ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019のワインのフレーバーはローヌ河の空高く輝くシラーの葡萄のフレーバー!!

Pocket

ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019のワインのフレーバーはローヌ河の空高く輝くシラーの葡萄のフレーバー!

ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019のワインのフレーバーはローヌ河の空高く輝くシラーの葡萄のフレーバー!!

 

パーカー100点獲得時価数万円ボーカステルの真隣畑で産まれる稀少極旨に、圧倒的な存在感

★南仏の天才醸造家ミシェル・ガシエの極旨!!そして!!南仏地方史上屈指の大当たり2010年!!

ローヌ・ワインの熟成感をたっぷりと楽しめる希少なヴィンテージワインに、

パーカー100点ワインも造ったローヌの新星が

三ツ星レストランとタッグを組み、オーガニックで産みだした極旨!!

さらに!!

≪驚愕の5冠金賞!!

≫ジューシーかつエレガント!!

激旨オーガニック・コート・デュ・ローヌに、ローヌらしい

しなやかさな飲み心地と美しい余韻が魅力の激旨!!

飲み応えタップリ!!

当店でも屈指の人気産地≪コート・デュ・ローヌ≫の極旨6本を厳選!

!溢れ出る濃厚果実味を満喫してください。  

【ジェブ・ダナック90~92点獲得!!】

圧倒的な存在感!!

驚くほどピュアなアロマと真摯な味わい!!

濃密にして儚げ、胸が締め付けられるほどの美しさ・・・

可憐かつ鮮やかなスミレの香りが余りにも印象的!!

一口飲んだ瞬間から完全に支配されてしまうほどの存在感です!! 

[ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019]

青みを感じるほどの生カシスの香りに驚き、

ダークチェ リーやブルーベリーの黒々とした深みに思わずため息。

可憐にして鮮やかなスミレのアロマ、

そしてリコリスの 甘くスパイシーなニュアンス。

香りだけですでに圧倒さ れる。

その味わいは胸が締め付けられるほどに真摯で美しく、 ピュアでストレート。

その果実味はぎゅっと濃密なのに どこか儚げで、

後に残るのはベルベットのタンニンと花 の香りの余韻。

キャッチーなアタックと媚びない旨み。

ほとばしるエネルギーを秘めた若き逸材。

ラム肉のグリル、ローストポークなどと相性抜群です。

ichel Gassier Cotes du Rhone 2019

■色・容量:赤750ml   

■ALC:15%   

■ブドウ品種:グルナッシュ70%、 ムールヴェードル20%、シラー10%   

■産地:フランス – コート・デュ・ローヌ地方   

■味わい:フルボディ   

■ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)、安定剤(アカシア)

【ジェブ・ダナック90~92点★】

青みを感じるほどの生カシスの香りに驚き、

ダークチェ リーやブルーベリーの黒々とした深みに思わずため息。

可憐にして鮮やかなスミレのアロマ、

そしてリコリスの 甘くスパイシーなニュアンス。

香りだけですでに圧倒さ れる。

その味わいは胸が締め付けられるほどに真摯で美しく、 ピュアでストレート。

その果実味はぎゅっと濃密なのに どこか儚げで、

後に残るのはベルベットのタンニンと花 の香りの余韻。

キャッチーなアタックと媚びない旨み。

ほとばしるエネルギーを秘めた若き逸材。

ラム肉のグリル、ローストポークなどと相性抜群です。    

京橋ワイン。

2本目

ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019   

Michel Gassier Cotes du Rhone 2019

色・容量:赤750ml    

ALC:15%    

ブドウ品種:グルナッシュ・ノワール70%、シラー20%、ムールヴェードル10%    

産地:フランス – コート・デュ・ローヌ地方   

味わい:ミディアム寄りのフルボディ    

ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)

セット内容: 赤750ml x 6本

■1:ドメーヌ・パトリス・マニ・コート・デュ・ローヌ 2019

■2:ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019

■3:ドメーヌ・マズール・コート・デュ・ローヌ・カルト・マロン・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2010

