カイケン・カベルネ・ソーヴィニヨン!チリのワイナリーがアルゼンチンで手掛ける!

Pocket

このワインが「カイケン・カベルネ・ソーヴィニヨン!」


カイケン・カベルネ・ソーヴィニヨン!チリのトップワイナリー、モンテス社がアルゼンチンで手掛ける定番の人気シリーズ!

 

[カイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン]

チリのトップワイナリー、モンテス社がアルゼンチンで手掛ける定番の人気シリーズ。

まろやかで凝縮感のある味わいが魅力の赤ワイン。

カイケンは、チリにおけるモンテス社の知識と経験、アルゼンチンの恵まれた土壌が見事に融合した、ハイコスパ・デイリーワインの代名詞

こちらのワインは、程良く香る木樽のニュアンスが心地良く、ビターチョコレートやバニラのような

複雑味も感じられ、非常にまろやかでバランスのとれた仕上がりです。

ボルドーよりも ボルドーに始まり、ナパに行き、そしてシドニー近辺でいくつもワイナリーを探訪、その結果、いま家で飲んでいるのはカイケン。

セラーには7~80本、ボルドーが入っているが「塩漬け」のまま、Value for moneyでは「最高点」ではないかと感じている。

4. その名は 「カイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン」

通常価格 1,800 円 (税抜)

木樽のニュアンスが心地よいまろやかで凝縮感のある味わいが特徴の赤ワイン。

熟したプラムやベリー系果実の甘い香りと、スパイスとブラックオリーブのニュアンス。

程良く香る木樽のニュアンスも心地良く、果実味はフレッシュでジューシー。

ビターチョコレートやバニラのような複雑味も感じられます。

凝縮感のある味わいが余韻まで長く続く、飲み応えある1 本です。

 

 

これがアルゼンチンのモンテスのワイナリー!


アルゼンチンの恵まれた土壌が見事に融合!カイケンはモンテス社がチリの隣国、アルゼンチンに所有するワイナリー!

 

[カイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン]

チリのトップワイナリー、モンテス社がアルゼンチンで手掛ける定番の人気シリーズ。

まろやかで凝縮感のある味わいが魅力の赤ワイン。

カイケンは、チリにおけるモンテス社の知識と経験、アルゼンチンの恵まれた土壌が見事に融合した、ハイコスパ・デイリーワインの代名詞。

こちらのワインは、程良く香る木樽のニュアンスが心地良く、ビターチョコレートやバニラのような複雑味も感じられ、非常にまろやかでバランスのとれた仕上がりです。

ボルドーよりも ボルドーに始まり、ナパに行き、そしてシドニー近辺でいくつも

ワイナリーを探訪、その結果、いま家で飲んでいるのはカイケン。

セラーには7~80本、ボルドーが入っているが「塩漬け」のまま、Value for moneyでは「最高点」ではないかと感じている。

生産者:KAIKEN カイケン

生産地:アルゼンチンメンドーサ    タイプ:ワイン  > 赤ワイン

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン(100%)    栓:スクリューキャップ

おすすめ料理:和牛ハンバーグ、サーロインステーキ

[味わい]

外観は深みのあるルビー色。グラスに注ぐと、熟したプラムの甘やかな香りや ビターチョコレートやバニラのニュアンスが漂います。

まろやかな口当たりと凝縮した果実の旨味が魅力。

しっかりとした骨格に中に、成熟した柔らかなタンニンが感じられます。

余韻も長く、バランスのとれた赤ワインです。

ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニヨン(100%)

評価:サクラアワード2020にてゴールド受賞

[商品情報]

こちらのカイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨンに使用されるブドウのうち、

70%のブドウはファーストゾーンの各地、残りはメンドーサとウコ・ヴァレーというアルゼンチン有数の銘醸地で造られています。

ブドウは全て手摘みで収穫、厳しい選別を施し、40%はフレンチオークの樽で6ヶ月熟成。

品質とクオリティへのこだわりは、チリでのワイン造りとなんら変わりはありません。

造られるワインは、 程良く香る木樽のニュアンスも心地良く、 果実味はフレッシュでジューシーな味わい。

ビターチョコレートやバニラのような複雑味も感じられ、非常にまろやかでバランスのとれた仕上がりです。

[生産者について カイケン KAIKEN]

