ミラノを席巻する!新・食体験!健康のために毎日緑茶を飲んでいる!!!

Pocket

これがミラノの食文化!


ミラノを席巻する!新・食体験!健康のために毎日緑茶を飲んでいる!!!!

 

何につけ保守的で「食のグローバル化」も遅かったミラノだが、2015年の万博以降、変化が訪れた。

異国の異色の食文化に触れたことをキッカケに、若者のみならず海外に全く関心のなかったような中高年層も、

弾けるように外国料理のレストランを探すようになり、新しい食体験を楽しんでいる。

格安航空券のネット予約が主流になり、旅行が身近になったことも大きい。

イタリア国家統計局、国立観光観測所のデータによると、

15年のイタリア人の外国旅行先はフランスが第一位で、外国旅行者全体の13.8%を占めていたが、

翌16年には15%と激減、逆に15年に1%だったキューバへの旅行者は16年には15%、

オマーンは0.9%から12%へと増えた。

18年の外国旅行者の泊数は前年比30%増。

心地よく国内にとどまっていたイタリア人が足繁く出かけるようになり

イタリア料理一辺倒だった食生活も大きく変化したのだ。

ミラノで特に際立つのはアジアや中近東、

南米などの非西欧圏の料理を出すレストランが急に増え、人気を博していることだ。

19年のラテンアメリカ・ベストレストラン50にも入ったペルー料理店「マイタ」の系列店「パチフィコ」

インドのスターシェフ、リトゥ・ダルミアによるインド料理店「チッタマーニ」、

中国人が経営するミシュラン一つ星の日本料理店「イヨ」—–。

いずれも異国情緒をそそるインテリアで、サービス担当は英語もフランス語も堪能だ。

高級レストランだけではない。

高級レストランだけではない!

ミラノの著名な実業家が有機飼料で育てる豚肉を使った中国人経営のギョーザのテイクアウト店には、

連日イタリア人が行列している。

屋台のようなこの店に行くことは、高級イタリア料理「クラッコ」の新店について詳しいより、

はるかにクールだと考えられている。

肉の種類や量を指定できるハンバーガーやヴィーガン対応のサンドイッチ—–。

経営者は経済学部が有名なボッコーニ大学で学び、海外体験のある30歳前後の若者であることが多い。

ビジネスの可能性を食の分野に見出しているのだ。

食専門の配達者も生まれている。スマートフォン片手に自転車やバイクに乗り、

グーグルマップを見ながら配達する人の多くはアフリカからの移民だ。

食生活の変容は、移民の人々の雇用をも促している。

ダイエットにいそしむ人のためにコールドプレスジュースの配達すらある。

エスプレッソ一辺倒だった飲み物事情も変わりつつある。

シングルオリジンのコーヒーを出すカフェが生まれ、緑茶への関心もうなぎのぼりだ。

「マッチャ」という名前の抹茶専門チェーンも目につくようになった。

日本茶を楽しむ落ち着いた雰囲気は全くないが、イタリア一のブロガー、キアラ・フェラーにが

「健康のために、毎日緑茶を飲んでいる」とテレビで語って以来、健康志向の人々がとりこになった。

さらに驚くべきは昨年10月中国茶専門の、しかも中国人が経営する喫茶店が現れたことだ。

「シンチャ」というミラノ初の中国茶房は、ファッショナブルなサン・マルコ通りにある。

こじんまりとした店内には各種の茶葉がお揃いの缶に入って並び、作家ものの茶碗や急須も飾られている。

オーナーは二人の中国人女性。

「コーヒーとの競争は不可能なのでお茶を文化として売ることにした」と話す。

中国茶独自の入れ方を見せながら儀式として紹介し、出張にも応じる。

中国茶独自の入れ方を見せながら儀式として紹介!

異文化に興味を持つ富裕層を中心に口コミで広がり、マンダリンオリエンタルホテルでイベントを行うまでになった。

マラケシュ郊外からやってきた3人の姉妹が営むモロッコ料理店「リヤド・マッジョレッレ」も象徴的だ。

「予算に限りがあっったので内装も自分たちでデザインした」という計25席の店内は、毎日いっぱいになる。

料理やサービスも自分たちで。

ミントティーやお菓子の人気も上々だ。不利な立地にもかかわらず上客が付いているのは、

彼女らが放つ健康的なエネルギー故だろう。

今まで差別されがちだった国の人々が自国の文化に誇りを持って広めようと試み、受け入れられる。

ミラノの変身を語るものに他ならない。

とはいえ消費のサイクルは早く、店の入れ替わりもかつてないほど激しい。

今後のミラノがさらに広く門戸を開くのか、あるいは振り子を戻すのか、それはまだわからない。   

日経新聞 ジャーナリスト 矢島みゆき  天江尚之 撮影。

 

 

ミラノの食革命!


若者中心で起こるミラノ食革命!ダイエットと寿司・刺身!!

