セッチ・ヴァレ・ティント・ドウロ !有名コンクールでメダル多数獲得の実力者!!!

Pocket

このワインは有名コンクールでメダル多数獲得の実力者!


セッチ・ヴァレ・ティント・ドウロ !有名コンクールでメダル多数獲得の実力者!!!

 

豪華フルボディ赤6本セット!

セッチ・ヴァレ・ティント・ドウロ 2015!

ポルトガル・ドウロ!

葡萄の品種:トウリガナショナル、トウリガフランカ、ソウサンetc.。

 

その名は 「セッチ・ヴァレ・ティント・ドウロ 2015」

(キンタ・デ・ポライス) ポルトガル・ドウロ

ドウロ河沿いのマラン山とモンテムロ山脈に囲まれた、ユネスコの 世界遺産に登録された地区にある秀逸蔵。

有名コンクールでメダル多数獲得、アメリカ有名ワイン評価誌「ワインスペクテーター」などにも掲載されています。

「セッチ ヴァレ ティント ドウロ」は、フランス産オーク樽で9ヶ月熟成した本格派!

赤いフルーツとスパイスのアロマ。

複雑でしっかりしたフルボディながら、柔らかなタンニンで非常にエレガントな口当たりの赤。

セッチ ヴァレ ティント ドウロ  SETE VALES TINTO DOURO DOC

キンタ デ ポライス  QUINTA DE PORRAIS

ポルトガル  D.O.C. ドウロ 2015  750ml  赤  辛口 フルボディ 

葡萄の品種はトウリガナショナル、トウリガフランカ、ティンタ・バロッカ、ソウサン

ワイン・エンスージアスト89点  フランス産オーク樽で9ヵ月  シスト土壌

赤(40%):トウリガナショナル、トウリガフランカ、ソウサンetc. 

白(60%):ラビガート、コデガ、ヴィオシニョetc.

 

 

パーカー97点蔵キンタ・ド・ヴァレ・ミャオの醸造長が醸す一流の味わいがこの価格!


キンタ・デ・ポライス!パーカー97点を獲得したキンタ・ド・ヴァレ・ミャオの醸造長が醸した!!

 

パーカー97点蔵キンタ・ド・ヴァレ・ミャオの醸造長が醸す一流の味わいがこの価格!

キンタ・デ・ポライス

ドウロ川沿いのマラン山とモンテムロ山脈に囲まれた、

ユネスコ世界遺産に登録された地区にある秀逸蔵、「キンタ・デ・ポライス」。

パーカー97点を獲得したキンタ・ド・ヴァレ・ミャオの醸造長が醸した一流の味わい!

ワイン・マスター・チャレンジ、インターナショナル・ワイン・チャレンジ、サクラ・アワード

などの有名コンクールでメダルを獲得!

さらにアメリカのワイン誌「ワインスペクター」や「ワイン・エンスージアスト」などにも掲載されるなど、

国内外でその高い品質が認められその知名度も急上昇しています!

標高600mにある自社畑では、トゥリナショナル、トゥリガフランカ、ソウサンなどの黒葡萄が40%。ラビガド、

コデガ、ヴィオシニョなどの白ぶどうが60%植えられています。

葡萄の平均樹齢は65年で、中には80年以上の超古木が育っています。

一つひとつ手が行で厳選された葡萄は、最先端の設備が整ったセラーで醸造され世界中の美食家の舌を唸らせています。

今回入荷した「セッチヴァレ」シリーズは、ドウロ地区の典型的な品質や味わいを表現し作られた風味豊かなワインです。

有名コンクールでメダル多数獲得の実力者!世界遺産登録地区にある秀悦蔵!!

デイリーとは思えない華やかで洗練された味わいを、ぜひお楽しみください!

セッチ・ヴァレ・ティント・ドウロ

有名コンクールでメダル多数!

世界遺産登録地区にある秀逸蔵!

フランス産オーク樽9ヶ月熟成の本格派!

ドウロ川沿いのマラン大和モンテムロ山脈に囲まれた、ユネスコの世界遺産に登録された地区にある秀逸蔵。

有名コンクールでメダル多数獲得、アメリカ有名ワイン誌「ワインスペクター」などにも掲載されています。

「セッチ・ヴァレ・ティント・ドウロ」は、フランス産オーク樽で9ヶ月熟成した本格派!

