フランスの葡萄畑の絶景!フランスで最も美しい「葡萄畑の真珠」の村、リクヴィール!アルザスは、リースリング種の生産で有名!

Pocket

 

フランスで最も美しい「葡萄畑の真珠」の村、リクヴィール!

フランスの葡萄畑の絶景!フランスで最も美しい「葡萄畑の真珠」の村、リクヴィール!アルザスは、リースリング種の生産で有名!

 

[世界遺産!フランスで最も美しい「葡萄畑の真珠」の村、リクヴィール]    

フランス北東部、ドイツ・スイスとのほぼ国境に位置するアルザスは、

リースリング種に代表されるワインの生産でも有名な地方です。

標高2,000m超えの長い坂で、ツール・ド・フランスの

山間部コースとしても、度々選ばれるヴォージュの山々。

その東部から一面に広がる葡萄畑は、アルザス・ワイン街道としても知られます。

葡萄畑の中に点々と見える小さな村々は、どこも

まるで絵本の中に出てくるような可愛らしさ!

[葡萄畑の真ん中で、中世にタイムスリップ!]    

フランスで最も美しい村のひとつとして登録され、近年世界遺産にもなった

Riquewihr(リクヴィール)の村は、「葡萄畑の真珠」と謳われ、

毎年20万人もの観光客が訪れます。

葡萄畑からひときわリクヴィール村の美しさを際立たせているのが、

今でも村の人達の生活を見守る、12世紀に築造された防壁の存在です。

昔の関所にあたる、噴水の美しい市庁舎の門をくぐれば、

正面に見える時計台まで敷石(パヴェ)の道が貫き、中世の雰囲気に一転!

さらに細道を歩けば、不思議と古い田舎に帰ったような心地よい安堵感を覚えます。

[伝統のアルザス建築様式。]    

リクヴィールの村には15世紀からヨーロッパに伝わるチューダー様式の

家が立ち並び、ドイツ紋様彫刻が施された木梁と、

色とりどりに塗られた漆喰の壁の対比に圧倒されます。

これは特にアルザス様式とも呼ばれ、色彩の豊かさは

クリスマス・マーケットやイルミネーションの

素晴らしさで名を馳せる土地ならではのもの。

四季を通じて窓辺を飾る花々も、一段と彩りを添えています。

[国際色豊かな文化のクロスロード。]    

この地方はドイツ・スイスとの国境が近く、村で見かける特産物も、

中世フランスの保存食ハチミツ練り固パンの他、

プレッツェル、

カスタード入りドーナツ、

クグロフ、フランス語でタルト・フランベと呼ばれるドイツ式ピザ、

リースリング・ワイン、陶器や麻製品の絵柄、民族衣装もまたドイツ式など、

フランスでありながらも、ドイツからオーストリアにかけての地方文化を色濃く反映しています。

[ヨーロッパこうのとりと共存する村。]    

リクヴィールの村の傍には、アルザスの

シンボルであるヨーロッパこうのとりの保護施設があります。

そこから自然に飛来したこうのとりに、村の中でも出会うことができます。

幸せを運ぶ鳥とされているだけに、絶滅寸前だったこのうとりが、

今ではここからヨーロッパ各地に戻り、順調に繁殖しているのは嬉しいことですね。

[豊穣が、風物詩。]    

この地方ではリースリング種を始めとするワイン用葡萄の栽培の他、

ミラベルという梅の一種や、

さくらんぼ、

またミルティーユという野生ブルーベリー等の果物も特産です。

これらは郷土料理にも取り入れられています。

[絵本の中にいるような、マジカルな旅のひととき。]    

「フランスで最も美しい村」のひとつであり、

世界遺産にも登録されていることから、一年を通して

世界中から沢山の観光客が訪れるリクヴィールの村。

地元ヴォージュの山々はツール・ド・フランスのコースにも選定されるように、

夏はサイクリング、冬はスキーやスノーボード等、

多彩なアクティビティを体験することができます。

モミの木の森にいだかれながら、スピリチュアルで

本格的なヨーロッパのクリスマスを、

大切な人達と静かに過ごすこともできます。

色々な楽しみ方ができる旅先です。    

トラベルjp より。

 

 

ブドウ畑に囲まれた「フランスの最も美しい村」、歩くだけで心が洗われるユナヴィル!

ブドウ畑に囲まれた「フランスの最も美しい村」、歩くだけで心が洗われるユナヴィル!!!

