれるようになった。

アロマテラピー(アロマセラピー)の定義はあいまいかつ多様である。

現在日本では、広くはアロマコロジー(英語版)(芳香心理学)、

美容を目的とする行為、ただ精油の香りを楽しむ行為なども含まれる。

日本では精油業者や美容業界の主導で広まり、

趣味や美容法、

リラクゼーション法の一種として、女性を中心に人気を得ている。

医療の分野では補完・代替医療のひとつとして知られる。

病気の予防、通常の治療の補助的療法として利用され、

介護や看護の場面で行われたり、病室の環境改善に用いられることもある。

発祥の地であるヨーロッパでも、治療の主な手段となることはほとんどない。

精油の医学的利用の研究者は少ないが、

2009年には臨床研究は徐々に増えてきているとも伝えられる。

ティーツリーなどのいくつかの精油は抗微生物活性が認められているが、

真菌、

細菌、

ウイルスに対する臨床研究は依然として十分ではない。

一般書籍でいわれる精油の効能は、科学的に証明されていないものが多い。

また、精神に関わる形而上学的な領域にも取り入れられたため、

精油を植物の精髄である神聖な医薬品とみなしたり、

他の伝統医学の理論を援用し、心身だけでなく

魂の健康を目指すスピリチュアルな施術者もいる。

 

 

ルネ・モーリス・ガットフォセ!


1930年頃にフランスの調香師・香料研究者ルネ=モーリス・ガットフォセが、精油を使った療法を「アロマテラピー」と名付け!!

 

[名称・分類]

アラビアやヨーロッパでは、伝統的に精油が医療に用いられていた。

1937年に精油の医療面での利用に関する本Aromathérapie les huiles essentielles hormones végétales を刊行した。

「アロマ」は「芳香」(ギリシャ語:ρωμα[※ 3][29], ラテン語:arôma)、

「テラピー」は「療法」(ギリシャ語:θεραπεία, ラテン語:therapeia)で、

「アロマテラピー」はこのふたつを組み合わせた造語である。

英語では「アロマセラピー」(英: aromatherapy[※ 2])となる[※ 4]。

医学博士の鳥居鎮夫は、「精油という芳香物質を使った療法」を、

「香りを嗅ぐことによって病気を治す療法」を意味する

アロマテラピー(芳香療法)と呼ぶのはおかしいが、

おそらく香料の専門家であったガットフォセは、薬用植物の中で特に

芳香性植物から抽出した精油の効能を取り扱うことを強調したのであろう、と述べている。

「アロマ」は感覚をあらわすと同時に、実体ある芳香物質(芳香化合物)を意味している。

「アロマテラピー」は感覚療法であると同時に植物療法(薬物療法)でもあり、非常にあいまいな用語である。

そのため香りの心理効果や芳香物質の薬理効果の研究の際に、

アロマテラピーという用語を避け、

アロマコロジー(芳香心理学)、

アロマトロジー(芳香物質学)という言葉が使われることもある。

フランスのアロマテラピーでは、精油の薬理効果に重きを置き、香りは注目されない。

精油の香りによる療法は、

フランスではアロマテラピーと区別され、

オルファクトテラピー(嗅覚療法)と呼ばれ、

精神疾患や神経系疾患を治療するために利用される。

[時代による定義の変遷]

鳥居鎮夫は、アロマテラピー(アロマセラピー)の定義は時代によって

変遷があると指摘している。

また、国によっても意味は異なる。

精油を使って病気を治す技術

精油を体内に取り込む技術

精油の香りを嗅いで体と心を癒す技術

フランス語の「アロマテラピー」は、「精油を使って病気を治す技術」を意味した。

フランスでは医療として医師が行ったが、伝播したイギリスでは主に美容目的で行われ、アロマセラピスト(香料治療師)は医者ではなかったため、

「病気を治す」という表現を避け、

「精油を体内に取り込む技術」とされた。

時代が下るとイギリスなどでは、これに「精油の香りを嗅いで体と心を癒す技術」といった意味が加わった。

前の2つは精油の薬理作用を基礎とする定義であり、最後の1つは嗅覚刺激によるものである。

アロマテラピー(アロマセラピー)は、時代や国、業界によって、意味するところが異なる。

日本では、自然の香りを楽しむ森林浴などもアロマテラピーに含むこともある。

現在では、

美容を目的としエスティックサロンなどで行われる

「エステティック・アロマセラピー」と、

病気の治療や予防、

症状の緩和を目的とし、

医療、

看護、

介護で行われる「メディカル・アロマセラピー」の2つの領域に大別される。

日本では最初、「エステティック・アロマセラピー」はイギリス、

「メディカル・アロマセラピー」はフランスの影響を受けたものが広まったといわれる。

日本の医療では、民間の「アロマテラピー」との混同を避け、

「アロマセラピー」と呼ぶことが多いが、

フランス系(大陸系、医療系[※ 6])が英語で、

イギリス系(美容系)がフランス語でよばれていることになる。

現在の欧米での分類[編集]

生化学者のマリア・リサ・バルチンは、近年欧米では、

アロマセラピー(芳香療法)、

アロマトロジー(芳香物質学)、

アロマコロジー(芳香心理学)の3種類に分類されていると述べている。

アロマコロジー(芳香心理学)

芳香物質に関する技術と人間の心理作用、芳香物質の脳への影響と作用の仕組みの究明を主な目的とする。

人間の感情・情動だけでなく、行動によい影響を与える香りの立証も目指す。

名称は、1982年にSense of Smell Institute(SSI、嗅覚研究所)によって提案された。

アロマセラピー(芳香療法)

 

 

これは「ポプリ」と呼ばれています!


