パーカーワイン美味いよ!カラタユのワイン美味いぞ!とカラタユの空に放たれ!セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ 2018!

Pocket

 

パーカーワイン美味いよ!カラタユのワイン美味いぞ!とカラタユの空に放たれ!セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ 2018!

パーカーワイン美味いよ!カラタユのワイン美味いぞ!とカラタユの空に放たれ!セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ 2018!

 

最近購入したワインセットは!正真正銘どれもパーカー【90点以上】!!

の中の 「セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ 2018」試飲記録の紹介!

5.パーカー90点!

初レビューにして絶賛!

『オーク樽熟成の赤ワインファンのための1本!』とオススメ!

貴重なる超古木ブドウの雫からなる贅沢フルボディの赤!

樹齢70-100年のガルナッチャ100%!

あの[理数系ワイン]として大好評の[パイπ]と同じボディカス・ランガの意欲作! 

「セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ 2018」 

産地:スペイン・アラタゴ州-D.O.カラタユ!

ブドウの品種:ガルナッチャ100%! 

味わい:フルボディ!

パーカー【90点】!!

驚愕!!

なんと樹齢100年のブドウが入った贅沢フルボディ赤にして1,480円(税別)!!

貴重なる超古木ブドウの雫からなる逸品!!樹齢70-100年のガルナッチャ100%!!

パーカー初レビューにして【90点】絶賛!!

『オーク樽熟成の赤ワインファンのための一本!!』とオススメ!! 

あの【理数系ワイン】として大好評・リピーター続出の[パイ π]と同じボデガス・ランガの意欲作!! 

先祖代々継承されてきた古い畑のガルナッチャが生み出す奇跡の雫!!

他産地なら数千円、いや数万円するのでは!?

この価格で飲めることに感謝!!

その名は[セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ 2018]

パーカー【90点】!! 

しかも驚愕!!

なんと樹齢100年のブドウも入っています!! 

貴重なる超古木ブドウの雫からなる逸品にしてこの価格!! 

フルボディ赤ワイン好きの皆様、どうぞお見逃しなくお買い求めください!!

その名も、セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ 2018]!!!! 

当店では数多くのパーカー高得点フルボディ赤ワインを

ご案内してまいりましたが、こちらもスゴイ掘り出し物なんです!! 

あの世界最高峰のワイン評論家ロバート・パーカー氏主宰[ワインアドヴォケイト]において、

まさにこのワインの2018年ヴィンテージが見事【90点】を獲得!!

このワインは初レビューなんですが、にもかかわらずこの高得点は素晴らしい!!

しかも『オーク樽熟成の赤ワインファンのための一本!!』とオススメしているんです!! 

このワインの中身を知ればそれもナットク!!

実は、樹齢70-100年の超古木ガルナッチャを100%使用した、なんとも贅沢な赤ワインなんです!!

いまや超貴重な樹齢100年のブドウが入っているのに、この価格で飲めるなんて本当に驚愕!!

これがほかの国の産地だったら数千円、いや数万円はするのではないでしょうか!? 

そんな超古木ガルナッチャは冷涼な標高700-800mの、小石の多いスレート(粘板岩)

土壌の畑で栽培され、丁寧に手摘みで収穫されました。

熟成にはフレンチオーク樽を使用し、12ヵ月間樽熟成を施したのち、

瓶熟成をさらに6か月間行った贅沢キュヴェなんです!!

なぜこんな贅沢フルボディ赤ワインがこんなに安いのか・・・当店のお客様なら納得していただけることと思います。

実はこのワイン、あの【理数系ワイン】として大好評、リピーター続出の[パイ π]と同じボデガス・ランガの逸品なんです!! 

ボデガス・ランガといえば、古くからブドウ栽培を行ってきた家族経営のワイナリー!!

彼らが所有する先祖代々継承されてきた古い畑のブドウを用い、この[セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ]が生み出されたというワケなんです!! 

[パイ]に負けず劣らずの素晴らしい味わい、そしてコストパフォーマンス!!またまたボデガス・ランガに驚かされてしまいました!!

ぜひとも一刻も早くご体験くださいませ!!