■4:ドーヴェルニュ・ランヴィエ・コート・デュ・ローヌ・マルコン・オーガニック 2018

■5:シャトー・ド・ボスク・コート・デュ・ローヌ・ルージュ 2017

■6:ロッカ・モーラ コート・デュ・ローヌ 2019

 

 


 

ローヌワインの特徴とは!北部と南部では生産させるワインの個性は大きく異なる

コート・デュ・ローヌ!ローヌワインの特徴とは!北部と南部では生産させるワインの個性は大きく異なる。北部ローヌでは赤はシラー、白はヴィオニエ種のブドウを主体として造られ、南部ローヌでは多品種をブレンドして造られるワインが多い! 

 

フランス南東部のローヌ川流域で生産されるワイン、あるいはその生産地域を指す。

ローヌ(Rhone)地方は大きく南部と北部に分かれており、

南北200km、東西100km程度に及ぶ。

フランスではボルドーに次いで広いワイン産地である。

北部と南部では生産させるワインの個性は大きく異なる。

北部ローヌでは赤はシラー、白はヴィオニエ種のブドウを主体として造られ、

南部ローヌでは多品種をブレンドして造られるワインが多い。

南部の栽培面積が圧倒的に多いため、ローヌワインの

ほとんどが南部の特徴を持ったワインといえる。

ローヌ地方で生産されるワインの80%はAOCコート・デュ・ローヌ(Cotes du Rhone)である。

コート・デュ・ローヌという表記はローヌ川沿岸という意味のフランス語で、

この表記のAOCはローヌ河岸に沿って南北に200キロ程

続く地域総てに適用される、地方名の広域AOCである。

指定地区であればどこでもこのAOCを使えるため、

村名AOCの規定に達しないものはこの広域AOCで出荷されている。

市場に出るもののAOCコート・デュ・ローヌの

ほとんどがローヌ下流地域の南部のもので、80%を占める。

代表的なAOC地区は、

北部ではコート・ロティ、

コンドリュー、

シャトー・グリエ、

サン・ジョセフ、コルナス、

サン・ペレイ、クレット・ド・ディ、

クローズ・エルミタージュなどがある。

南部では北部より広大な畑が広がり、

シャトー・ヌフ・デュ・パプ、

ジゴンダス、

ヴァケイラス、

タヴェル、

リラックといった個性的なAOCがあるほか、

広域AOCコート・デュ・ローヌのワインが多く造られている。

北部ローヌのブドウ畑はローヌ河岸の急斜面にあり、東西の広がりはない。

大陸性の気候の影響を受け、夏は暑く冬は寒い。

昼夜の寒暖差も激しいのが特徴。

土壌や花崗岩質の丘や沖積土の丘などに畑が点在しており、

急斜面の段々畑であるため機械化は難しく人力によるブドウ栽培が行われている。

一般的に単一の品種のブドウを使い、酸味と渋みのバランスがよい

個性的で上質なワインが少量産出される。

南部ローヌのワインはブレンドが主で、価格も品質も親しみやすく、

色や芳香が濃い健康的な赤ワインが多く産出されている。

畑は比較的なだらかな大地に広がっており、土壌は様々で一様ではない。

地中海性の気候の影響を受け、夏は暑く基本的に乾燥していて

雨は不規則で激しい雷雨になることも多いが、冬は一定の降雨量がある。

[一押しのワイナリー/当たり年]    

