ドイツ・ワインの研究!世界の最北端のワイン!ドイツワインは圧倒的に白ワイン!!

Pocket

世界一美しい酸と繊細な芳香を備えるワイン!


ドイツ・ワインの研究!世界の最北端のワイン!ドイツワインは圧倒的に白ワイン!

 

今日は、ドイツワインを詳しく研究します。

[ドイツワインの概要]  

ドイツは、寒冷な気候のために、ブドウの栽培が南部の地方に限られる。

この地はブドウの栽培できる北限とされ、主にフランスに近いライン川やその支流沿いでワインが生産されている。

主なアペラシオン(ベライヒ:13地区)としては、ライン川に面したラインガウやラインヘッセン、

ライン川の支流であるモーゼル川、ザール川、ルーヴァー川の3つの川の流域にまたがるモーゼルがよく知られている。

ブドウの品種は、安価なワインにはミュラー・トゥルガウが用いられるが、

貴腐ワインをはじめとする高級白ワインはほとんどすべてがリースリングである。

ドイツで生産されるワインは、圧倒的に白ワインが多い。

その厳しい気象条件のために、黒葡萄は十分に色付くことができず、

数少ない赤ワインも、気候に恵まれた地域のものと比べると、より色が薄い。

しかし、緯度が高いことを利用して、夏季に穏やかな日照時間を長く取ることによって、

凝縮性が高く、独特な酸味と果実性に富んだワインが造られる。

この酸味の豊かさが、ドイツワインの長命性、殺菌性に貢献していると言われている。

ドイツでは、ワインを飲んで風邪を治療する人もいる。

ブドウ畑は川に面した南向きの斜面に位置していることが多い。

直射日光だけでなく川からの反射光も取り入れられるので日照量を確保できる上、

川から発生する霧で寒さから畑を守れるからである。

ブレマー・カルモント(モーゼル)のように最大傾斜70度近くある畑も存在し、

ブレマー・カルモント(モーゼル)のように最大傾斜70度近くある畑も存在します!

土壌の性質と相俟って、味に張りのあるワインが多い。

また、ドイツワインはドイツ国外においては甘口のイメージが強いが、

それは最大の輸出先であったアメリカが甘口を好んだため、輸出向けのものが甘口主体となったことが原因である。

日本では、第二次世界大戦後、カメラのライカを扱っていた

シュミット商会社長井上鍾(あつむ)が高級ドイツワイン輸入を始めた。

その遺志を受け継いだ古賀守等の尽力により、1985年(この年にオーストリアワインのジエチレングリコール混入事件があり、

ドイツワインの一部にも汚染が及んだ)頃まで、ドイツワインは日本において国別輸入量トップの地位にあった。

[ドイツワインの公的分類]  

以下、ドイツワインの公的分類を格の低いものから順に示す。

ターフェルヴァイン (Tafelwein) – 日常消費用のワインで、ドイツ産のワインを使用しなくとも名乗ることができる。

ドイツ産のものは、「ドイチャー・ターフェルヴァイン」(Deutscher Tafelwein) と呼ばれる。

ラントヴァイン (Landwein) – 1982年に設けられた分類で、「地酒」的な存在である。

クヴァリテーツヴァイン・ベシュティムター・アンバウゲビート (Qualitätswein bestimmter Anbaugebiet、QbA) –

「特定産地で製造された上質ワイン」という意味で、単に「クヴァリテーツヴァイン」(Qualitätswein)とも呼ばれる。

ドイツワインの公的分類では上から2番目の格付けとなる。

このQbAまでは補糖を行うことができる。

プレディカーツヴァイン (Prädikatswein) – 「肩書き付きワイン」という意味。

2007年7月までの旧称は「クヴァリテーツヴァイン・ミット・プレディカート」

(Qualitätswein mit Prädikat、QmP、「肩書き付き上質ワイン」という意味)。

ドイツワインの公的分類では最高位にあたる。

以下の6つの「肩書き」(Prädikat)に細分されるが、

「アイスヴァイン」を除いて原料葡萄果汁の糖度によって分けられ、糖度が高いほど高級とされる。

QmPでは補糖は認められていない。

カビネット (Kabinett) – QmPの中では最も糖度の低い葡萄から作られる。

シュペートレーゼ (Spätlese) – 「遅摘み」の意味で、カビネットよりも原料果汁の糖度が高い。

アウスレーゼ (Auslese) – 「房選り収穫」という意味で、シュペトレーゼよりもさらに糖度の高い果汁で造られる。

 

 

このラベルには何を書いてあるのでしょうか??