深いガーネット色。プラム、カシス、ダークチェリー、ブラックベリー、ブルーベリーの赤~黒果実の凝縮したアロマ。

カラタユのガルナッチャの個性が豊かに花開いています。

リコリス、シナモン、ナツメグ、クローブのスパイス、エスプレッソ、ダークチョコレートの香ばしさ、

スミレ、カシスリキュールの濃密な甘やかさ、さらにミネラルも奥に感じます。

口中では緻密で濃厚な果実味、ベルベットのようにしなやかなタンニン、スパイス感リッチな味わい。

上質な酸もたっぷりと含まれています。

快適なビター味とミネラル感が引き締まっており、タイトでシリアスな飲み心地ながら、味わい深い旨みが広がりほっと癒されます。

この味わい深い旨みが高樹齢ブドウならではと納得させられます。適温は17℃前後。

合わせたいお料理は、スパイシーチキン、ポークビーンズ、ポークジンジャーなどの肉料理と。

冷涼でタイトな飲み心地なので、セラーから出したての14℃前後からイベリコ生ハムやハード系チーズなどの前菜ともよく合います。 

ワイン名の[セケイダ]とは、アラゴン州サラゴサ県のこのワイナリー近郊にある

古代集落の名前で、地元への敬愛の念を込めてこの名が付けられました。

元々ケルト系イベリア人が住み着き、彼らによってセケイダあるいはセケイザと名付けられた集落です。

現在ではセゲダあるいはセヘダと呼ばれ、古代ローマ時代の名残をとどめている小さな街です。 

ボデガス・ランガの新たな意欲作にして、脈々と受け継がれる伝統への敬愛が込められた[セケイダ]!!

まさに温故知新な一本です。 

皆様も一刻も早く、この樹齢100年ブドウが入った味わい深いフルボディ赤ワインをじっくりと味わってみてください!!

 

 

同じボデガス・ランガの逸品[パイ π]シリーズ!

なんとこの価格にして、樹齢100年ブドウも入っています!同じボデガス・ランガの逸品[パイ π]シリーズ!!

 

なんとこの価格にして、樹齢100年ブドウも入っています!!どうぞお早めに、たっぷりとお買い求めください!! 

■色・容量:赤750ml  

■ALC:14.5%  

■ブドウ品種:ガルナッチャ100%  

■産地:スペイン-アラゴン州-D.O.カラタユ  

■味わい:フルボディ  

■ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)

あの世界最高峰のワイン評論家ロバート・パーカー氏主宰[ワインアドヴォケイト]において、

まさにこのワインの2018年ヴィンテージが見事【90点】を獲得!! 

このワインは初レビューなんですが、にもかかわらずこの高得点は素晴らしい!!

しかも『オーク樽熟成の赤ワインファンのための一本!!』とオススメしているんです!! 

このワインの中身を知ればそれもナットク!!

実は、樹齢70-100年の超古木ガルナッチャを100%使用した、なんとも贅沢な赤ワインなんです!!

いまや超貴重な樹齢100年のブドウが入っているのに、この価格で飲めるなんて本当に驚愕!!

これがほかの国の産地だったら数千円、いや数万円はするのではないでしょうか!?

そんな超古木ガルナッチャは冷涼な標高700-800mの、小石の多いスレート(粘板岩)

土壌の畑で栽培され、丁寧に手摘みで収穫されました。

熟成にはフレンチオーク樽を使用し、12ヵ月間樽熟成を施したのち、

瓶熟成をさらに6か月間行った贅沢キュヴェなんです!!

ボデガス・ランガはスペイン北東部アラゴン州の原産地呼称(D.O)