赤いフルーツとスパイスのアロマ。

複雑でしっかりしたフルボディながら、柔らかなタンニンで非常にエレガントな口当たりな赤。

セッチ・ヴァレ・ティント・ドウロ  キンタ・デ・ホライス 

ポルトガル D.O.C ドウロ 2015 750ml 赤 辛口フルボディ  

:トウリガナショナル、トウリガフランカ、ソウサン。 

ワインエンスージアスト89点 フランス産オーク樽で9ヶ月。 

シスト土壌。 

 

 

今最も注目されるワイン産地!


人間はポートワインと素晴しい品質のテーブルワインを生み出しました!!

 

[ポルトとドウロのワインルート]

について 周辺地域 お役立ち情報 行き方 ギャラリー ユーザーからのフィードバック。

9月と10月、ドウロのほとんどの荘園 (quintas)、特にワインツーリズムに力を入れている荘園で行われるブドウの収穫に参加する。

ワインを生産している荘園で試飲に参加する。

ポートワインが熟成されているガイアのポートワインロッジを見学。

バルコス (Barcos)、ファヴァイオス (Favaios)、プロヴェセンデ (Provesende)、ウカニャ (Ucanha)、

サルゼダス (Salzedas)、トレヴォエス(Trevões) のワイン醸造村を観光。

世界遺産に登録されたドウロ渓谷 (Vale do Douro) の壮大な円形の盆地内に、

人間はポートワインと素晴しい品質のテーブルワインを生み出しました。

ポートワインはポルトガルで最も古い大使です。

このワインは、ドウロ川の台地で育ち、

カンパニーア・ゲラル・ダ・アグリクルチュラ・ダス・ヴィニャス・ド・アルト・ドウロ

(ドウロ上流のブドウ園のための総合農業会社) が1756年に設立されて以来、

世界最古の原産地呼称管理地域の1つに属していることを誇りとしています。

ドウロのテーブルワインは、ここ数十年で高い評価を得ております!

その使命はこの地域の境界を設定し、ブドウ園を登録して、その品質にしたがってワインの等級を決めることでした。

ドウロのテーブルワインは、ここ数十年で高い評価を得ており、

赤と白の両方の品質の良さから国境を越えて知られるようになりました。

ロゼもここで生産されています。

スペインとの国境からポルト (Porto) 近くまで深い谷を走る

ドウロ (Douro) 川とは切っても切れないこの片岩山脈の地域は、貧弱で荒れた土壌でしたが、

ブドウの木を植えた人々の活動により、少しずつ生まれ変わりました。

夏の緑、秋の燃えるような赤。

ここのブドウ園はユネスコにより登録されたユニークな風景を作り出しました。

ドウロ川の風景を存分にお楽しみください。

渓谷、その下を流れる川の青いリボン、段々畑のブドウ園、澄んだ空気….現在、

ラベーロ (rabelo) 船でワインを川下まで運搬する様子を見ることはできませんが、

ワインはこの川を下ってポルトまで運ばれます。

ワインはポルトに隣接するガイアのロッジ (Caves de Gaia) で熟成されます。

そのようにして、このワインは出発する場所の名前を引き継ぎ、

その名は世界各地に知られるようになりました。

国際ガーデン・フェスティバル 記事より紹介しました。

 

 

ポートワンんの本拠地でも通常のスティル・ワインが多く作られています!


ポートワインの本拠地ですが!ドウロ地域では通常のスティル・ワインも多く作られております!!

 

ポルトガルワイン(ポルトガル語:Vinho de Portugal)は、

ポルトガル共和国で生産されるワインである。

アレンテージョ概要]

アゾレス諸島ピコ島の、石垣が特徴的な世界遺産「ピコ島のブドウ畑」

ポルトガルは、ヨーロッパでも最も長いワイン生産の歴史を持つ国の一つである。

ポルトガルには、今から2,000年以上前にフェニキア人やカルタゴ人たちによって、ワイン文化が伝えられた。

現在のポルトガルの南半分にあたる地域に位置した

古代ローマの属州ルシタニアの名はワインと饗宴の神バックスの息子または

従者とされるルスス(Lusus)に由来するとされ、

ローマ帝国の時代にはローマにワインを輸出していた。

日本に初めて伝えられたぶどう酒「珍」(ちんだ)もポルトガルの赤ワインであり、

これはポルトガル語で赤ワインを指すヴィニョ・ティント(vinho tinto)の「赤」(ティント)への当て字である。

近代には、優良産地を保護するための原産地呼称制度をいち早く制度化した。

ポルトガルはワイン生産にちなんだ二つの世界遺産

(「アルト・ドウロ・ワイン生産地域」と「ピコ島のブドウ畑文化の景観」)を持つ。

[主な生産地]

ヴィーニョ・ヴェルデ]

