チリのアタカマ砂漠!砂漠に奇跡が起こる瞬間が・辺り一面を—–!世界で一番乾いた場所!

Pocket

チリのアタカマ砂漠!砂漠に奇跡が起こる瞬間が・辺り一面を—–!世界で一番乾いた場所!

 

今日は世界で一番乾いた場所「アタカマ砂漠」を紹介します。この乾いた大地でアルパカの群れが生活している!!100年前は鉱山で賑わった!年間の降雨量はなんと10mm以下で、こんなに乾ききった大地に、アルパカの群れがいる不思議!!

過酷なアタカマ砂漠にアルパカの群れが生息しています!

アタカマ砂漠は、チリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠である。全体の平均標高は約2,000mにも達し、その過酷さからアタカマ砂漠への道は「死への道」と恐れられた。砂漠内にはオアシスがあり、東西交易の拠点としてアンデス山脈と沿岸を結んでいる。世界で最も降水量の少ない地域として知られる。 ウィキペディア

東西の幅は平均160kmに満たない一方、南北の広がりは1000kmあり長大な盆地状をなす。アンデス山脈と海岸の山地によって湿った空気が遮断されているため世界でも最も乾燥した砂漠であり、40年間まったく雨が降らなかった地域もある。

不毛で岩塩や石灰の堆積層で覆われている所が多く、銅・銀・ニッケル・リチウムなどの鉱物資源に富んでいる。天然の硝酸ナトリウム(チリ硝石)の産出は世界最大であり、1940年代初期まで大規模に採掘されていた。

また、世界最大のリチウム産地である。代表的な寒流であるペルー海流が作る西岸砂漠の一つである。約5000もの地上絵がある。この地上絵はナスカのような巨大な地上絵ではなく、また斜面に描かれている。

アンデス山脈に近い地域では、山頂の雪解け水によって地下水脈が形成され、標高の低い地域では、それが地上に湧き出してオアシスが形成される。このオアシスには集落が形成されて、アタカマ砂漠を横断する交通及び商業の要衝となっている。

アンデスの雪解け水が地下水脈となってオアシスを作る!

過去に栄えたインカ帝国でもこのオアシス間の交通を重視しており、ペルーのインカ道とならびアタカマ道と呼ばれる。

オアシス間を結ぶ道路はアタカマ道に沿って国道が整備されており、舗装されている箇所とされていない箇所がある。

オアシスの恩恵を受けられない場所ではロア川(en)を水源にしているが、近年の地球環境の変化や、上流部で鉱山開発や都市化のために取水量が激増した影響で下流部の水不足が深刻化している。

アタカマ砂漠における主要な生産活動は鉱産資源の採掘である。銀の産出は19世紀後半には世界産出量の7分の1に達していたが、現在ではその比重は小さい。

チリの輸出総額の約35%(2003)を占める銅は、チリ中部とともにアタカマ砂漠地方で産出され、主要鉱山としてはチュキカマタ、エル・サルバドルがある。

とくに前者は世界最大級の露天掘り銅山である。雨のない気候下で各種の可溶性塩分が析出し堆積(たいせき)物を固結して生成されたチリ硝石は、アタカマ砂漠の各所で採掘され、窒素肥料および火薬原料として大量に輸出されてきた。

しかし空中窒素固定法の開発により、1920年をピークにその重要性は低下した。

硝石の副産物であるヨードに関しては、現在でも世界需要の半分近くをここで賄っている。アタカマ砂漠最北部のタラパカ地方はかつてペルーに、その南のアントファガスタ地方はボリビアに属していたが、硝石をめぐって発生した太平洋戦争(硝石戦争)の結果、1883年以降チリの領土となった。[松本栄次]

アタカマ砂漠(Atacama Desert)は、チリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠で、世界で最も乾燥した砂漠として知られている。その乾燥から晴天率が非常に高いため、世界の天文台が集中しています。