カラタユにセラーを構えるワイナリーです。

D.O.カラタユ内では唯一の家族経営のワイナリーで、古くから

ブドウ栽培農家としてこの地でブドウを栽培してきました。

D.O.カラタユの創設を担ったワイナリーのひとつです。 

代々受け継がれた畑を大切に管理しながら、1867年に小さな醸造蔵を建て、ワイン造りを開始しました。

そして現在に至るまで、近代設備の導入を進める一方で家族の伝統も守り続けています。 

首都マドリードと第二の都市バルセロナを結ぶ要衝の地サラゴサから程近く、

ビコール連山に守られた恵まれたロケーションの下、ワイン造りを行っています。

現在、フアン・ホセ・ランガ氏が経営責任者、妹のマリア・テレサ・ランガさんが

管理業務を、フアン・ホセ氏の息子フアンとセサルが技術面を担当しています。

セラーの拡張は行なわれましたが、共同組合のように量を優先せず、

常に質を重んじる小規模な生産者であるべきというのが彼らのポリシーです。

この[セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ]は、なんと

樹齢70-100年の超古木ガルナッチャ100%の驚異的な赤ワイン。

冷涼な標高700-800mの畑で栽培され、土壌は小石の多いスレート(粘板岩)土壌です。

丁寧に手摘みで収穫し、25℃に維持したステンレスタンクでマセラシオンとアルコール発酵を10日間。

熟成はフレンチオーク樽で12ヵ月間、その後6か月間瓶内熟成させたフルボディの赤ワインです。

ワイン名の[セケイダ]とは、アラゴン州サラゴサ県のこのワイナリー近郊にある

古代集落の名前で、地元への敬愛の念を込めてこの名が付けられました。

元々ケルト系イベリア人が住み着き、彼らによってセケイダあるいはセケイザと名付けられた集落です。

現在ではセゲダあるいはセヘダと呼ばれ、古代ローマ時代の名残をとどめている小さな街です。

この価格で、こんな高樹齢の超古木ブドウからなる赤ワインが飲めるなんて、本当に驚愕です。

さすがスペイン、いやさすがボデガス・ランガ。 

同じボデガス・ランガの逸品[パイ π]シリーズともども、ぜひとも味わってみてください。

京橋ワイン。

 

 


パーカーも『傑出したバリュー!!』と絶賛した贅沢上質キュベ!


ボデガス・ランガ/パイ π!ボデガス・ランガはスペイン北東部アラゴン州の原産地 呼称(D.O)カラタユにセラーを構えるワイナリーです!

 

[ボデガス・ランガ/パイ π ブランコ 2015]    

あの大人気【理数系ワイン!?】の極旨白ワイン!!

見た目のインパクトは赤ワイン以上!?中身も超美味!!

あの円周率ワイン[パイ π]に白ワインがあった!!

英有名評価誌[デカンター]誌も【Commended(推奨)】の称号を授与して激賞!! あの大人気【理数系ワイン!?】の極旨白ワイン!!

見た目のインパクトは赤ワイン以上!?中身も超美味!! あの円周率ワイン[パイ π]に白ワインがあった!!

英有名評価誌[デカンター]誌も【Commended(推奨)】の称号を授与して激賞!! 

スゴイのは見た目だけではありません。

なんと標高900mの高地畑で栽培されている、樹齢60~80年 の古木ガルナッチャ・ブランカ種100%!!

そしてフレンチオーク新樽100%で6ヶ月熟成させた、 白ワインの極上キュヴェなんです!! 

このボデガス・ランガの誇る最高級白ブドウを丁寧に醸し、 造り上げたのは年産わずか13,000本!!

こんなに少ない生産量にもかかわらず、英有名評価誌 [デカンター]誌は【Commended(推奨)】の称号を授与 して激賞したほど!!

[【ワイナリー説明】]   

