モンテスリミテッド・セレクション・カベルネ・カルメネール!モンテス5本セット!

Pocket

このモンテスのカルメネール好きになりました!


モンテス・リミテッド・セレクション・カベルネ・カルメネール!モンテス5本セットの③!

 

モンテス・リミテッド・セレクション・カベルネ・カルメネール  を紹介します。  

モンテスが得意とするカベルネとチリの代表品種カルメネールのブレンド品種の個性が融合したパワフルな味わい。

完熟したブドウならではのパワフルな味わいが楽しめるワインに仕上がっています。

バルサミコや黒系果実のしっかりとしたアロマとバタースコッチやスパイスのニュアンスが印象的。

ソフトでやさしい舌触りと、甘いタンニン。

オーク樽由来のバニラ香がエレガントさを与え、カベルネ・ソーヴィニヨンの複雑さと

カルメネールの凝縮感が上手く表現された1本。 

通常価格 2,000 円 (税抜)

3.「モンテス・リミテッド・セレクション・カベルネ・カルメネール2018」   

カベルネ・ソーヴィニヨンとチリを代表する品種、カルメネールを使用した力強く飲みごたえのある赤ワイン。

こちらのカベルネ・カルメネールは、バタースコッチやスパイス、バルサミコや黒系果実のしっかりとしたアロマ。

力強い味わいがありますが、オーク樽由来のバニラのニュアンスによって、複雑味とエレガントさも感じられます。

カベルネ・ソーヴィニヨンの複雑さと、カルメネールの凝縮感が見事に表現されたワインです。

「モンテス・カイケン・シリーズ」   

カイケンはモンテス社がアルゼンチンに所有するワイナリー。

チリとアンデス山脈を挟んだ隣国アルゼンチンでの新しい挑戦の象徴として、

アンデス山脈の渡り鳥、ガンの現地名である「カイケン」と名付けられました。

 

 

モンテスが得意とする!カベルネとチリの代表品種カルメネールのブレンド品種!

モンテスが得意とする!カベルネとチリの代表品種カルメネールのブレンド品種!!

 

[世界中から愛される天使のワイン、モンテス]    

スペシャリストが結集して設立モンテスの誕生は1988年。

ワインビジネスのスペシャリスト4人それぞれの技術と経験を結集させることによって設立されました。

ワインビジネスのスペシャリスト4人それぞれの技術と経験を結集させることによって設立されました!

醸造家のアウレリオ・モンテス氏、輸入ディレクター、ダグラス・ムライ氏、財務を担当する

アルフレド・ヴィダウレ氏、そしてワイナリーを所有するペドロ・グランデ氏。

チリワインの可能性と最高品質を追求し、地元の人だけが楽しむためだけではない、

世界のワインラヴァーに愛されるワイン造りを目指したのがモンテスでした。

[ITEM INFORMATION]   

モンテスが得意とするカベルネとチリの代表品種カルメネールのブレンド品種の個性が融合したパワフルな味わい。 

これがカルメネールの葡萄です!!

モンテスが得意とするカベルネとチリの代表品種カルメネールのブレンド品種の個性が融合したパワフルな味わい!

MONTES  LIMITED SELECTION   CABERNET SAUVIGNON   CARMENERE

モンテス・リミテッド セレクション・カベルネ ソーヴィニヨン カルメネール   

ワインビジネスのスペシャリスト4人の技術と経験を結集し設立されたモンテス。

チリワインの可能性と高い品質を追求したワイン造りによって世界中のワイン愛好家に愛されるワイナリーです。

モンテスが最も得意とするカベルネ・ソーヴィニヨンと、チリを代表する

ブドウ品種カルメネールによるブレンドで造られる、リミテッド・セレクション・カベルネ・カルメネール。

完熟したブドウならではのパワフルな味わいが楽しめるワインに仕上がっています。

[Tasting Note]    

バルサミコや黒系果実のしっかりとしたアロマとバタースコッチやスパイスのニュアンスが印象的。

ソフトでやさしい舌触りと、甘いタンニン。

オーク樽由来のバニラ香がエレガントさを与え、カベルネ・ソーヴィニヨンの複雑さと

カルメネールの凝縮感が上手く表現された1本。

[商品仕様・スペック]    

生産者:モンテス S.A.     生産地:チリ/コルチャグア・ヴァレー     

品 種カベルネ・ソーヴィニヨン70%+カルメネール30%    テイスト:辛口     

タイプ:赤/ミディアムボディ    内容量:750ml    醸 造:全体の47%をフレンチオーク樽で10ヶ月熟成。   

提供温度:14-16℃合うお料理:バーベキュー、サラミ、チーズ     

FELICITY 記事より。

 

 

タンニンがしっかりときいていて、酸味のバランスもよく、と~っても力強い味。男性的な味です!

