バルベーラ・ダルバのフレーバーはピエモンテの畑のテロワールの輝きを放つそんなフレーバーだ!バルベーラ・ダルバ2019!

Pocket

バルベーラ・ダルバのフレーバーはピエモンテの畑のテロワールの輝きを放つそんなフレーバーだ!

バルベーラ・ダルバのフレーバーはピエモンテの畑のテロワールの輝きを放つそんなフレーバーだ!バルベーラ・ダルバ2019!

 

最近新しく購入したワインセットの中の ピエモンテを代表するブドウで仕立てる、綺麗な酸とピュアな

果実味が魅力の赤ワイン「バルベラ・ダルバ 2019」を紹介します。

今回はイタリアスター生産者赤ワイン5本セットの紹介です!

イタリア全土から選び抜かれた生産者が集い、各生産者自慢の1本が振舞われる夢のようなイタリアワインの祭典、オペラワイン。

2021年度は6月開催予定で、イタリアを代表する偉大な生産者達のワインが競演を果たします。

そこで、今回は先だってエントリーが発表されたトップ生産者が手掛けるワインの中から、

エノテカでも選りすぐりのワインを厳選し、セットならではのお得な価格でご用意しました。

元祖スーパータスカンの美学を受け継ぐ気品溢れる赤ワインをはじめ、キャンティ・クラシコの

巨匠が若樹のブドウで仕立てる親しみやすい1本、ピエモンテの老舗ワイナリーが手掛ける

ピュアな果実味が魅力のバルベラまで、イタリアワインの魅力を堪能できるラインナップです。

ぜひこちらのセットで、イタリアが誇る偉大な生産者が手掛けるワインをご堪能ください。

  ピエモンテを代表するブドウで仕立てる、綺麗な酸とピュアな果実味が魅力の赤ワイン。

その名は「2019年・バルベラ・ダルバ」

 / プルノット(アンティノリ) (イタリア ピエモンテ ) 通常価格 3,080円(税込)

100年以上続くワイン造りの歴史を持つ、プルノット。

様々な畑のブドウの混醸が一般的であったピエモンテで、初めて「クリュ」の概念を導入し、

バローロの品質を劇的に向上させたワイナリーとしても知られています。

こちらは、ピエモンテを代表するブドウ品種、バルベラ種から仕立てる赤ワインです。

チェリーやプラム、バラのアロマにスパイスのニュアンスが加わった複雑な香り。

滑らかなタンニンが感じられるモダンな仕上がりで、バルベラらしい綺麗な酸とピュアな果実味が印象的です。 

【ブドウ品種:バルベラ100%】  

エノテカonline より。

 

 


「バルベラ・ダルバD.O.C.」という呼称を名乗ることを許されています! 

バローロの品質を劇的に向上させた老舗ワイナリー・アルフレッド・プルノット!「バルベラ・ダルバD.O.C.」という呼称を名乗ることを許されています!!

 

[バルベラ・ダルバ]    

バローロの品質を劇的に向上させた老舗ワイナリー。

プルノットは、アルプスの山々に囲まれたイタリア屈指のワイン産地、ピエモンテ州で、バローロ、バルバレスコを中心にワイン造りを行う老舗ワイナリーです。

1923年、第一次世界大戦後、経営の厳しかったランゲ・ワイン協同組合をアルフレッド・プルノット氏が買い取ったことから、プルノットの歴史は始まります。

アルフレッド・プルノット氏は、経営者としてだけでなく醸造家としても手腕を発揮。

様々な畑のブドウを混醸することが一般的であった当時のピエモンテにおいて区画ごとのテロワールの

違いを理解し、その個性を活かす、ブルゴーニュワインの「クリュ」の概念をバローロに持ち込みました。

その概念が活かされ、単一畑のブドウだけでリリースしたバローロ・ブッシアは、

バローロの品質を劇的に向上させるきっかけをつくり、世界市場で

「ピエモンテのワインと言えばプルノット」と言われるほどの

知名度を誇るワイナリーへと成長しました。

ピエモンテのワインと言えばプルノット」と言われるほどのワイナリへ成長!