ボデガス・ランガはスペイン北東部アラゴン州の原産地 呼称(D.O)カラタユにセラーを構えるワイナリーです。

D.O.カラタユ内では唯一の家族経営のワイナリーで、古く からブドウ栽培農家としてこの地でブドウを栽培して きました。

代々受け継がれた畑を大切に管理しながら、1867年に 小さな醸造蔵を建て、ワイン造りを開始しました。

そして 現在に至るまで、近代設備の導入を進める一方で家族の 伝統も守り続けています。

首都マドリードと第二の都市バルセロナを結ぶ要衝 の地サラゴサから程近く、

ビコール連山に守られた恵ま れたロケーションの下、ワイン造りを行っています。

現在、フアン・ホセ・ランガ氏が経営責任者、妹のマリア・ テレサ・ランガさんが

管理業務を、フアン・ホセ氏の息子 フアンとセサルが技術面を担当しています。

セラーの拡張 は行なわれましたが、共同組合のように量を優先せず、

常に質を重んじる小規模な生産者であるべきというのが 彼らのポリシーです。

既に大ヒットとなっている[レアル・デ・アラゴン・ ガルナッチャ・センテナリア]も、

このボデガス・ランガ が造っており、今回ご案内の[パイ π]共々

高品質ワイン の造り手として急速に評価を上げています。

赤ワインの[パイ π]に使われる品種はこの地の希少固有 品種コンセホン種で、

畑の面積が3.1416haであることから [パイ π]と名づけられました。

平均樹齢80年の超古木 ブドウです。

自社畑ではありませんが、ボデガス・ランガによりきめ 細かく

管理が行われている畑で、標高1000mと極めて高地 に位置しています。

土壌は粘板岩(スレート)です。 丁寧に手摘みしたブドウを使用し、24℃のステンレス タンクで7日間発酵を行ないます。

熟成は100%フレンチ オーク新樽を使用。年間生産本数は5,000本とごくわずか です。

一方、[パイ π ブランコ]は標高900mの高地畑で栽培 されている、樹齢60~80年の古木ガルナッチャ・ブランカ 種100%。

丁寧に手摘みで収穫し、13℃に維持したステン レスタンクで20日間アルコール発酵させます。

その後、 フレンチオーク新樽で6ヶ月熟成させます。年間生産量は 13,000本。

そんな少量生産キュヴェにして、いきなりパーカーさん の目に留まり、

2008年ヴィンテージの赤ワインが91点もの 高得点を叩き出してしまった[パイ π]。

[【テイスティングコメント】]    

グラスで輝くレモンイエロー色に心弾みます!

グレープフルーツ、レモン、黄色いリンゴ、黄桃、蜂蜜、 白い花、へーゼルナッツなどの豊かなブーケ。

そして なんと言っても、スモーキーで硬質なミネラルが

主張する ヨーロッパらしいエレガントな香りに癒されます。

凝縮した果実味、落ち着いて控えめながら上質な酸、 なめらかな口当たり。

スモーキーでミネラリーな余韻が いつまでも続き、心身ともに解きほぐされるような感覚。

実にエレガントで穏やかな味わいの一本です。

チキンのクリーム煮、白身魚のフリットなど にベストマリアージュ!! ぜひ試してみてください!!     

EVA WINE より。

 

 

これがあの「ボデガス・ランガ」のワイナリーです!!


カラタユの気候・風土 カラタユは、スペイン北東部のアラゴン州東部にあるワイン産地!栽培されるぶどうの80%以上は黒ぶどう品種!

 

[カラタユワインの特徴とは]    

カラタユの気候・風土   

カラタユは、スペイン北東部のアラゴン州東部にあるワイン産地。DO(原産地呼称ワイン)に認定されている。 

サラゴサ県南部に位置し、西にソリア州の都ソリア、東にカリニェナに挟まれた場所にある。

エブロ川支流域にあるカラタユをはじめとした、46以上の町が産地とされる。 

ぶどう畑は標高およそ550~1000mのシエラ・デ・ラ・ビルヘン山脈斜面に広がっている。

土壌は痩せた石灰質で水はけが良い。 

大陸性の気候で冬は寒く、夏は暑く乾燥する。

また昼夜の寒暖差が大きいなど、主要品種ガルナッチャ種の栽培に適した環境になっている。

[カラタユのワインの特徴]    

カラタユでは、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインがつくられている。

栽培されるぶどうの80%以上は黒ぶどう品種で、赤ワインの生産が多くを占める。

中でもガルナッチャ種が全体の50%以上を占めており、ほとんどのワインに

古樹50年以上のガルナッチャ種が60%以上ブレンドされている。

ガルナッチャ種の他には、カベルネ・ソーヴィニヨン種、テンプラニーリョ種、シラー種、メルロー種などの

黒ぶどう品種や、マカベオ種、マルヴァシア種などの白ぶどう品種が栽培されている。

白ワインとロゼワインはすべて若飲みタイプだが、赤ワインはガルナッチャ種の

古木を使った若飲みのものからテンプラニーリョ種を加えた熟成タイプまで幅広い。

高品質でコストパフォーマンスにも優れている。

[エピソード]    

カラタユは、かつてイスラム教徒の要塞だった場所で、同地の地名は教徒たちの城のひとつ「カラト・アユブ」に由来する。

ぶどう栽培の歴史は古く、古代ローマ人によって始められたといわれる。

しかしDO認定は1989年とアラゴン州の中でも最も新しく、本格的な商業用ワインの生産はそれ以降に始まった。

[カラタユの代表的なワイン]  

・エル・プーニョ・エル・プニョ  

・エル・プーニョ・バレ・クヌックル  

・ボデガス・イ・ビニェドス・デル・ハロン・ラス・ピサラス  

・ボデガス・イ・ビニェドス・デル・ハロン・アルトス・ラス・ピサラス

WINE BAZAAR より。

 

 

この土地で育つものは何もない—!まさに不毛の大地!それがカヤタユ!


