クラフトビール!奥深く華やかに!日本の地ビール・クラフトビールが第二次ブーム!

Pocket

 

クラフトビール!奥深く華やかに!

クラフトビール!奥深く華やかに!日本の地ビール・クラフトビールが第二次ブーム!

 

日本では地ビールとも称されるクラフトビールが第二次ブームを迎えている。

最初のブームは平成6年=1994年 の酒税法改正によるものだ。

小規模醸造所が増えて個性的なビールを作り始めたが、技術な伴わず品質の良くないものもあり人気は下火になった。

ところが「地ビール製造免許場者数の推移」国税庁発表、令和2年を見ると

平成29年度に176社だった作り手の数は、30年度に386社に跳ね上がっている。

「海外のクラフトビールが消費者に良好な状態で届くようになり、その味わいに目覚めて企業する人が増えました」。

一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会代表の藤原ヒロユキさんは、ブーム再熱をこう説明する。

「東日本大震災以降、人々の価値観が多様化し、自分の嗜好を大切に考える人が増えた。

SNSの普及も相まってクラフトビールは仲間内で楽しむメディアとしての役割も果たすようになったのです」。

埼玉県飯能市に醸造所とレストランを持ち、昨秋開業した複合商業施設の

渋谷スクランブルスクエアにも出店したカールヴァーンは、ビールの売り上げが2倍だったという。

貿易会社の経営で、手に入りにくいモルトやホップなどの素材を世界各国から取り寄せられるのが強みだ

社名はペルシャ語で「隊商」の意味。

30種以上のビールと発泡酒を自社で手がけている。

ビールの多くはスパイスの香りが豊かで個性的な味わいだ。

「スペルト・ヴァイツエン」はドイツ南部のヴァイエルン州で古くから愛されてきた

ビール「ヴァイツエン」を古代小麦スペルトを使って造ったもの。

バナナのような濃厚な香りにグローブの爽やかさが加わりバランスがいい。

「カールヴァーン・ベルジャンホワイト」は、ベルギーで14世紀から作られていたという

白ビール=大麦麦芽に生の小麦または小麦麦芽を加えたビール をアレンジした。

ベルギー産麦芽に飯能産無農薬のゆずの皮とエジプト産コリアンダーを配合し、

ゆずとコリアンダーの分量を夏と冬で細やかに調節する。

2020年のジャパンじゃおあん・グレートビア・アワーズで金賞を受賞した。

エジプトのアレクサンドリア産ライムピールとカルダモンを組み合わせた「アラビアン・ライム・エール」は

オリジナルで、古代エジプトの王が飲むにふさわしい高貴なビールを想像したという。

「物語をもたせたり歴史を掘り起こしたて、香り良く飲みやすいビールに仕上げています」

とブルーマスター=醸造長 の木村栄産38 は話す。

同社は4年前から、醸造所に近い1反ほどの畑で無堆肥無農薬のホップを自社栽培している。

朝済みのホップをその日のうちに仕込む「飯能フレッシュホップIPA」は、

9月だけの限定で展開。爽やかな草のような香りがするという。

カールヴァーンとは対照的に、シンプルな原料で醸造法にこだわるのが山梨県のフジザクラ高原麦酒だ。

富士山の豊かな天然水を使い、定番を4種類、季節ものを約20種類生産する。

原料はホップ、麦芽、酵母水のおもに4つ。

看板ビール「ヴァイツエン」は芳醇にして澄んだ後味、国内外での数々の受賞歴を持つ。

「ヴァイツエン」は芳醇にして澄んだ後味!

味わいの秘密は醸造法にある。通常のビール麦汁に酵母を加え密閉したタンクで発酵させるが、

このヴァイツエンは上蓋を開けたままにするオープン発酵式タンクを採用する。

発酵の状態や変化を目や匂いで確認できると同時に、酵母を回収して繰り返し使うことで、

酵母が富士山の水に慣れて華やかな香りになるという。

酵母が外部と接触するため雑菌などの影響を受けやすく念入りな管理が必要だが、労を惜しまずこの方法をとているのは、

「出来上がったビールの香りが立つからです」と醸造長の宮下天通=ひろみち さん53 は強調する。 

メーカーはぞれぞれの強みを生かして独創的な味わいを追求している。

さらに「最近のトレンドは、苦味が少なくニューイングランドIPA、乳酸菌や果実で酸味をつけるサワー系、生のホップを使うフレッシュ・ホップ。

クラフトビールはますます進化しています」と藤原さん。

喉を潤すだけでない多様さや奥深さが、クラフトビールの世界をますます魅力的にしていると言えそうだ。  

日経新聞 ライター 安田薫子 遠藤宏撮影。

 

次にこの件について詳しく検証してみます。

 

 

地ビール」と「クラフトビール」はほとんど同じもの!


