スパコン・富岳が世界一奪還!8年半ぶりの快挙だが!ところで5Gの現状はどうか!

Pocket

富岳がスパコンで世界一を奪還!


スパコン・富岳が世界一奪還!8年半ぶりの快挙だが!ところで5Gの現状はどうか!

 

スーパーコンピューターの計算速度を競う最新の世界ランキングが22日公表され、

理化学研と富士通が開発した「富岳=ふがく」が首位を獲得した。

世界一は日本としては8年半ぶりで、高速コンピューター開発を主導する

米国と中国の2強体制に風穴を開けた。

デジタルコンピューター社会が到来し、高速計算機の進化は

新しい薬や素材の探索、人工知能=AI の活用などに革新をもたらす。

富岳で新たに手にした計算力を企業や大学が優れた成果につなげていけるかが問われている。

スパコンの計算速度に関するランキングは専門家による国際会議で、毎年6月と11月に公表される。

22日の最新版で富岳は1秒間に41.5京=京 は1兆の1万倍回の計算性能を示し、

2位の米国「サミット=14,8京」に大差をつけて首位に立った。

この表で見ると富岳が世界をダントツで引き離した!

スパコンは半導体の進化とともに、性能を高めてきた。

富岳は富士通が設計開発した高性能のCPU=中央演算処理装置 を約15万個そろえた。

効率よく通信するネットワークを結んで最適に制御。

大量の計算を瞬時にできるようにした。

各国が国を挙げてスパコンを開発するのは、現代社会に欠かせない研究インフラだからだ。

新薬の開発は一般に、膨大な数の物質から病原体に効く候補を探す。

4月に始まった富岳を活用し新型コロナウイルス感染症対策では、

高度な計算により、約二千種の既存薬から治療薬候補を選ぶ研究が進む。

富岳では2011年に計算速度で世界一になった国産スパコン

「京=けい」が1年かかるほどの実験を数日でこなせる。

1週間で数万個の物質を試せる。

防災への応用でも、数十平方キロメートルの都市を対象に、

地震と津波の複合災害が起きた際の避難経路などを予測できる。

官民合わせて1300億円投じた富岳は、応用をにらんだシミレーションを高速でこなし、

そこで生まれるデータはイノベーションの鍵になる。

スパコンの歴史!!

21年から始まる本格運用では、日本の開発力や産業競争力の強化をもくろむ。

ただ日本の首位奪還はかつてない計算速度を目指す新たな国際競争力の幕開けでもある。

スパコンは核実験のシミレーションなどにも使われ、国の科学技術力や安全保障に影響を及ぼす。

先端技術をめぐって派遣争いを演じる米中は1-2年以内に

毎秒100京回の計算をこなす次世代のスパコンを投入してくる見通しだ。

今回の首位を日本が獲得したのは、スパコンが世代交代の時期を迎える中で、

米中より早く次世代機を投入できた面もある。

資金力で劣る日本が米中と同じ土俵で戦いつづけるのは難しい。

世界最速の称号は、むしろ富岳を活用してどう成果を生み出すかといった課題を日本に突きつける。

世界は次世代の高速計算機である量子コンピューターの開発も進む。

デジタル技術が世界を変えつつある中、日本として高速コンピューターの技術をどう開発し、

活用していくか、中長期の戦略も必要になる。 

日経新聞 AI量子エディター 生川暁、三隅勇気。

 

 

1300億円を投じて開発した富岳!計算速度41.5京でサミットが14.8京!


1300億円を投じて共同開発した!2位の米国のスパコンの二倍以上!!

