ガルナッチャと言う葡萄の研究!主にブレンド用!スペインでこれを語らずにはいられない!

Pocket

ガルナッチャと言う葡萄の研究!主にブレンド用!スペインでこれを語らずにはいられない!

 

スペインには優秀な葡萄があり今日紹介する、ガルナッチャもスペインワインを語る上で欠かすことはできません。スペインではガルナッチャと呼ばれ、フランスではグルナッシュと呼ばれています。主にブレンド用として使われる葡萄です。葡萄の特徴は晩熟で長い生育期間を必要とするので、暖かいエリアで栽培されるぶどうです。糖度が非常にあがりやすいのが特徴で、多くの場合アルコール度数が高くなります。

グルナッシュ(フランス語: Grenache)またはガルナッチャ(スペイン語: Garnacha)は、スペインのアラゴン州を原産地とする赤ワイン用ぶどう品種。スペインからピレネー山脈を越えて、フランスのラングドック=ルシヨン地方に伝わり、そこから世界に広まったと言われている。現在世界で最も多く栽培されているワイン用ぶどう品種です。

この葡萄がスペインのガルナッチャです。

高温と乾燥に強く、気候・土壌に合うと植えっぱなしでも、そこそこの果実をつけますが、摘果などの手入れをすることにより、より優れたワインができます。かつて南仏で水代わりに飲まれていたワインがグルナッシュだったとか、スペインのリオハや、フランスのシャトーヌフ・デュ・パプやタヴェル、イタリアのサルデーニャ島で作られるカンノナウなどの高級ワインも、グルナッシュ単独またはこれを主体に作られています。

ガルナッチャとは本来宝石のガーネットのことで、ワインが明るい朱色を帯びた色をしていることに由来するといわれています。アルコール度数は高いが、口当たりは比較的ソフトで、酸味は強いが渋みは穏やかです。スパイスの香りや、きのこなどに似たやや泥臭い香りがあります。

 

フランスではグルナッシュ!ローヌの最強級赤ワイン・シャトーヌフ・デュ・パブがこれ!

 

味わいの特徴は、イチジクやドライプルーンを連想させる、ふくらみのある果実味のあたたかで、味わいやまろやかで甘みを感じさせる果実味と、クローブなどの甘いスパイスやチョコレートのタッチ。やわらかで肉厚な果実味と、まったりとした低めの酸味、高いアルコール度数などの、あたたかさを感じるやわらかな味わいが特徴です。テクスチュアが独特で「やわらかい」と言う印象を強く与えるぶどう品種です。ブレンドにおいても、やわらかなボディ感とコクを与える役割を担います。

原産地は、スペインのアラゴン地方が原産地と言われ、そこから地中海伝いに、広がっていったと考えられています。突然変異しやすいぶどうの一つで、黒い皮のもの以外に、白い皮(グルナーシュ・ブラン)やピンク色の皮(グルナーシュ・グリ)のものも存在します。

この葡萄がフランスのグルナッシュで、ローヌ最強のシャトーヌフ・デュ・パブがこれです。

主な産地は、地中海沿岸が主な栽培地域です。原産地であるスペインのアラゴン地方だけでなく、カタルーニャ州、フランスのラングドック・ルーション地方、ローヌ地方南部、プロヴァンス地方などで広く栽培されています。単一品種でワインになる事は少なく、主にシラーやムールヴェードルといった、スパイシーなぶどうとブレンドされる事が一般的です。ニューワールド諸国でもアメリカやオーストラリア、南アフリカなどの国の暖かいエリアで広く栽培されています。ここでもシラーやムールヴェードルなどとブレンドされる事が多く、ラベルにグルナーシュという品種名が入る事は多くありません(シラーやムールヴェードルとブレンドした場合、それぞれのぶどうの頭文字を取ってGSMと表記されます)。

よく合う食材は、ほほ肉やすね肉などのゼラチン質のあるお肉の、トロリとした煮込みが最高です。スパイスを使った羊料理などともよく楽しまれています。

こういう時にオススメ、・寒くなってきてあたたまりたいとき ・トロミやゼラチン質のあるお料理に ・とにかく硬いものを食べたくないとき。

今日はスペインの葡萄品種のガルナッチャを紹介しました。ガルナッチャはスペインワインを語る上で欠かすことができません。何故なら、スペインではテンプラニーリョ、モナストレルにつぐ重要な葡萄の品種です。前記しましたが主にブレンドワイン用として使われる葡萄の品種です。特徴は、糖度が上がりやすく、酸味は強く渋みは穏やか、やわらかで肉厚な果実味で、高いアルコール度数。ガルナッチャのブレンドワインには、私の五つ星は第10代目の「トカ・デ・ララ2014」と第11代目はの「イトゥリア・トロ2010」と第12代目の「アルディレス2007」の以上三本で、いずれもスペインワインです。

これらがガルナッチャの五つ星で上から第10代目カタルーニャ・エンポルダの「トカ・デ・ララ2014」と第11代目銘醸地トロの「イトゥリア・トロ2010」と第12代目は銘醸地プリオラートの「アルディレス2007」で、いずれもガルナッチャのブレンドワインです。



この五つ星の葡萄品種はテンプラニーリョが五本で、モナストレルが三本で、ガルナッチャも三本です。ガルナッチャはスペインワインの三強の葡萄で、欠かすことが出来ない存在です。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。