タンニンがしっかりときいていて、酸味のバランスもよく、と~っても力強い味。男性的な味です!!

 

[モンテス・リミテッドセレクション・カベルネ・カルメネール2008]   

エノテカのワインのクリスマス福袋に入っていた。

「モンテス・リミテッドセレクション・カベルネ・カルメネール2008」を飲みました

国・地域:チリ ラベル・ヴァレー     製造:モンテスSA    

ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 70%+カルメネール 30%

まず、色は、ほんのすこ~し褐色がかってて、香りは、濃厚なちょっと香ばしい香り。

飲んでみると、タンニンがしっかりときいていて、酸味のバランスもよく、と~っても力強い味。

男性的な味です。

エノテカHPによるとパワフルで凝縮した味わいのワイン。

野外でのバーベキューパーティーなんてこのワインの楽しみ方の定番で、

直火で香ばしく焼けたお肉や野菜の美味しさをさらに引き立てます。

モンテスはシンプルで荒削りな表現とモダンに洗練された表現、どちらも得意でその

バランスの取り方の上手いワイナリーなのですが、こちらは前者の色が濃く出たワイン。

ずいぶん昔にボルドーより持ち込まれたものの、メルロと混同されていたため上手く育てられず

忘れ去られていたカルメネールは、近年「再発見」されると今度はチリの風土に非常に適した葡萄であることが判明。

今ではチリを代表する葡萄品種として栽培が盛んになっています。

とあり、発見されてよかったね!

と心の中でつぶやいてしまう。

そして、香ばしく焼けたお肉とともにいただくと、どんなワインになるんだろう?と思う。

今日の晩御飯は、おいしい焼き野菜にしようかな?

にゃんこの酒ログ 記事より。

 

 

ただ個人的にはこれならカベルネ単体のほうが絶対においしいと思った!これがそれです!

重め。ただ個人的にはこれならカベルネ単体のほうが絶対においしいと思った!!!

 

色はとても濃いルビー色 匂いは、形容できない匂いでかなり苦手な匂い

(スクリューキャップなのでブショネはないと信じたい&ブショネ嗅いだことない)

アタックは強め 苦味が先行してるがアルコール度数が高く甘味も感じる

匂いのことがなければ飲みたいと思えたのだが、、 んー匂いの印象で低評価

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2018)

安定して美味しいけれどあんまりカベルネ感はないと思った。

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ

値段相応という感じかな。

あと千円出してアルファを飲むほうかいいな。

コスパはまあまあ。

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2018) 

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2018) 

価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

チョコレート、コーヒー、黒果実、革の香り。

凝縮された果実味と甘味。

ハンバーグ、ブルーチーズに合う。

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ

酸も果実みもタンニンもバランスが良い。おいしい。カベソーカルメネーレ

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ

モンテスアルファのカベルネの味わいにカルメネイルの独特の渋さと深みが加わった味わい。

重め。ただ個人的にはこれならカベルネ単体のほうが絶対においしいと思った。

個性が喧嘩していた。

一週間前と同じくモンテス! 今日はカベルネとカルメネールのミックス。

チョコやコーヒーの風味を感じる。

カルメネールは好きなぶどうなんだけど、カベルネと融和してるというよりはちょっとお互いの良いところを消してる感じがするかなー。

モンテスは単一品種のほうが筋が通ってて好き。

2017はサックリングさん92点らしいです。7ユーロでしたー。

ポップなイラストのセッションIPAから飲みましたー。 ご飯はチャーハンと。

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2017)

今日は何となく飲みたい気分だったのでチリのCS主体。

思ったよりガッツリだったけど、今の気分にぴったり(^ ^)

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ

赤身肉3種と

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2017)  

価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

初めにやや甘さを感じた後に、すぐさま凝縮感のある濃厚な味わいを感じられる。

もう少し寝かせてタンニンをよりまろやかにした方がいいかな。

しかしながら値段を考えると、コスパはいいかも。

4日目にして、香りが開いてきた。

甘いブドウの香りが心地よい。素晴らしい!