30年以上に渡りプルノットを守ってきたアルフレッド氏でしたが、1956年に勇退。

現在は、イタリア屈指の名門ワイナリー、アンティノリがワイナリーを所有し、質の高いワイン造りを守り続けています。

プルノットのワインは、いつ飲んでもフローラルなアロマがよく香り、とてもオープンな雰囲気で、

長期熟成を要するバローロ、バルバレスコにおいて、比較的飲み頃を

早く迎えるモダンでスタイリッシュなスタイルに定評があります。

バルべラの名手が手掛ける、日々の食卓を彩るピエモンテご当地ワイン

プルノットはバローロやバルバレスコ以外にも、ピエモンテ特有のブドウ品種を活かした秀逸なワインも生産しています。

ピエモンテ州を代表するブドウ品種のひとつ、バルベラ種を用いて造られるワイン、バルベラ・ダルバもそのひとつ。

バルベラ種は、ピエモンテ州のブドウ作付面積の35%を占めるポピュラーなブドウ品種。

暑さや寒さに強い品種であるため、ヴィンテージによる影響が比較的少なく、毎年美味しいワインに仕上がるという特徴があります。

とくにアルバという地域のバルベラは上質とされ、「バルベラ・ダルバD.O.C.」という呼称を名乗ることを許されています。

長期熟成型の力強いワイン、バローロやバルバレスコに使用されるネッビオーロ種に比べ、

バルベラ種は果実味たっぷりで渋みが優しいブドウ品種。

フルーティーで柔らかな味わいがピエモンテの人々の心をつかみ、

バルベラ・ダルバは普段の食卓を彩るワインとして昔から親しまれてきました。

綺麗な酸とピュアな果実味が光る優しい味わい。

グラスに注ぐとチェリーやプラム、スミレ、バラのデリケートなアロマにスパイシーなブーケが加わった複雑な香り。

時間の経過と共に、フルーティな香気が豊かに広がります。

滑らかなタンニンとアロマが融和したモダンな造りで、バルベラらしい

綺麗な酸とピュアな果実味が感じられる、優しい味わいとなっています。

バルベラ・ダルバは、タンニンが柔らかく、アロマも繊細なため、昔から地元では家庭料理と一緒に親しまれきました。

トマトソースパスタ、コトレッタ(カツレツ)、マルゲリータピザ、野菜とチーズを豚肉で巻きソテーした、

ピエモンテ州アルバの地方料理など、素朴な家庭料理と幅広く合います。

是非、普段のお食事とご一緒にお楽しみください。

ワイン 赤ワイン 2019年 バルベラ・ダルバ / プルノット イタリア ピエモンテ 750ml     

商品番号:0452003403B9  価格 :3,080円 (税込)   

ENOTECA より。

 

 

プルノットは、アルプスの山々に囲まれたイタリア屈指のワイン産地!

プルノットは、アルプスの山々に囲まれたイタリア屈指のワイン産地!!

 

プルノットは、アルプスの山々に囲まれたイタリア屈指のワイン産地、

ピエモンテ州でバローロ、バルバレスコを中心にワイン造りを行う老舗ワイナリー。

1923年、第一次世界大戦後、経営の厳しかったランゲ・ワイン協同組合を

アルフレッド・プルノット氏が買い取ったことから、プルノットの歴史は始まります。

生産者: PRUNOTTO プルノット  

生産地: イタリア ピエモンテ  

タイプ: ワイン 赤ワイン

 

 

法律の専門家が紆余曲折を経て作り上げたワイナリー!

法律の専門家が紆余曲折を経て作り上げたワイナリー!ネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェットといった黒ブドウの他に、ピエモンテの伝統に忠実にモスカートやアルネイスといった白ブドウも見られます!

