ピノ・ノワールの研究!ブルゴーニュの王様と称され!ピノ・ノワールは難しい品種!

Pocket

ブルゴーニュの王様と称されるピノ・ノワールは栽培が難しい!


ピノ・ノワールの研究!ブルゴーニュの王様と称されている!ピノ・ノワールは栽培が難しい!

 

今日は、ピノ・ノワールについてを詳しく研究します。

私はピノ・ノワールのワインを飲んだのは、ただの2回だけでそれもかなり以前の話で、

ピノ・ノワールについての知識はほとんどありません!

それでワインの記事を書くのはおこがましく、世界のピノ・ノワール6本セットを購入し、

 

これが私の購入した世界のピノ・ノワールで、今試飲し始めました!

試飲記録を公開し、更にもっと勉強して知識をつけないといけないと、この記事を書くことにしました。

ワインをある程度飲んだことがある人なら誰しもが耳にしたことがある「ピノ・ノワール」という言葉。

でも、ピノ・ノワールについて、「なんとなく分かったつもりになっていて、

よく考えれば、きちんと語ることはできないかも!」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はワインのピノ・ノワールに関する知識をすっきりと分かりやすくお届けしていきたいと思います。

[ピノ・ノワールはブルゴーニュの王様と称されている!] 

ブルゴーニュの王様と称されるように、ピノ・ノワールは、フランス、ブルゴーニュ地方が原産の赤ワイン用ブドウ品種です。

ブルゴーニュ以外では栽培できない品種と言われていましたが、現在では、

アメリカのカリフォルニアやニュージーランドでの栽培成功を皮切りに、世界中で作られる国際品種になっています。

ピノ・ノワールはお一人様で活躍するブドウ種の定番にボルドーのカベルネ・ソーヴィニヨンがありますが、

カベルネ・ソーヴィニヨンは他の品種と掛け合わせることが多く、

一方、ピノ・ノワールは、ほとんどが単一品種で仕上げられます。

ピノ・ノワールは栽培が難しい]  

ピノ・ノワールはブドウの房が大きかったり、小さかったりバラバラで、その上に腐りやすく、

さらには、熟するのが早いので、寒い時期の栽培に向きません。

出来上がるブドウの統一感がなく、デリケートであるため、大量生産にも向かず、そのため、

きちんと仕上がったピノ・ノワールのワインはとても価値があるのです。

ピノ・ノワールは栽培が難しい品種!

ピノ・ノワールの12大産地]  

では、ピノ・ノワールの産地と言えば、どの国を挙げることができるでしょうか?

ブルゴーニュの王様なので、ブルゴーニュはもちろんのこと、フランスではシャンパーニュもピノ・ノワールの産地です。

アメリカならウィラメット・ヴァレー(オレゴン州のウィラメット渓谷にあるワイン栽培地域)、

ソノマ・コースト(カリフォルニア州の北にあるソノマ・カウンティにあるワイン栽培地域)、

サンタ・バーバラ(カリフォルニア州南部)がピノ・ノワールの名産地です。

オーストラリアは、ヴィクトリア(オーストラリア本土の南東部)、

タスマニア(オーストラリア本土の南方にある島)がピノ・ノワールの産地です。

ニュージーランドは、マーティンボロー(ニュージランド最南部)、

セントラル・オタゴ(ニュージーランドの南島南東部)の二つを挙げることができます。

その他、チリや南アフリカや日本もピノ・ワールのワインを生産しています。

[ピノ・ノワールのワインの色は淡い赤色]  

ピノ・ノワールは果皮が薄いため、同時に色も薄くなります。

なので、赤ワインの中でも淡い色をしているのが特徴です。

ボルドーのワインレッドと比べると、その淡さは一目瞭然です。

ピノ・ノワールのワインが入ったグラスに入れると、向こう側が見えるくらいの透け感があります。

ピノ・ノワールのワインの香りはベリー系のフルーティーさが漂いますピノ・ノワールワインは、

ベリーやさくらんぼのような柔らかい香りがします。

また、ブルゴーニュ産のワインの香りは、様々な例えられ方があり、

ペパーミント、花、猟鳥獣の肉のようなアロマと言われています。

[ピノ・ノワールのワインはの味は上品で繊細]  

酸味が強めですが、タンニンによる渋味がとても少なく、上品で繊細なイメージです。

タンニンによる渋味が苦手な方にはぴったりの味になります。

[最後に]   

以上、ピノ・ノワールについて、分かりやすくまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

バルやレストラン、飲み会やホームパーティーで、ピノ・ノワールのワインを口にする機会はこれからもあると思います。

普段耳にしているワードも理解が深まれば、より、本質的な味わいを捉えられるようになります。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。   

MELLOW 記事より。

 

 

ピノ・ノワールは世界各地で栽培されているが、ほとんどは冷涼な気候の地域!