「地ビール」と「クラフトビール」はほとんど同じもの?!!!

 

[意外と知らなかった!「地ビール」と「クラフトビール」の違いとは]   

最近は「地ビール」や「クラフトビール」という名前をよく聞くようになりましたよね。

例えば旅行に行ったときのおみやげにビールを買ったり、クラフトビールが飲めるお店や

クラフトビールの専門店が増えてきたり、スーパーでも見かけるようになったり・・・などどんどん身近になってきているのではないでしょうか。

でも「クラフトビール」とは、と聞かれるとうまく答えられない人は結構多いかもしれません

例えば「地ビール(クラフトビール)」のように、なぜ「地ビール」と「クラフトビール」一緒に表記いるのか、

「そもそもお店で販売されているビールとどう違うんだろう?」

などなど、もしかしたら結構疑問が出てきている人もいるのではないでしょうか。

一体、「地ビール」とは、「クラフトビール」とは、それぞれ何を指すのでしょうか。

そしてこの2つはどう違うのか、気になってくるはず。

ということで今回は、「地ビールとクラフトビールの違いはあるのか」についてじっくり調べてみました!

「地ビール」と「クラフトビール」はほとんど同じもの!]  

実は「地ビール」と「クラフトビール」は、「小さい規模の醸造所で作ったビール」という意味では同じものです。

でもなぜ「地ビール」と「クラフトビール」という名前が生まれたのか、気になるはず。

クラフトビールブームは海外でも!

ここで、欠かせないポイントとなるのが「地ビール誕生の歴史」。

ということで、まずは「地ビール」が生まれた話について見ていきましょう。

さっきの工場長の話に出てきた「小さい規模の醸造所で作った」というのはしっかりした基準があるのです。

もともとビールを作るには、1年間で「最低2000キロリットル」作らねばならない、

という法律があり、ビールを小さい工場で作るのはできませんでした。

ちなみにその当時にビールを作っていたのが、

「アサヒビール」「キリンビール」「サントリービール」「サッポロビール」「オリオンビール」なんです。

きっと皆さんも飲んだことがありますよね!

しかし、1994年に法律が変わって、1年間で作る量は「最低60キロリットル」になり、

これによって小さい醸造所でも、ビールを作ることができるようになりました。

1994年に法律が変わって、小さい醸造所でも、ビールを作ることができるようになりました!

これが「地ビール」が生まれたきっかけなんです。

ここでおそらく

よしき  じゃあなんで「地ビール」と「クラフトビール」って名前が分かれるようになったんだ?

という疑問を持つ方も多いはず。次はその名前の違いができるようになった、

「クラフトビール」がうまれたきっかけをお話します。

[クラフトビールの呼び名は2010年頃から使われた!]  

こうして最初生まれた「地ビール」は、最初「お土産」という意味あいが強かったのです。

また、生まれた当時は今よりもおいしくなかったので、「地ビール=おいしくない」と言われてしまっていたほど。

そのため一回地ビールが売れなくなって、地ビールの文化がなくなってしまいかけました。

これでは悲しいですよね・・・!

そこで一部のビール醸造所では「どうしたらビールがおいしくなるか?」

の試行錯誤を重ねて、こつこつと研究を重ねていったのです

私たちがが知らないところでも、涙ぐましい努力があったんです・・・!

そして2000年代にアメリカでクラフトビールの人気が出てきて、今までの地ビールが注目されるようになったのです!

このときに、昔のおいしくなかったと言われている「地ビール」と差別化するためにつけた新しい名前が「クラフトビール」でした。

そして、2011年にクラフトビールを飲むことができるレストラン「クラフトビールマーケット」がオープン、

料理について取り上げている雑誌「料理通信」2012年1月号で「満席の【ビアバル】とクラフトビール。」

特集が組まれることによって、「クラフトビール」の名前が一般的に広まりました。

ただ、2014年頃から大手のビールメーカーが次々にクラフトビールを作り始めると、

「そもそもそれってクラフトビールなのか?」という議論も起きるようになりました。

一部では、本来の「クラフトビール」と区別するために「クラフティビール」と呼んでいる人もいるとのこと。

よしき 区別って難しいですよね・・・!