 

若者を中心に起こるミラノの食革命 2019/10/28(月) 19:00配信 WWD JAPAN.com

若者を中心に起こるミラノの食革命アペリティフ(食前酒)で人気のバルバッソ。

世界でも有数のファッション都市であり、食の街であるミラノに新たな食の革命が起こっている。

インターネットが普及し、各種格安チケットにまつわる情報が飛び交うようになって、

それまで好んで国内に閉じこもっていたイタリア人も、頻繁に海外を旅するようになった。

それにより食についての直接情報が増え、異文化の食事に接する機会が拡大。

イタリア料理一辺倒だった食生活は大きく変化した。

2015年の食をテーマにしたミラノ万博は、その傾向に拍車をかけた。

2015年の食をテーマにしたミラノ万博!

若者のみならず、海外には全く関心のなかった中高年も異なる食文化の存在に触れ、

弾けるように外国料理のレストランを探すようになったのである。

街中にはすでにシリア、ベトナム、ペルー、日本、韓国、ブラジル、タイ、インド料理などのレストランが点在。

特にダイエットと寿司・刺身とはうまく結びついて、「寿司屋=日本食レストラン」と短絡化し、

中国人も、ブラジル人も、こぞって寿司屋を開業した。

寿司で痩せた人、痩せようとする人の数は今なお、少なくない。

食事は自宅で調理して、という従来の習慣も変化してきた。

各国料理店の登場によって外食やそれらの宅配サービスに依存する人々の数が増えてきていることも確かだ。

若者はジムに通い、正しい適量の食事を心掛け体型維持に努めているが、

最近のラーメンや餃子、ポケ(ごま油と醤油漬けのマグロやアボカド、トマトをご飯の上にのせた丼)、

テイクアウトの寿司、ピザ、ピアディーナ(生ハムや野菜、チーズを挟んだ無酵母パン)、

今やイタリアピザだけではない!

ハンバーガーなど、ファストフードの人気上昇という現実との間には大きな矛盾がある。

“本物の食こそがオシャレ ファッションが提案する食は下火”。

ミラノには20年位前から、ファッションブランドが経営するレストランやカフェが市中に登場し始めた。

「ディースクエアード(DSQUARED2)」の“チェレジオ7(CERESIO7)”、

「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」のレストラン、

「トラサルディ(TRUSSARDI)」のカフェレストラン、

「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」のレストランとカフェ。

「プラダ(PRADA)」は菓子店のマルケージ(MARCHESI)を買収し、

2年前にタワー(Torre)内にレストランもオープン。ミシュランのシェフを信ずる人も増えた。 

WWD JAPAN.com記事より。

【関連記事】

【画像】若者を中心に起こるミラノの食革命「コヴァ」の新店がギンザ シックスにオープン 

ミラノの旗艦店を忠実に再現東急電鉄が伊高級カフェ「コヴァ」と提携 

ギンザ シックスなどに出店アルマーニ カフェに限定パフェ 

野菜とハーブを使った大人味「シャネル」の香水の世界観を堪能できるアフタヌーンティーが登場眠らない街トビリシ! 

ファッションからナイトライフ、食の旬なスポットはココ。 WWD JAPAN.com

 

 

イタリアの食文化を正しく知ろう!!


イタリア食文化を正しく知ろう!イタリアにイタリア料理がない!南北で大きく違うイタリア!

 

[イタリア20州の郷土料理を総ざらい!

イタリアの食文化を正しく知ろう]

イタリア料理と聞いて何を思い浮かべるだろうか。

大抵の人は、ピザやパスタなど、日本でお馴染みの”イタリア料理”を連想することだろう。

確かにそれらはイタリアでも味わえるが、

実は日本人のイメージする”イタリア料理”を網羅的に提供する店は現地には少ない。

その細長い地形からも分かるように、

土地ごとに環境が異なるため、採れる食材やそれらを生かす調理法も異なってくるのだ。 

本特集では、そんなイタリア料理を正しく捉えるために、

イタリアを構成する全20州の特徴や郷土料理を総ざらいし、その奥深い世界を覗いてみたい。

[イタリア郷土料理ってなに? 食文化を簡単に知ろう] 

イタリアは南北に長く、「一年中温和な海洋気候」「冬は寒さが厳しく夏も涼しい山岳気候」

「それ以外の丘陵・平野気候」という3つの全く異なる気候がモザイクのように入り組んでいる。

このような変化に富んだ気候風土が、多彩な食材と独特の調理法を生み出し、

その土地でしか食べられていない”郷土料理”を数えきれないほど誕生させた。

それが、“イタリアにイタリア料理はない”と言われる所以で、

ピザやパスタ、ティラミスなど、我々がイメージする“イタリア料理”の多くは、その郷土料理のひとつに過ぎない。

料理も多彩なら、飲食店のスタイルも多様なのがイタリア。

例えば、コース料理中心で予約が必要な高級店を「リストランテ」と呼び、

それよりカジュアルで小規模なお店を「トラットリア」、旅館の食堂がルーツの庶民的な居酒屋を「オステリア」と呼ぶ。

さらに細かく見ると、ピッツア専門店を「ピッツェリア」、スパゲッティ専門店を「スパゲッテリア」、

軽食堂やセルフサービスの食堂を「ターヴォラ・カルダ」、

食事もできるカフェを「バール」と呼ぶのは周知のとおりだ。

[各地の郷土料理は、どうやって育まれてきた?] 