コート・デュ・ローヌ(Cotes du Rhone)の生産者のうち、各方面にて高い評価を得ている作り手として、

グザヴィエ(Xavier)、

ジャック・レイノー、

ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス(Domaine de la Janasse)、

シャトー・ボーカステル(Coudoulet de Beaucastel)、

ドメーヌ・ペゴー(Domaine du Pegau)、

クロ・デュ・カイユ(Clos du Caillou)、

ドメーヌ・ポール・オタール(Domaine Paul Autard)、

シャトー・ド・サン・コム(Chateau de Saint Cosme)、

ギガル(Guigal)、

シャプティエ(Chapoutier)、

ポール・ジャブレ・エネ(Paul Jaboulet Aine)、

ドゥラス・フレール(Delas Freres)、

フランソワ・ヴィラール(Francois Villard)、

ピエール・ガイアール(Pierre Gaillard)、

アンドレ・ペレ(Andre Perret)、

ルネ・ロスタン(Rene Rostaing)、

アンリ・ボノー(Henri Bonneau)、

シャトー・ジゴニャン(Chateau Gigognan)、

ドメーヌ・デュ・ペゴー(Domaine du Pegau)、

ジャン・ルイ・シャーヴ(Jean Louis Chave)、

アラン・グライヨ(Alain Graillot)などが挙げられ、

地域ごとに個性を持った素晴らしい醸造家が多い。

ローヌのワインは2010年、

2009年、

2007年、

2006年、

2005年、

2004年、

2003年、

2001年、

2000年、

1999年、

1998年、

1997年、

1995年、

1990年の出来が良いと評価される。

比較的安価なテーブルワインから、

数万円の高級ワインまで幅広い価格・値段で販売されている。    

WINE BAZAAR より。

 

 

ローヌ河岸に沿って南北に200㎞ほど続く地域という広範囲内で、指定地区内であればこのAOCを使えます! 

コート・デュ・ローヌのワインとは!ローヌ河岸に沿って南北に200㎞ほど続く地域という広範囲内で、指定地区内であればこのAOCを使えます! 

 

COTES DU RHONE(以下コートデュローヌ)は、

ボルドーに次ぐ生産量を誇る広大なローヌ地方内のAOCです。

ローヌ河岸に沿って南北に200㎞ほど続く

地域という広範囲内で、指定地区内であればこのAOCを使えます。

地区名や村名AOCのないものは、このAOCで出荷されています。

そのためローヌ地方で生産されるワインの80%近くを占めていると言われています。

手頃な価格で購入することが出来るにも関わらず、

品質も安定しているためカフェやビストロでも多く取り扱われているワインです。

気軽に、高品質なワインといえばコートデュローヌのワインをお勧めします。

[コートデュローヌ ワイン]    

ブドウの品種    

コートデュローヌは北部と南部で特徴が違います。

勘の鋭い方は気づくと思いますが、要するに個別のAOCで使用されるブドウ品種をそのまま使用しているのです。

ローヌ地方の北部は赤ワインの場合シラー種が主体となり、ヴィオニエやマルサンヌを一部混醸しています。

この葡萄がシラーです!ブレンドされると大変美味しい!

白ワインはヴィオニエやマルサンヌ、ルーサンヌ主流となります。

内陸に近い気候で、赤ワインに白ワインのブドウ種をブレンドする独特の造りをする産地です。

一方ローヌ地方の南部は赤ワインの場合、グルナッシュやシラーなどが使用されます。

また白ワインはグルナッシュ・ブランやクレレット、マルサンヌなどが主体となります。

南ローヌの代表的な個性はワインのシャトー・ヌフ・デュ・パブは

19種類のブドウがブレンドされており、こういった

ブドウを混ぜて作ることが特徴といえます。

[コートデュローヌの特徴]    

コートデュローヌの赤ワインは凝縮されたような

果実味と、ほのかなスパイスの風味が特徴です。

熟成させなくてもコクのあるローヌらしい濃厚な味わいを味わえる、

手頃ながらも深みのあるワインを楽しめます。

 フランスのカフェではローヌのグラスワインをよく見かけます。

カフェではグラスワインに高級レストランほどの値段を付けられませんから、

どうしてもコストパフォーマンスのいいローヌの赤ワインに集中するのです。

一方白ワインは、糖分の高いブドウから造られたフルーティーながらも

アルコールをしっかり感じられる味わいとなります。

低価格であっても骨格のしっかりした飲み応えある辛口が魅力です。

[飲み方のコツ]  

  赤白共に成熟したブドウから生き生きした果実味を感じられ、デイリーワインにピッタリでしょう!