ピノ・ノワールは世界各地!ほとんどは冷涼な気候の地域!ピノ・ノワールは果皮が薄い!

 

ピノ・ノワール (Pinot noir) (フランス語: [pino nwaʁ]) は、おもに赤ワイン用に栽培されるヨーロッパブドウ (ヴィニフェラ種) の一品種である。

この名称はピノ・ノワールのブドウから作られたワインに対しても用いられる。

名称の由来はフランス語のマツ (pin) と黒 (noir) であるとされ、名称に「マツ」が含まれるのは、

このブドウの果房が密着粒で松かさのような形状をしていることを示す。

ピノ・ノワールは世界各地で栽培されているが、ほとんどは冷涼な気候の地域であり、

フランスのブルゴーニュ地方と結びつけて語られることがもっぱらである。

現在世界各地のピノ・ノワールは赤ワインに用いられているほか、シャンパーニュやイタリアのフランチャコルタ、

イングランドなどの白のスパークリングワインにも使用されている。

ブルゴーニュ以外にピノ・ノワールの赤ワインで高い評価を受けている地域には、

アメリカ合衆国のオレゴン州およびカリフォルニア州、オーストラリアのビクトリア州、

ニュージーランドのマーティンボロやセントラル・オタゴ、ドイツのアールやバーデンなどがある。

ピノ・ノワールは、シャンパーニュなどのワイン生産地域において、

スパークリングワイン用の品種のなかでも栽培面積が最大 (38%) である。

ピノ・ノワールは、栽培するにもワインにするにも困難な品種である。

果房が高密度な密着粒となる傾向があるため、かび病などの病害や天候被害を受けやすく、小まめな樹冠管理を必要とする。

果皮が薄くフェノール化合物の含有量が少ないことから、ピノ・ノワールは大概の場合

色味が淡くタンニンの強くないミディアムボディのワインになり、

熟成の段階が一様でなかったり予測が困難であったりすることも多い。

ピノ・ノワールから作られたワインは、年月が浅いうちはチェリーやラズベリー、イチゴといった赤い果実のアロマを帯びる傾向にある。

だが年月を経るにつれ、ワインに複雑さを与える要因となる、野菜的なアロマや「農家の庭」のようなアロマを生み出す力をもつ。

[特徴] 

ブルゴーニュのサントネで栽培されているピノ・ノワールのブドウ、ピノ・ノワール栽培の

本場はフランスのブルゴーニュ地方、とくにコート=ドール県である。

本場はフランスのブルゴーニュ地方、とくにコート=ドール県でピノ・ノワールが栽培されている!

また、ピノ・ノワールはアルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ブルガリア、カナダ、チリ、

クロアチア北部、チェコ共和国、ジョージア共和国、ドイツ、ギリシャ、イスラエル、イタリア、

ハンガリー、コソボ、北マケドニア共和国、モルドバ、ニュージーランド、ルーマニア、セルビア、

スロバキア、スロベニア、南アフリカ共和国、スイス、ウクライナ、アメリカ合衆国、

ウルグアイでも栽培されている。

アメリカ合衆国はピノ・ノワールの主要な生産国になりつつあり、最も評価の高いワインには、

オレゴン州のウィラメット・ヴァレー AVAカリフォルニア州ソノマ郡のロシアン・リヴァー・ヴァレー AVA

ソノマ・コースト AVAなどのものがある。

知名度は劣るが、メンドシーノ郡のアンダーソン・ヴァレー AVA セントラル・コーストのサンタルシア・ハイランズ AVA、

サンタバーバラ郡のサンタ・マリア・ヴァレー AVAやサンタ・リタ・ヒルズ AVAなどもある。

ニュージーランドでは、おもにマーティンボロ、マールボロ、ワイパラ、セントラル・オタゴで栽培されている。

[ブドウ]