 

日本のスーパーコンピューターが米国や中国を抑え、8年半ぶりに世界一の座についた。

理化学研と富士通が約1300億円を投じて共同開発した「富岳」が、

2位の米国のスパコンの二倍以上の高速性を実現した。

科学技術の底力を見せてくれた。

富岳は2021年の運用開始予定だったが、この春、新型コロナウイルス対策の研究目的で試運転を始めた。

スパコンの計算速度を競う世界ランキングは毎年6月と11月にに更新される。

22日に公表された最新の順位で昨年まで一位だった米「サミット」の性能を上回った。

21年以降、米中が次世代機を投入する見通しの中、開発が順調に進み運用を1年前倒ししたのが奏功うした。

国産スパコンが世界一の座につくのは02年の地球シュミレーターと11年の京につぐ。

しかしこうした先代の快挙とは同じようには喜べない。

影響力のある論文の数や大学ランキングから見ると、この10年で日本の技術力の落ち込みが目立つ。

米中はおろか欧州の国々からも遅れをとる。

富岳は使いやすさを追求しているが、スパコンを使いこなす力が弱っている。

理化学研と富士通が約1300億円を投じて共同開発した「富岳」!

今回計算速度だけでなく産業用途に適した性能でも一番だった。

この能力を最大限引き出すように産学が協力すべきだ。

新型コロナの研究では飛沫の広がり具合を予測した。

大量の物質から治療薬候補を見つけ出し、近く公表する予定もある。

画期的なコロナ薬の創出につなげれば、知名度は一気に上がる

名前は富士山にちなんだ。

スパコンとしての性能の高さと利用者の裾野の広がりをイメージしたという。

最速の地位に甘んじることなく、世界をうならせる研究成果を期待したい。

スパコンと量子コンピューターの特徴!

次世代計算機としては量子コンピューターが台頭する。

政府はこの新型マシンの開発にも力を入れる。

スパコン開発は10年がかりのプロジェクトだ。

国主導で続けてゆくのかの決断も必要になる。 

日経新聞社説。

 

 

富岳の開発には使いやすさに重点が置かれた!


富岳使いやすさに重点!「京」の反省生かす!新型ウイルス対策・約2千種の既存薬から治療薬候補を選ぶ!

 

富岳使いやすさに重点!富士通「京」の反省生かす!

富士通が理化学研究所と開発した「富岳」がスーパーコンピューターの

計算速度の世界ランキングで、日本製で8年半ぶりとなる首位を奪還した。

速度だけでなく注力したのがランキングには表れない「使いやすさ」だ!

前回首位をとったスパコン「京」の適用化が進まなかった反省を生かし、汎用性や使い勝手を高めて企業の利用を促す。

「使いやすさに強いこだわりを持って開発に取り組んだ」。

22日のランキング公表を受けて理研とともに開いた23日の共同記者会見。

富士通の時田隆仁社長はこう強調し「グローバルに展開し、富岳の価値を世界に届けたい」と語った。

富士通が京の後継者として富岳の開発を始めたのは2014年

構想当初から実用性や汎用性を重視していた。

その結果富岳は単純な計算だけでなく、

ビックデータ解析や人工知能=AI の計算性能のランキングでも首位となった。

官と民のスパコンの違い!