モンテス社がアルゼンチンで手掛けるワイナリー。

プレミアム・チリワインの先駆けであるモンテス。

1988年にチリのワイン・シーンをリードする4人の専門家によって設立されて以来、

革新的なワイン造りを続け、今や誰もが認めるチリを代表するトップワイナリーです。

カイケンはそのモンテス社がチリの隣国、アルゼンチンに所有するワイナリー。

モンテス社の起源であるチリと、アンデス山脈を越えた隣国アルゼンチンでの新しい挑戦の象徴として、

アンデス山脈の渡り鳥ガンの現地名である「カイケン」と名付けられています。

2009年ヴィンテージはワインアワード2011で全720種類の中から最高のアルゼンチンワインに選ばれました!

アルゼンチンで最も名高い銘醸地メンドーサ州にブドウ畑を所有しています。

砂土から粘土質、河川により運ばれた沖積土や、山の岩が風により浸食された崩積土も含まれる

複雑な土壌がブドウ栽培に適しており、昼と夜の気温差の大きい大陸性気候のため、実った果実は適度な酸を備えながらじっくりと成熟します。

加えてアンデス山脈からの風の影響でブドウは乾燥し、1年を通じて病害虫や腐敗の心配がなく

殺虫剤や除草剤が必要ないため、自然とオーガニックでナチュラルなワインを造ることができます。

このように理想的な条件のもと、チリで培った技術と知識を活かし高品質なワインを造り出しているカイケン。

その実力は高く評価され、有名ワイン評価誌で幾度も高得点を獲得。

チリ発のプレミアム品質がそのままアルゼンチンへ渡ったワイナリーなのです。

[生産地について アルゼンチンメンドーサ]

「アルゼンチンきっての銘醸地かつ、世界10大ワイン首都の1つ。」

メンドーサは世界10大ワイン首都の1つに認められ、2016年には世界最優秀ソムリエコンクールが開催された産地。

典型的な大陸性気候で、遅霜と雹のリスクが高い反面、降水量が非常に少なく病害のリスクが

低くなっているのが利点となって、マルベックの赤やトロンテスの白を中心に良質なワインを生み出しています。

エノテカ からのメッセージ。

 

 

アルゼンチンのワイン地図!


アルゼンチン・メンドーサ!アルゼンチンの恵まれた土壌が見事に融合!!

 

[【Wine ワイン】2018 カイケン·エステート·カベルネ·ソーヴィニヨン]

2018 カイケン·エステート·カベルネ·ソーヴィニヨン

2018 Kaiken Estate Cabernet Sauvignon

生産者 :Kaiken (Montes)    カイケン:生産国 / 地域

Argentina / Mendoza:アルゼンチン / メンドーサ

葡萄品種:C カベルネ・ソーヴィニョン100%

チリの名ワイナリー“モンテス“がアルゼンチンで作るハイコストパフォーマンスの赤ワイン。

[ワイン詳細インポーターWebより]

カイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン

カイケンは、チリにおけるモンテス社の知識と経験、アルゼンチンの恵まれた土壌が見事に融合した、ハイコスパ・デイリーワインの代名詞。

こちらのワインは、程良く香る木樽のニュアンスが心地良く、ビターチョコレートやバニラのような複雑味も感じられ、非常にまろやかでバランスのとれた仕上がりです。

[商品情報]

こちらのカイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨンに使用されるブドウのうち、

70%のブドウはファーストゾーンの各地、残りはメンドーサとウコ・ヴァレーというアルゼンチン有数の銘醸地で造られています。

ブドウは全て手摘みで収穫、厳しい選別を施し、40%はフレンチオークの樽で6ヶ月熟成。

品質とクオリティへのこだわりは、チリでのワイン造りとなんら変わりはありません。

造られるワインは、 程良く香る木樽のニュアンスも心地良く、 果実味はフレッシュでジューシーな味わい。

ビターチョコレートやバニラのような複雑味も感じられ、非常にまろやかでバランスのとれた仕上がりです。

[生産者について]  カイケン    KAIKEN

モンテス社がアルゼンチンで手掛けるワイナリー

プレミアム・チリワインの先駆けであるモンテス。

1988年にチリのワイン・シーンをリードする4人の専門家によって設立されて以来、

革新的なワイン造りを続け、今や誰もが認めるチリを代表するトップワイナリーです。

カイケンはそのモンテス社がチリの隣国、アルゼンチンに所有するワイナリー。

モンテス社の起源であるチリと、アンデス山脈を越えた隣国アルゼンチンでの新しい挑戦の象徴として、

アンデス山脈の渡り鳥ガンの現地名である「カイケン」と名付けられています。

これが渡り鳥ガンの現地名である「カイケン」です!