SSIの定義では、心身の不調に対する植物芳香療法である!!

 

「アロマテラピー」ではなく「アロマセラピー」と呼ばれる。

SSIの定義では、心身の不調に対する植物芳香療法である。

精神的な障害(慢性抗うつ病など)の軽減も目指す。

アロマトロジー(芳香物質学、芳香物質療法)

精油(芳香物質)を体内に取り込むことを主眼とする療法で、

イギリス以外のヨーロッパで従来一般的なアロマテラピーを指す。

日本でフランス系、医療系アロマテラピーと呼ばれるものに重複する部分が大きい。

内服、

坐薬、

膣内への利用などもあり、

医師や有資格のハーバリストが行う内科的方法だが、

イギリスやオーストラリア、

アメリカでは、ハーバリスト、

民間資格者、無資格者による施術が安全面・法律面で問題となっている。

3~4.5mlもの精油を原液で皮膚に塗布するような激しい療法もある。

このように、補完・代替医療としての「アロマセラピー」と、

アロマトロジー的な意味合いを含めたヨーロッパ大陸型の従来の「アロマテラピー」は、かなり趣が異なる。

補完・代替医療としての「アロマセラピー」では、

「治療」より「癒し」に重きが置かれる。

[スピリチュアルな癒し]

精油の医療への利用は、第一次世界大戦時にフランスの

ガットフォセなどにより再評価され、精油の薬効の科学的研究が行われた。

それと同時に、精神に関わる形而上学的な領域にも取り入れられた。

アロマテラピーを世界的に流行させるきっかけになったロバート・ティスランドは、

中国思想や西洋占星術の影響を受けており、その著作にはニューエイジ的な神秘思想が見られる。

ヨーロッパの錬金術では、蒸留により植物から精髄

(クィンタ・エッセンチア[※ 7]、第五元素、エーテル)として

精油の抽出を目指しており、現在でも精油を植物の力や波動を宿す神聖な医薬品と見なす考え方がある。

アロマセラピストには、

花の「活気」(バイブレーション、振動という言葉も好まれる)は、

化学的な方法では殺されてしまうが、

錬金術師が第五元素(エーテル)を抽出するために用いた

水蒸気蒸留法で精油を抽出すれば保つことができると信じる人もある。

ヴェルナーは、中世ヨーロッパの錬金術への憧れは、

近代医学に対する不満とニューエイジの神秘思想からきていると指摘している。

ヨーロッパ伝統医学における占星術的な身体観(獣帯人間)や植物の解釈、

アーユルヴェーダ(インド伝統医学)のチャクラや中国医学の五行といった理論、

宝石療法や波動理論などを取り入れた、

スピリチュアルな癒し(心霊治療、波動療法、エネルギー療法)としてのアロマテラピーもある。

精油を使って心身だけでなく魂、

サトルボディ(微細身[※ 8]、エネルギー体、霊体)の健康を目指すスピリチュアルな施術者もいる。

ただし、スピリチュアルな解釈を重視し科学的研究を軽視または無視する

施術者も存在するため、精油による中毒や副作用などの問題が起こる可能性もある。

ドイツの神秘思想家ルドルフ・シュタイナーの世界観を背景とし、

西洋医学に基礎を置いた

代替・補完療法である人智医療(アントロポゾフィー医学、シュタイナー医学)・看護は、

1900年代初頭にスイス・ドイツを中心に発展したが、

このケア技術の一つに精油を用いた療法がある。

リズミカルマッサージ(ドイツ語版)を前身とする

リズミカルアインライブング(独語:Rhythmishe Einreibung)と呼ばれる療法は、

「アロマオイルや軟膏を定型フォルムに添って

リズミカルにケアリングタッチで皮膚に塗擦するケア」で、

シュタイナーと協働していた医師イタ・ヴェーグマン(ドイツ語版)が創始した。

その源流はスウェーデン式マッサージにあるとされているが、

マッサージと異なり、

筋肉を揉みほぐすのではなく主に軽擦法を用いて

オイルや軟膏を皮膚に塗布しなじませることを主眼とする。

加えてリズミカルな手技によって人間の自然治癒力の回復を促すケア技術であるといわれている。

「四構成要素モデル」

(人間を自然界の四つの基本存在の特質である物質(鉱物)

・生命力(植物)

・心(動物)に加えて精神を持つホリスティックな存在と考える)と、

「三層構造モデル」(人間を「頭部:神経 – 感覚システム」

「胸部:リズムシステム」

「腹部:四肢 – 代謝システム」の三層の機能モデルで捉えて、健康とは

「両極のバランス維持」であり、中間にあるリズムシステムが両極の調和を図ると考える)

という人智医療の理論に基づいている。

痛みの緩和や呼吸の改善、

健康感上昇、

信頼感・安心感の形成、

集中力強化などの効果があるとされ、

また「共に癒されるケア」

「看護の質を耕すケア」

「孤独を癒し愛を伝えるケア」

としての可能性を持つケア技術でもあるという。

ウイキペディア。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。