ピコワインとは?ピコ島の修道士は、島を覆う溶岩を砕き、不毛の大地を葡萄畑と変えた。潮風から葡萄を守るために石垣を築く!!

Pocket

ピコワインとは?ピコ島の修道士は、島を覆う溶岩を砕き、不毛の大地を葡萄畑と変えた。潮風から葡萄を守るために石垣を築く!

ピコワインとは?ピコ島の修道士は、島を覆う溶岩を砕き、不毛の大地を葡萄畑と変えた。潮風から葡萄を守るために石垣を築く!!

 

[世界遺産になったワイン “ピコ島ワイン”]    

半年近く探していたワインがやっと家に到着した。

2004年にUNESCOの世界遺産に登録された

”Landscape of the Pico Island Vineyard Culture”

(ピコ島の葡萄園文化の景観)のピコ島ワインである。

ピコ島のワインは、今まで日本には輸入販売されていなかった

(個人輸入などはあるかもしれない)。

私は、このピコ島を、毎週欠かさずに録画までして見ている

TBS世界遺産で知った

(”TBS世界遺産 第544回2007年05月20日ピコ島のブドウ園文化の景観(ポルトガル) “)。

ピコワインは、過去にロシア皇帝も

好みわざわざ取り寄せていたらしい。

その情報をしってから、ウェブを中心に調べていたところ、

ピコ島のワイナリーのウェブにたどり着いた

(Cooperativa Vitivinicola da Ilha do Pico)。

実はこのサイトをご覧になれば分かることであるが、

Flashを多用しておりSEO対策を全くしていないため、

検索にほとんど引っかからなかった。

そのため、最初は政府観光局、ポルトガル大使館など

問い合わせをしたのだが有用な回答を得られなかった。

そんな折り、このpicoワインのワイナリーのウェブを見つけた。

直接電話をして問い合わせところ日本に出荷の実績がないと言われ、

いろいろ交渉を続けていたところ、ちょうど同時期に大阪のワイン商社が

同じようなコンタクトをとっていたらしく、

その商社を通して買えということになった。

そんな紆余曲折もあり、その出荷第一号を購入させてもらった。

そのワインがついに今日家に届いたという経緯である。

ちなみに大阪の商社は、木下インターナショナル株式会社であり、

大阪の商社は、木下インターナショナル株式会社!

今週あたりから誰でも注文ができるようになるのではないかと思う。

初期出荷分がどのくらい輸入できているかわからないので、

興味のある方は急いだ方が良いだろう。

ピコ島は、リスボンから西へ

1500キロの大西洋に浮かぶ

アゾレス諸島(Azores islands)の1つ島である。

この諸島は、火山によって形成された島群であり、

基本的に火山岩で満たされた島である。

大航海時代に、ピコ島に入植したカトリックの修道士は、

島を覆う溶岩を砕き、不毛の大地をブドウ畑と変えていった。

吹き付ける潮風からブドウを守るために石垣を築いたらしい。

その石垣は、地球2周分にも及ぶらしい。

 

 


この葡萄が「ヴェルディーニョ」です!!


作られたブドウ園からできるワインは、糖度が高く、高級なデザートワイン種 ヴェルデーリョを生んだ!!

 

先人たちの苦労と努力によって作られたブドウ園からできるワインは、

糖度が高く、高級なデザートワイン種 ヴェルデーリョを生んだ。

このワインは、歴代のロシア皇帝や英国宮廷に愛され続けてきたらしい。

このピコ島のワインは後継者不足などに悩まされていたが、

2004年UNESCO世界遺産に認定され、また活気を取り戻しているようだ。

ピコ島の情報はwikipediaにも掲載されていた(ピコ島 wikipedia)

ワインに大して詳しいわけではないが、世界遺産ということと、

歴代のロシア皇帝がわざわざ取り寄せていたという

情報からミーハーにも直接購入しようと試み、今回届いたという経緯である。

ピコ島の拡大図をGoogle Mapsで表示すると

このあたりのようである。縞々になっている部分がブドウ畑になるのだろうか?

さて、早速家で試飲。

まずは、ロシア皇帝も愛したというLajido(ラジド)と呼ばれるデザートワイン。

デザートワインというと貴腐ワインなどの濃厚な甘さの予想であったが、むしろ少しドライ気味の白ワインに薄く甘みがついた味であった。

家でワインを空けるとそれほど酒に強くないため、1週間くらいかけてチビチビ飲むことが多い。

他のデザートワインは甘すぎて1週間チビチビ飲むのが大変なのだが、このくらいの甘さはちょうど良いかもしれない。

取り寄せに苦労した、日本初出荷、世界遺産に認定、およびテレビの世界遺産でみた

現地の人々が手摘みをし足で踏んで作っている姿をみているという

先入観からとてもおいしく感じた(プラセボ効果(笑))。

今回届いたのは、1998年の物で、1本3500円程度である。

木下インターナショナルの説明書きを引用させていただくと

ワイン名:ラジド Lajido

ワイン名:ラジド Lajido!