ヴィーニョ・ヴェルデ(Vinho Verde)は、ポルトガルの西北端の大西洋に面するミーニョ地方で作られるワインである。

弱発泡性で酸味がやや強く、フレッシュでさっぱりしたワインである。

若飲み用。ドイツのフランケン地方のワインのような平たい瓶に入っているものもある。

明るい草色の白ワインがよく知られているが、実際には白のヴィーニョ・ヴェルデは全体の6割ほどで、

残りはほとんど赤であり、ロゼのヴィーニョ・ヴェルデも少数ながら生産されている。

ポルト・エ・ドウロ]

酒精強化ワインのひとつ、ポートワイン

ヴィーニョ・ド・ポルト(Vinho do Porto)またはポートワインとは、

ドウロ川上流で栽培されたブドウを原料としたワインで、醗酵の途中でブランデーを加えて醗酵を止めたものである。

アルコール度数は高めで、甘口。

またドウロ地域では通常のスティル・ワインも多く作られており、ポート:スティルの比率も4:6となっている。

ドウロ川上流で栽培されたブドウ畑はここです!!

マデイラ] 

同じく酒精強化ワインのひとつ、マデイラ・ワイン

ポルトガル本土ではないが、大西洋上のポルトガル自治領であるマデイラにおいても、

独自の酒精強化ワインが作られている。

ダン] 

北中部、エストレーラ山脈の麓、ダン川流域の丘陵地帯。

作家・檀一雄が名前つながりでこの地区のワインを愛飲していた。

(但し檀は1970年秋~1972年初頭までポルトガルに滞在していた折、

後述のリスボン近郊トーレス・ベドラスに居住していた。)

リスボア]

首都リスボン北部の沿岸~内陸にかけての地域で

アレンケル、ブセラス、アルダ、コラレス、オビドス・エ・ロウリーニャ、トーレス・ベドラス等の地区を包含する。

アレンテージョ]

南部の内陸部に広がる緩やかな丘陵地帯。使用する品種やブレンドのしかたなどの自由度が高く、

あえてヴィーニョ・レジオナル格付(IGP相当)として作られるワインが多い。

以上はウイキペディ記事より紹介しました。

 

 

ポルトガル・ドウロ最強のワインです!


試飲が楽しみでした!フルボディワインですので・濃厚なフレーバーに期待!試飲評価は★★★★++!

 

今日は 「セッチ・ヴァレ・ティント・ドウロ 2015」

葡萄の品種はトウリガナショナル、トウリガフランカ、ソウサンetc.

パーカー97点蔵キンタ・ド・ヴァレ・ミャオの醸造長が醸す一流の味わいを堪能できます!

複雑でしっかりしたフルボディながら、柔らかなタンニンで非常にエレガントな口当たりの赤。

ワイン・マスター・チャレンジ、インターナショナル・ワイン・チャレンジ、サクラ・アワード

などの有名コンクールでメダルを獲得!

さらにアメリカのワイン誌「ワインスペクター」や「ワイン・エンスージアスト」などにも掲載されるなど、

国内外でその高い品質が認められその知名度も急上昇しています!

葡萄の平均樹齢は65年で、中には80年以上の超古木が育っています。

チリワイン「ハラス・デ・ピルケ」とに見比べ対決です!   

試飲記録です。2020-04-23-25-27

先日試飲したポルトガル初の五つ星「リスボア・ティント」に迫る美味さだ!

外観:黒ワインのように濃いガーネット色。

アロマ:このワインのアロマはわかりにくいね、それはポルトガルの磁場品種にあるね!

なめし革のようなアロマだが??

ボディ:それほど辛口ではないが、濃厚なフルボディ!

アタック:口に含んだ瞬間、このワインは美味いが飛び込んできた。

したがって評価は高いよポルトガル・ドウロワイン!

フレーバーに濃い特徴がある、このワイン「セッチ・ヴァレ」だ!

ストラクチュア:旨味の後の渋みと酸味の三者が同時に現れ、クオリティーの高さを示すストラクチュアだ!

一口評:チリワイン「ハラス・デ・ピルケ」との飲み比べ対決では、ポルトガルの勝ち!

先日試飲したポルトガル初の五つ星「リスボア・ティント」に迫る美味さだ!

ポルトガルの地場品種トゥーリガ・ナショナルに旨味の秘密がある!

ドウロの「セッチ・ヴァレ・ティント」いいワインだ!

評価は四つ星++とするが、三日目、五日目はもっと美味くなっているでしょう!!

三日目と五日目はやはり、美味しくなっていました!!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。