栄養の欠乏症状を示すピノ・ノワールの葉。縁がワインレッド色に変色している。

ピノ・ノワールの葉は、カベルネ・ソーヴィニヨンやシラーと比べ概して小さい。

通常、これらの品種と比べてピノの樹体は病虫害や天候災害に弱い。

果房は小さめで、松かさのような円錐に近い円筒形をしている。

ブドウ栽培の歴史研究者のなかには、この形状の類似性から

ピノという名称が生まれたのではと考える者もいる (マツはラテン語でpinus、フランス語でpin) 。

畑での栽培過程においては、ピノ・ノワールは風や霜、

収量制限 (質の高いワインを作るには収量を低く抑えなければならない) 、

土壌のタイプや剪定の仕方に対して敏感である。

発蕾時期が早いことから春の霜害を受けたり結実不良を起こしやすい。

また、穏やかな気候と石灰質・粘土質の土壌を好む。

醸造過程においては、発酵の手法や酵母の種類に対して敏感であるほか、テロワールが強く反映されるため、

地域ごとに大きく異なったワインが生まれる。

ピノ・ノワールは果皮が薄いため、日光や熱で傷みやすいほか、灰色かび病やそれに類する糸状菌の病気にかかりやすい。

樹体自体がうどんこ病にかかりやすく、葉巻ウイルスやファンリーフ・ウイルス(英語版)への感染が、

ブドウ樹の健康状態に大きな問題を起こしている。

このブドウは栽培が難しいという評価は、こうした面倒さからきており、

ジャンシス・ロビンソンはピノのことを「ブドウ樹のおてんば娘」 と呼び、

アンドレ・チェリチェフ(英語版)は

「神はカベルネ・ソーヴィニヨンをつくり、悪魔はピノ・ノワールをつくった」 と明言している。

ピノ・ノワールは、苛酷な条件のブドウ畑に対し、カベルネ・ソーヴィニヨンやシラー、

メルローやグルナッシュのような他の国際的に有名な品種よりもはるかに許容度が低いのである。

 

 

ピノ・ノワールは実は野生種の葡萄!


ブルゴーニュ産ピノ・ノワールのワイン!突然変異体・クローン!ピノ・ノワールは実は野生種のブドウ!

 

[ブルゴーニュ産ピノ・ノワールのワイン]

[ワイン]

しかしながら、ピノ・ノワールのワインは世界中で最も人気のあるワインのひとつである。

『ヴァニティ・フェア』

誌のジョエル・フライシュマンは、ピノ・ノワールのワインを評して

「ワインのなかで最もロマンティックであり、きわめて官能的な芳香、

とてもゆったりとして魅惑的なエッジ (液体の縁の部分) 、

そして非常に活き活きとした力強さをもつため、

あたかも恋に落ちたかのように、体を流れる血は熱くなり、

魂は恥ずかしいくらいに詩的な輝きを放つ」と述べている。

マスター・ソムリエ (MS) のマデリーン・トリフォン(英語版)は

ピノのことを「グラスの中のセックス」と呼んでいる。

ピノ・ノワールが生み出すアロマやブーケ、構成や印象は驚くほど幅が広く、

テイスティングをする者を混乱させることも珍しくない。

非常に大雑把なまとめ方をすれば、ピノ・ノワールは黒・赤両方 (もしくはどちらか) の

チェリーやラズベリーを思わせるアロマをもち、

それよりは弱いがスグリやその他多くの小さな赤・黒のベリーの果実も感じさせる、

ライトボディからミディアムボディのワインになる傾向がある。

年月を経るとジビエや甘草、秋の下草のようなブーケをまとうことが多い。

伝統的なブルゴーニュの赤ワインは、その肉料理のようなブーケや「農家の庭」のようなブーケ

これがピノ・ノワールの葉です!!

