ウルトラ重機・6!石炭を掘り出し直ぐに発電所へ運ぶ凄い奴!超巨大カリスマ重機!

Pocket

これが[バケットホイールエスカベーター]です!


ウルトラ重機・6!ブルガリアの凍てつく大地を削っていく!ブルガリアの超巨大カリスマ重機!!

 

全長170mを超える巨大な重機。

無数のバケットを回転させてブルガリアの凍てつく大地を削っていく!

ブルガリアの超巨大カリスマ重機!

田辺誠一が日本人として初めて操縦した!

レア重機たちに遭遇!

ポーランドは地下鉱山の聖地!

地底800mに達すると真っ白な世界!

岩塩を採掘するウルトラ重機!

塩が湧き出てきている!

日本では鉄道工事の特殊重機!

線路を付け替える深夜の大工事!

 

めくるめく重機の世界!

ウルトラ重機6!

カリスマ重機から地底の生地へ!

 

 

採掘した石炭は、火力発電所まで運ばれる!

ブルガリアの石炭鉱山!超巨大重機がひしめく大地!採掘した石炭は、火力発電所で!

 

ブルガリアの石炭鉱山。

超巨大重機がひしめく大地。

1952年に操業を開始したこの鉱山。

広さは240KM2で、東京ドーム5000個以上。

[マリツアイースト鉱山]

採掘した石炭は、火力発電所があってそこに運ばれます。

この鉱山の石炭の生産量は年間およそ600万トン。

その石炭がブルガリア全体の約40%を賄っています。

石炭の上には暑さ120mの表土があります。

それを取り除いてから石炭を掘っています。

これははるか120m下から石炭を掘り出し埋め戻した跡だ。

分厚い表土を剥ぎ取る方がトンネルを掘って運び出すよりコストが安いのです。

それを可能にしたのがカリスマ重機だ。

そこに重機が現れた!

デカイ!

巨大ですね!

これが[バケットホイールエスカベーター]です。

バケットホイールエスカベーターです!

硬い地層を物ともせず掘り出す重機。

全高52m 全幅33m 全長172m 重量5200t。

大きな爪のついたホイールでバケットを回転させ表土を削り出してゆく。

ホイールの直径は15m。

1時間で8000tの土砂を取り除く能力がある。

世界最大のバケットホイールエスカベーターで見る人を圧倒する。

それがカリスマと言われる由来だ。

スキ取られた土砂がチェーンにかかり土砂を取り出せるのだ。

細かい土砂まで落ちにくくなっている。チェーンのバケットのため軽くてメンテナンスが楽だ。

壁面の地層によって変わりますが1日に20本から40本の刃を取り替えます。

刃は鋼鉄製だが交換が必要になる。1本が28kgの重さ。

このバケットホイールエスカベーターをどうやって動かしているのか?

17階のビルの高さに相当する高さ。

スキ取られた土砂はコンベアーに乗せられ数キロ先まで別のコンベーアーで運ばれるようになっている。

コンベアーの総延長は150kmで東京から静岡までの長さ。

コックピットはエクスカベーターのすぐ近くだ。

5200tのエクスカベーターがゆっくりと動いてゆく。

石炭層の中には粘土層が挟まっています。

石炭、粘土、石炭と入り組んでいますが特殊な仕組みで、石炭だけを採掘できるのです。

コックピットはこの操作を一人の人が行っています。

象の鼻のように長いバケットが移動しながら石炭だけをかき出してゆく

石炭は数キロ先にある発電所へ運ばれる。

そこで石炭は燃やされてブルガリアの人々の電力となるのです!

石炭のために改良されて進化した重機を見た!

その重機は日夜最大限の力を発揮していた。

その姿はまるで大きな父親の背中のようだった!

地球という大地の上で今日も頑張っている!

重機は私の人生そのものです!

 

 

能力は時間30個のコンテナを積み下ろせる!

港で働くレア重機たち!能力は時間30個のコンテナを積み下ろせる!!

 

[港で働くレア重機たち!]

これは「バケットホイールエスカベーターです。

10tの荷物を吊り上げられるクレーンです。

バケットホイールエスカベーターは

全高:18.7m 全幅:9m 全長:16.4m 重量:313.7t の仕様。港に運び込まれた大量のコンテナを素早く下ろす重機。

28本のタイヤで313.7tの重量を支える!

