トスカーナの葡萄畑に降り注ぐ太陽のエネルギーが、葡萄畑を照らし上げ、名門アンティノリの実力の証!アケーロ2018!!

Pocket

これが名門アンティノリが造る「アケーロ2018」!

トスカーナの葡萄畑に降り注ぐ太陽のエネルギーが、葡萄畑を照らし上げ、名門アンティノリの実力の証!アケーロ2018!!

 

最近新しく購入したワインセットを紹介します。イタリアスター生産者赤ワイン5本セットの中の「アケーロ2018」の試飲紹介!

イタリア全土から選び抜かれた生産者が集い、各生産者自慢の1本が振舞われる夢のようなイタリアワインの祭典、オペラワイン。

2021年度は6月開催予定で、イタリアを代表する偉大な生産者達のワインが競演を果たします。

そこで、今回は先だってエントリーが発表されたトップ生産者が手掛けるワインの中から、エノテカでも選りすぐりのワインを厳選し、セットならではのお得な価格でご用意しました。

元祖スーパータスカンの美学を受け継ぐ気品溢れる赤ワインをはじめ、キャンティ・クラシコの

巨匠が若樹のブドウで仕立てる親しみやすい1本、ピエモンテの老舗ワイナリーが手掛けるピュアな

果実味が魅力のバルベラまで、イタリアワインの魅力を堪能できるラインナップです。

ぜひこちらのセットで、イタリアが誇る偉大な生産者が手掛けるワインをご堪能ください。

  歴史ある産地のシラーを主体に造る上質なワイン。  凝縮感溢れるエレガントな味わいが魅力。

その名は「2018年・アケーロ」

/ ラ・ブラチェスカ(アンティノリ) (イタリア トスカーナ)  通常価格 3,190円(税込)

イタリアの名門アンティノリが手掛けるラ・ブラチェスカは、古代ローマ時代からワイン造りの歴史を持つコルトーナに位置するワイナリー。

こちらは、高品質なシラーの産地でもあるコルトーナ地区のブドウを使用した赤ワインです。 

ブラックベリーやプラムの濃密なアロマに黒コショウのニュアンス。

凝縮した果実味と程よい酸が絶妙に調和しており、エレガントな味わいに仕上がっています。

余韻まで心地良く続くしっかりとしたタンニンも魅力です。 

【ブドウ品種:シラー、メルロ、その他】

エノテカonline より。

 

 

14世紀より続く歴史と伝統。イタリアワインのトップメーカー「アンティノリ」! 


名門、アンティノリが手掛けるパーカーの高評価を獲得する「ブラマソーレ」の弟分!!!

 

[ACHELO   アケーロ]    

名門、アンティノリが手掛けるパーカーの高評価を獲得する「ブラマソーレ」の弟分。

凝縮感のあるエレガントな味わいが魅力の1本。イタリアワインセール!2本以上クーポン利用で20%OFF  3,190円(税抜価格 2,900円)

ラ・ブラチェスカは、古代ローマ時代からワイン造りの歴史を持つコルトーナに位置するワイナリー。

そのコルトーナの高品質なシラーを使った赤ワイン。フランボワーズやプラムの華やかなアロマ、

芳醇な果実味とフレッシュな酸が広がり、エレガントな余韻を愉しめる逸品です。

イタリアのシラーって美味しい!! 伊のシラーを初めて飲みましたがすごくおいしかったです!

香りは濃厚なベリー系。イタリアとシラーのイメージからパワフルかなと思って飲んでみると、意外とエレガント!

確かに芯の強さはありますが、繊細な部分があるかな。しっかりとした果実味に、ハーブとかスパイスの風味が合わさってバランスが良いです。

お肉料理だったら、幅広く合わせられそうです!

生産者:LA BRACCESCA (ANTINORI) ラ・ブラチェスカ (アンティノリ)

生産地:イタリアトスカーナモンタルチーノエリア   

原産地呼称:DOC. CORTONA   

タイプ:ワイン  > 赤ワイン   

品種:シラー その他   

おすすめ料理:ポークソテー、ラム肉、生ハム

[味わい]   

色合いは濃いルビー色。グラスに注ぐとブラックベリーやプラムの濃厚なアロマが広がります。

ジューシーな果実味に黒コショウのスパイシーな風味、そして適度な酸味がエレガントな味わいを引き出しています。

しっかりとしたタンニンが余韻まで楽しませてくれるのも魅力です。

[商品情報]   