さて、最後に「じゃあ地ビールとクラフトビールはどうして名前が違うの?」という疑問についてお答えしていきましょう。

[「地ビール」とは「お土産要素が強いビール」、「クラフトビール」とは「職人技がこもったビール」]  

名前の違いをお伝えするために、それぞれの名前の由来をご紹介します。

もともと「地ビール」の名前は、「地酒」と同じような考え方からうまれました。

地域に根付いた作り方に基づいて作っているビールが「地ビール」です。

つまり、「地ビール」とは、その土地の名産や「お土産」の要素が強いビールだと言えるでしょう。

一方のクラフトビールという名前は、「小さい規模で作っているビールを【工芸品(クラフト)】にたとえ名付けられているんです。

クラフトビールは魅力がある!・種類が豊富・特別感がある・飲みやすい!

小さい醸造所で手塩を書けながらじっくり作ったこと、つまり職人技

(クラフトマンシップ)が込められていることから「クラフトビール」という名前がつきました。

よしき   なるほど、汗と涙の結晶が「クラフト」という単語にまとまっていると思うと、なんだかぐっときてしまいますよね・・・!

また、先ほど地ビールの歴史をお伝えしてきましたが、現在の「地ビール(クラフトビール)」の定義をざっとまとめるとこんな感じです。

ちなみにこの定義はクラフトビールの本場であるアメリカのブルワーズ・アソシエーションが決めた定義と同じです。

「独立している」=大手メーカーから独立したビール作りを行っている

「小規模である」=1回の仕込み単位が20キロリットル以内で仕込んでいて、作っている人が直接目に届くビールづくりを行っている

「伝統的である」=伝統的な方法・地域の特産品などを原料にした個性あふれるビールを作っている

(例:道後温泉の「道後エール」:愛媛県名産のオレンジ、ブルーベリー、ライムなどが使われている)

クラフトビール(地ビール)は作る時期や量が決まっているので、季節限定のビールがあったり、作る人によってその作り方が変わってきます。

このバリエーションというのも、クラフトビールの人気の秘密といえるはずです。

ということで、今回は「地ビールとクラフトビールの違い」について調べていきました。

ここで今日わかったポイントをまとめてみましょう。

「地ビール」とは、地域に根づいたビールのことを指していて、

「クラフトビール」は「地ビール」と差別化するために使われた言葉だと考えて大丈夫です。

つまり、「地ビール」と「クラフトビール」はほとんど同じもの。

ってわかると、もしかしたらがっくり来る人もいるかもしれません。

とはいえ、クラフトビールの「クラフト」にはそれぞれの工場がそれぞれの技術をもって、

飲む人のことを考えたビールを作っています。

そう、「地ビール」はマイナスのイメージがついていた時代もありましたが、

いまは「クラフトビール」というおしゃれな名前になりつつあります。

一般的な言い方としては、「クラフトビール」をよく使っていますよね。

とはいえいずれにせよ、僕たちの「皆さんにおいしいビールを届けたい!」という想いは変わりません。

「クラフト」という名前には、僕たちのような醸造所が持っている技や作っている人の想いが詰まっています。

皆さんもぜひ、地ビールもといクラフトビールを飲むときは、その歴史やその土地のことを思い出してみましょう。

 

 

ブロイハウス・ヨラッセのパブ・ブルワリー!私の代表作品の一つ!


私の作品・ブロイハウス・ヨラッセ!1998年おおた都市景観賞の特別賞!

 

[私は群馬県の太田市でブロイハウス・ヨラッセを設計しました]   

ドイツから醸造機を一式購入しましたので、建築費とほぼ同額と、ビックリしたほどの高額でした。

これがブロイハウス・ヨラッセのビールプラントで大変高額でした!

ここのプロジェクトは太田市の活性化のために、市のど真ん中にあった消防署を他に移し市の中心部の活性化を狙った市長の肝いりの政策でした。

この当時1995年ごろは第一次地ビールブームで業界全体が大変活況を呈していました。

この直前に御殿場高原ビールが爆発的人気で、地ビール業界を一手に引張ていた頃です。

私は建築家ですので、地ビールのことはよくわかりませんので、御殿場に行って高原地ビールを見学したりの楽しい時間を過ごしました。

また太田市長からは古いレンガがあるが、建築の内装材に使えるかの提案があり、私は現物を拝見し二つ返事でこれを使いますと答えていました。

このレンガは古いレンガだが、色合いが実に気に入りまして使いたくなったのです!

古いレンガの色合いとその味わいがありこのレンガを内装デザインのキーポイントにしたのを覚えています。

レンガの量が少なくしかもかなり巨大なレンガでしたので半分に割って、内装面にはその割った新しい肌が実に綺麗で、

貼り上げると内装全体を引き締めてくれる、そんな効果がありました。

ですのでこの建物の最大の特徴はこの古レンガを建物の内外壁の腰回りに使い、

建物の全体を構成する大事なぜザインコンセプトが、このな古レンガでした。


 

内装デザインはピールプラント3台をお店の中央に配置しパブ・ブルワリーとして、

どこからみても地ビールレストランの面構えになりました!

