ピコワイン「ラジド Lajido」 !世界遺産になったワイン “ピコ島ワイン”!「ラジトワイン」 私の試飲紹介です! !

Pocket


 

ピコワイン「ラジド Lajido」 !世界遺産になったワイン “ピコ島ワイン”!「ラジトワイン」 私の試飲紹介です!

ピコワイン「ラジド Lajido」 !世界遺産になったワイン “ピコ島ワイン”!「ラジトワイン」 私の試飲紹介です! !

 

[ピコワインとは?ピコ島の修道士は、島を覆う溶岩を砕き、不毛の大地を葡萄畑と変えた。潮風から葡萄を守るために石垣を築く!!

[世界遺産になったワイン “ピコ島ワイン”]    

半年近く探していたワインがやっと家に到着した。

2004年にUNESCOの世界遺産に登録された

”Landscape of the Pico Island Vineyard Culture”

(ピコ島の葡萄園文化の景観)のピコ島ワインである。]

ピコ島のワインは、今まで日本には輸入販売されていなかった(個人輸入などはあるかもしれない)。

これがピコ島の葡萄畑この石垣の総延長はなんと地球2周分だというから驚きだ!

私は、このピコ島を、毎週欠かさずに録画までして見ている

TBS世界遺産で知った

(”TBS世界遺産 第544回2007年05月20日ピコ島のブドウ園文化の景観(ポルトガル) “)。

ピコワインは、過去にロシア皇帝も好みわざわざ取り寄せていたらしい。

その情報をしってから、ウェブを中心に調べていたところ、

ピコ島のワイナリーのウェブにたどり着いた

(Cooperativa Vitivinicola da Ilha do Pico)。

最初は政府観光局、ポルトガル大使館など

問い合わせをしたのだが有用な回答を得られなかった。

そんな折り、このpicoワインのワイナリーのウェブを見つけた。

直接電話をして問い合わせところ日本に出荷の実績がないと言われ、

いろいろ交渉を続けていたところ、ちょうど同時期に

大阪のワイン商社が同じようなコンタクトをとっていたらしく、

その商社を通して買えということになった。

そんな紆余曲折もあり、その出荷第一号を購入させてもらった。

そのワインがついに今日家に届いたという経緯である。

ちなみに大阪の商社は、

木下インターナショナル株式会社であり、

今週あたりから誰でも注文ができるようになるのではないかと思う。

初期出荷分がどのくらい輸入できているかわからないので、

興味のある方は急いだ方が良いだろう。

ピコ島は、リスボンから西へ1500キロの

大西洋に浮かぶアゾレス諸島(Azores islands)の1つ島である。

ピコ島は、リスボンから西へ1500キロの大西洋に浮かぶアゾレス諸島(Azores islands)の1つ島である!

この諸島は、火山によって形成された島群であり、基本的に火山岩で満たされた島である。

大航海時代に、ピコ島に入植したカトリックの修道士は、島を覆う溶岩を砕き、不毛の大地をブドウ畑と変えていった。

吹き付ける潮風からブドウを守るために石垣を築いたらしい。

その石垣は、地球2周分にも及ぶらしい。

先人たちの苦労と努力によって作られたブドウ園からできるワインは、

糖度が高く、高級なデザートワイン種 ヴェルデーリョを生んだ。

このワインは、歴代のロシア皇帝や英国宮廷に愛され続けてきたらしい。

ワインに大して詳しいわけではないが、世界遺産ということと、

歴代のロシア皇帝がわざわざ取り寄せていたという情報から

ミーハーにも直接購入しようと試み、今回届いたという経緯である。

さて、早速家で試飲。まずは、ロシア皇帝も愛したというLajido(ラジド)と呼ばれるデザートワイン。

デザートワインというと貴腐ワインなどの濃厚な甘さの予想であったが、

むしろ少しドライ気味の白ワインに薄く甘みがついた味であった。

家でワインを空けるとそれほど酒に強くないため、

1週間くらいかけてチビチビ飲むことが多い。

他のデザートワインは甘すぎて1週間チビチビ飲むのが大変なのだが、

このくらいの甘さはちょうど良いかもしれない。

取り寄せに苦労した、日本初出荷、世界遺産に認定、

およびテレビの世界遺産でみた現地の人々が

手摘みをし足で踏んで作っている姿をみているという

先入観からとてもおいしく感じた(プラセボ効果(笑))。

今回届いたのは、1998年の物で、1本3500円程度である。

木下インターナショナルの説明書きを引用させていただくと

ワイン名:ラジド Lajido

葡萄品種:ヴェルデーリョ・アリント・テランテス収穫方法:手摘み醸造・熟成:「クラウ」と呼ばれる

溶岩石に囲まれて栽培された葡萄は、収穫後、伝統的に足踏みで搾汁され、木樽で発酵させる。

発酵終了直前にグレープスピリッツが添加され、アルコール分は16%となる。

熟成はアメリカンオーク樽で3年間。

コメント:世界文化遺産に登録された畑で栽培された葡萄を使用。

夏の暑さと火山岩質土壌の水はけの良さで葡萄は糖度を増し、

土壌に含まれるミネラルと3年間の樽熟成による熟成が、ワインに複雑さを与えている。

味わいはセミドライタイプ。

食前酒として、また香辛料の効いた料理などと楽しめる。


私が注文していた「ピコワイン 」が到着しました!ワイン名:ラジド Lajido 葡萄品種:ヴェルデーリョ・アリント・テランテス 収穫方法:手摘み!