ベーレンアウスレーゼ・貴腐ワイン !アイスヴァイン・凍結した状態の果実!!

 

ベーレンアウスレーゼ (Beerenauslese、BA) – 「粒選り収穫」という意味で、稀に貴腐ワインとなる。

甘口なものが多いが、流通量はそれほど多くはない。

トロッケンベーレンアウスレーゼ (Trockenbeerenauslese、TBA) – 名称は「乾いた果粒を厳選して収穫した」という意味であり、

暗に「貴腐化」を指しているが、必ずしも貴腐ワインではない。

多くの葡萄品種は貴腐の影響なくしてこの域の糖度に達することはできないと言われているが、

一部の品種、例えばオルテガ(英語版)などでは、比較的容易に満たすことができる。

アイスヴァイン (Eiswein) – 樹になったまま、自然に凍結した状態の果実から造られる。

ワイン#特殊な製法のワインを参照。

クヴァリテーツヴァイン以上の等級については、

公的検定番号 (Amtliche Prüfungsnummer、略称 A.P.-Nr.)がラベルに明示される。

「ドイツワインは甘口が多く料理に合わない」

というイメージを払拭するために、近年のドイツは辛口ワインの表示に力を入れている。

2000年には上質辛口ワインの品質等級に「クラシック」、

さらに厳しい品質条件をクリアする「セレクション」のカテゴリーが設けられた。

また同じく2000年に、ドイツ高級ワイン生産者連盟(VDP)及びその地区組織が、

以下の高級辛口・甘口ワインの標章を設けた。

グローセス・ゲヴェックス (Großes Gewächs) – 超1級畑認定の高級辛口ワイン。   

エアステス・ゲヴェックス (Erstes Gewächs) – VDPラインガウが1級畑と認定した高級辛口ワイン。   

エーデルズュース・シュピッツェン (Edelsüße Spitzen) – VDPラインガウが1級畑と認定した高級甘口ワイン。    

エアステ・ラーゲ (Erste Lage – 各地域の生産者連盟(VDPモーゼルとVDPラインガウを除く)が認めた1級畑の高級辛口及び甘口ワイン。

なお、リースリングを100パーセント使用したラインガウ地区独自辛口白ワインの名称「カルタヴァイン」があるが、

認定母体のカルタエステート(カルタヴァイン醸造所同盟)が2000年にVDPラインガウに合併されている。

 

 

モーゼルワインの美しい葡萄畑!!


主な産地!アール・モーゼル・ラインガウ・ラインヘッセン・ナーエ・ラインラント・バーデン・フランケン他!!

 

[主な生産地域]

「アール」 主にシュペートブルグンダーを使用し、軽めだが芳香に富む赤を産する。

赤の産地であるが、ドイツのベライヒではザーレ・ウンストルートに次ぐ北方にある。

「モーゼル」 

モーゼル川沿岸やザール川の沿岸の地域。

2007年7月までの旧称は「モーゼル=ザール=ルーヴァー」。

リースリング主体で構成のしっかりしたワインが多い。

有名な畑シャルツホーフベルク(ドイツ語版)などを含む。

「ラインガウ」 ライン川の沿岸の地域でリースリング主体。華やかなワインが多い。

1775年にシュペートレーゼを偶然開発した著名な畑ヨハニスベルクなどを含む。

2山5城と呼ばれるシュロス・ヨハニスベルク(英語版)、シュタインベルガー(英語版)、

シュロス・シェーンボルン(ドイツ語版)、シュロス・ライヒャルツハウゼン(ドイツ語版)、

シュロス・フォルラーツ(英語版)、シュロス・グレーネシュタイン(Schloss Groenesteyn、廃業) 、

シュロス・エルツ(Schloss Eltz、廃業)が有名。

「ラインヘッセン」 

ラインガウの南側の比較的広い地域。

リープフラウミルヒのような廉価品からニーアシュタイン村やオッペンハイム村に代表される高級品まで、

多様なワインを生産している。

地域全体としてはモーゼルや隣のラインガウより格下にみなされることが多い。

「ナーエ」 ラインヘッセンの西に位置する。リースリング主体。

「ラインラント=プファルツ(プファルツ)」 ラインヘッセンよりさらに南の地域。

リースリング主体。

これがドイツのワイン産地!!