ラ・ブラチェスカの魅力は、コルトーナ地区と、モンテプルチャーノ地区の二つの地区の優良な畑を所有していることです。

それぞれのテロワールの個性に合ったブドウ品種から、それを素直に表現したワインを造り出しています。

こちらのワインが造られているコルトーナ地区は、その歴史を古代ローマの時代にまで遡ることができる伝統的なワイン産地。

近くの湖から吹く風の影響で地中海性の気候となっており、

温暖な気候と程良い冷気が素晴らしいバランスを保ち、ブドウが熟す絶好の条件が揃っています。

ラ・ブラチェスカが所有する162haの畑は、海抜280~300mにあり、 粘土層と火山灰による赤土層の複雑な土壌。

コルトーナ地区では、多くの国際品種が造られていますが、とりわけ高品質なシラーが有名。

こちらはそのシラーを使った、パーカーポイントやワインスペクテーターにて高評価を獲得する、「ブラマソーレ」の弟分的ワイン。

アケーロとは、女性とワインを愛した神話の中の神様の名前から名付けられています。

ピュアなラズベリーの凝縮した果実味とフレッシュな酸、余韻にエレガントなタンニンを楽しむことができます。

[生産者について]   

ラ・ブラチェスカ (アンティノリ)    

LA BRACCESCA (ANTINORI)

 

 

ラ・ブラチェスカ=アンティノリ!


イタリアの銘醸地モンテプルチアーノを代表する名門ワイナリー!!

 

[イタリアの銘醸地モンテプルチアーノを代表する名門ワイナリー]     

トスカーナ州の小さな街、モンテプルチアーノから1マイル、ウンブリア州とトスカーナ州の境界に

位置するワイナリー、ラ・ブラチェスカ。ここは古代エトルリア、ローマ、

そして中世ルネッサンス時代の面影を残す歴史ある土地で、古くからワイン造りも盛んなエリアです。

1990年にブラッチ家が所有していた敷地をアンティノリが購入し、新しいワイナリーとしてスタートしました。

ラ・ブラチェスカというワイナリー名は、かつての所有者であったブラッチ家の名前に由来。

刀を持った腕のロゴは、ブラッチ家の権力と、イタリア語の腕(Bracci)の両方の意味が込められています。

紀元前7世紀頃から記録があるこの土地には、その時代の古墳や遺跡が残され、その時代の歴史が学べる博物館なども充実。

この歴史ある土地と、アンティノリの革新的なワイン造りが融合し、実に興味深いワインが生み出されています。

ラ・ブラチェスカの魅力は、何といってもモンテプルチアーノ地区とコルトーナ地区に、タイプの全く異なる2つの優良区画を所有していること。

ひとつはヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノD.O.C.G.として有名であり、伝統的なモンテプルチアーノの中心部のエリア。

もうひとつは国際品種シラーが有名なコルトーナの丘の上のエリアです。

この2つは比較的近い距離にありますが、全く違う魅力を持っており、それぞれの

テロワールに適したブドウ品種から、その土地の個性を素直に表現したワインを造り出しています。

[「イタリアワインの女王」ブルネッロを生み出す銘醸地。]    

モンタルチーノエリアは、モンタルチーノやスカンツァーノを中心としたトスカーナ南部の地域。

サンジョエーゼ・グロッソ100%で長期熟成を経て造られる偉大なワイン、

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノが造られる他、海洋性気候の影響を受けた柔らかい酒質の

モッレリーノ・スカンサーノやモンテクッコ・サンジョヴェーゼが造られています。    

エノテカ  online より。

 

 

私 達には畑のポテンシャルを最大限に引き出し、革 新的でありながら伝 統を守るミッションがある!


私 達には畑のポテンシャルを最大限に引き出し、革 新的でありながら伝 統を守る未開のワイン造りを 発見し続けるというミッションがある!!

 

[ANTINORI  アンティノリ]    

アンティノリは、14 世紀よりイタリアのワイン史に足跡を残す、トスカーナの偉大な名門ワインメーカー です。

その歴史は、1385 年、ジョバンニ=ディ・ピエロ・アンティノリがフィレンツェのワイン醸造 家組合に加盟したことに始まります。

この組合の統合理念は家族経営によるワイン造りと、その価値 や伝統を長きに渡って守ること。

アンティノリもまた、創業より家族経営を貫き、2 6代目現当主ピエロ・ アンティノリ侯爵と

3 人の愛娘アルビエラ、アレグラ、アレッシア(写真)によって、ファミリーの思 いが受け継がれています。

アンティノリは長い伝統の中でクオリティの向上に努め、あくなき挑戦を続けてきました。

「私 達には畑のポテンシャルを最大限に引き出し、革 新的でありながら伝 統を守る未開のワイン造りを 発見し続けるというミッションがある。」

そう語るピエロ・アンティノリ侯爵は、白ブドウをブレンドす るキャンティ・クラシコの造り方に疑問を感じ、サンジョヴェーゼ自体の魅力を引き出す醸造法を追求。

そうして、1971 年にサンジョヴェーゼにカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドしたスーパータスカンで ある「ティニャネロ」が誕生しました。