 

「ブドウ畑に囲まれた「フランスの最も美しい村」、歩くだけで心が洗われるユナヴィル」    

ドイツとの国境に近いフランス東部、アルザス地方は可愛い町の宝庫。

ここには、カラフルな木組みの家が並ぶ、絵本から

飛び出してきたかのような町が点在しています。

そのひとつが、「フランスの最も美しい村」にも認定されているユナヴィル。

アルザスワイン街道沿いに位置し、ブドウ畑に

囲まれた人口600人ほどののどかな村です。

7世紀ごろ、貧しい人々のために献身した聖ユナにちなんでその名が付けられました。

聖ユナは、村の泉で貧しい人々の衣類を洗い、ブドウが

不作の年には泉の水をワインに変えたという伝説が残っています。

ユナヴィルのシンボルが、11世紀の教会跡に15世紀から16世紀にかけて建設された要塞教会。

城壁に囲まれた珍しい教会で、ブドウ畑の真ん中に

ぽつりとたたずむ姿はなんともロマンティックです。

ワインの産地らしく、時計の針はブドウとブドウの葉。

こぢんまりとした空間ながら、美しいステンドグラスや

壁画が残る教会内部は、静謐な空気に満ちています。

教会の敷地内からは、山とブドウ畑に囲まれ、静かに

時を刻み続けるユナヴィルの風景が見渡せます。

周囲の自然と調和した村の風景は、瞼に焼き付けたい美しさ。

村を歩けば、色とりどりの木組みの家々が連なる、絵のような風景に出会えます。

これらの木組みの家の多くは16世紀から18世紀にかけて建てられたもの。

どの家も花で飾られていて、手入れの行き届いた家々からは、アルザスの人びとが

古いものを大切にしながら、心豊かに暮らしてきたことがうかがえます。

かつて家畜の水飲み場であり、村人たちの給水場でもあった17世紀の泉。

ピンクの花々で彩られたその姿は、物語の世界に迷いこんだかのような気分を味わわせてくれます。

アルザス地方には、ほかにもリクヴィルやエギスハイムといった

「フランスの最も美しい村」に認定されている

村がありますが、ユナヴィルは圧倒的に静か。

一番にぎわうはずの週末でも、観光客はちらほら見かける程度で、

村には数百年前から変わっていないであろうゆったりとした空気が流れています。

「フランスの最も美しい村」でありながら、観光地化されきっていない

ユナヴィルは、最も村らしい雰囲気が味わえる場所といえるでしょう。

どこまでも穏やかで優しい風景と、牧歌的な空気・・・

ここにいるだけで、自然と心が洗われていることに気づくはずです。    

GOTORIP! より。

 

 

ブルゴーニュ地方の典型的な村の景観!


ブルゴーニュワインの名産地!フランス「ボーヌ」で見たい絶景10選!ブルゴーニュ地方の典型的な村の景観!!

 

[ブルゴーニュワインの名産地!フランス「ボーヌ」で見たい絶景10選]    

ボーヌはフランス東部のドール県、郡庁所在地です。

ブルゴーニュワインの名産地として名高いですね。

市章には片手にブドウの房をぶら下げたマリア像が使われています。

ボーヌで見た絶景10選を紹介します。

[古いホスピス、ホテルデューデライオン]    

ブルゴーニュ公国の二コル・ロランが1443年に創設しました。

ホスピスとして貧しい人たちを入院させ、無料で医療を施したのです。

必要な経費は、王侯貴族からブドウ園を寄進させ、

事業として製造したワインによる利益をそれに充てたのですね。

建物の屋根瓦が変わっていて黄色や赤、青色といったものが使われ、

ブルゴーニュ風文様が活用されています。

ホテルデューとも呼ばれましたが、現在では当時使われた

医療器具や薬品等も資料として並ぶ医学博物館となっているのです。

[ブルゴーニュワインを作り出すブドウ園]    

ブルゴーニュ地方はフランス南西部のボルドー地方と

並んでフランスを代表するワインの生産地。

ボーヌ地区ではアヴォー、

グレーヴ、

マルコネ、

サンヴィーニュといった銘柄のワインができるのです。

ブルゴーニュワインを名乗るためには赤ワインにはピノ・ノワールガメといった品種、

白ワインにはシャルドネアリゴテといった

品種のブドウを使用しなければならないという規定があります。

できのよい原料を使って品質管理されるワインは、この地方ならではの味なのです。

[スミュール・アン・ノーソワののどかな風景]    

スミュールという街は古くから栄えていて、独自の要塞的な

防御壁を築いて自営できるほどの意力を持っていたのです。

ブルゴーニュ公は城と街とをダンジョンという地下道でつないでさらに防壁を強化しました。

中央の石橋はアルマンソン川に架かっているピナール橋です。

その後戦歴が幾度かあった後、1602年には

アンリ4世が命じてスミュール砦は解体されました。

ここがこの地方の行政的にも中心であったことがわかります。

[ボーヌ地区のノートルダム教会聖堂]    