「バーデン」 ドイツ南西部、バーデン地方の全域。

多様なワインを産しており、比較的温暖なためドイツ土着品種以外の栽培も多い。

EUのゾーン分類ではドイツで唯一ブルゴーニュやアルザスと同じBゾーンに入っている。

「フランケン」 マイン川上流のヴュルツブルク周辺の広い地域。

主にジルヴァーナ(シルヴァーナー)を使用した辛口ワインを産する。

トロッケンベーレンアウスレーゼ等の高糖度ワインであっても、

フランケンワイン特有の個性は保たれている。

ヴュルツブルクのシュタイン畑などが有名。QbA以上の等級のワインについては、

ボックスボイテルという扁平なビンが主に使われる。

ボックスボイテル瓶は1989年以降EUの保護認定を受け、

フランケン以外での使用はバーデン等の一部国内産地と、ポルトガルに限られる。

2015年からはボックスボイテルPSという改良型のボックスボイテルが導入された。

「ヴュルテンベルク」レンベルガーなどを使用した赤ワインの多い産地である。

シラーヴァイン(ヴュルテンベルク産の赤と白の葡萄を最初から混ぜて造られる:ロートリング)は有名。

「ザクセン」 

ワイン生産地域としては最北端の北緯51.5度にあるドイツ最小のベライヒである。

辛口の白ワインで食事に合うが、長期熟成に向かないものが多い。

主な栽培品種はミュラー・トゥルガウ、トラミナー、ヴァイスブルグンダー、ジルヴァーナ。

「ザーレ・ウンストルート」 

エルベ川の支流、ザーレ川とウンストルート川地域。

主にミュラー・トゥルガウ、ジルヴァーナから辛口の白ワインを生産。

ウンストルート川流域はフランケン中心地帯と土壌の質が似ている。

「ヘッシシェ=ベルクシュトラーセ」

産地名は「ヘッセンの山街道」という意味。

西をライン川、東をオーデン森に挟まれ、小高い丘陵地が続く南北に長い地域。

北はダルムシュタットからハイデルベルクの南のヴィースロッホに至る。

リースリング種の白ワインが多い。

ザクセンに次いで2番目に小さなベライヒである。

「ミッテルライン」 

ライン川がナーエ地区を過ぎたあたりから、

モーゼル川が合流するコブレンツを経てボンの近くまでの約130キロに亘る長いライン川沿いの地域。

途中にはローレライや美しい古城などがあり、

スレート状粘板岩(シーファー)土壌のリースリング等から作られる

フレッシュな酸味を持つ白ワインやスパークリング・ワイン(ゼクト)が多い。    

以上はウイキペディアより。

 

 

繊細な甘口リースリング!


リースリングとは白ワイン用ぶどう品種!アルコール度数が低い!気品や風格に溢れた!繊細な甘口リースリング!

 

[ドイツワインの特徴]   

ドイツワインの最大の特徴はリースリング。リースリングとは白ワイン用ぶどう品種でドイツにおいて最も重要な地位を占めているんです。

ドイツワインと言えば… ・アルコール度数が低い  ・気品や風格に溢れた  ・繊細な甘口リースリング 

が圧倒的なワインのイメージを形成しています。

近年は「甘口白」だけではなく、赤ワイン用品種の作付面積が急速に広くなっており、ワインの特徴も多様化しています。

伝統的な甘口リースリングは適度な甘みと酸味で女子会にぴったりなワインになります。

特にスイーツ女子会など、スイーツに合うデザートワインとして、ドイツワインは大いに活用できます。

[ドイツワインには甘さの分類がある] 

ドイツワインの格付はテーブルワイン、地酒、上質ワイン、最上級ワインの4段階に分かれていて、

最上級ワインのQmPと言われる格付けには、ブドウの熟した度合いによって6等級に分かれています。

ドイツでは古くから甘口ワインが世界で支持されていることもあり、ブドウの糖度が高く、甘口なものほど、上級とされています。

ドイツワインの頂点に立つ極上の甘さがウリの貴腐ワインです。

[ドイツ最高級ワインの甘さ等級]