 

[プルノット   Prunotto]    

法律の専門家が紆余曲折を経て作り上げたワイナリー。

1904年、ピエモンテ州のセッラルンガの市役所で、公証人ジャコモ・オッデーロと

アルフレード・プルノットの立ち会いのもと、ワイナリー「アイ・ヴィーニ・デッレ・ランゲ」の設立を宣言しました。

当時アルバやランゲでブドウ園を所有している名士たちが、それぞれのブドウ園で

収穫されるブドウを持ち寄りワインを醸造する、協同組合を作ったのです。

1905年にワイナリー設立後初めての秋を迎えますが、その後の世界第一次大戦の

勃発などの社会情勢もあり、ワイナリーの経済状態は危機に陥ります。

そして1922年には、ワイナリーの会員たちは契約の終了を待って、これ以後はワイナリーにブドウを提供しないことを決議しました。

ワイナリーの設立に法律の分野から参加していたアルフレード・プルノットは、新婚の妻とともにこの

ワイナリーを引き継ぎ、自らの名字「プルノット」をワイナリーの名前としました。

プルノット夫妻の情熱と努力が実を結び、まもなく「プルノット」のワインは南米やアメリカにまで輸出されるようになりました。

アルフレード・プルノットはもともと法科出身であったため非常に商才に長けていました。

また、妻とともに醸造技術の分野からも努力を怠らなかったのです。

初代アルフレード・プルノットから友人へ、そしてアンティノリ伯爵へ1956年、アルフレード・プルノットは引退します。

そしてワイナリー「プルノット」は、アルフレードの友人で

ブドウ栽培のプロであったベッペ・コッラに譲渡されました。

ベッペ・コッラは、同僚のカルロ・フィルベルティや弟のティーノ・コッラと

技術の改良を行い、1961年にテロワールの分類で成功を収めます。

そして、バローロ・ブッシアやバルベーラ・ダルバ・ピアン・ロムアルド

などの名ワインが登場することになるのです。

1972年には、地元ランゲ出身の建築家ウーゴ・デッラ・ピアーナによってワイナリーは近代的に改築されました。

現在、プルノットの本拠地となっているのはこのときの建物です。

1989年からは、トスカーナのワイナリーの名門アンティノリ家がプルノットのワインの販売に協力するようになりました。

そして1994年、コッラ兄弟が完全に引退すると、「プルノット」のブドウ栽培は現オーナーである

マルケージ・アンティノリが請け負うことになったのです。

ワイナリーの経営者は変わっても、初代アルフレード・プルノットが生涯こだわり

続けた高品質のワインの製造は、滞ることなく続いています。

バローロやバルバレスコの名品を生み出す50ヘクタールのブドウ畑  

プルノットが所有するブドウ園は、総面積50ヘクタールです。

ランゲやモンフェッラートに小区画のブドウ園が点々としています。

ネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェットといった黒ブドウの他に、ピエモンテの

伝統に忠実にモスカートやアルネイスといった白ブドウも見られます。

プルノットが所有するクリュは次のようになります。

「ブッシア」  バローロの丘に7.35ヘクタール。

古代劇場の様な形をした地形に、南東と南西を向いて広がっています。

一角には、ワイン通のあいだで名高きバローロ「ブッシア・ヴィーニャ・コロネッロ」

を生み出すブドウの木が植えられています。

「ブリック・トゥロット」  

バルバレスコのロンカーリエとトレ・ステッレにあいだに位置するクリュは5.3ヘクタール。

標高180メートルから300メートルの高低差に恵まれた

土地から産するワインは、優美で力強いことで有名です。

「コスタミオーレとフュロット」   

アスティから19キロほど離れたアリアーノにあるブドウ園は27ヘクタールあり、

コスタミオーレとフュロットとのためのブドウが生産されます。

アスティよりも気温が高く、ここで収穫されたブドウを原料としたワインにはベリー類が豊かに香ります。

「モンペルトーネ」   

バルベーラとシラーのブドウから生産するモンペルトーネ。

2種のブドウと標高300メートルにあるブドウ園の地形が見事に調和したワインを生み出すことで有名です。

バッソ・フェッラートに位置するクリュは広さ11ヘクタール。

「ブリッコ・コルマ」   

バッソ・モンフェッラートのカッリアーノにあるブドウ畑は1ヘクタール、

ネッビオーロとバルベーラの交配種であるアルバロッサを栽培しています。

このクリュは、2001年から始まったプロジェクトの成果でもあります。

ピエモンテを代表するワイナリー、「ミケーレ・キアルロ」「テヌーテ・デイ・ヴァッラリーノ」

「ヴィーニェ・レガーリ」とともに、プルノットはさまざまな研究と実験を重ねてきました。

この試みには、理由がありました。

1930年代、この地出身の農学者ジョヴァンニ・ノルマッソは、

ピエモンテ州が原種のブドウの改良と保護のためにさまざまな交配を行いました。

プルノットと3つのワイナリーは、ノルマッソ教授の意志を引き継ぎ、彼が生みだした新種の保護と発展に力を入れています。

伝統的なバローロ造りのリダー的存在!バルベラ・ダルバ!