コートデュローヌは、日本のワインショップでも

1000円台で購入できますし、コンビニでも見かけることもあります。

赤白共に成熟したブドウから生き生きした果実味を感じられ、

デイリーワインにピッタリでしょう。

飲み方としては、できれば冷やし気味に温度を管理して、白は8度程度、

赤であれば14度程度にきりっと冷やして

徐々に温度が上昇する、というイメージがいいでしょう。

この温度は、ご家庭であれば冷蔵庫で一晩冷やし、

飲む20~30分前に室温においておけばいいでしょう。

温度が上がりすぎたら氷水の入ったワインクーラーで冷やせば問題ありません。

グラスも大ぶりなものではなく、高価なものでなくて問題ありません。

気を遣わずにいられるグラスを使いましょう。

例えば↑のようなグラスであればいかにも頑丈そうで、実用的です。

100円ショップでも売っていますのでたとえ壊れても「ま、いっか」で済むでしょう。

日常的なワインは、このようなスタンスで

いただくことができるのも、ワインの楽しみかたですね。

[相性の良い料理]    

コートデュローヌは手軽ながらも品質の高いの味わいを

楽しめるので、デイリーワインとしてもお勧めです。

そのため、気軽さがウリのワインなので高級レストランの

料理とはさすがにミスマッチといえます。

逆にホームパーティーなどで気の合う仲間内でワインを楽しむ、

というシチュエーションではこれ以上のないマッチングを見せます。

赤ワインは肉料理の中でも特に赤身肉と相性が良く、

果実味とスパイシーさが赤身のサッパリさを引き立たせてくれます。

この際、肉の種類や調理法はあまり気にせずに

おおざっぱに”肉料理全般”でもいいでしょう。

また白ワインの場合、南フランス特有の酸味の抑えめの飲みやすいタイプです。

料理にもコートデュローヌのワインを使った

バターソテーの魚介類やアクアパッツァがいいでしょう。    

WINEBOOKS より。

 

 

ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019のワインのフレーバーはローヌの川の空高く輝くシラーの葡萄のフレーバー!

ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019のワインのフレーバーはローヌの川の空高く輝くシラーの葡萄のフレーバー!試飲評価・★★★★++!

 

ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019試飲評価  

■ブドウ品種:グルナッシュ70%、 ムールヴェードル20%、シラー10%   

■産地:フランス – コート・デュ・ローヌ地方   

■味わい:フルボディ

試飲記録   2021-11-15-17-19

飲み比べ相手「シャトー・フリエール・レ・プレミス2018」

このワインが飲み比べ対決の「シャトー・フリエール・レ・プレミス2018」!

外観:見た目には濃い目のようだがやや淡いルビーレッド!

この色合いの良さはワイナリーの人たちの努力があったから出せたのだと思います!

色合いの良さはワイン評価の重要な指標ですので大事!

アロマ:口に含んだ時、思わず美味と叫ぶほどの美味さでした!

アロマはシラーの香りが高らかにローヌの空に輝いていました!良いアロマです!!

ボディ:ボディもワインの大事な要素ですが、このワインはフルボディでとてもいいボディです!

このボディはシラーが醸し出したボディです!

ボディもワインには大事な要素で、ワイナリーの人たちの努力がこれから見えるのです!

アタック:口に含んだ瞬間、前記したように思わず美味いと叫びましたが、

このワインはシラーがブレンドされていますので、

シラーが醸し出した美味さです! 

このワインの評価は高いよ! 

ローヌのワインいいワインです!!

ストラクチュア:柔らかい酸味とタンニンの渋みが程よくバランスしていて、いいストラクチュアでした!

一度飲んだら完全に支配されるという触れ込みは、このことでしょう! 

その通りいいストラクチュアです!!

一口評:このワインのフレーバーはローヌの川の空高く輝くシラーの葡萄のフレーバー!

このワインの評価は高く飲み比べでも「シャトー・フリエール・レ・プレミス2018」

を圧倒していて、五つ星に近い評価です!

今日の料理は私の手作りの「牛肉の焼肉」と「豚肉の野菜炒め」で

よくできていて自信になり、ワインの評価を上げるほどでした!

このワイン「ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019」いいワインだよ!

ローヌに輝くフレーバーでミシェル・ガッシェに軍配をあげましょう!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。