(後者は時としてチオールなどの還元による臭いの特徴と関係があるとされる) で有名だが、

流行の変化や近代的なワイン醸造技術の発達、栽培しやすい新クローンの登場は、

ボディがもっと軽く、より果実味を全面に出した清澄なタイプにとって有利に働いている。

若いうちのワインの色はガーネットに例えられることが多く、しばしば他品種の赤ワインの色よりもはるかに淡い。

これはまったく自然なことであってワイン醸造の不備によるものではない。

というのも、ピノ・ノワールの果皮が含有するアントシアニン (色素) は

他のほとんどの標準的な赤/黒ブドウ品種よりも少ないからである。

カリステフィン、ペラルゴニジンの3-O-グルコシド、

オレンジ色のアントシアニジンもまたピノ・ノワールの果皮にみられる。

だが、カリフォルニアやニュージーランドから始まり、見かけることが多くなってきたタイプは、

色味がより暗く、果実味をもっと前に出した力強いワインで、濃度やエキス (抽出物) 、

アルコール分においてシラーの赤ワインに (あるいはニューワールドのマルベックにすら) 寄っていく傾向がある。

ピノ・ノワールはシャンパーニュの製造にも (通常はシャルドネやピノ・ムニエ(英語版)とのブレンドで) 使用されており、

世界のほとんどのワイン生産地域で発泡・非発泡両タイプのワイン用に栽培されている。

通常の辛口赤ワイン用に栽培するピノ・ノワールは、他の多くの品種よりも

概して収量や生長量を少なくするのに対し、 (シャンパーニュなどの) スパークリングワイン用に栽培する場合は、

一般的に著しく収量を高くして収穫する。

これに加えて、ピノ・ノワールはまれにロゼのスティルワイン (非発泡) 、

ボジョレー・ヌーヴォーのようなタイプのワイン、

はたまたヴァン・グリのような白ワインにも用いられることがある。

[歴史・突然変異体・クローン] 

ピノ・ノワールが野生種のブドウ (Vitis sylvestris) から

1世代か2世代しか離れていない、きわめて歴史の古い品種であることは、ほぼ間違いない。

ピノ・ノワールが野生種のブドウから突然変異!

しかしながら、その起源は明らかになっていない。

コルメラコルメラ(英語版)の著作『農事論』(De re rustica) のなかには、

紀元1世紀のブルゴーニュにおけるピノ・ノワールと似たブドウ品種にかんする記述がある。

とはいえフィロキセラ禍以前の時代には、ブドウは北はベルギーまで自生していたので、

ピノは (両性花をつけるようになった) 野生種を直接栽培ブドウにしたことを物語っていると考えられる。

ピノの名称が用いられる以前、この品種はモリヨン (Morillon) 、ノワリアン (Noirien) 、オーヴェルナ (Auvernat)

などの旧称で呼ばれていた (同時にさまざまな綴りが存在した) 。

モリヨンの名称が使用された最古の記録は1283年の法律文書だった。

ノワリアンの名称もほぼ同時期に出現している。

オーヴェルナの名称は前二者より少し遅れた1302年の法令に登場する。

現代の綴りであるピノ (Pinot) の名称が使われた最古の用例は1375年の記録で、

ブルゴーニュ公フィリップ2世が現ベルギーのブルージュに

「ルビー色のピノを6キュー1ポワンソン (約2,500リットル) 」送ったと記されている。

また、1394年にシャルル6世によって出された告訴棄却の文書には、

収穫の際にピノ・ノワールは他品種と混ざらないよう残しておくという命令に従わず、

ブドウ畑の所有者に殴打された少年のことが記されている (少年は死亡) 。

これ以外にも同時代の多くの記録から、中世において

ピノ・ノワールがすでに最高品質のブドウ品種だと見なされていたことが窺える。     

後略  以上はウイキペディアより。

 

 

これがニュージーランドのセントラルオコタ!今最も世界で注目!!


モリヨン・ノワールとも呼ばれていた!ニュージーランドのセントラル・オタゴは今、最も世界で注目!