その結果の一つが、このブリッコ・コルマなのです。

[プルノットの主なワイン]

「バローロ・ブッシア」   

2009年には、世界で最も影響力のあるワイン批評家から92点を獲得した

「バローロ・ブッシア」は、クラシックなバローロの代表と呼ばれています。

標高350メートルの土壌から産するブドウを、オーク樽で

24ヶ月熟成、瓶詰め後も1年を貯蔵庫で過ごします。

その寿命は優に25年を越えるといわれ、濃いルビー色が特徴です。

スミレとサクランボ、そしてオリエンタルなスパイスが香り、タンニンが優しく口腔を満たしてくれます。

1時間前に栓を抜き、バロン型のワイングラスを使用するのが理想的です。

マッチする料理は、ジビエ、肉の煮込み、香草入チーズ、熟成チーズ、そしてダークチョコレートなど。

「バルバレスコ」   

皮ごとのブドウを15日間浸軟、オーク樽で1年、瓶で10ヶ月熟成して完成するのがプルノットのバルバレスコです。

力強さと優美の同居が、このワインの最大の魅力です。

ルビー色の液体を目で楽しんだ後に鼻腔を満たすのは、ラズベリー、サクランボ、プルーンなどの香りです。

かすかにシナモンや甘草、チョコレートのアロマも漂います。タンニンの効いた力強い味わいを長く楽しめます。

トマトソースをベースにしたリゾット、ジャガイモを添えた肉の煮込み、ステーキ、ジビエなどの相性よしです。    

dragee より。

 

 

PRUNOTTO・プルノット・バローロの品質を劇的に向上させた老舗ワイナリー。


バローロの品質を劇的に向上させた老舗ワイナリー!アンティノリの改革!伝統的製法を大切に守りながら、より品質を高めるために、大規模に投資!

 

[PRUNOTTO・プルノット・バローロの品質を劇的に向上させた老舗ワイナリー。]    

バピエモンテ州の老舗ワイナリー。区画毎のテロワールを活かしたワイン造り。

1923年、第一次世界大戦後、経営の厳しかったランゲ・ワイン協同組合を

アルフレッド・プルノット氏が買い取ったことから、プルノットの歴史は始まります。

アルフレッド・プルノット氏は、経営者としてだけではなく醸造家としても手腕を発揮し、

当時の世界市場で「ピエモンテのワインと言えばプルノット」と言わるほどの知名度を誇るワイナリーでした。

様々な畑のブドウの混醸が一般的であった当時のピエモンテにおいて、「Cruクリュ」の概念を初めて導入したのもプルノットでした。

それはつまり区画ごとのテロワールの違いを理解し、その個性を活かすようなワインを造ること。

まさに谷に囲まれたランゲ村は、畑ごとに日当たりも傾斜も土壌も異なる「マイクロ・クライメイト」でした。

しかし、ピエモンテでは農地の所有者であるワイン生産者と、畑の手入れをする農家が別で、

買い入れたブドウでワインを造ることが一般的であったため、自由にブドウを

買い集め混醸し、たくさんのワインを造ることが優先されていたのです。

そのためプルノットがリリースした単一畑の「バローロ・ブッシア」は、

バローロの品質を劇的に向上させるきっかけとなる、非常に革新的なワインだったのです。

30年以上に渡りプルノットを守ってきたアルフレッド氏でしたが、1956年に勇退。

友人である醸造家のペッペ・コッラ氏にワイナリーは引き継がれ、そして1989年プルノットは、

当時から販売協力関係にもあったアンティノリに引き継がれます。

[アンティノリの改革]    