ブドウ畑は、アルゼンチンで最も名高い銘醸地メンドーサ州に所有。

砂土から粘土質、河川により運ばれた沖積土や、山の岩が風により浸食された崩積土も含まれる

複雑な土壌がブドウ栽培に適しており、昼と夜の気温差の大きい大陸性気候のため、実った果実は適度な酸を備えながらじっくりと成熟します。

加えてアンデス山脈からの風の影響でブドウは乾燥し、1年を通じて病害虫や腐敗の心配がなく

殺虫剤や除草剤が必要ないため、自然とオーガニックでナチュラルなワインを造ることができます。

このように理想的な条件のもと、チリで培った技術と知識を活かし高品質なワインを造り出しているカイケン。

その実力は高く評価され、有名ワイン評価誌で幾度も高得点を獲得。

チリ発のプレミアム品質がそのままアルゼンチンへ渡ったワイナリーなのです。

[生産地について  アルゼンチン  メンドーサ]

アルゼンチンきっての銘醸地かつ、世界10大ワイン首都の1つ。

メンドーサは世界10大ワイン首都の1つに認められ、2016年には世界最優秀ソムリエコンクールが開催された産地。

典型的な大陸性気候で、遅霜と雹のリスクが高い反面、降水量が非常に少なく

病害のリスクが低くなっているのが利点となって、マルベックの赤やトロンテスの白を中心に良質なワインを生み出しています。

note 記事より。

 

 

ウコ・ヴァレーはここです!


メンドーサとウコ・ヴァレーというアルゼンチン有数の銘醸地!!!

 

[ワイン 赤ワイン 2018年 カイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン(スクリューキャップ)

/カイケン アルゼンチン メンドーサ 750ml]

2018 KAIKEN ESTATE CABERNET SAUVIGNON / KAIKEN

◆商品カテゴリ:ワイン 赤ワイン

◆生産地:アルゼンチン メンドーサ

◆生産者:カイケン

[商品情報]

2018 KAIKEN ESTATE CABERNET SAUVIGNON / KAIKEN

◆商品カテゴリ:ワイン 赤ワイン

◆生産地:アルゼンチン メンドーサ

◆生産者:カイケン

2018 KAIKEN ESTATE CABERNET SAUVIGNON / KAIKEN

チリのトップワイナリー、モンテス社がアルゼンチンで手掛ける定番の人気シリーズ。

まろやかで凝縮感のある味わいが魅力の赤ワイン。

カイケンは、チリにおけるモンテス社の知識と経験、

アルゼンチンの恵まれた土壌が見事に融合した、ハイコスパ・デイリーワインの代名詞。

こちらのワインは、程良く香る木樽のニュアンスが心地良く、ビターチョコレートやバニラのような

複雑味も感じられ、非常にまろやかでバランスのとれた仕上がりです。

[味わい]

外観は深みのあるルビー色。

グラスに注ぐと、熟したプラムの甘やかな香りや ビターチョコレートやバニラのニュアンスが漂います。

まろやかな口当たりと凝縮した果実の旨味が魅力。

しっかりとした骨格に中に、成熟した柔らかなタンニンが感じられます。

余韻も長く、バランスのとれた赤ワインです。

ブレンド比率 : カベルネ・ソーヴィニヨン(100%)    評価 : サクラアワード2020にてゴールド受賞

[商品情報]

こちらのカイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨンに使用されるブドウのうち、

70%のブドウはファーストゾーンの各地、残りはメンドーサとウコ・ヴァレーというアルゼンチン有数の銘醸地で造られています。

ブドウは全て手摘みで収穫、厳しい選別を施し、40%はフレンチオークの樽で6ヶ月熟成。

品質とクオリティへのこだわりは、チリでのワイン造りとなんら変わりはありません。

造られるワインは、 程良く香る木樽のニュアンスも心地良く、 果実味はフレッシュでジューシーな味わい。

ビターチョコレートやバニラのような複雑味も感じられ、非常にまろやかでバランスのとれた仕上がりです。

[生産者について]

カイケン   KAIKEN

モンテス社がアルゼンチンで手掛けるワイナリー。

プレミアム・チリワインの先駆けであるモンテス。

1988年にチリのワイン・シーンをリードする4人の専門家によって設立されて以来、

1988年にチリのワイン・シーンをリードする4人の専門家によって設立!