 

[ピノ・ノワールの品種の特徴]   

フランス・ブルゴーニュ地方が生んだ世界最高位の黒ブドウ品種といえば、言わずと知れたピノ・ノワールです。

ロマネ・コンティはじめ、ジュヴレ・シャンヴェルタン、シャンボール・ミュジニーなど、

ワインファンであれば知らぬ者はいない最高峰の赤ワインに使用されている黒ブドウ品種です。 

最近ではアメリカ、ニュージーランドなど、ニューワールドと呼ばれる

ワイン産地でも目を見張るピノ・ノワールのワインが生み出されています。

世界中の生産者たちがこのブドウに惚れ込んでいるのです。

[ピノ・ノワールとは] 

ピノ・ノワールは、ブルゴーニュ生まれとされている黒ブドウ品種です。

4世紀頃にはすでにブルゴーニュ地方で栽培されていたと言われており、昔はモリヨン・ノワールとも呼ばれていました。

ブルゴーニュ地方の主要品種として今も有名な黒ブドウ品種ですが、ほかヨーロッパ諸国、

アメリカやニュージーランド、オーストリア、南アフリカなど世界的に栽培面積が広がっています。

セントラルオタゴは南の果て!!

ただし、ピノ・ノワールの特徴を最も良く出すことができる産地はブルゴーニュ以外には無いと言われており、

他産地はブルゴーニュを目指し、それに追い付こうと努力を続けています。

ピノ・ノワールの特徴] 

ピノ・ノワールは、しばしばボルドー品種のカベルネ・ソーヴィニヨンと比較されます。

カベルネ・ソーヴィニヨンは黒く濃い色合いを持ち、タンニンが豊富なワインが造られる傾向にあります。

一方、ピノ・ノワールは色合いが淡く、タンニンが優しい酸度の高いワインとなる傾向にあります。

カベルネ・ソーヴィニヨンの方が熟成が長年できるというイメージがありますが、

ピノ・ノワールも素晴らしい品質、醸造法で造られたものは長年の熟成に耐える最高級ワインとなります。

ピノ・ノワールは単一品種で造られることが多く、

ニューワールドや南フランス、シャンパーニュ地方以外などでブレンドされることは稀です。

繊細な香り、風味、味わいがピノ・ノワールの特徴とされているので、

スティルワインとして他ブランドと混合されることが少ないようです。

さらに、暖か過ぎる気候の場合は酸が下がり過ぎたり、

病害にも大変弱い品種であることから、栽培することが大変難しいとされています。

また、石灰質と粘土質がバランス良くブレンドしている土壌であることが重要と言われています。

ピノ・ノワールの評価が高い産地] 

ピノ・ノワールは、ブルゴーニュだけが素晴らしい、と言われていたのですが、

近年ではさまざまな産地のピノ・ノワールが注目されています。

アメリカのオレゴン州であったり、ロシアン・リヴァーなどは冷涼でありながらも日照量が多く、

繊細かつ力強いピノ・ノワールを楽しむことができます。

一方、ニュージーランドのセントラル・オタゴ

今最も世界で注目されているピノ・ノワールの産地であり、

本場ブルゴーニュをも凌ぐクオリティのピノ・ノワールを造り話題となっているのがセントラルオゴタ!

本場ブルゴーニュをも凌ぐクオリティのピノ・ノワールを造り話題となっています。

そのほか、フランスのアルザスやドイツ、ルーマニアなどのピノ・ノワールも注目されています。

大陸性気候、石灰質土壌が求められるピノ・ノワールですが、醸造法などによっても大きくスタイルを変えるため、

腕の良い生産者たちによって、今非常に面白いワインが造り続けられているのです。

[ピノ・ノワールの香り] 

ピノ・ノワールの特徴の香りは、赤く、小さな果実です。

サクランボやイチゴ、ラズベリーといった香りが特徴的であり、スミレなどの香りも呈します。

熟成を経ると、なめし革を思わせる動物的な香りを放ち、

紅茶や下草などの香りも出てくるため、若い頃とは全く変わった印象を楽しむことができます。

タンニンが柔らかいため、飲み口は大変なめらかですが、ほど良いタンニンと酸味が果実味を引き締めます。

ピノ・ノワールの醸造] 