「トロッケンベーレンアウスレーゼ」 ドイツワインの頂点に立つ極上の甘さがウリの貴腐ワインです。

1番高糖度になります。

貴腐ワインとは極甘口の高アルコールワインで、ボトリティス・シネレアと呼ばれる

貴腐菌が付着したブドウの実の水分が蒸発して、干しブドウ状態になった「腐った」ブドウで作られるワインです。

一番長い名前の等級が一番上級と覚えておきましょう。

「アイスヴァイン」 ブドウの実が凍った状態で収穫するため、アイスの名が付いています。

純度の高い酸味と甘みが特徴です。2番目に高糖度になります。

「ベーレンアウスレーゼ」 熟し切った果実を1粒ずつ収穫し、芳醇なコクがあります。

3番目に高糖度になります。

アウスレーゼ」 ベーレンアウスレーゼよりも熟度は低いですが、十分に熟したブドウで、半甘口~甘口を感じられます。

4番目に高糖度になります。

「シュペトレーゼ」 通常よりも遅く収穫し、甘口~辛口までありますが、味わいはマイルドさを感じることができます。

5番目に高糖度になります。

「カビネット」 塾したブドウから造られて、辛口が多いため、食事中にぴったりのワインです。

最も低糖度になります。

 

 

ドイツワインの産地!!


ドイツの4つのワイン!シュヴァルツェ・カッツ・リープフラウミルヒ・カルタワイン・アスマンホイザー!

 

[ドイツワインの生産地と特徴] 

上記の地図を見ても分かりますが、ドイツの首都ベルリンがこの画像には収まりきらないくらい遥か北にあります。

そうです、ドイツのワインの産地は南に固まっているんです。

というのも、ワイン生産においてドイツはブドウが成熟する「北限」なんです。

厳しい気候条件の中で、地球温暖化の影響もあり、辛口ワインが作りやすい環境になったことが、

甘口に加えて、赤ワイン用品種の作付面積が急速に広くなった要因とも言われています。

それでは、ドイツ内の生産地それぞれのワインの特徴について、お伝えしていきます。

「1、フランケン(FRANKEN)」 フランケンワインは、ボックスボイテルという横に丸みを帯びたウイスキー瓶のようなボトルが特徴です。

ドイツ白ワインを特長付ける代表品種の一つである「シルヴァーナー」というブドウの辛口の白が有名です。

「2、ラインガウ(RHENINGAU)」 小さな地帯ですが、ドイツでも屈指のリースリングの産地です。

「3、モーゼル(MOSEL)」 デボンシーファーと呼ばれるストレートの土壌の急斜面から、

世界で最も洗練されたリースリングワインが生産されます。

「4、バーデン(BADEN)」 ドイツ最南端の産地で、フランスのアルザス地方と川を隔てて、

隣にあります。ピノ・ノワールなどフランスの品種の栽培が盛んです。

「5、ファルツ(PFALZ)」 リースリングが盛んなだけでなく、赤ワインが発展途上で伸びてきていて、

シラーやサンジヴェーゼのブドウなど、ワインが多様化してきている土地になります。

「6、ラインヘッセ(RHEINHESSEN)」 格付けはQbA(最上級の次の上質)で軽い甘口のものが多く

ドイツでは最もポピュラーなワインである「リープフラウミルヒ」を大量生産する産地です。

[最後に:覚えておきたいドイツの4つのワイン] 

これまでドイツワインの特徴についてまとめてきましたが、

最後に覚えておきたいドイツの4つのワインについて簡単にご紹介していきたいと思います。

・シュヴァルツェ・カッツ   ・リープフラウミルヒ      ・カルタワイン     ・アスマンホイザー

さすがドイツ語、なかなか日本人にとっては覚えにくい語呂ですよね。

シュヴァルツェ・カッツはドイツで最もよく知られているワインの1つで、偶然黒猫が載った樽に入っていたワインが美味しく、

そのワインを「シュヴァルツェ・カッツ=黒猫」と名付けました。

「シュヴァルツェ・カッツ=黒猫」と名付けられたワイン!