その 7 年後の 1978 年には、ティニャネロ・エステートの中で 最も日当たりのよい区画のカベルネ・ソーヴィニヨンをメインに使 用する「ソライア」をリリース。

ア ンティノリの名声を築いたこの2つのワインは、イタリアワインの歴史を変えたスーパータスカンの先 駆けとして知られています。

アンティノリは現在、ボルゲリのグアド・アル・タッソをはじめ、モンタルチーノの

ピアン・デッレ・ヴィー ニェ、モンテプルチアーノのラ・ブラチェスカなどトスカーナに数多くのエステートを所有しています。

さらにウンブリアのカステッロ・デラ・サラ、ピエモンテのプルノット、

ロンバルディアのモンテニーザ、 プーリアのトルマレスカなど、イタリア各地で上質なワインを生みだしています。

イ タ リ ア 最 大 規 模 の ラ イ ン ナ ッ プ を 誇 る ア ン テ ィ ノ リ 。

ま さ に イ タ リ ア ワ イ ン の 伝 統 と 歴 史 を 牽 引 し て きた、トップワインメーカーの 1 つです。    

ENOTECA より。

 

 

初め樽香、そしてなめらかさと甘さが際立つ!美味しかったと思います!

初め樽香、そしてなめらかさと甘さが際立つ!美味しかったと思います。黒系果実とほどよいタンニン!オーク樽爆弾でしたね!

 

初め樽香、そしてなめらかさと甘さが際立つ、2日目にもう少し期待

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2018)  価格:3,031円(ボトル / ショップ)

始めは土っぽい香りやすみれのような香り。

段々とプラムなどの果実や胡椒などのスパイスの香りも。

果実味が豊富で、フレッシュな酸味とのバランスがよく、少しスパイシーで美味しがった。

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2018)

口当たりが爽やかでスッキリとした味覚ながらタンニンもしっかり感じられ、ローストビーフなど繊細な肉料理に抜群の相性!

ラ・ブラチェスカ アケーロ

美味しかったと思います。黒系果実とほどよいタンニン。

バレルも香りすぎず、スミレのような香りも。 僕的にはありだなと思ったんですが、

友達はイマイチだったようです笑 エノテカさんのブラックフライデーで購入したものたちなのでバンバン開けまくってしまった…

ただ、2日目以降はオーク樽爆弾でしたね。もちろん黒果実も感じますが、

僕はそういうバレルを押し付けてくるような味わいの赤はあまり好きじゃないんです。

ラ・ブラチェスカ アケーロ

ややスパイシー

ラ・ブラチェスカ アケーロ 2018

価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

濃厚でベリーやスパイスのニュアンス。

ややパンチは強めで焼き肉、ステーキのようなガッツリ肉料理に合います。 タンニンも適度で余韻も十分。

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2018)

アンティノリ、ラ ブラチェスカが手がけるイタリアのシラー。

基本的にフルーティですが、スパイシーな余韻を感じるワインでした

ラ・ブラチェスカ アケーロ

う~ん! 力強すぎず、スゴく優しいシラーだ!

さすがの、アンティノリ いいね\(^^)/

ラ・ブラチェスカ アケーロ

飲みやすい。コクあり

ラ・ブラチェスカ アケーロ 2017

すみれの花のようでいい!

