テントでプライバシーや安眠!避難生活、キャンプ用品が役立つ!日頃からキャンプに慣れておき、更に楽しむことだ大事です!!

Pocket

災害時はキャンプ用品が役立つと話す牛島義之さん!


テントでプライバシーや安眠!避難生活、キャンプ用品が役立つ!日頃からキャンプに慣れておき、更に楽しむことだ大事です!!

 

今日ンプで使う道具には、

災害時に使えるものが多い。

特に避難生活で役立つのがテントだ。

避難所や車中泊以外に、

テント生活という選択肢があることを知って、

災害に備えておこう。

 

 

防災グッズになるキャンプ用品選び3ヶ条!

防災グッズになるキャンプ用品選び3ヶ条!楽しみながら道具に慣れる!

 

1・テントは立てやすさで! 

キャンプに不慣れなら、折り畳み傘のように立てられる「ワンタッチ式」や

空気を入れるだけで設営できる「エアーてんと」など立てやすいテントを選ぼう!

2・寝袋は気温を意識! 寝袋には「快適温度」「適正温度」という、

快適に寝られる温度の目安が明記されているものが多い。

自分が住む最低気温を知って快眠できる寝袋を!

3・LEDランタンを選ぶ! 

火を使わないLEDランタンなら、テント内でも安心して使える。

スマホなどの充電ができるモバイルバッテリー機能付きのモデルならお便利!

楽しみながら道具に慣れる!!

テントで寝たことがない人は「地面に寝るなんて絶対イヤ!」という人もいる。

けれど一度キャンプをすれば、車よりテントの方が快適なこともわかるし、

野外で寝泊りすることが、さほど不快ではないということもわかるはず。

だからキャンプ用品を防災グッズとして準備しておくだけでなく、

日頃からキャンプを楽しんで、グッズに慣れておくことをおすすめしたい。

そうすれば、いざというときに迷わずグッズを使えるし、野外での生活に慣れておくこともできる。

 

 

車と連結できるテント!


地震や洪水などの災害発生後、身の安全が確保できてからライフラインが復旧するまでに行われる「2次避難」!考えて欲しいのは「テント生活」という選択肢!

 

地震や洪水などの災害発生後、身の安全が確保できてから

ライフラインが復旧するまでに行われる「2次避難」。

学校や公民館などの避難所に身を寄せる選択肢もあるが、

他人との共同生活や、プライバシーは確保できないなどの理由で、ストレスを感じてしまうこともある。

車での寝泊りも考えられるが、車中泊テクニックを知らないと、車内はただの意心地が悪い空間になってしまう。

背もたれを倒した仮眠ばかりでは、エコノミークラス症候群さえ引き起こしかねない。

避難を快適にするつもりが、逆に病気になってしまうこともあるのだ。

考えて欲しいのは「テント生活」という選択肢だ。

プライバシーを確保できるので、横になりたいときや授乳したいときでも、周囲の目を気にしなくてすむ。

自宅で介護をしている家族がいたり、ペットがいたりしても、一緒に生活できる。

薄い布一枚のテントより、クション性のあるシートや窓ガラスがある車の方が快適だと思っている人は多い。

しかし車は宿泊を前提に設計されていないので外気の影響を受けやすく、意外とぐっすり寝られない。

エンジンをかけ、エアコンをつけて寝ればいいと考える人もいるそうだが、

エンジン音はうるさいし、排ガスで周囲にも迷惑をかける。

テントはその点、宿泊のために作られた道具なので快適に眠れる。

ただし、テントだけあれば快眠できるというわけではない。

テント内で快適に眠るためには、マットと寝袋が必要になる。

テントのフロア全面に敷く「テントマット」は、地面からの湿気の侵入を防ぎ、

一人に一つ必要な「パーソナルマット」は、地面の凸凹の影響を和らげ、地面からの冷却を遮断する。

そしてその上に、布団代わりとなる「寝袋」を敷くことで快適に寝られる。

特に冬場は、寝袋がないと寒くて寝られないので、できれば冬用の寝袋を準備しておきたい。

このようにテントを活用した避難生活のメリットは大きいが、デメリットもあることを覚えておきたい。

例えば食料や日用品の配給。自治体によって配給は、、避難所で生活している人を優先するところも多い。

テントに避難している場合、配給を受けられないケースもある。

そんな時に備えて、食料の備蓄もしておきたい。

食料の備蓄は最低3日分、できれば1週間分の準備があるといいとされている。

水は一人一日1リットル、調理を含めると3リットルの水が必要だ。

キャンプ用品と合わせて、インスタント食品や

レトルト食品、缶詰などを家族分ストックしておくといいだろう。

備蓄している食料を調理するためには「バーナー」が必要となる。

レトルトのカレーやごはんを湯煎できるくらいの「クッカー」と

一緒に準備しておけば、温かい食事を取ることができる。

とくに冬場は暖かい食事をとると、気持ちを穏やかにしてくれるものだ。

ただしテント内は火気厳禁。

一酸化炭素中毒や火災の原因になるので、決して使わないようにしたい。

 

 

テント生活には、もう一つデメリットがある。それは環境に大きく左右されるということ!

テント生活には、もう一つデメリットがある。それは環境に大きく左右されるということ!!

 

テント生活には、もう一つデメリットがある。

それは環境に大きく左右されるということ。

夏はテント内が高温になり、中に居続けることが難しい。

また雨が降り、地面に水がたまってしまうと浸水の恐れもある。

それを解消するためには、テントを張る場所を選ぶこと。

夏場はできるだけ木陰を選んでテントを立てる。

樹木の蒸散作用によって周辺の気温が下がるので、建物の影などに比べると格段に涼しい。

また雨による浸水を避けるには、水溜りができそうな場所に

テントを張るのを避ければ、雨が降ったぐらいで浸水することはない。

テントの他に備えておきたいキャンプ用品には、

水の配給を受けるときに便利な「ウオータータンク」、

電源確保用の「ポータブル電源」、

両手をふさぐことなく照らせる「ヘッドランプ」などがある

防災グッズとして一度に揃えるのは大変なので、アウトドアーレジャーを楽しみつつ、少しずつそろえよう。  

アウトドアーライター  牛島義之 日経新聞。

 

 

私が北海道一人旅て使った「ワンタッチテント」!


キャンプは楽しいものです、日頃からのそ楽しさを知っていれば、災害時に大変役に立つし快適に過ごせるので、キャンプを楽しんでおきましょう!!

 

今日のまとめ。

今日ンプで使う道具には、災害時に使えるものが多い。

特に避難生活で役立つのがテントだ。

避難所や車中泊以外に、テント生活という選択肢があることを知って、災害に備えておこう。 

防災グッズになるキャンプ用品選び3ヶ条!楽しみながら道具に慣れる! 

地震や洪水などの災害発生後、身の安全が確保できてからライフラインが復旧するまでに行われる「2次避難」!考えて欲しいのは「テント生活」という選択肢! 

テント生活には、もう一つデメリットがある。それは環境に大きく左右されるということ!

今日は避難生活で役立つ、キャンプ用品について記述してきました! 

私は北海道一人旅で、キャンプの楽しさを、キャンプサイトの選び方や、飯盒飯の美味しさを存分に楽しんできましたので! 

今日のこの記事には大変役立つと思っています! 

キャンプは楽しいものです、日頃からのそ楽しさを知っていれば、

災害時に大変役に立つし快適に過ごせるので、キャンプを楽しんでおきましょう!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。