リープフラウミルヒは、ラインヘッセでも登場したドイツワインのポピュラーワインです。

ワイン名は「聖母の乳」という意味で、軽い甘口のワインになっています。

カルタワインは熟成した締まりのある味わいが特徴のリースリング100%のワインです。

ドイツワイン法の品質基準よりも自ら厳しい基準を設けて、ワインの質とブランドを向上させています。

アスマンホイザーは、「白の甘口=ドイツワイン」を払拭するドイツ国内最高の赤ワインです。

品種がラインガウの畑から獲れたピノ・ノワールを使っていて、

バランスの良い穏やかなボディと、スタイリッシュさを感じられる果実味と酸味が特徴です。

以上、ドイツワインの特徴を分かりやすくまとめてみました。

ドイツのワインに触れる際は、ぜひ、今回の知識を参考にしてみて下さい。        

MELLOW 記事より紹介しました。

 

 

ライン川の支流のモーゼルの葡萄畑は実に美しい!


シュペートブルグンダー=ピノ・ノワールが大きく栽培面積を増やした!!!

 

ドイツの赤ワイン について]   ドイツ Germany

「ブドウ栽培北限の地」と呼ばれているドイツ。

北緯50度付近に位置するドイツは、高緯度なため日照時間が十分とはいえず、決してブドウ栽培にとって恵まれた気候ではありません。

中には、普通の農業に適さないような場所もあり、ブドウが植えられていなければ、ただの森林だったという土地も存在します。

しかしながら、そのような厳しい条件を克服したからこそ、張りのある優雅な極上の白ワインを生み出しています。

ドイツで生産されるワインの約60%が白ワイン。

かつては「ドイツワインと言えば甘口の白」というイメージでしたが、1980年代初頭の

トロッケン(辛口)ワインブーム以来、辛口ワインの生産量も増え、

現在では約65%をトロッケンまたはハルプトロッケン(中辛口)で占めています。

近年ではドイツ産赤ワインの生産量の成長が著しく、最近での大きな変化として取り上げられています。

1980年代初頭ではわずか10%ほどしかなかった赤ワイン用ブドウ品種の栽培比率は、

シュペートブルグンダー(=ピノ・ノワール)を筆頭に大きく栽培面積を伸ばし、

2010年には全体の35%を超え、1世代の間に約3倍を超える変動となりました。

これは歴史あるワイン生産国の中では稀なケースです。

また、甘味と酸味のバランスがとれ、比較的アルコール度数の低いワインが

多く存在していることもドイツワインの特徴の一つです。

フレッシュでフルーティな風味と香り、そして優雅な印象があり、

アルコールに弱い方でも安心して楽しむ事ができます。

優しい甘口やフレッシュな甘口、そして辛口。

バラエティ豊かな味わいが楽しめるのも、ドイツワインの魅力です。    

dragee 記事より紹介。

 

 

ドイツでは赤ワインが増えています!!


わずか10%しか無かった赤ワイン用葡萄の品種!2010年には35%まで増えた!

 

今日はドイツ・ワインについて記述してきました。

私はドイツワインはただ一本の試飲経験しかなく、とても楽しみです。

世界のピノ・ノワールセットを先日購入しましたが、

その中にドイツワインがありますので、それの試飲がこれまた楽しみです。

ピノ・ノワールセットの中ではダントツに高いのがドイツのピノ・ノワールでした。

そこでドイツ赤ワイン6本セットを調べてみましたが、ありました価格は10795円。

葡萄の品種はシュペートブルグンダー=ピノ・ノワール とカベルネ・ソーヴィニヨンとドミナ種で、全部が辛口でした。

ドイツは北緯50度付近に位置していて、

日照時間が十分でなくブドウ栽培には恵まれていません。

したがってドイツで生産されるワインの60%は白ワインです。

1980年代まではわずか10%しかなかった赤ワイン用葡萄品種の栽培比率は、

シュペートブルグンダー=ピノ・ノワール を筆頭に大きく栽培面積を伸ばし、

これがシュペートブルグンダー=ピノ・ノワールです!

2010年には全体の35%を超えたのは、歴史あるワインワイン生産国では稀なケースです!

また、甘味と酸味のバランスがとれ、

比較的アルコール度数の低いワインが多く存在していることもドイツワインの特徴の一つです。

フレッシュでフルーティな風味と香り、そして優雅な印象があり、

アルコールに弱い方でも安心して楽しむ事ができます。

バラエティ豊かな味わいが楽しめるのもドイツワインの魅力です。

ドイツワインはドイツ語ですので、どうしても馴染めない感があります!

慣れるしかないのでしょうか??

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。