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2017)

ラ・ブラチェスカを何本か買ってみた。

シラー100%のアケーロ。少し弱い。

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2017)

ヘビーで濃い紫色苺ジャム香フィレンツェ2017

ラ・ブラチェスカ アケーロ (2015)

まあまあ飲みやすい

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2015)

イタリア、トスカーナのラ・ブラチェスカのアケーロ シラー100% エノテカのよりどり5本、

10000円の1本 飲みやすいシラー 前にも飲んでるなぁ (/◎\)ゴクゴクッ・・・

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2016)

エノテカで購入した、エレガントなイタリアのシラー。

ラ・ブラチェスカ アケーロ

家飲み。

アケーロ ラ・ブラチェスカ コルトーナ シラー 2016 ワインとは関係無いですが、

前の日曜日はコルビジェのピュリズムの時代を見てきました。

建築や家具しかあまり見たことがなかったので、絵画はちょっと新鮮でした(^^)

ワインはエノテカのお正月のイタリア福袋から出てきたこちら。

イタリアのシラーって初めてかも。

紫ががった濃いめの色合い。 ラズベリーやクランベリー、プルーン、カカオ、焼き芋、黒胡椒などのスパイスの香り。

熟れたベリー系や煮詰めた果実味。 樽もかかって干し芋のような甘やかなニュアンスがあります。

とてもタンニンが滑らかでエレガント。 アフターはスパイシーな余韻が比較的長く感じられます。

これ、結構好みでした。

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2016)

シラーのスパイシー感はありますが、思ったほどの強さではなく比較的飲み易かったです。

好み的にはもう少し滑らかさが欲しかった気がします(^ ^)

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2015)  価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

ブラマソーレの弟分。凝縮感のある味わい。

ラ・ブラチェスカ アケーロ

若いけど深みがある

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2016)

おいしくて、一気に一本飲んでしまった(笑)

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2016)

2016なので、まだ若いかなぁ、と思ったけど、なかなかイケる シラーだから

最初からうまいかなと思ったけど、時間かけて飲みたい深さを感じますよ

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2016)

アケーロ2018 ダ・ブラチェスカ コルトーナDOC ダ・ブラチェスカはウンブリア州とトスカーナ州の

境界にあり、モンテプルチアーノ地区とコルトーナ地区に畑を持っているワイナリー。

アンティノリが古くからあったワイナリーを購入して葡萄をすべて植え替え、新しいワイナリーとしたそう。

そして、ワイナリーのあるコルトーナ地区は高品質なシラーが有名だそうです。

アケーロは女性とお酒を愛した神の名。イタリアっぽいですね。 濃い紫色の外観。フレッシュな赤いベリーの香り。

シナモンやローストアーモンドなどのナッツ香が感じられます。

スパイシーで、タンニンもしっかりある中、時折赤い果実味が軽快に顔をのぞかせ、とても楽しく好ましいワインです。

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2015)

イタリアのシラー。初めてです。

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2015)

なめらかなタンニン。

ボリュームはパワフル過ぎず上品でおいしい

♥️イタリアのワイン、やっぱり好きだなぁ。

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2015)  価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

イタリアのシラー初めて飲んだ イタリアでシラーのイメージがなかった

シラー100%で濃いルビー色 果実味たっぷりでスパイシーなシラー 飲みやすい

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2015)  価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

イタリアのシラー

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2013)

久しぶりに、私の好きなシラー こってりした樽の渋みと、ほのかな甘み。 後味がタンニンたっぷりの渋みで残る。

やっぱり、私はシラーが好きなんだなぁ~と再確認(笑)

涼しくなると、こんなワインが飲みたくなる。

今日は、冬瓜と手羽の煮物。

さらっとつまみながら、赤ワインをちびちび飲むのが好き(ˊᵕ͙ᴗᵕ͙ˋ)ˈ·˚*

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2014)  価格:3,000円(ボトル / ショップ)

これは果実の凝縮感がはっきりしていて、まさにイタリアらしいザ・シラー!

といった感じです。 ベリーの香りがぎゅぎゅっと詰まっていて、果実がとても素晴らしい。

果実感のゲージをフルーティー寄りに振っていますが、これは軽やかなという意味ではありません。

スパイシーな面も寧ろしっかりと受け取れます。

ベリー系後から次々と顔を見せるちょっとだけヤンチャな香りが更に期待を上げさせてくれる仕上がりです。

これは今美味しいオススメのワインです。 それにしてもこのアプリ、かなり使いづらく仕様変更されてしまいました。

特に画像をフォルダから選ぶと、思う様にいかず勝手にトリミングされてしまいます。 別のアプリ探そうかなぁ……

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2013)

まとめてUPo(^-^)o

ラ・ブラチェスカ アケーロ(2013)        

Vinca より。

 

 

規定にとらわれず、高品質のワインを作ろうと、生まれたワインがサッシカイア!

「スーパータスカン」の先駆者、名門アンティノリ!規定にとらわれず、高品質のワインを作ろうと、生まれたワインがサッシカイア!