背景にあるのは京の失敗だ。

CPU=中央塩酸処理装置 や基本ソフト=OS  の仕様から「使い勝手が悪い」と受け取られ、

企業には京をベースとしたスパコンは想定ほど売れなかった。

会見前日の株主総会で時田社長も「京が残念ながらビジネスにはならなかった」と認めた。

開発費が高すぎるとの批判もあり共同開発した企業が早期に事業から撤退する事態にもなった。

富岳ではスマートフォンを中心に広く復旧している英アーム・ホールディングの設計仕様をもとにCPUを開発。

OSも企業で広く使われているベイレットハット版のリナックスを採用した。

すでに海外では成果が出始めた。米ヒュレット・パッカード・エンタープライズ傘下の

米クレイ自社のパソコンに富岳で使うCPUを搭載すると決めた。

富士通のプロセッサシステム事業本部システムビジネス統括部の藤野秋彦統括部長は

「今後も仲間作りを進めたい」と期待を寄せている。

使う側の企業に対しても富岳をベースにした人間モデルを含めた2種類を用意した。

クラウドサービスを通じ、理研に納入した今回の富岳を活用することも検討中だ。

自動車メーカーが衝突のシミレーションをすることなどを想定。

すでに富岳は4月から新型ウイルス対策で使われ、高度な計算能力を活かして

約2千種の既存薬から治療薬候補を選ぶ研究が進む。

国内スパコン市場は関連サービスなどを含めて年間数百億円と見られ、富士通の受注額は500億円程度と想定される。

売上高が約4兆円の富士通にとってビジネス規模は大きくない。

「スパコンに大きな役割を担わせることが経営課題だ」。

あらゆるものがネットにつながるlOTに力を入れ、システムの構築も手がける富士通が、

富岳を活用して協業先や周辺サービスを増やしていけるかが商用化のカギを握っている。

1位 富岳 日本 計算速度 41.5。 

2位 サミット 米国 計算速度 14.8。 

3位 シェラ 米国 計算速度 9.4。

4位 神威太鼓之光 中国 計算速度9.3。 

5位 天河2号A 中国 計算速度 6.1。

以上。 日経新聞。

 

 

5G元年は2019年で、日本は大きく出遅れた!


実は海外では2019年が「5G元年」!5Gで大きく出遅れた日本!日本の5G商用サービスは1年遅れ!

 

「5G元年」に出遅れた日本、5Gへの取り組みは本当に遅れているのか?

(1/2)    2020年03月03日 06時00分 公開    [佐野正弘,ITmedia]

昨今大きな注目を集めている、次世代モバイル通信規格の「5G」。

日本では2020年3月にサービス開始予定だが、実は海外では2019年が

「5G元年」であり、多くの国が既に5Gサービスを提供している状況だ。

なぜ日本は5Gのサービス開始が遅れているのか、そして日本の5Gに対する取り組みは

本当に遅れているのかを、これまでの経緯を振り返りながら考えてみよう。

[日本の5G商用サービスは1年遅れている]  

新型コロナウイルス「COVID-19」の影響が話題となっている昨今だが、

2020年日本で大きなトピックとなるのは東京五輪、

通信業界では「5G」であることに異論の余地はないだろう。

第5世代のモバイル通信規格である5Gは、最大20Gbpsの「高速大容量通信」ができるというだけでなく、

ネットワーク遅延が1ミリ秒以下となる「超低遅延」、そして1平方kmあたり100万台の機器を

同時にネットワークに接続できる「多数同時接続」といった特徴を備えており、

それがスマートフォンの進化だけでなく、XRから自動運転、スマートシティーの実現など、

あらゆる業種業界に影響を与える存在になるとして注目されているのだ。

日本でもその5Gの商用サービスが、2020年の3月に開始する予定だ。

既にKDDIが2020年3月、ソフトバンクは2020年3月末のサービス開始を打ち出している他、

NTTドコモは2020年春、楽天モバイルは2020年6月に5Gのサービスを開始するとの方針を打ち出しており、

3月に各社の5Gサービスに関する大きな動きが相次ぐことが予想されている。

ソフトバンクは2020年3月末に5Gの商用サービスを開始すると表明。

3月以降、国内携帯電話各社が5Gのサービスを開始することは確実だ

だが日本の外に目を向けると、実は5Gは既に始まっているサービスでもある。

標準化完了前の仕様を含む形であれば、2018年に米国で、

標準化完了後の仕様でのサービスであれば2019年4月に米国と韓国で商用サービスが始まっている。

その後、スイスやドイツなど欧州の多くの国や、中国、オーストラリア、サウジアラビア中国など

20近い国々が5Gの商用サービスを開始しており、世界的に見れば2019年が「5G元年」だったのだ。

韓国では2019年4月に、LGユープラスなど3社が同時に商用サービスを開始。

それ以降各国で5Gの商用サービス開始が相次いだ

日本では、最も先んじた米韓と比べ1年も遅れてサービスを開始することになるので、

5Gで大きく出遅れた」という声も少なからず挙がっている状況だ。

日本は「5Gで大きく出遅れた」!!