葡萄品種:ヴェルデーリョ・アリント・テランテス

収穫方法:手摘み

醸造・熟成:「クラウ」と呼ばれる溶岩石に囲まれて栽培された葡萄は、

収穫後、伝統的に足踏みで搾汁され、木樽で発酵させる。

発酵終了直前にグレープスピリッツが添加され、アルコール分は16%となる。

熟成はアメリカンオーク樽で3年間。

コメント:世界文化遺産に登録された畑で栽培された葡萄を使用。

夏の暑さと火山岩質土壌の水はけの良さで葡萄は糖度を増し、

土壌に含まれるミネラルと3年間の樽熟成による熟成が、ワインに複雑さを与えている。

味わいはセミドライタイプ。

食前酒として、また香辛料の効いた料理などと楽しめる。

さて、もう一本は白ワインの”Frei Gigante 2005″(フレイ ジガンテ 2005)。

Frei Giganteとは、偉大なる修道士という意味らしく、

ピコ島に葡萄畑を開いた修道士たちを讃えているようだ。

実は、昨日lajidoで酔っぱらってしまったので、

白ワインの感想は後日報告する予定である。

木下インターナショナルの説明書きを引用させていただくと

ワイン名:フレイ ジガンテ Frei Gigante

葡萄品種:ヴェルデーリョ・アリント・テランテス

収穫方法:手摘み

醸造・熟成:「クラル」と呼ばれる溶岩石に囲まれて栽培された葡萄は、

収穫後、伝統的に足踏みで搾汁され、一部は木樽で、残りはステンレスタンクで発酵を行う。

熟成はステンレスタンクで6ヶ月間。

コメント:トロピカルフルーツの香りに、樽熟成による少しトーストしたような香りが織り重なる。

ミネラル分、酸もしっかりとあり、爽やかな余韻を楽しめる。

魚介類はもちろん、鶏や豚の料理とも楽しめる。

興味のある方、世界遺産好きの方などは是非ご賞味くだされ。   

Spacewaiker より。

 

 

ピコ島はポルトガルの最高峰火山ピコで知られるアゾレス諸島の島!「ピコ島のブドウ畑文化の景観」としてユネスコの世界遺産に登録!

ピコ島はポルトガルの最高峰火山ピコで知られるアゾレス諸島の島!「ピコ島のブドウ畑文化の景観」としてユネスコの世界遺産に登録!

 

ピコ島(ぴことう、ポルトガル語 Ilha do Pico)は

ポルトガルの最高峰火山ピコで知られるアゾレス諸島の島。

ポルトガル領。

中部群島に属し、アゾレス諸島第2の面積をもつ。

島の首府はマダレナ。

面積は446km2。

島内の人口は約1万5千人。

目次

[脚注地理]

ピコ島の成層火山ピコ山の風景

ピコ島はアゾレス諸島のサンジョルジェ島から

南に17.5km、

ファイアル島から東に7kmに位置する。

島は全体に細長く、長さ42km、

幅はもっとも広いところでは15kmになる。

火山島であり、地形は急峻である。

ピコ山は島の南西部に位置し、標高は2,351mでポルトガルの最高地点である。

成層火山である。

最後に観察された噴火は1963年のものである。

著名な噴火には、

1562年から1564年にかけての噴火、

1718年および1720年の噴火がある。

これらの噴火による溶岩流の跡は、10km以上に達し、現在でも見ることができる。

1980年まで捕鯨基地として使われていた。

アゾレス諸島は大西洋の大陸棚の縁に位置し、

水深の深いところに近かったため、漁業基地に好適であったためである。

現在の主な産業は、

観光業、

漁業、

造船、

ワイン製造である。

ピコ島で産するワインは、ピコ・ワイン (Vinho do Pico) として

ポルトガル政府の原産地統制 (VLQPRD) の対象であり、優れた品質で知られる

ポルトガル政府の原産地統制 (VLQPRD) の対象であり、優れた品質で知られる!

主な集落は、

マダレナ、

サンロッケ・ド・ピコ、

ラジェスである。

[気候]

海洋性気候であり、冬季温暖で夏季冷涼な地中海性気候である。

[世界遺産]

15世紀以来続く伝統的なピコ島の農業景観は、2004年、

「ピコ島のブドウ畑文化の景観」として

ユネスコの世界遺産に登録された。

溶岩を積み上げた伝統的な石垣で風を除け、

溶岩の割れ目に苗木を植えて地面にはわせる。

収穫は手作業で、果汁の絞り出しは足踏みによる。

[登録基準]

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、

登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、

唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

(5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、

あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。

もしくは特に不可逆的な変化の中で

存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。    

ウイキペディア より。

 

 

このピコワイン見た瞬間、これは今まで見たことがないワインだ、この琥珀色の色合いなんだろう、見たことがない!

このピコワイン見た瞬間、これは今まで見たことがないワインだ、この琥珀色の色合いなんだろう、見たことがない! 甘いワインで、葡萄の作り方が大変な苦労が見れましたので、これは通常のワインではないな? ヴェルディーニョの葡萄が凄い!!

 

私はワインが大好きで、2015年に「安くて美味しい赤ワイン 2015年版」堀江武之著 を発売しています。

今回TBSの番組で「ピコワイン」を知って、早速購入の手続き中です! 

このピコワイン見た瞬間、これは今まで見たことがないワインだ、この琥珀色の色合いなんだろう、見たことがない! 

甘いワインで、葡萄の作り方が大変な苦労が見れましたので、これは通常のワインではないな? 

ヴェルディーニョの葡萄が凄い! 

ヴェルディーニョの葡萄が凄い!

これだけ手間暇かけて作るだけのことはある! 

見ているだけでピコワイン が飲みたくなりました! 

葡萄は大西洋の潮風を遮るために、溶岩を砕きそれを石垣に積み上げて潮風を防いでいます!

石垣の長さが地球2周分というから驚きです! 

しかも風が強いときには、葡萄が潮風でダメにならないよう、

1本一本砕いた石をのせて潮風から葡萄の枝を守っているのには、大変な驚きでした! 

これまでして熟成させたワインは見たことも飲んだこともありません! 

やはりこれだけのワイン是非口にしなければ、私が許しません! 

私の購入したワインはこれです!!

これが私の購入予定のワイン「ラジト 2003」です!

もし購入できましたら、試飲記録を私のブログ赤ワイン2+α=horietakeyuki.com に投稿しますので、見てください!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。