 

[「スーパータスカン」の先駆者、名門アンティノリのスタイリッシュなワイナリーへ]    

「スーパータスカン」の先駆者、アンティノリとは?」    

イタリアワインの実力を世界に知らしめる「スーパータスカン」。

豊かな大自然の中に佇むスタイリッシュなワイナリー、最高峰の赤ワインを生み出す

名門Marchesi Antinori(マルケージ・アンティノリ)を訪れました。

イタリアワインの名門マルケージ・アンティノリは、ワイン好きならお馴染み

「スーパータスカン」の代表格でもあるティニャネロやソライヤを生産する偉大な生産者。

1385年より長い歴史をもち、イタリア国内に10以上、アメリカのナパバレーにもワイナリーを所有する大規模なワイナリーです。

今回は伝統的なキャンティ・クラシコが生産される地域のワイナリー兼オフィスへ訪れました。

「総工費100億円にも及ぶモダンなワイナリー建築デザイン」    

ワインだけでなく注目したいのは、総工費100億円以上と言われるモダンなワイナリーの建築デザイン。

、総工費100億円以上と言われるモダンなワイナリーの建築デザイン!

入り口に到着すると美しい螺旋階段が迎えてくれます。

ワインの木樽やコルクを再利用するなど、環境に配慮した近代的なデザインは

フィレンツェ出身の若手建築家、カザ・モンティ氏により設計されました。

受付を済ませ、シアタールームでアンティノリの紹介ビデオを視聴した後はワインの製造過程の紹介へ。

専門知識と経験を持つマスターソムリエによる案内の元、ワイナリーの歴史やワインの醸造、熟成など丁寧な説明を受けます。

セラーの中は熟成樽が並ぶ広大なスペースが広がります。

ガラス張りのテイスティングルームからは、近代的なセラーを見下ろすことができます。

ガラス張りのテイスティングルームからは、近代的なセラーを見下ろすことができます!

「アンティノリとイタリアワインの歴史」    

歴史は18世紀に遡り、フィロキセラという害虫の影響でぶどうの苗がほぼ全滅し低迷していたイタリアワイン。

1970年代から最先端の醸造技術を導入して世界に通用する高品質なワイン造りを目指す

「イタリアワイン・ルネサンス」と呼ばれる革命が起き、イタリアワインの品質が目まぐるしく向上しました。

規定にとらわれず、高品質のワインを作ろうと、生まれたワインがサッシカイア。

のちに「スーパータスカン」と呼ばれるようになり、アンティノリにより作られたティニャネロや、

ソライヤもスーパータスカンの先駆けとして世界へイタリアワインの実力を知らしめました。

これが広大なワインセラー!

「スーパータスカンのお味は…」    

広大なセラーの中の説明を受けた後はガラス張りの試飲室でテイスティング。

白、赤、そしてスーパータスカン「ティニャネッロ」を含む6種類を試飲します。

トスカーナの土着品種であるサンジョベーゼ以外にも国際品種とのブレンドも含め、様々な種類の違いを楽しむことができます。

見学したセラーで生産されるキャンティクラシコの赤ワインに続き、いよいよスーパータスカン「ティニャネロ」を試飲。

熟した赤い果実や甘いスパイスなど複雑性があり心地よい香りがふわっと香り、口の中には上品な後味が残ります。

「ワイナリー併設のレストランでトスカーナの郷土料理を堪能」    

テイスティングの後はワイナリーに併設されているレストランでワインとのペアリングランチを頂きます。

新鮮な地元の食材を使ったトスカーナの郷土料理に合わせて出されるワインはお互いの味を引き立てます。

最後に貴腐ワインと呼ばれる甘口ワインに合わせた濃厚なジェラートで食事が終了。

世界中のワイン好きを虜にするイタリアワイン「スーパータスカン」を求めて優雅なワインテイスティングの旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

「WRITER PROFILE」    

マリーニ あゆみ Ayumi Marini    

この方が「マリーニ あゆみ」さんです!

イタリアソムリエ協会認定ソムリエ。

客室乗務員として勤務後、ミスユニバースファイナリストに選出されたのを機にモデル、語学留学など経験。

結婚後イタリアへ拠点を移し、ワインの宝庫ピエモンテでワインと出会う。

旅とワインのブログではイタリアワインや旅の様子を発信中。https://asmwine.com/    

ITLIANITY より。

 

 

「スーパータスカン」の代表格でもあるティニャネロやソライヤを生産する偉大な生産者!!

 

[イタリアの名門「アンティノリ」とはなに?]      