ピノ・ノワールは、醸造法によってスタイルを大きく変化させる品種として知られています。

ピノ・ノワールは、タンニンが少ないことから、除梗をしない全房醗酵が用いられることがあります。

酸度が下がり、さらに雑味が出るリスクがありますが、複雑性が生まれ、ほかにはないユニークな味わいになります。

有名なドメーヌなどは全房醗酵を取り入れており、ヴィンテージによってその比率を変化させているようです。

ピノ・ノワールは、繊細な飲み口と香りが重要になるため、

含まれている香りの成分を揮発させ過ぎないために、低温で仕込まれるのが一般的です。

味わいに複雑性を出すためピジャージュと呼ばれる、果汁に果皮と種子の成分を抽出する作業が多く行われますが、

近年の傾向ではピジャージュをし過ぎない洗練された味わいを目指す生産者が増加しています。

[ピノ・ノワールに合わせる料理] 

ピノ・ノワールは、軽めの料理と合わせると良い相性を示します。

熟成させることにより、なめし革のニュアンスが出るために、

ジビエなどの個性が強い肉料理とも合いやすくなります。

また、アミノ酸が豊富なワインになるので、和食にも合いやすいです。

合わせる料理が不要なほど高級なワインもありますが、日常使いしやすい赤ワインにもなります。   

dragee 記事より。

 

 

ピノ・ノワールはドイツではシュペートブルグンダーという名前!


ピノ・グリ、シャルドネ、アリゴテ、ガメイの先祖! ドイツではシュペートブルグンダーという名前!

 

[ピノ・ノワールを分かりやすく解説! -Pinot Noir]

「ピノ・ノワールの特徴」   

ピノ・ノワールはフランス・ブルゴーニュを起源とする古くからある黒ブドウ品種で、

ピノ・グリ、シャルドネ、アリゴテ、ガメイなどのブルゴーニュ系品種の祖先にあたります。

ブルゴーニュをはじめ世界の国々で、赤ワイン用品種としてだけでなく

シャンパーニュやスパークリングワイン用の品種としても、

味わいにボディを加える重要な役割を担っています。

栽培する土地を選び、手間が掛かる品種の為、

造り手やテロワール(土壌や気候などを含む、ブドウの樹の栽培環境)がワインの香りと味わいに大きく左右されます。

そのため、最高の土地で最高の造り手によって生み出されたピノ・ノワールは圧倒的な芳香を放ち、

美しいまでの官能的な味わいがあり、熟成によってその魅力は倍増され、人々の理性を奪う程の魔力を持ち合わせます。

その様なワインはオークションで高額取引されるほど人々を魅了していますが、ある程度安価なものでも香りが良く、

タンニン由来の渋みが割と低めで、ジューシーな旨みのある酸味もしっかりとあるので、

飲みやすい、又は飲み疲れない品種のワインとしても人気を博します。

この品種は冷涼な気候を好み、そして、果皮が他の品種に比べ薄くて

とてもデリケートなので病気にも掛かりやすく、栽培にとても手間と時間が掛かります。

手間の掛け方はワインを造る方によって様々ですが、その結果がワインの個性という形で表れやすいので、

造り手の人間性が垣間見えるところも人気の秘密と言えるかもしれません。

[ピノ・ノワールに選ばれた生産地]   