カラタユはエブロ川の支流ハロン川に沿い!「アユーブ城の砦」がカラタユーの語源になっている!

 

[カラタユー(Calatayud、アラゴン語:Calatayú)は、スペイン・アラゴン州サラゴサ県に属するムニシピオ(基礎自治体)。

2014年の人口は20,658人。エブロ川の支流ハロン川に沿い、北緯41度21分西経1度38分に位置する。

北東に87kmの距離にサラゴサがある。

[外部リンク歴史]  

ローマ人により「アウグスタ・ビルビリス」という名前で建設された。

現在のカラタユーの北4kmに遺跡が残っている。ローマ詩人マルティアリスはその地の生まれである。

現在の市街はイスラム教徒によってアユーブ城の周りに建てられたもので、古くからのビルビリスの住民はいなくなった。

「アユーブ城の砦」がカラタユーの語源になっている。

1120年、アラゴン王国のアルフォンソ1世により征服された。

カラタユーはコムニダ・デ・カラタユー郡の都である。

19世紀に3年間この郡を中心にいくつかの郡を集めてカラタユー県が置かれ、カラタユーが県都となったことがある。

[名所]  

サンタ・マリア教会の塔 サンタ・マリア教会 – 町の中心部にあったモスクの上に建てられた。

16世紀に造られたムデハル様式の後陣や塔があり、世界遺産に登録された「アラゴンのムデハル様式の建築物」の一部となっている。

サン・ペドロ・デ・ロス・フランコス教会 – アルフォンソ1世とともにカラタユーを征服したフランス人によって建てられた。

1461年、この教会でフェルナンド2世の立太子式がアラゴン議会の承認のもとに行われた。

1978年、現代のアラゴン議会が初めて開かれたのもこの教会の中である。

[交通]マドリードからカラタユーを通ってサラゴサ、タラゴナに向かう高速鉄道(AVE)の駅がある。

2007年にはバルセロナまで延伸する予定である。マドリードからは1時間10分。

同様にマドリードからカラタユーを通ってサラゴサ、バルセロナに向かう高速道路A-2が通じている。

[外部リンク]   

カラタユー公式サイト(スペイン語)  ウィキボヤージュには、カラタユーに関する旅行情報があります。   

ウイキペディア。

 

 

ガルナッチャのブドウ!栽培面積世界7位の広く栽培されている国際品種!

ガルナッチャのブドウ!栽培面積世界7位の広く栽培されている国際品種!地中海沿岸が主な栽培地域です!

 

[ガルナッチャのブドウ]

【栽培面積】 

減少傾向(この20年間で35%も栽培面積が減少)とは言え、

いまだ栽培面積世界7位の広く栽培されている国際品種です。

【その他の呼び名】 

スペインではガルナッチャ、フランスやニューワールド諸国ではグルナッシュ、

イタリアのサルデーニャ島ではカンノナウと呼ばれます。

【ぶどうの特徴】 

晩熟で長い生育期間を必要とするので、暖かいエリアで栽培されるぶどうです。

糖度が非常にあがりやすいのが特徴で、多くの場合アルコール度数が高くなります。

【味わいの特徴】 

イチジクやドライプルーンを連想させる、まろやかで甘みを感じさせる果実味と、

クローブなどの甘いスパイスやチョコレートのタッチ。

やわらかで肉厚な果実味と、まったりとした低めの酸味、高い

アルコール度数などの、あたたかさを感じるやわらかな味わいが特徴です。

テクスチュアが独特で「やわらかい」と言う印象を強く与えるぶどう品種です。

ブレンドにおいても、やわらかなボディ感とコクを与える役割を担います。

【原産地】 

スペインのアラゴン地方が原産地と言われ、そこから地中海伝いに、広がっていったと考えられています。

突然変異しやすいぶどうの一つで、黒い皮のもの以外に、白い皮(グルナッシュ・ブラン)