ボーヌの街を守るかのように存在しているのが、ノートルダム教会寺院です。

ノートルダムは「私たちの貴婦人」という意味なので、

ノートルダム教会は全て聖堂に聖母マリア像を祭っているのですね。

周囲の街並みと溶け込んでいて、決して豪華すぎず、

と言って引けも取らない厳粛な雰囲気を持っています。

マリア像の後ろのステンドグラスはとても美しく、

高貴なイメージに包まれているのです。

[ブルゴーニュ地方の典型的な村の景観]    

ブルゴーニュワインの中でも一番女性的なワインだと

言われるヴォルネイを生産しているアぺラシオン村です。

緑一色に見えるブドウ畑に囲まれたブルゴーニュ地方の典型的な村の景観ですね。

赤茶色の瓦と白い壁の家が立ち並んでいてブドウ畑の

緑と溶け合い優しい風景を作り出しています。

のどかな風景を見ながら徒歩で田舎道を進むと空気がおいしく感じます。

ワインの試飲場で次に目指すワインの味を

連想しながら旅を進めるのはこの場所だからこそです。

[ボーヌ市の聖ニコラスゲート]    

ボーヌ市の北部に立っている聖ニコラス門です。

ボーヌ市の北部に立っている聖ニコラス門です!

建築家のニコラス・レノア・ロメインが設計した

もので1760年代に作られています。

パリの凱旋門とも似ていますが、壁には

元々はラテン語が表記されていました。

1792年に文章が書き換えられて、

1866年には壁が壊されたのです。

しかし現在、両方の柱にはメダリオンが装飾されていて

市の紋章が花輪の形で残っています。

トップにはライオンの冠がかっこいいですね。

 

 

ボーヌのコートドール通りにあるレストランのテラス席!

ボーヌのコートドール通りにあるレストランのテラス席!ジュヴレシャンベルタンは、ブルゴーニュ地方の中で最も有名なアペラシオン(醸造村)です!

 

[ボーヌのコートドール通りにあるレストランのテラス席]    

コートドールの通りは商店街ですが、所々にあるレストランの

テラス席には買い物ついでで立ち寄る人が思い思いに

ソフトドリンクを注文したり、仲間とワイングラスを傾ける人が昼間から見えます。

テラスで飲み物を手にしながらの談笑が生活の一部になっているのですね。

気さくな話題で楽しめるのでしょう。

ここで少し休んだら再び買い物に出たり、次の目当てまで散歩を続けたりするのですね。

[ブルゴーニュ地方の丘に点在するヒマワリ畑]    

ブルゴーニュ地方はブドウ畑が一番の耕作地ですが、全般的な

農業の中には菜種やサンフラワー油を生産する農家もあります。

ごく自然なことですが、ブドウ畑一面の中にところどころ

ヒマワリ畑を見つけると、その美しさが改めて新鮮に感じられますよ。

花が一面に咲き乱れれば、当然のごとく

ミツバチが飛び交いどこかで養蜂家がそれを手にしていることでしょう。

農産物は地産地消が一番良いと言われますね。

ワインも本来そうあるべきかも知れません。

[立ち並ぶボーヌ市の家屋の屋根と暖炉の煙突]    

この地方特有の造りの家屋がボーヌ市で見ることができます。

商店街に見られる建物は石造りの外観は2階建てが多いのですが、

屋根裏の部分が3階になっていて出窓が見えます。

屋根の斜面部分には瓦を分断するように

暖炉用の煙突がレンガ造りで立ち上がっています。

古めかしい造りですが屋根にテレビ用の

パラボラアンテナが見えるとつい現実に引き戻されますね。

屋根の上を黒猫が渡り歩いているような連想をしてしまいます。

[ジュヴレシャンベルタン村の大修道院]    

ジュヴレシャンベルタンは、ブルゴーニュ地方の中で

最も有名なアペラシオン(醸造村)です。

もともと13世紀ころにこの修道院が管理する畑クロ・ド・ベーズから

採れたワインが上等であると有名になり、それを聞いた

ベルタンという農夫が隣の畑で採れたブドウでワインを作り始めて成功したのですね。

ベルタンの畑という意味の言葉がシャンベルタンとなったのです。

ナポレオンがこのワインを愛し、ロシア遠征にまで運ばせたという逸話が残っています。

[ブルゴーニュ地方ボーヌを後にして]    

さすがのワイン処ですね。

何を見ても何を食べてもワインから話題が外せないところは

ワイン造りとワインを愛する市民の生き方が根付いている証拠です。

ワインを生産地で試飲しませんか。    

tabiyori より。

 

エギスアイムは、フランス最東端でドイツとの国境近くのアルザス地方にある村の一つです


一生に一度は訪れてみたい世界の絶景 ~フランス・アルザス地方郊外編~!!