南北の長さは1,000kmあり、アンデス山脈と海沿いの山脈に挟まれているため、アンデス山脈で湿った空気が遮断されるため乾燥した砂漠帯となっています。

アンデス山脈の活火山帯と接しており、アタカマ富士とも呼ばれるリカンカブール(5,916m)を始め、多くの5,000m峰がいくつも連なり、荒涼とした景観を臨むことが出来ます。

日中は灼熱の太陽が照りつけ、気温が上がりますが、夜は氷点下まで気温が下がります。

アタカマ砂漠でも中・南部に位置するコピアポやラセレナの街周辺では、6月に40mm以上の降雨があった場合のみ、砂漠にワイルドフラワーが咲き乱れ、その規模は世界3大ワイルドフラワーに数えられている。

砂漠にこのように花が咲くなんて信じられません!

他の2大ワイルドフラワーは、固有種のナマクアランド・デイジーで辺り一面がオレンジ色の花畑になる「南アフリカのナマクアランド」、リースフラワーやストロマトライトなど様々な種類が咲き乱れる「西オーストラリアのパース」となっています。

 

砂漠に一瞬だけ現れる奇跡の絶景!!

月の谷の絶景!アタカマ塩湖のフラミンゴ!ワイルドフラワーの奇跡・砂漠一面に咲き乱れる!

 

アタカマ砂漠には、コロッセオのような断崖絶壁のある「月の谷」や、フラミンゴが羽を休めている「アタカマ塩湖」や、砂漠一面に咲き乱れる「ワイルドフラワー」の奇跡が見られます。

[月の谷]アタカマ砂漠で最も変化に富んだ景色になっているのが「月の谷」です。砂漠の中に、突然現れるコロッセオのような断崖絶壁。壁のようにそびえる砂丘。ミネラルが噴出して雪が降ったかのようにあたり一面の銀世界、岩のように見える塩の結晶など多彩な風景を楽しめます。

アタカマ砂漠で最も変化に富んだ景色になっているのがこの「月の谷」!!

ビューポイントからの眺めは、波打った大海原を連想させます。ここでは、壮大なスケールの砂漠を体験することができます。

[アタカマ塩湖]世界で3番目に大きいアタカマ塩湖はサンペドロアタカマエリアのシンボルとなっています。塩湖のほぼ中心に位置するラグーナチャクサ周辺では、フラミンゴたちが羽を休めている様子が観察できます。この壮大な塩湖に沈む夕日は心が洗われるほど美しい景色です。


世界で3番目に大きいアタカマ塩湖、塩湖に沈む夕陽は絶景!

[ワイルドフラワー]チリの砂漠に奇跡が起きる瞬間があることをご存知ですか。ほとんど降水量のないアタカマ砂漠ですが、年に数日だけ降る雨が「砂漠に奇跡」を起こしてくれます。それは、砂漠一面にワイルドフラワーが咲き乱れる光景のことです。

砂漠だから大したことはないと思われがちですが、その規模は世界3大ワイルドフラワーの一つに数えられるほどのものです。あたり一面を埋め尽くす、ピンクやムラサキの花々などその光景は必見です。また、時期についても9月、10月限定のもので、「幻のワイルドフラワー」とも称されています。

アタカマ砂漠に一瞬、このように花々が咲き乱れる!!

※ワイルドフラワーの開花は自然現象の為、充分にご覧いただけない場合もございます。予めご了承ください。

今日はチリにある世界で一番乾いた場所の「アタカマ砂漠」を紹介しました。年間降水量が10mm以下なのに、何故かアルパカの群が生息。ここで最も変化に富んでいるのが「月の谷」で、コロッセオのような断崖絶壁!又、この砂漠に奇跡が起きる瞬間があります。

砂漠一面にワイルドフラワーが咲き乱れる瞬間があります。あたり一面を埋め尽くす、ピンクや紫の花々はまさに「幻のワイルドフラワー」とも称されていて、何故なのか不思議でならない!!それがアタカマ砂漠!!この魅力に満ちたアタカマ砂漠から目が離せません!!この目で一度見てみたいものです!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。