アンティノリがワイナリーを運営するようになり、伝統的製法を大切に守りながら、

より品質を高めるために、大規模に投資していきます。

まず、畑の改革。プルノットでは、バローロでも最上級と名高い優良畑「ブッシア」をはじめ、

バルバレスコにも畑を買い増し、自社畑を少しずつ増やしています。

これは前述のとおり、買いブドウでのワイン造りが一般的なピエモンテにおいては珍しいことです。

さらに毎年、50ヘクタールある所有畑のすべてを隈なく調査し、土壌に最適な手入れ方法を研究し続けています。

その結果、新たにバルバレスコの畑の一部にシラーを植える試みも行っています。

ブドウの品質を高めることが、ワインの品質を高めるという信念のもと、

常に畑に向き合い丁寧に畑を手入れしています。

醸造に関しても、1999年には老朽化したセラーを、最新の温度管理機能を備えた施設に一新。

発酵用のタンクは、古いコンクリート製のものから、ステンレス製に変更。

これは清潔さとブドウがもつアロマを保つことはもちろんのこと、開口部が大きく

発酵中スキンコンタクトさせておくのにも役立ちます

熟成用の樽は、ピエモンテで続々と導入されていた225リットルの小樽(バリック)を採用するとともに、

従来の10,000リットルサイズのスロベニアンオークの大樽を、より小さい5,000~7,500リットルサイズへ変更しました。

樽の大きさはワインの「樽の風味の強さ」を左右し、小さくなるほど樽の風味が強くなります。

バローロ、バルバレスコは主にこの大樽で熟成されることで、絶妙なバニラの

香りとまろやかなボディをもったワインに仕上がります。

[スタイリッシュでロマンティックなネッビオーロ。]    

ピエモンテの象徴的なブドウであるネッビオーロは、ときに「野獣のようなブドウ」とも言われ、

酸がきつくタンニンが非常に強い、強烈な個性を持った難しいブドウです。

しかしプルノットのワインはいずれも、モダンでスマートなワインに仕上がっています。

嗅いだ瞬間くらっとするようなバラやスミレのアロマと、鮮烈で凛とした美しい酸。

飲む者を手招きするように、オープンな雰囲気、それでいて長命を予感させる分厚い構成。

特にバローロは、「力強さ」を表現した層の厚いワイン。

一方バルバレスコはブルゴーニュに通ずるような「フェミニンさ」を強調して造られています。

ピエモンテとネッビオーロを語る上で、切り離せないバローロとバルバレスコ。

この両者を飲み比べることで、ブドウの奥深さとピエモンテという土地のコントラストを感じることができます。

歴史あるワイナリーに、アンティノリ流の魔法をかけた、スタイリッシュで

ロマンティックなワインを一度、お試しください。   

ENOTECA より。

 

 

アンティノリは、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残すトスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカー!

バルバレスコ[1958]年・秘蔵限定古酒・プルノット家!アンティノリは、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残すトスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカー!!

 

バルバレスコ[1958]年・秘蔵限定古酒・プルノット家

(希少なフレッド・プルノット家の頃)・DOCバルバレスコ・ロットナンバー入り

Barbaresco [1958] PRUNOTTO (Alfredo Prunotto) Vini Tipici delle Langhe

入手困難!

超レアもの!

イタリア高級辛口赤ワイン愛好家大注目!

イタリア・ピエモンテ古酒愛好家大注目!

しかもイタリアワインの女王!

高級バルバレスコのしかも希少な57年熟成!バックヴィンテージ!!

しかも造り手は、ピエモンテで100年以上続く名門ワイナリーで、第一次世界大戦後の

1923年からアルフレッド・プルノット氏によって築かれた名門造り手!!

しかも1956年に勇退した数年後のイタリア古酒ファン垂涎の

アルフレッド・プルノット氏のラベルの頃の貴重ワイン!!

(その後、醸造家ペッペ・コッラ家の手に渡り、1989年からはアンティノリ者の手に!!)

しかもこの1958年はクリスティーズのオークショナーでMWのマイケル・ブロードベント氏が、

1958年代では、“ピエモンテのずば抜けた収穫年”に挙げる2ヴィンテージのひとつ(1958年と1952年)!

世界のワイン誌絶賛!

の造り手による57年熟成!

究極オールドヴィンテージのバルバレスコが限定で極少量入荷!

57周年の記念ボトルに!