 

[一生に一度は訪れてみたい世界の絶景 ~フランス・アルザス地方郊外編~]    

地球上には、日々の生活では、想像もつかないような素晴らしい景色が点在しています。

特有の風土、気候、歴史、文化、景観が織りなすことによって、

作り出される風光明美な景色や素晴らしい景勝地は、

「絶景」と評価され、訪れる者を魅了してやみません。

日常の喧騒を忘れさせてくれる、癒し系の絶景、自然の造形美が作り出した絶景、

メルヘンの世界のような景色など、地球上には、様々な絶景が点在しています。

誰もが、一生に一度は訪れてみたいと思う世界の絶景。

今回は、フランスのアルザス地方郊外の絶景をご紹介します。

[エギスアイム]    

エギスアイムは、フランス最東端でドイツとの国境近くのアルザス地方にある村の一つです。

エギスアイムの村の中には、石畳の細い路地、パステルカラーの壁と木骨組の可愛らしい家々、

窓辺に飾られている色とりどりの花々が織りなすメルヘンの世界のような景色が広がっています。

“エギスアイムは、「フランスで最も美しい村」の一つで、1989年には、

「フランス花のグランプリ」に選ばれており、2006年には

「ヨーロッパ花の町のコンクール」で金賞に輝いた村です。

花があふれる可愛らしい村の中は、まるで中世から時間が止まってしまったかのようです。

出典:www.flickr.com(@Kiefer)

エギスアイムは、ローマ教皇聖レオン9世の生誕の地でもあります。

花々で美しく装飾された噴水の中心部には、ローマ教皇聖レオン9世の像があります。

“エギスアイムには、アルザス地方のシンボルとなっているコウノトリの巣がたくさんあります。

運が良ければ、教会や民家の煙突に作られた巣で子育中のコウノトリに逢えるかもしれませんね。

出典:www.flickr.com(@questa_ta)

エギスアイムには、アルザス地方のシンボルとなっているコウノトリの巣がたくさんあります。

運が良ければ、教会や民家の煙突に作られた巣で子育中のコウノトリに逢えるかもしれませんね。

[リクヴィル]    

ぶどう畑の真ん中にぽつんと佇む、リクヴィルは周囲を

城壁に囲まれた人口わずか1200人ほどの小さな村です。

アルザス・ワイン街道沿いの村々の中でも屈指の人気を誇り、大勢の観光客で賑わっています。

“リクヴィルの玄関口となっている城壁門、

ドルデーの塔は13世紀に建造されたものです。

ぶどう畑の真ん中にぽつんと佇む、リクヴィルは周囲を城壁に囲まれた人口わずか1200人ほどの小さな村です。

出典:リクヴィルの玄関口となっている城壁門、

ドルデーの塔は13世紀に建造されたものです。

“城門をくぐり、村の中へ一歩足を踏み入れると、

まるで中世にタイムスリップしたかのような気分を覚えます。

石畳が敷かれた路地の両横に、美しい家が軒を連ねる

リクヴィルは、「ぶどう畑の真珠」と称されるほどの美しさです。

” 出典:www.flickr.com(@GK Sens-Yonne)

城門をくぐり、村の中へ一歩足を踏み入れると、

まるで中世にタイムスリップしたかのような気分を覚えます。

石畳が敷かれた路地の両横に、美しい家が軒を連ねるリクヴィルは、

「ぶどう畑の真珠」と称されるほどの美しさです。

時間に余裕があれば、城壁の外へ出て、ぶどう畑からリクヴィルの村を眺めてみましょう。

緑豊かな丘陵地帯と、城壁に囲まれた赤レンガ色をした

村が見事に融和した風景は絶景そのものです。

[カイゼルスベルグ]    

山間部にひっそりと佇むカイゼルスベルグは、人口約3000人の小さな村で、

アルベルト・シュヴァイツァー博士生誕の地でもあります。

山間部にひっそりと佇むカイゼルスベルグは、人口約3000人の小さな村!