イタリアワインの名門マルケージ・アンティノリは、ワイン好きならお馴染み

「スーパータスカン」の代表格でもあるティニャネロやソライヤを生産する偉大な生産者。

1385年より長い歴史をもち、イタリア国内に10以上、アメリカのナパバレーにもワイナリーを所有する大規模なワイナリーです。 

イタリアワインの名門アンティノリ。その歴史は1385年、

ジョバンニ=ディ・ピエロ・アンティノリ氏がフィレンツェのワインギルドに加盟したことから始まります。

1970年代にはスーパータスカン「ティニャネロ」、「ソライア」を生み出し、その実力を世界に知らしめました。

現在はトスカーナ、ウンブリア、ピエモンテなどイタリア全土に10以上のワイナリーを所有し、

「土地とのつながりに感謝する」という理念のもと、テロワールと歴史を反映した多彩なワインを造り出しています。

イタリアワインの伝統と歴史を牽引してきた、まさにイタリアのトップワインメーカーです。

 

 


トスカーナの葡萄畑に降り注ぐ太陽のエネルギーが充満し、葡萄畑をこれ以上ないほどに照らし上げ、名門アンティノリの実力の証!

トスカーナの葡萄畑に降り注ぐ太陽のエネルギーが充満し、葡萄畑をこれ以上ないほどに照らし上げ、名門アンティノリの実力の証!!試飲評価・★★★★++!

 

「アケーロ2018」歴史ある産地のシラーを主体に造る上質なワイン。  

凝縮感溢れるエレガントな味わいが魅力。

イタリアの名門アンティノリが手掛けるラ・ブラチェスカは、古代ローマ時代からワイン造りの

歴史を持つコルトーナに位置するワイナリー。

こちらは、高品質なシラーの産地でもあるコルトーナ地区のブドウを使用した赤ワインです。 

試飲記録    2021-05-01-03-05

飲み比べ相手「カンティーナ・ラヴィス・トラディション・カベルネ 2019」イタリア・トレンティーノ・アルト・アルジェのカベルネSのブレンドワイン!

これが飲み比べ対決した「カンティーナ・ラヴィス・トラディション・カベルネ 2019」!

外観:このアケーロはとにかく素晴らしい色合いでした!

そうですそれはスーパータスカンの先駆者のワインだから当然と言えば当然ですが、その色合いを見て、このワインの評価がここに凝縮されているのでした!

それはルビーレッドの素晴らしい色合いでした!

アロマ:このワインのコルク栓を抜いた時に立ち上るアロマはベリー系の良いアロマで、すぐにも味わいたいようなアロマでした!

イタリアモンタルチーノエリアからのテロワールのシラーのブドウのアロマを高々と放っていた!

良いアロマで、いいワインです!

そしてとてもエレガントなアロマでした!

ボディ:飲み応えは凄くしっかりしたボディで、アケーロのシラーが作り出したボディです!

これをフルボディと言わないで、どれがフルボディでしょうか!!

アタック:口に含んだ瞬間、驚かされたね、さすがスーパータスカンの先駆けだけのフレーバーが、エレガントに包み込まれた美味さの中に現れていました!

このワインの評価は実に素晴らしいものがあってほぼ五つ星に近い高評価です!

これもスーパータスカンの先駆けが熟成させたからです! 

今日のところその評価は四つ星++に止めておきます!

だがデキャンタ効果で、3日目5日目はもっと美味くなっています!

ストラクチュア:口に含んでいるとエレガントな酸味とタンニンの渋みが、口の中で騒ぎ出し、暴れ出し、そのストラクチュアの高さを叫んでいた!

このアケーロのワインの素晴らしさでありストラクチュアの素晴らしさでもあるのです!

一口評:飲み比べでは「カンティーナ・ラヴィス・トラディション・カベルネ 2019」との対決でしたが、こちらのアケーロが断然美味かった!

このアケーロのフレーバーはあのサッシカイアもびっくり仰天のフレーバーでしょう!

このトスカーナのシラーのブレンドワインはエレガントであり、クオリティの高さであり、いいワインに仕上がっている証!!

それはトスカーナの葡萄畑に降り注ぐ太陽のエネルギーが充満していて、

葡萄畑をこれ以上ないほどに照らし上げていて、名門アンティノリの実力の現れそのものです!

このワインに合わせた今宵の料理は「トウモロコシと枝豆のかき揚げ」によくマリアージュしていて、作ってくれた妻に感謝感謝です!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。