1958年(昭和33年)生まれの方へのバースデープレゼントとしてもおすすめです。

バルバレスコ[1958]年 秘蔵限定古酒 プルノット家(希少なフレッド プルノット家の頃) DOCバルバレスコ ロットナンバー入り

ピエモンテで100年以上続く老舗ワイナリー「プルノット」による、イタリア古酒ファン垂涎のアルフレッド・プルノット氏のラベルの頃の貴重ワイン!

マイケル・ブロードベント氏が“ピエモンテのずば抜けた収穫年”に挙げる2ヴィンテージのひとつ[1958]年もの! 

アンティノリは、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残すトスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカーです。

その歴史は1385年、ジョバンニ=ディ・ピエロ・アンティノリがフィレンツェのワインギルドに加盟したことに始まります。

この組合の統合理念は家族経営によるワイン造りと、その価値や伝統を長きに渡って守ること。

アンティノリもまた、創業より家族経営を貫き、26代目現当主ピエロ・アンティノリ侯爵と

3人の愛娘によってファミリーの想いが受け継がれています。

名門と呼ばれるアンティノリの名声を築いた彼らのフラッグシップワイン、「ティニャネロ」と

「ソライア」はイタリアワインの歴史を変えた、スーパータスカンの先駆けとして知られています。

こちらのプルノットはアルプスの山々に囲まれたイタリア屈指のワイン産地、ピエモンテ州アルバに本拠地を置く老舗のワイナリー。

1989年からアンティノリが運営しています。

第一次世界大戦後、運営の苦しかったランゲ・ワイン協同組合(Vini Delle Langhe)を

アルフレッド・プルノット氏が1923年に買い取ったことから、プルノットの歴史は始まります。

アルフレッド・プルノット氏は、経営者としてだけではなく醸造家としても手腕を発揮し、

当時の世界市場でピエモンテのワインと言えばプルノット!と言われたほど。

30年以上に渡りプルノットを守ってきたアルフレッド氏でしたが、1956年に勇退。

友人である醸造家のペッペ・コッラ氏に譲渡しました。

ペッペ・コッラ氏は弟のティノ・コッラ氏の協力を得て、

プルノットの品質を保ちながらアルフレッドの意思を継ぎ、

名前もプルノットのままで運営しました。

そして1989年プルノットはコッラ兄弟から、当時から

販売協力関係にもあったアンティノリ社に引き継がれます。

実際の醸造などは1995年頃までコッラ兄弟が関与していたとのことですが、アンティノリとしても、

買収はしたものの文化や歴史をすぐに変えることなく、アルフレッド氏や

コッラ兄弟の意思を受け継ぎワイン造りを行ってきました。

プルノットは、ランゲ・ワイン協同組合がその元であることからもわかる通り、

設立当初から長らく、農家から買い入れたブドウでワイン造りを行ってきました。

アンティノリが所有者となり、1990年にブッシアの畑を購入。

その後もバルバレスコ地区の畑などを買い増したり、醸造に関してもそれまでよりは小さい

500リットルサイズの樽も使うようになったりと、多大な投資により技術の改革が行われています。

[バルバレスコ1958年]

[バルバレスコ1958年]です!    

イタリア高級辛口赤ワイン愛好家大注目!

イタリア・ピエモンテ古酒愛好家大注目!

しかもイタリアワインの女王!

高級バルバレスコのしかも希少な57年熟成!

バックヴィンテージ!

造り手は、ピエモンテで100年以上続く名門ワイナリーで、第一次世界大戦後の1923年からアルフレッド・プルノット氏によって築かれた名門造り手!

しかも1956年に勇退した数年後のイタリア古酒ファン垂涎のアルフレッド・プルノット氏のラベルの頃の貴重ワイン!

(その後、醸造家ペッペ・コッラ家の手に渡り、1989年からはアンティノリ者の手に!)この

1958年はクリスティーズのオークショナーでMWのマイケル・ブロードベント氏が、1958年代では、

“ピエモンテのずば抜けた収穫年”に挙げる2ヴィンテージのひとつ(1958年と1952年)!

世界のワイン誌絶賛の造り手による57年熟成!

究極オールドヴィンテージのバルバレスコが限定で極少量入荷!

57周年の記念ボトルに!

1958年(昭和33年)生まれの方へのバースデープレゼントとしてもおすすめです。

入手困難!超レアもの!