出典:www.flickr.com(@Anna & Michal)

「皇帝の山」という意味を持つカイゼルスベルグの歴史は古く、13世紀初頭にまで遡ります。

13世紀初頭から神聖ローマ帝国の統治が始まったカイゼルスベルクは、1293年からは帝国都市として栄え、煌びやかな歴史を歩んできました。

出典:www.flickr.com(@alh1)

「皇帝の山」という意味を持つカイゼルスベルグの歴史は古く、13世紀初頭にまで遡ります。

13世紀初頭から神聖ローマ帝国の統治が始まったカイゼルスベルクは、

1293年からは帝国都市として栄え、煌びやかな歴史を歩んできました。

村の中心部には、清流ヴァイス川がとうとうと流れており、

周囲を山で囲まれた村里ならではの雰囲気を漂わせています。

心地よい清流のせせらぎに耳を澄ませながら、

中世から変わらない佇まいをした静かな村を散策し、

この村が歩んできた華やかな歴史に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

出典:www.flickr.com(@Guillaume Speurt)

村の中心部には、清流ヴァイス川がとうとうと流れており、

周囲を山で囲まれた村里ならではの雰囲気を漂わせています。

心地よい清流のせせらぎに耳を澄ませながら、中世から変わらない佇まいをした静かな村を散策し、

この村が歩んできた華やかな歴史に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

[エコミュゼ・ダルザス]    

エコミュゼ・ダルザスは、約70軒の本物の農家を集めた野外博物館です。

“エコミュゼ・ダルザスにある農家は、全て本物の農家ばかりです。

エコミュゼ・ダルザスは、約70軒の本物の農家を集めた野外博物館です!

アルザス地方に点在していた取り壊される予定であった古い農家が、

ボランティアや有志の人々の手によってこの地に移築され、

長い時間を経て現在の姿になりました。

出典:www.flickr.com(@Esther Westerveld)

エコミュゼ・ダルザスにある農家は、全て本物の農家ばかりです。

アルザス地方に点在していた取り壊される予定であった古い農家が、

ボランティアや有志の人々の手によってこの地に移築され、

長い時間を経て現在の姿になりました。

“様々な年代の農家が集められ、豊かな緑に包まれたエコミュゼ・ダルザスは、牧歌的でどこか懐かしい雰囲気を漂わせています。

ゆったりとした時間が流れる風光明媚な野外博物館で、時間の流れを忘れながら、

アルザス地方の農村風景に魅了されてみてはいかがでしょうか。

出典:www.flickr.com(@Esther Westerveld)

様々な年代の農家が集められ、豊かな緑に包まれた

エコミュゼ・ダルザスは、牧歌的でどこか懐かしい雰囲気を漂わせています。

ゆったりとした時間が流れる風光明媚な野外博物館で、時間の流れを忘れながら、

アルザス地方の農村風景に魅了されてみてはいかがでしょうか。

[オークニスブール城]    

標高760メートルの岩山の頂にそびえるオークニスブール城は、12世紀に要塞として建築された歴史的建造物です。

抜けるような青空、要塞化された赤茶色の城塞、城を取り囲む緑の森が調和し、

遠くから眺めるオークニスブール城の姿は絶景そのものです。

“ワイン街道、麦、銀、塩の交易ルートを守る戦略上の重要な拠点として

建てられたオークニスブール城は、30年戦争のときに廃墟となりました。

標高760メートルの岩山の頂にそびえるオークニスブール城は、12世紀に要塞として建築された歴史的建造物です!

現在の城は、ヴィルヘルム二世によって再建されたものですが、

場内は、かつての中世の建築様式が忠実に再現されています。

出典:www.flickr.com(@Uwe Brodrecht)

ワイン街道、麦、銀、塩の交易ルートを守る戦略上の重要な拠点として

建てられたオークニスブール城は、30年戦争のときに廃墟となりました。

現在の城は、ヴィルヘルム二世によって再建されたものですが、

場内は、かつての中世の建築様式が忠実に再現されています。

“城内からは、アルザス地方郊外を一望することができます。

中世の様式をした古い城、どこまでも続く大地、

緑の大地に点在する小さな村が織りなす景色は、まるで絵画のようです。

出典:www.flickr.com(@Arnaud Fraioli)

城内からは、アルザス地方郊外を一望することができます。

中世の様式をした古い城、どこまでも続く大地、緑の大地に

点在する小さな村が織りなす景色は、まるで絵画のようです。

フランスのアルザス地方郊外には、紹介したスポット以外にも、

素晴らしい絶景を臨むことができる景勝地が数多くあります。

言葉では表現できないような絶景を眼前にし、絵画のように

素晴らしい景色に魅了され、日常生活を忘れる旅を楽しんでみませんか。   

キナリノ より。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。