ピノ・ノワールの栽培にはテロワールがとても重要な為、どこででも栽培できるわけではありません

石灰質や粘土質土壌を好む性質に加え、果皮が薄い為ある程度

日射量が低めな冷涼気候の選定など、細かい条件があります。

しかしその反面、必要な気候条件の多くが判明してきているので、周りに他の品種が植わっていて、

とある小さな特定の場所でだけピノ・ノワールが栽培されている地域や国もあります。

その中には特出した品質のものも多くあり、適切な栽培環境の重要性をこちらでも知る事が出来ます。

また、ピノ・ノワールは国によって異なる名前で呼ばれている場合もあります。

ブルゴーニュが発祥のこの品種は、フランス国内ではその他に

アルザス、ジュラ、サヴォワ、ロワール、ラングドック、そしてリムーなどで栽培されています。

その多くは単一品種で醸造されていますが、ガメイやカベルネ・フランといった品種をブレンドしているものもあります。

ヨーロッパに目を向けてみればイタリアではピノ・ネロという名前で親しまれており、

スプマンテからブレンド赤ワインの主要品種として、ロンバルディア、フランチャコルタ、

そしてトレンティーノ・アルト・アディジェなどで栽培されています。 

ドイツではシュペートブルグンダーという名前で呼ばれており、

バーデンやアールなど比較的温暖な地域で高品質な赤ワインが産出されています。

スペインではカヴァの原料に用いられる事も多くあります。

その他にもスイス、ハンガリー、ルーマニア、ウクライナ、

そしてクロアチアなどのヨーロッパの限られた冷涼な場所でのみ栽培されています。

新世界ではアメリカの西海岸でピノ・ノワールは大変人気です。

2000年代前半にリリースされたカリフォルニアのワイナリーを舞台にした映画が人気に火をつけたのかもしれません。

事実、それを契機に栽培量が増加しているのです。

その中でもオレゴンとワシントンは2大生産地と言えるでしょう。

オレゴンのピノ・ノワールはコスパ最強です!

その他にはオーストラリアのモーニングトン・ペニンシュラを代表とするヴィクトリア州では

自然派でユニークな造りから、正統派まで幅広いスタイルのワインが混在しています。

ブルゴーニュの古典的な造りだけでなくとも、素晴らしいピノ・ノワールは世界中にあるので、是非試してみてください。

[クローンにより多彩に表現できる]  

多くのピノ・ノワールは単一品種で醸造されています。

しかし、実際にはピノ・ノワールのクローンが多く存在していて、ワインの醸造家は異なる味わいや香り、

色合いのピノ・ノワールクローンをうまくブレンドして独自のワインを造っている事はあまり知られていません。

新世界のカリフォルニアやオーストラリアでは、クローンの存在は昔から知れ渡っており、

過酷な栽培環境にも耐えられる品種や生産量がコントロールしやすい品種など、

品質だけではなく多方面でクローンは有効活用されています。

特に、両国では広大な一つの産地で栽培できる環境条件をうまく利用し、

異なるマイクロクライメット(又はリージョナルクライメット:小さな地域ごとの気候の差)

別に異なるクローンを植えて、異なる性質のピノ・ノワールをブレンドして販売することが出来ます。

この様なピノ・ノワールのクローンは公式に認められているだけで

50種ほどあると言われており、非公式を合わせると800種にも上ります。

このおかげでこの気難しい品種は昔に比べて大分簡単に

醸造家の理想の香りや味わいに近づけるようになったのではないでしょうか。

しかし、それでも多くの醸造家の頭を悩ませる品種であることに変わりはないでしょうし、

そして彼らの人間性がワインにも表れます。

だからこそピノ・ノワールには神秘性があり多くの人を魅了するのです。      

CAVE 記事より紹介しました。

 

 

これが黄金の丘!


ブルゴーニュ以外では栽培できない?現在ではカリフォルニアやニュージーランドやドイツでも生産!!

 

今日はピノ・ノワールについて記述してきました。

ピノ・ノワールはブルゴーニュの王様と称されていました。

ブルゴーニュ以外では栽培できないと言われていましたが、現在ではカリフォルニアやニュージーランドやドイツでも生産できるようになりました。

日本でも栽培されています。

ピノ・ノワールは栽培が難しく、寒い土地での栽培ができません!

ピノ・ノワールの果皮はは薄いため、同時に色も薄くなります。そのためワインの色合いは淡い赤色です!

酸味は強めですが、タンニンによる渋みが少なく上品で繊細なフレーバーになります。

タンニンによる渋みが苦手な人にはぴったりの味になります。

ニュージーランドのセントラル・オタゴは今最も世界で注目されているピノ・ノワールの産地であり、

本場ブルゴーニュをも凌ぐクオリティのピノ・ノワールを造り話題となっています。

ピノ・ノワールは軽めの料理との相性が良いことで知られています。 

ドイツではシュペートブルグンダーという名前で呼ばれており、バーデンやアールなど比較的温暖な地域で高品質な赤ワインが産出されています。 

ピノ・ノワールはフランス・ブルゴーニュを起源とする古くからある黒ブドウ品種で、

ピノ・グリ、シャルドネ、アリゴテ、ガメイなどのブルゴーニュ系品種の祖先にあたります。

今日は繊細でエレガントなワインを作り出すピノ・ノワールについて詳しく記述しました!

ピノ・ノワールの葡萄がいかに偉大であるか!

作り手にとっては、人生をかけてでも挑戦したいのがピノ・ノワールではないでしょうか!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。