市長の選んだ業者がこの店舗をう運営していましたが、

最近この経営者が変わり名前もブロイハウス・ヨラッセからダニエルハウスに店名が変わりました。

ブロイハウス・ヨラッセからダニエルハウスに店名が変わりました!

店名が変わっても私のデザインを前面に押し出した展開は流石に立派なものです。

この作品は1998年おおた都市景観賞の特別賞に選ばれました!

私のお気に入りのアトリエRIXの代表作品として君臨しています!

ブロイハウス・ヨラッセからダニエルハウスに店名が変わり!!

[呑龍夢麦酒 ブロイハウス ヨラッセ]  

呑龍夢麦酒 ブロイハウス ヨラッセ の店舗情報

ドイツ南部風の建物が目印 地ビールを飲み比べ、呑龍伝説の地、太田市生まれの地ビール「呑龍夢麦酒」が飲める。

レギュラービールは炭酸が少し強いフルーティーな味わいの「ヴァイツェン」と、

英国のエールにも似たキリリと引き締まった苦みのある「ペールエール」。

本格石窯で焼いたパリパリの手焼きピッツアと一緒に。

地ビールは持ち帰り用の瓶詰めも販売。

呑龍夢麦酒 ブロイハウス ヨラッセ の基本情報

店名 呑龍夢麦酒 ブロイハウス ヨラッセ  

これがブロイハウス・ヨラッセのエントランス!   

営業時間:11時30分~15時、17時~22時   定休日:1~4月・10・11月の火曜休み

席数:113席    駐車場:50台    

店舗の特長:ドイツ南部風の建物が目印 地ビールを飲み比べ!

ブロイハウス・ヨラッセ    エリア   群馬    前橋・高崎・伊勢崎・太田・榛名

太田市  飯田町    ジャンル    各国料理   その他各国料理

ランチサラダバーがお薦めです – ブロイハウス・ヨラッセの口コミ

グルメツウ mama-se7enさん 女性/50代

友達同士 ご当地感:3.0/味:4.0/価格:3.0/サービス:4.0/雰囲気:4.0  

¥—- ¥1,000~¥1,999 ¥4,000~¥4,999ランチはパスタ・ピザ・ハンバーグ・肉料理など選び、

サラダバー + ドリンクバーのセットで千円くらいです。

お得なセットのためランチは混雑します。多人数の時には、パスタは伸びてしまうので他のメイン料理が良いです。

夜は地ビールのセットにおつまみを数種類いただきましたが、どれも美味しかったです。

 

 

「カールヴァーン・ベルジャンホワイト」!

「カールヴァーン・ベルジャンホワイト」!ベルギーで14世紀から作られていた!!

 

今日のまとめ。

日本では地ビールとも称されるクラフトビールが第二次ブームを迎えている。

最初のブームは平成6年=1994年 の酒税法改正によるものだ。

埼玉県飯能市に醸造所とレストランを持ち、昨秋開業した複合商業施設の渋谷スクランブルスクエアにも出店した

カールヴァーンは、ビールの売り上げが2倍だったという。

ビールの多くはスパイスの香りが豊かで個性的な味わいだ。

「スペルト・ヴァイツエン」はドイツ南部のヴァイエルン州で古くから愛されてきた

ビール「ヴァイツエン」を古代小麦スペルトを使って造ったもの。

「カールヴァーン・ベルジャンホワイト」は、ベルギーで14世紀から作られていたという

「カールヴァーン・ベルジャンホワイト」は、ベルギーで14世紀から作られていたという!

白ビール=大麦麦芽に生の小麦または小麦麦芽を加えたビール をアレンジした。

カールヴァーンとは対照的に、シンプルな原料で醸造法にこだわるのが山梨県のフジザクラ高原麦酒だ。

富士山の豊かな天然水を使い、定番を4種類、季節ものを約20種類生産する。原料はホップ、麦芽、酵母水のおもに4つ。

看板ビール「ヴァイツエン」は芳醇にして澄んだ後味、国内外での数々の受賞歴を持つ。

味わいの秘密は醸造法にある。通常のビール麦汁に酵母を加え密閉したタンクで発酵させるが、

このヴァイツエンは上蓋を開けたままにするオープン発酵式タンクを採用する。

喉を潤すだけでない多様さや奥深さが、クラフトビールの世界をますます魅力的にしていると言えそうだ。

「地ビール」と「クラフトビール」はほとんど同じもの。

私が手がけたブロイハウス・ヨラッセの作品は1998年おおた都市景観賞の特別賞に選ばれました!

アトリエRIXの代表作品として君臨しています!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。