過去を振り返れば、3Gでは世界初、(厳密には4Gではないが)LTEでも世界では先頭集団といえるタイミングで

最新のモバイルネットワークを導入してきた日本が、5Gではなぜこれほどまでに遅れることとなったのだろうか。

標準化時点ではサービス開始を急いでいた日本

その理由を一言で表すならば、冒頭にも触れた「東京五輪」ということになるだろう。

iPhoneが容量不足でも安心 写真シェアやテレビ会議に役立つSDメモリカード

2020年に東京五輪が開催されることが決定したのは2013年だが、

実はその頃から5Gの研究や標準化に向けた作業は進められていた。

そして日本はNTTドコモを筆頭に、3G、4Gでは技術開発や標準化で

リーダーシップを取るなど通信技術に力を入れている国の1つでもあった。

日本では東京五輪に合わせて5Gの商用サービスを提供したいと考え、

2020年に5Gの商用サービスを提供できるよう標準化に向けた取り組みを急いでいた。

だが当時、通信業界全体では5Gに対する関心が高いとはいえない状況だったというのが正直なところでもある。

そもそも携帯電話の通信規格は10年おきくらいに新しい世代へとアップデートがなされているのだが、

それは年々増大し続けるトラフィックでモバイルネットワークがパンクしないよう、

より大容量の通信ができる規格に入れ替えることが主な目的だ。

それゆえ、比較的早い段階でLTEのネットワークを整備した日本や韓国などは、

それだけトラフィックも伸びていることから5Gの早期実現を要望していたのだが、

LTEの導入が遅れていた欧州などではそこまで5Gの導入を急ぐ必要がないので、関心が高まらなかったわけだ。

つまり5Gの標準化段階では、むしろ日本が商用化を急いでおり、他の国がそれに追い付いていないという状況だったのである。

それが一転して日本が大きく遅れるに至ったのは、標準化が完了した2018年以降の動きが影響している。

 

 

富岳で新たに手にした計算力を企業や大学が優れた成果につなげていけるかが問われている!!


富岳で新たに手にした計算力!優れた成果に!高度な計算で、約二千種の既存薬から治療薬候補を選ぶ・コロナ新薬!

 

今日のまとめ!  

スーパーコンピューターの計算速度を競う最新の世界ランキングが22日公表され、

理化学研と富士通が開発した「富岳=ふがく」が首位を獲得した。

世界一は日本としては8年半ぶりで、高速コンピューター開発を主導する米国と中国の2強体制に風穴を開けた。 

富岳で新たに手にした計算力を企業や大学が優れた成果につなげていけるかが問われている。

スパコンは半導体の進化とともに、性能を高めてきた。

富岳は富士通が設計開発した高性能のCPU=中央演算処理装置 を約15万個そろえた。

これが富岳の高性能CPUです!

効率よく通信するネットワークを結んで最適に制御。

大量の計算を瞬時にできるようにした。

新薬の開発は一般に、膨大な数の物質から病原体に効く候補を探す。

4月に始まった富岳を活用し新型コロナウイルス感染症対策では、

高度な計算により、約二千種の既存薬から治療薬候補を選ぶ研究が進む。

新型コロナの研究では飛沫の広がり具合を予測した。

大量の物質から治療薬候補を見つけ出し、近く公表する予定もある。

画期的なコロナ薬の創出につなげれば、知名度は一気に上がる。

一方5G に目を向けてみると! 

なぜ日本は5Gのサービス開始が遅れているのか、そして日本の

5Gに対する取り組みは本当に遅れているのかを、これまでの経緯を振り返りながら考えてみよう。

日本でもその5Gの商用サービスが、2020年の3月に開始する予定だ。

だが日本の外に目を向けると、実は5Gは既に始まっているサービスでもある。

標準化完了前の仕様を含む形であれば、2018年に米国で、

標準化完了後の仕様でのサービスであれば2019年4月に米国と韓国で商用サービスが始まっている。

その後、スイスやドイツなど欧州の多くの国や、中国、オーストラリア、サウジアラビア中国など

20近い国々が5Gの商用サービスを開始しており、世界的に見れば2019年が「5G元年」だったのだ。

20近い国々が5Gの商用サービスを開始!日本は完全に出遅れた!

日本は5Gでは完全に出遅れた!

富岳で首位奪還したスパコンのように、次世代通信規格=5G でも世界進出できる様な成果を期待したいものです!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。