モバイル=機動性のある重機でどこへでも素早く移動し作業できる。

リモコン操作も可能です。能力は時間30個のコンテナを積み下ろせる。

このクレーンはスプレーターの幅を変えることができるので、異なった大きさのコンテナに対応できる優れもの。

しかも同時に2つのコンテナを運べます!

ユニークな重機は他にもたくさんある。

これは私たちが一緒に開発したブルガス港のために作った重機で。

[マテリヤルハンドラー]

全高:21.2m 全幅:13.6m 全長:35m 重量:360t。

最大の特徴は長いアームです。

[マテリヤルハンドラー]最大の特徴は長いアームです!

船の底から銅を取り出して運べるのです。

先端のバケットは銅の粒子がこぼれ出ないようにピタリと閉まる。

先端のバケットはいかに軽くできるのかを考えた結果このデザインになりました。

バケットを軽くすればその分運べる銅の量を増やせます。

足元にも秘密がある足元の開いた間を列車が通過できるように考え抜かれた形なのです。

[リーチステッカー]が現れた。

全高:4.6m 全幅:4.2m 全長:11.0m 重量:69.5t。

コンテナの積み下ろしを効率よく行う工夫されたリーチステカーだ。

アタッチメントを変えるだけでコンテナだけでなく色々なものを持ち出せる進化した重機。

世界中から届く様々な荷物に進化させ対応している。

 

 

世界最大の重機の祭典!

世界最大の重機の祭典!災害復旧を担う重機たち!!

 

[世界最大の重機の祭典]

この祭典では「パイプライントレンチ」 は水道管の溝が掘れるプロフェッショナル。

や「自走式マニュピレーター」 というガラスを運んでそのまま据え付けるまでができるスーパーマシーン。

「コンクリート成型機」 縁石を作る重機で1分間で15m作れるて、カーブでもつなぎ目無し!

さらに600km離れた重機を5台同時に操作できるものや3300km離れたノースカロライナ州の重機は5秒以内で操縦可能!

それはリモートコントロールの改良で安全かつ快適な作業環境に変わっている。

1万人が出場した「世界大会」では勝ち抜いた九人が頂点を目指す。

日本からもベテラン二人が参戦。

世界一はカナダのオペレーター。

日本は原田が4位で田中が5位だった。

人と重機が一緒になってミッションを果たす大会でした。

[特殊重機が線路を運ぶ]

古い線路を取り除き新しい線路を設置する工事だ。

分岐器=ぶんきき という新しい線路を設置する工事だ。

「鉄道クレーン車」

 古い線路を取り除き新しい線路を設置する工事だ!

全高:4m 全幅:28-6m 全長:55-66m 重量:168t。

日本にわずか2台しかない重機。

ブームを長く伸ばし線路を吊り上げる。

最大の特徴はブームを低く保ったまま運べること。このように特殊な仕組みを備えている優れもの。

アームを伸ばした時反対にカウンターウエイトが伸びてバランスする仕組み。

線路の運搬に特化したウルトラ重機。

まずは線路の撤去だが、2本のレールを枕木ごと吊り上げる。

アウトリガーで車体を回転して完了。

分岐器はさらに重い。

アウトリガーが沈みすぎてやり直し、寸分のズレも許されないが今度は固定された。

アウトリガーの沈み込みにも対応できていた。

重機は明るい未来を作り人の幸福を生み出すもの!

[災害復旧を担う重機たち]

タービン式消化装置。

火災現場での捜査は全てリモコン。

4700l/分の能力がある!

81式自走式架柱橋は、長さが10mの橋になる!

92式浮橋は水の中にぶち込んでイカダになるので、そのイカダ同士を連結して橋になる、1000m以上も可能!

野外炊具1号改は200人分の炊事を一度で作れる!

 

 

ヴィエリチカ岩塩坑の礼拝堂!


地下鉱山の王国・ポーランド!地下には世界最大の塩の礼拝堂!!

 

[地下鉱山の王国・ポーランド]

「ベビーローダー」などが無数に特化した重機!

「聖地が産んだ地底重機」

ヴィエリチカ岩塩坑!

その長さ300kmで、地下には世界最大の塩の礼拝堂がある!

