ブーリャス会心の一本・テソロ!わずか980円!モナストレルの果実味をいかんなく発揮!!

Pocket

面構えがシンプルな「テソロ・デ・ブーリャス」!!


ブーリャス会心の一本・テソロ!わずか980円!モナストレルの果実味をいかんなく発揮!!

 

[ブーリャス会心の一本] 今日の投稿はブーリャス会心の一本「テソロ・デ・ブーリャス 2009」紹介です。

ブーリャスは、スペインの南部地方の沿岸近くにあってモナストレル種の産地です。

ブーリャスの標高900〜950mの高地畑で栽培されたモナストレル種は、樹齢400年の古木から。

サステナブル農法(持続可能を考えた農法)を採用し、環境保全を優先させる造り手が手塩にかけてワインを造っています。

「ブーリャス 2009」はモナストレルの豊かな果実味のキャラクターがいかんなく発揮された会心の一本。

このパーカーポイント90点で980円の赤ワインが、驚くなかれアメリカでは37$で売られているそうです。

 

その名は「テソロ・デ・ブーリャス 2009」

アロマはカシスから、やがてブラックベリーの香りへ変化します。

ボディは飲み応えのあるミディアムボディですが、かなりヘヴィーウエイト。

アタックでは酸味が強くてエレガントな旨味が抜群。

モナストレルの独特なフレーバーは、カシスを煮詰めたジャムのような甘酸っぱい香りのうえ、

三日目になっても酸味の強さのなかに旨味が増している—–エレガントな酸味のモナストレルの極みを味わえました。

安くてとても美味しいので、デイリーワインにお薦めします。

スペイン ブーリャス/パーカーポイント90点

パーカー90点で絶賛した赤ワイン!

葡萄:モナストレル 100%  ALC 14.5% ミディアムボディ

京橋ワイン 980円(税抜) 送料 514円 980円がアメリカでは37$!

パーカー【90点】で980円(税別)!!!!

なんとアメリカでは37ドルで販売されています!!≪これは事実です!!

≫激旨の黒船襲来!!パーカー90点絶賛!!

『親しみやすく、かつ飲みやすいベルベットのテクスチャーの赤!!』驚くなかれアメリカでは37ドルで売られています!!

京橋ワイン独占輸入につき超破格980円が実現!!

標高900mの冷涼な高地で育った平均樹齢40年のモナストレル(ムールヴェードル)100%!!

標高900mのブーリャスに広がる葡萄畑。

モナストレルの豊かな果実味のキャラクターがいかんなく発揮された、会心の一本です!!

[テソロ・デ・ブーリャス 2009]

ありえなーい!!パーカー【90点】にして衝撃の980円!!!!いや、ありえるんです!!

京橋ワインが独自ルートで発掘した【パーカー90点以上】激旨シリーズの一本!!

その名も、[テソロ・デ・ブーリャス 2009]!!!!

既に多くのファンの皆様を獲得しております、ぶっちぎりのコストパフォーマンスを誇るワインたち!!

これまでご案内したどのワインも物凄い速さで売れ飛んだ上、完売になった後もしばらく再入荷のお問い合わせをいただいているほど大人気となっています!!

一度飲めばそのコスパの高さに、誰もが大ファンになってしまうかもしれない『魔性のワインたち』なんです!!

パーカーポイント90点の魔法のワイン「テソロ」!

今回ご案内のこの一本も、あの世界屈指の評論家で[ワインアドヴォケイト]を主宰するロバート・パーカーさんが、なんと【90点】を付けた上!!

『杉、森の下草、野ばら、スパイスボックス、野生のブルーベリーのアロマが、この親しみやすく、かつ飲みやすいベルベットのテクスチャーの赤を特徴づけている。

十分なストラクチャーを巧みに秘めているので、1-2年は進化を続け、2012年から2019年まで飲み頃。』と激賞!!

まさか980円のワインに『2019年まで飲み頃』とお墨付きを与えるなんて、誰が予想できたでしょうか!?

しかも驚くべきは、アメリカでは37ドルというそこそこイイ値段で売られているということ!!

物価、諸税、輸送コスト、そしてアメリカにおけるスペインワインの旺盛な消費量等により、

日本における小売価格のほうがアメリカより高くなるのが通常ですが、このワインについては日本で飲むほうがオトクなんです!!

なんたって980円ですから・・・!!

 

 

エレガントで、ベルベットのテクスチャー「テソロ」!


サステナブル農法!洗練されたエレガントなワイン!ベルベットのテクスチャー!!

 

さらに声を大にして申し上げたいのはその造り!!標高900-950mの高地で栽培された、平均樹齢40年の古木モナストレル100%!!

しかもサステナブル農法(持続可能性を考えた農法)を採用し、環境保全を優先させたスマートな造り手が手塩にかけて生み出しているワインなんです!!

まぁ難しいことは置いといて、早くこの味わいを確かめてみましょう!!

ブルーベリー、カシス、ダークチェリーを煮詰めたジャム、そしてそれをかけたヨーグルトの甘酸っぱい香りになんともそそられます!!

赤い花の華やかさ、甘苦スパイスなどの広がりのあるアロマ。

口中では甘やかで凝縮した果実味にまずクラクラッ!!

モナストレル特有の温かみがあって丸々としたタンニン、おだやかで厚みのある酸、ふくよかなボディ。

それでいてスマートな飲み口。洗練されてエレガントなワインです。モナストレルの豊かな果実味のキャラクターがいかんなく発揮された、会心の一本です!!

京橋ワインが独自ルートで発掘した【パーカー90点以上】激旨シリーズ!!

さあ、この『魔性なるおいしさ』に取り憑かれてみませんか!?

この一本も争奪戦必至ですので、どうぞお早めに確保なさってください!!

 

 

 

 

私が高く評価している葡萄がこの「モナストレル」です。


モナストレル・世界の葡萄品種!私の評価は★★★★++で大好きなワイン!!!

 

私はモナストレルの葡萄を高く評価していて、世界の品種でベスト5に入ると思っています。

スペインではテンプラニーリョと双璧で素晴らしい赤ワインを熟成させます。

そのモナストレルから造られた「テソロ・デ・ブーリャス」を当然高く評価していて四つ星++。

酸味がしっかりしていてエレガントな旨味が抜群。980円と安くデイリーワインにオススメです。

この投稿は2016年4月18日「ブーリャス会心の一本!」を全く新しく書き直し、2019年11月9日に新しい記事で投稿しました。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。