北には万年雪を頂くアルプス山脈が高々とそびえ、南の島の対岸はもうアフリカ大陸というイタリア。

北部と南部を見ると、同じ国の料理と思えないほど大きな違いがある。

山間部が多く酪農が盛んな北部では、伝統的にバターやクリームが料理のベースとなっており、煮込み料理が多い。

これに対してオリーブ栽培が盛んな中部から南部では、

オリーブオイルが料理の基本となっており、いろいろな料理にトマトをたっぷりと使う。

また北部では、軟質小麦を使った生パスタが多く、

南部では硬質のセモリナ粉を使った乾燥パスタが主流であることも大きな違い。

世界的に「イタリア料理といえばトマトとオリーブオイル」というイメージが強いが、

それはイタリア南部のスタイルを指しているのだ。

またイタリアは、1861年に統一されるまでは小さな都市国家の集まりだったため、

さまざまな国の食文化が各地で根付き、独特の発展をとげた。

北部では隣接するフランスやオーストリア、スイスなどの影響を強く受けている。

郷土料理は、その地方がたどってきた歴史と密接に結びついる!

一方、地中海の中心に位置し、古代ギリシャ時代からさまざまな国に征服されてきた南部の島の郷土料理は、

ギリシャ、スペイン、アラブ、北アフリカの影響を受けている。

郷土料理は、その地方がたどってきた歴史と密接に結びついており、それゆえ人々の愛着も深い。

「イタリア人は『自分の土地の料理が一番おいしい』という意識がとても強い」と言われるのはそのためだ。

[ロンバルディア州] 

州都ミラノはイタリアにおけるビジネスの中心地で、流行の発信地。

料理は地域それぞれに個性があり、ミラノ料理はとろ火で煮込む料理、

北部は寒さに耐えられるよう乳製品やバターを使うこってりした料理、

南部のマントヴァ県、クレモーナ県は塩味に甘みを加えた宮廷料理の流れが残っている。

米作地帯もあり、リゾットもよく食べられている。

海に面していないが豊かな水量の湖が多く、淡水魚が食材として多用されている。

・州都 ミラノ  ・主な料理 オッソブーコ(仔牛の骨付き肉の煮込み)、

ミラノ風カツレツ、ミラノ風ミネストローネ、パネットーネ(ミラノ発祥のクリスマスケーキ) 

dressing記事より。

 

 

 

 

食の街であるミラノに新しい職の革命が起こっている!


食の街であるミラノに新しい食の革命が起こっている!多彩な食材と独特の料理法!!

 

今日はミラノを席巻する 新・食体験について日経新聞の記事から述べてきましたが、それをさらに詳しく調べて記事のまとめました。

「食のグローバル化」も遅かったミラノだが、2015年の万博以降、変化が訪れた。

異国の異色の食文化に触れたことをキッカケに、若者のみならず海外に全く関心のなかったような中高年層も、

弾けるように外国料理のレストランを探すようになり、新しい食体験を楽しんでいる。

心地よく国内にとどまっていたイタリア人が足繁く出かけるようになり、

イタリア料理一辺倒だった食生活も大きく変化したのだ。

ミラノで特に際立つのはアジアや中近東

南米などの非西欧圏の料理を出すレストランが急に増え、人気を博していることだ。

さらに驚くべきは昨年10月中国茶専門の、しかも中国人が経営する喫茶店が現れたことだ。

「シンチャ」というミラノ初の中国茶房は、ファッショナブルなサン・マルコ通りにある。

こじんまりとした店内には各種の茶葉がお揃いの缶に入って並び、作家ものの茶碗や急須も飾られている。

若者を中心に起こるミラノの食革命アペリティフ(食前酒)で人気のバルバッソ。

世界でも有数のファッション都市であり、食の街であるミラノに新たな食の革命が起こっている。

若者中心で起こっているミラノ食革命!

イタリアはその細長い地形からも分かるように、土地ごとに環境が異なるため、

採れる食材やそれらを生かす調理法も異なってくるのだ。

イタリアにイタリア料理はないと言われるのは、 

このように南北で変化に富んだ気候風土が、多彩な食材と独特の調理法を生み出し、

その土地でしか食べられていない”郷土料理”を数えきれないほど誕生させた。

それが今日のイタリアの食文化でしょうか!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。