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2017)   

価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

まとめ買いだったかな?モンテス・カベ+カルメネール 濃いめで美味しい!

香りはプラムよりはレーズン。

ほのかにチェリーのような、味わいは濃厚で奥行きがある。

余韻は確かに長い。

笑 ブラックチョコではなく、高カカオチョコ(80%)のしぶしぶ。

うまいなぁ!

夕食の豚汁ともなぜかそこそこ合う笑

普段なかなか飲まないチリワイン。エノテカセールにて購入したモンテスを開けたけどなかなか美味しかった。

余韻は長くないもののカベルネ・ソーヴィニヨンの強さを感じられるワイン。

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2016)

ガツンとくるフレッシュな果実の香りとしっかりとした余韻の長さ。少しタンニンは残っている。

はじめてのモンテスのLIMITED SERECTION。

今日は中華風の炒め物と合わせてみた。

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2016)

エノテカ福袋買いまして モンテスから飲みました。 さすがモンテス。素晴らしい。

幾重にも重なる香り、しっかりしたタンニン。 ワインが強い。

これで2000円だとー!

5000円クラスの間違いだろ?

しかも割引きいてめちゃくちゃ安く買った。

ここだけの話、実質800…これ以上は言えない… たまたま当たりワインの可能性もあるが、2000円の味じゃねー!

箱で買おう箱で!

後悔はさせねーぜ。

モンテス カベルネソービニオン&カルメール ルビー色 プラムの香り 渋みが全く無く

フルーティだけど重みもあり飲みやすい ゴルゴンゾーラとマリアージュd(^_^o)

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2016)     

価格:2,160円(ボトル / ショップ)

当然蕎麦には、合いません。

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2016)

安定のモンテス、カベルネ&カルメネール。 甘めに感じるのはカレーに合わせたからか?

飲みきれないので続きは明日。

モンテス リミテッド・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン カルメネーレ(2015)

珍しく自宅で赤。

モンテスのカベルネ・ソーヴィニヨンとカルメネールのブレンド。

赤系・黒系果実の香り。 色はこってりと濃いめのルビーレッド。

濃そうだな~、と飲むとそうでもなくタンニンも滑らかで優しく、

凝縮した果実味にはほんのりとした甘さもあって飲みやすい。

オムライスの♥はからかわれてるだけだが、悪い気はせん(笑)    

Vinica 記事より。

 

 


最近チリのカルメネールのフレーバーが合ってきた!

最近チリのカルメネールのフレーバーが合ってきた!四つ星++の高評価!

 

「モンテス・リミテッド・セレクション・カベルネ・カルメネール2018」の試飲記録!

葡萄の品種はカベルネ・ソーヴィニヨン70%+カルメネール30%。

気どらずワイワイごくごく飲めるワイン!

チリ・セントラルヴァレー。

これがモンテスのワイナリーです!

2017年はアドヴォゲイト誌で91点を獲得!

試飲記録:2020-10-23-25-27

外観:濃い目のガーネットでいい色合いです!

アロマ:カベルネのアロマはカシスなのでよくわかりました。

ボディ:飲み応え十分のミディアムフルボディ。

アタック:口に含んだ瞬間この甘味の旨さに圧倒された!いいワインだよ!

評価は高く四つ星++!

ストラクチュア:ストラクチュアは柔らかい酸味と渋みがよくバランスしていて、ナイスなストラクチュアだ!

一口評:このワインのカルメネールはかつて私が苦手にしていた葡萄でしたが、今日のカルメネールの評価は高いよ!

さすがモンテスのワインは違うね!

どうも最近チリのカルメネールのフレーバーが合ってきたからだとも思う!

今日の料理は牡蠣のクローム春巻きで、大変美味しくてこのワインとのマリアージュは最高でした。

カルメネールに少しづつ慣れてきて、どうやら好きになれそうです!

これがモンテスの力か?!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。