革新的なワイン造りを続け、今や誰もが認めるチリを代表するトップワイナリーです。

カイケンはそのモンテス社がチリの隣国、アルゼンチンに所有するワイナリー。

モンテス社の起源であるチリと、アンデス山脈を越えた隣国アルゼンチンでの新しい挑戦の象徴として、

アンデス山脈の渡り鳥ガンの現地名である「カイケン」と名付けられています。

アルゼンチンで最も名高い銘醸地メンドーサ州にブドウ畑を所有しています。

砂土から粘土質、河川により運ばれた沖積土や、山の岩が風により浸食された崩積土も含まれる

複雑な土壌がブドウ栽培に適しており、昼と夜の気温差の大きい大陸性気候のため、

実った果実は適度な酸を備えながらじっくりと成熟します。

加えてアンデス山脈からの風の影響でブドウは乾燥し、1年を通じて病害虫や腐敗の心配がなく

殺虫剤や除草剤が必要ないため、自然とオーガニックでナチュラルなワインを造ることができます。

このように理想的な条件のもと、チリで培った技術と知識を活かし高品質なワインを造り出しているカイケン。

その実力は高く評価され、有名ワイン評価誌で幾度も高得点を獲得。

チリ発のプレミアム品質がそのままアルゼンチンへ渡ったワイナリーなのです。

[生産地について]

アルゼンチン > メンドーサ

アルゼンチンきっての銘醸地かつ、世界10大ワイン首都の1つ。

メンドーサは世界10大ワイン首都の1つに認められ、2016年には世界最優秀ソムリエコンクールが開催された産地。

典型的な大陸性気候で、遅霜と雹のリスクが高い反面、降水量が非常に少なく

病害のリスクが低くなっているのが利点となって、マルベックの赤やトロンテスの白を中心に良質なワインを生み出しています。

Pay Pay モール 記事より。

 

 

これが天使のワイン「モンテス」です!天使とはムライさんのこと!


天使のワインモンテスとはムライさんのこと!私の試飲評価 ★★★★++!

 

カイケン・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン!

チリのトップワイナリー、モンテス社がアルゼンチンで手掛ける定番の人気シリーズ。

カイケンは、チリにおけるモンテス社の知識と経験、アルゼンチンの恵まれた土壌が見事に融合した、ハイコスパ・デイリーワインの代名詞。

ボルドーよりも ボルドーに始まり、ナパに行き、そしてシドニー近辺でいくつもワイナリーを探訪、その結果、いま家で飲んでいるのはカイケン。

余韻も長くバランスの取れたワイン。カイケンー渡り鳥のガンの現地名。

メンドーサはアルゼンチンきっての銘醸地!

試飲記録   2020-10-13-15-17       「パソ・デ・アドス2017」と飲み比べ対決。


 

外観:濃い目の色合いでルビーというよりはガーネットの近い色合い。

アロマ:カベルネ独特のカシスのアロマが口いっぱいに広がった。

ボディ:飲み応え十分のフルボディ。

アタック:口に含んだ瞬間甘い旨味が口を覆いこのワインの評価は高いぞと叫んでいた。

酸味も強く刺激してくる。

ストラクチュア:強よい酸味に強めの渋みで、バランスとしてはすごくいい。

ストラクチュア最高だよモンテスのチリ・カベ。

一口評:「パソ・デ・シラー」との飲み比べだが、このワインはすでに七日目ぐらいで大変旨くなっていてやや不利か。

モンテスのワインは初めてですがこれがモンテスのチリ・カベだ!

このワインはエノテカの会長が天使とは、ムライさんのことと言うので購入した次第です。

モンテス最高にいいワインです、この独特のフレーバーがモンテスのチリ・カベです!!

評価は高く四つ星++だが日にちが経つと酸味が柔らかくなるのでもっと旨くなります。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。