坑夫が作った地下100mの深さに、真っ白で全て岩塩で作られた礼拝堂だ!

1立方mの岩塩があると、その半分の塩であれば、大きな村とそこに住む人全員を丸ごと賄えました。

当時岩塩には金と同じぐらいの高い価値があった。それらは塩分が結晶化してできた岩塩。

その岩塩の採掘は当時命がけでした!

メタンガスによる火災や岩塩を運び出す際の事故も相次いだ!

18世紀の終わりまでは1年で20%の坑夫が亡くなった。

その結果安全な採掘法につながっていった。

シェワショヴィツエ岩塩坑は、地下千mまで一気に降りられる、高速エレベータで1分半で着く。

それでは車に乗って岩塩の採掘現場へ、この奥には別世界が広がっている!

雪のように真っ白なのは、信じられないかもしれませんが全て岩塩です!

どうぞ舐めてみてください。

田辺が優しい味という!

これは2億年前にできた塩です。

そうですこれは地球の歴史です!!

岩塩は凍結防止剤や工業用に使われています!

[ソルトエクスカベーター]

全高:4.6m 全幅:4.6m 全長:15m 重量:135t。

144このヘットには鋭い突起がついていて、9mの幅を掘削できる。

動き出す塩煙がすごく舞い立つ。真っ白な煙は塩の泉!

その削り跡は宮殿のよう。

さらに進化したスペシャルな重機がある。

[ソルトハーベスター]

全高:4.5m 全幅:7.2m 全長:13.8m 重量:140t。

ヘッドの幅は7mと巨大だ!

140個の刃で岩塩を砕く!

その能力は1日1000t を採掘できる。

刃先は特殊な合金なので錆びません!

だが摩耗するので1日10本交換します。

これからこの重機で岩塩の採掘を始めます。

幅7m以上のヘッドが岩塩を削り取ってゆく!

この重機の特徴は掘りながら運び出せるのだ!

この1台で全てのプロセスが行える設計になっています。

この重機はこの岩塩坑の環境に合わせて設計製造されたオリジナルです!!

しかもリモコン操作も可能!

塩は大きな価値を持っています北国では冬の道路の凍結防止剤として、岩塩が交通の安全を守っています!

岩塩は昔「白い金」と呼ばれるほど貴重でしたが、これからも私たちの生活に欠かせないものです!

私の父も坑夫でした――私はこの岩塩の伝統を守っていきます!

重機は私たちの命をつないでいく!!

2020-6-6  NHK BS 放送を聞き取り記事にしたものです!

 

 

美しすぎる塩の地下宮殿・ヴィエリチカ岩塩坑!ここだけは別世界でした!

美しすぎる塩の地下宮殿・ヴィエリチカ岩塩坑!ここだけは別世界でした!!

 

[美しすぎる塩の地下宮殿、ポーランド「ヴィエリチカ岩塩坑」でソルトアートを鑑賞]

初めてのポーランドの旅では、ヨーロッパでも大変珍しい観光スポットが多いことに驚かされました。

とくに、世界遺産の古都クラクフを含むポーランド南部のマウォポルスカ地方です。

第4回目は、ショパンやローマ法王も観光に訪れたというヴェリエチカ岩塩坑と、ミネラル水の町シチャブニツァのスパホテルをリポートいたします。

[まるで地下にひとつの国があるかのような、ヴィエリチカ岩塩坑]

壮観、という言葉はこの場所のためにあるのではないでしょうか。

世界中に地下洞窟や鍾乳洞など多くの観光スポットがありますが、正直に言いますと、筆者はどんな有名なスポットでもあまり気乗りがしないのです。

土の中の圧迫感といいますか、独特の匂いなどが気になってしまうのですが、ここだけは別世界でした。

「大空間が広がるキンガ礼拝堂。」

まさに「塩の宮殿」と呼ぶにふさわしい、美しすぎる岩塩坑。

こちらは、13世紀半ばに開かれた岩塩の採掘場で、深さ327m、全長300km、その広さは900万立方㎡に達します。

採掘場には、2000の小部屋と大広間、礼拝堂、食堂、運動場まであり、さながら地底国家の様相です。

11世紀にはすでに岩塩開発が始まり、18世紀には現在のような岩塩坑が出来上がっていたということです。

ヴィエリチカとは、ポーランド語のWielka Sol(ヴィエルカ・ソル、素晴らしい塩)が変化したもので、それが町の名前となりました。

最大の見どころは深さ100mのところにある、大広間。

聖ギンガ礼拝堂です。

小さな礼拝堂はとても綺麗なデザインです!