私が注文していた「ピコワイン 」が到着しました!ワイン名:ラジド Lajido 葡萄品種:ヴェルデーリョ・アリント・テランテス 収穫方法:手摘み!!

 

私が注文していた「ピコワイン 」が到着しましたので、早速試飲いたします!

商品名はワイン名:ラジド Lajido 葡萄品種:ヴェルデーリョ・アリント・テランテス 収穫方法:手摘み!

その試飲コメントを下記に、テイスティングコメントして記述しますので参考にして下さい!

テイスティングコメント 

飲み比べワイン

「15.0 イニエスタ・テンプラニーリョ」

 飲み比べ相手はスペインの強豪「15.0 イニエスタ・テンプラニーリョ」!

2022-01-29-31-02-02

外観:なんだろうこの凄い色合いは? 

黄金色に輝くピコ島の岩石に植えられた、

葡萄から熟成された「ピコワイン」の色合いだ! 

この色合いの良さにこのワインの全てが凝縮されている色合いだ! 

色合いの良さはいいワインの証!! 

こんな凄くて綺麗な色合いは見たことも、聞いたこともない! 

いワインだよこの「ピコワイン 」は!!

アロマ:このワインのコルク栓を抜いた瞬間放たれたアロマは、

天井を突き抜けて空高く、輝いているようです!!

これが「ピノワイン」の凄さだろうか!

このアロマは今まで出会ったことのないアロマだ!

アロマが凄いのはワインが凄いということだ!

そのアロマは濃厚な甘い香りを放つ強いアロマだ! 

この強い香りは何が作り出しているのだろうか? 

それはピノ島の溶岩大地の、岩石が生み出す「ヴェルデーリョの葡萄」のアロマだ!

ボディ:このワインの飲み応えは凄かった!

こんなボディはこれまで出会ったこともない凄く強いボディだ!

これがピコ島のワインの凄さを物語っているのです!! 

このフルボディのワインはあの岩石が生み出したボディだと言えるだろう!

アタック:このワインの栓を抜いた瞬間放たれたフレーバーは、

ピコ島の溶岩の岩石を、空高く突き抜けたフレーバーで、

その特徴はこれまで出会ったことのない、凄い強い特徴のワインで!

そこにこのピコワイン の凄さが垣間見れたのでした! 

こんなに強いワインのアタックは、今まで多くのワインを試飲してきた、

我輩には全く経験のない、凄い強くて特徴的なアタックでした!

ストラクチュア:この強い酸味と、さらに強いタンニンの渋みが、

この「ラジトワイン」のストラクチュアだ! 

これぞピノワイン! 

これぞヴェルデーリョの葡萄のストラクチュアだ! 


 

ヴェルデーリョの葡萄のストラクチュアだ!

これぞピノ島のワインのストラクチュアだ!

一口評:このワインのフレーバーは前記したように、

ピコ島の岩石を突き抜けたフレーバーで、それは葡萄が放った――-ピコ島の空高く輝くフレーバーだ!

今日の私の料理は「牛肉のステーキ」と「豚肉の野菜炒め」でその味わいは「ピコワイン 」にピッタリの味わいでした!

このワインの最大の特徴は、その強さにある! 

まず濃厚な強さと甘味の強さのフレーバーで「ラジトワイン」の最大の特徴! 

ピコワイン 最高!

ラジトワイン最高! 

ピコワイン 最高!ラジトワイン最高! 

これからもこんな凄い奴には出会うことがないだろう!

流石世界遺産のワイン!

流石世界遺産のワイン!

ピコのワイン!こ

のワインの凄さは飲み比べでも十分に証明できます!

飲み比べ相手はスペインの強豪「15.0 イニエスタ・テンプラニーリョ」 」

ですが、このピコワイン が全く問題にしない強さで、圧倒しました。

評価は当然五つ星!! 

私の第38代目の五つ星に輝きました!

これぞピコ島の岩石が作り出した葡萄のフレーバーにあります! 

「15.0 イニエスタ・テンプラニーリョ」との 飲み比べでなければ凄く美味しいワインだが――! 

やはりピコ島のコクのある濃厚な味わいには、勝てません! 

やはりピコ島の「ピコワイン 」幻のワインでした!

やはりピコ島の「ピコワイン 」幻のワインでした!

このピコワイン グラスに1杯飲んだだけで、完全に酔っ払ってしまいました!

大地の恵みのワインそれが「ピコワイン 」!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。