イタリア高級辛口赤ワイン愛好家大注目!イタリア・ピエモンテ古酒愛好家大注目!

しかもイタリアワインの女王!高級バルバレスコのしかも希少な57年熟成!

バックヴィンテージ!!

しかも造り手は、ピエモンテで100年以上続く名門ワイナリーで、第一次世界大戦後の

1923年からアルフレッド・プルノット氏によって築かれた名門造り手!!

しかも1956年に勇退した数年後のイタリア古酒ファン垂涎の

アルフレッド・プルノット氏のラベルの頃の貴重ワイン!!

(その後、醸造家ペッペ・コッラ家の手に渡り、1989年からはアンティノリ者の手に!!)

しかもこの1958年はクリスティーズのオークショナーでMWのマイケル・ブロードベント氏が、

1958年代では、“ピエモンテのずば抜けた収穫年”に挙げる2ヴィンテージのひとつ(1958年と1952年)!

世界のワイン誌絶賛!の造り手による57年熟成!

究極オールドヴィンテージのバルバレスコが限定で極少量入荷!57周年の記念ボトルに!

1958年(昭和33年)生まれの方へのバースデープレゼントとしてもおすすめです。   

うきうきワイン玉手箱 より。

 

 

このバルベーラ・ダルバのフレーバーはピエモンテの畑のテロワールの輝きを放つそんなフレーバーだ!

このバルベーラ・ダルバのフレーバーはピエモンテの畑のテロワールの輝きを放つそんなフレーバーだ!!試飲評価・★★★★++!

 

「バルベーラ・ダルバ 2019」ピエモンテにおいて初めて「クリュ」の概念を導入し、

さらにバローロの品質を劇的に向上させるきっかけとなった革新的なワインをリリース!

ピエモンテといえばブルノットと言われるほどの知名度を誇る名門ワイナリー!

試飲記録 2021-05-17-19-21

飲み比べ相手は「ミッシェル・ラッシェ・シラー 2018」南仏の

天才醸造家ミッシェル・ガッシェの五つ星に近いうまさのワインとの対決です!

飲み比べ相手は「ミッシェル・ラッシェ・シラー 2018」です!

外観:グラスに注ぎ込んだ時、ワイナリーの人たちの顔が一瞬見えたような気のするほど綺麗な色合いに、驚きました。

それほど色合いが美しいワインで、それだけでこのワインの評価の高さが見て取れました!

ルビーの綺麗な色でした!

アロマ:このピエモンテのバルベラのブドウのアロマはベリー系の良い香りのワインです!

このアロマこそがピエモンテのテロワールの葡萄の良い香りなのです!

そのアロマはエレガントでカシスがかった良い香りです!

ボディ:このワインの飲み応えは名門ワイナリー「ブルノート」の知名度を誇るワインのボディだ!

ピュアで果実味たっぷり、濃厚なボディを見せつけていました!

このワインは家庭料理に合わせやすいそんなボディです!

アタック:口に含んだ時この色合いのフレーバーはクオリティの高いワインだと発散しているかのようなワインでした!

評価は五つ星に近い美味さを放っていて、それがクオリティの高さの証!

これがピエモンテで初めて「クリュ」の概念を導入した実力でしょうか!

ストラクチュア:柔らかでエレガントな酸味と更にタンニンの渋みもエレガントで、エレガント同士でバランスしています!

良いストラクチュアはこのエレガントさにあるのでしょう!

一口評:飲み比べでは「ミッシェル・ラッシェ・シラー 2018」の五つ星に近い

美味さのワインで強敵でしたが、だがこの「バルベーラ・ダルバ」が一枚上か!

流石にバローロの品質を劇的に向上させた実力が示されたワイン!

このバルベーラ・ダルバのフレーバーはピエモンテの畑のテロワールの輝きを放つそんなフレーバーだ!

それはこの名門ワイナリーが誇るワインがピエモンテの空に晴れ晴れと輝くフレーバーにこのワインの評価の高さが現れていた!

バルベーラ・ダルバの知名度の高さが高らかに、アルプスのもとに輝くだけの実力のフレーバーです!

今日の料理は玉ねぎと豚肉のワイン煮でマリアージュは流石に美味かった!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。