やピンク色の皮(グルナッシュ・グリ)のものも存在します。

【主な産地】 

地中海沿岸が主な栽培地域です。

原産地であるスペインのアラゴン地方だけでなく、カタルーニャ州、フランスの

ラングドック・ルーション地方、ローヌ地方南部、プロヴァンス地方などで広く栽培されています。

単一品種でワインになる事は少なく、シラーやムールヴェードルといった、スパイシーなぶどうとブレンドされる事が一般的です。

ニューワールド諸国でもアメリカやオーストラリア、南アフリカなどの国の暖かいエリアで広く栽培されています。

ここでもシラーやムールヴェードルなどとブレンドされる事が多く、

ラベルにグルナッシュという品種名が入る事は多くありません(シラーやムールヴェードルとブレンドした場合、

それぞれのぶどうの頭文字を取ってGSMなどと表記されることもあります)。

【その他】 

南フランスやオーストラリアにおいては、グルナッシュは酒精強化ワインの原料としても重要なぶどうとなっています。

また、南フランスにおいては辛口のロゼワインの原料としても重要です。

多産性のぶどうのため、収量が落ちて、自然に味わいが凝縮される古い樹齢の木から取れたぶどう

(Old VineやVieilles Vignesと表記されている)からつくられたワインに素晴らしいものが沢山あります。

【よく合う食材】

ほほ肉やすね肉などのゼラチン質のあるお肉の、トロリとした煮込みが最高です。

スパイスを使った羊料理などともよく楽しまれています。

【こういう時におすすめ】  

・寒くなってきてあたたまりたいとき  

・トロミやゼラチン質のあるお料理に  

・とにかく硬いものを食べたくないとき]    

SUNTORY より。

 

 

ワインのフレーバーはパーカーワイン美味いよ!カラタユのワイン美味いぞ!とカラタユの空に高らかに放たれて、ここのテロワール凄いぜと言っていた!

ワインのフレーバーはパーカーワイン美味いよ!カラタユのワイン美味いぞ!とカラタユの空に高らかに放たれて、ここのテロワール凄いぜと言っていた!試飲評価・★★★★++!

 

「セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ 2018」 産地:スペイン・アラタゴ州-D.O.カラタユ!

ブドウの品種:ガルナッチャ100%! 

味わい:フルボディ!あの【理数系ワイン】として大好評・リピーター続出の[パイ π]と同じボデガス・ランガの意欲作!

試飲記録 2021-07-01-03-05

飲み比べ相手「ロタンティーク・ピノ・ノワール」評価は四つ星++の高評価!

飲み比べ相手「ロタンティーク・ピノ・ノワール」評価は四つ星++の高評価!

産地はフランスラングドック地方ーIGPペイドック!

外観:見た目はガルナッチャの濃い色合いでこれぞパーカー90点の色合いだ!

その色は、ガーネットの濃い色合いで、淡いピノ・ノワールの色合いとは大違い!

アロマ:コルク栓を抜いた時に、高らかに放ったアロマはまさにピュアなカシスのアロマだ!

これぞカラタユのガルナッチャの香りだ!

これほどの強いアロマを放ったワインは、今までにお目にかかったことがない凄い強さでした!

ボディ:飲み応えは十分で、そのボディは間違いなくフルボディ!

これぞパーカー90点ワインの真骨頂だ!

思い出してみるとパーカーさんは、こよなくフルボディのワインが好きだと思います!!

その証拠にミディアムボディしかない、ピノノワールのパーカー90点ワインを見たことがありません!!

アタック:口に含んだ時カラタユのゴツゴツした荒涼としたテロワールに、ただ一つ育つのがガルナッチャの葡萄!!

その美味しいワインにある想いが浮かんだ、これがカラタユのワインの真の姿なのです!その評価は高く、四つ星++の高評価でした!

ストラクチュア:このワインの強いフレーバーの中に強い酸味とタンニンの渋みがカラタユの畑のフレーバーだ!

それはよくバランスした、いいストラクチュアだ!やはりパーカーワインはストラクチュアでも90点だ!!

一口評:飲み比べ対決では「ロタンティーク・ピノ・ノワール」このピノ・ノワールワインが日にちが経っていて、大変美味しくほぼ互角の対決でした!

この 「セケイダ・カラタユ・ガルナッチャ 2018」ワインのフレーバーはパーカーワイン美味いよ! 

カラタユのワイン美味いぞ!

とカラタユの空に高らかに放たれて、ここのテロワール凄いぜと言っているようでした! 

久しぶりに開けたパーカーワインその90点の美味さに嬉しくなりました!!

今日の料理手羽先のザーサイのスープ煮とのマリアージュが良くて!

パーカー90点ワインを引き立ててくれました!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。