巨大でありながら壮麗な塩シャンデリアのほか、床、階段、天井、裁断、壁のレリーフなど

すべて塩でできており、ダヴィンチの名画「最後の審判」や聖人、ローマ法王の像など、さまざまな「塩アート」が鑑賞できます。

観光コースには、坑夫服を着用して採掘から運搬までの仕事を体験できる「山のコース」や、岩塩坑内の宗教について学べる「祈りのコース」などもあります。

今でも1日約6000人、年間220万人以上が訪れる大人気の岩塩坑で、1978年、世界初の世界遺産として登録されています。

[ポーランドを「塩の国」にしたヴィエリチカ伝説]

1700万年前、ヴィエリチカ周辺は海でした。

地殻変動が起こり、陸と陸の間に海水が残り湖となります。

湖が太陽の熱で蒸発し、塩の層だけが堆積して残るのが岩塩です。

その昔、13世紀にポーランド王ボレスワフ5世との婚礼のためにやってきたハンガリーの王女キンガが、

旅の途中で通った泉に、願いを込めて指輪を投げたという場所がヴィエリチカで、

そこから塩が産出されるようになった、という伝説も残されています。

ハンガリーから連れてこられた馬も労働に駆り出されていた。

中世期、塩は「白い金」と呼ばれており、塩は金よりも価値のある宝でした。

1樽の塩で1つの村と交換できるくらいの価値があったそうで、中世時代のポーランドの財源を担った製塩は、現在も続いています。

こちらの岩塩は併設されたギフトショップで購入することができます。

塩にこだわる方も多いと思いますが、こちらの岩塩は適度な湿気を含み、日本人好み。塩そのものをお酒のおつまみにできるほどです。

味わってみればお分かりになると思います。

婦人画報記事より一部を紹介。

 

 

 

硬い地層を物ともせず石炭を掘り出す重機!

硬い地層を物ともせず石炭を掘り出す重機!重機に進化は・すでに凄いものがあります!!

 

今日のまとめ。

ブルガリアの石炭鉱山。超巨大重機がひしめく大地。

これが[バケットホイールエスカベーター]です。

大きな爪のついたホイールでバケットを回転させ表土を削り出してゆく。

ホイールの直径は15m。

1時間で8000tの土砂を取り除く能力がある。

世界最大のバケットホイールエスカベーターで見る人を圧倒する。

スキ取られた土砂はコンベアーに乗せられ数キロ先まで別のコンベーアーで運ばれるようになっている。

石炭は数キロ先にある発電所へ運ばれる。

そこで石炭は燃やされてブルガリアの人々の電力となるのです!

地下鉱山の王国・ポーランド!

ヴィエリチカ岩塩坑!その長さ300kmで、地下には世界最大の塩の礼拝堂がある!

坑夫が作った地下100mの深さに、真っ白で全て岩塩で作られた礼拝堂だ!

[ソルトハーベスター]

これはコンバインハーベスターです!これが進化してソルトハーベスターになった!

幅7m以上のヘッドが岩塩を削り取ってゆく!

この重機の特徴は掘りなながら運び出せるのだ!

この1台で全てのプロセスが行える設計になっています。

この重機はこの岩塩坑の環境に合わせて設計製造されたオリジナルです!!

しかもリモコン操作も可能!

このように世界では進化したウルトラ重機が、人間では手に負えないような巨大な

ブルガリアの石炭鉱山を採掘したり、又、地下鉱山の王国ポーランドの

ヴィエリチカ岩塩坑は長さが300kmもあり、地下には世界最大の塩の礼拝堂まであって、

いかに重機たちが進化に進化を重ね、人々の生活に欠かせないものになっています。

重機は私たちの命をつないでいく、欠かせない存在です!

ウルトラ重機の開発で人々が手にした恩恵は計り知れないものが積み重なっています。

もうウルトラ重機なしには世界は成り立たない――-そんな重要な価値観で覆われているのです!

これからもますますウルトラ重機の活躍を期待し続けます!!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。