イースター島のモアイ像に敬意を表し生まれた赤ワイン!アイランド・イースター2019!

Pocket

イースター島のモアイ像に敬意を表し生まれたワイン!

イースター島のモアイ像に敬意を表し生まれたワイン!アイランド・イースター2019

 

スーパーチリワイン赤6本セットの中の

「アイランド・イースター・カベルネ・ソーヴィニヨン2019」を紹介。

「安くておいしい」ニューワールド・ワインの中でも圧倒的な人気を誇るチリワイン。

毎年日本への輸入量は増え続け、長年不動の1位を守り続けてきたフランスをついに逆転。

チリワインはいまや日本のワインシーンになくてはならない存在と言えます。

今回はエノテカが誇るチリワインのラインナップから、

名実ともにトップとうたわれるスーパー生産者が造る赤ワインを厳選し、

セットならではのお得な価格でご用意しました。

様々な食事に合わせやすいカベルネ・ソーヴィニヨン、エレガントな味わいが魅力のマルベック、

ソフトな口当たりと芳醇な味わいのメルロなど、圧倒的高品質の6本を厳選。

圧倒的コスパを誇る6本で、チリワインの魅力をご堪能ください!

④ エノテカが生産者とともに平和への願いを込めて造り出したワイン。

ジューシーな果実味と繊細なタンニンが魅力。

その名は「アイランド・イースター・カベルネ・ソーヴィニヨン2019」

/ クイマイ ( チリ)

通常価格1,500 円 (税抜)

クイマイは、チリ最高のプレミアムワイン、アルマヴィーヴァを手掛ける、

コンチャ・イ・トロのグループワイナリー。

こちらは、チリの歴史と雄大な自然を象徴する、ワインです。

フレッシュな赤系果実をベースに、コーヒーやチョコレートが引き立つ香ばしいアロマ。

繊細なタンニンが上品な余韻まで続きます。

チリ最大かつ最高峰のワイナリーグループ。

チリの歴史と雄大な自然を象徴するイースター島のモアイ像に敬意を表し生まれたワイン。

サンチャゴに有るのがセントラルヴァレー!

チリでも高度なワイン造りが盛んな、セントラル・ヴァレーで造られたこちらのキュヴェ。

フレッシュな赤系果実をベースのミディアムボディー。

上品で飲み心地の良さが魅力です。

[味わい] 

光沢のあるルビーレッドの色合い。フレッシュな赤系果実をベースに、

コーヒーやチョコレートが引き立つ香ばしいアロマがあります。

新鮮なプラムやカシスの風味が口いっぱいに広がり、

ミディアムボディで繊細なタンニンも感じることができます。

とても長い上品な余韻が特徴的ローストした赤身肉や、

ウォッシュチーズなどの香りの強いチーズなどと好相性です。

[商品情報] 

光沢のあるルビーレッドの色合い。

フレッシュな赤系果実をベースに、

コーヒーやチョコレートが引き立つ香ばしいアロマがあります。

新鮮なプラムやカシスの風味が口いっぱいに広がり、

ミディアムボディで繊細なタンニンも感じることができます。

とても長い上品な余韻が特徴的ローストした赤身肉や、

ウォッシュチーズなどの香りの強いチーズなどと好相性です。

 

 

クイマイはセントラル・ヴァレーのワイナリー。


クイマイはアルマヴィーヴァを手掛けるコンチャ・イ・トロのグループワイナリー!セントラル・ヴァレー!

 

[生産者について] クイマイ  QUIMAI

コンチャ・イ・トロがチリで手掛ける、グループワイナリー

クイマイはアルマヴィーヴァを手掛けるコンチャ・イ・トロのグループワイナリー。

コン・チャ・イ・トロは、ボルドーからブドウの苗をチリへ持ち込み、

ブドウ栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにブドウ畑を開拓した

チリ最大かつ最高峰のワイナリーです 。

家族経営から始まった事業は急速な成長を遂げ、

1933年にはヨーロッパへの初の輸出を行い、世界進出への第一歩を踏み出しました。

1970年代以降は品質本位のポリシーに基づく路線を目指し、

1980年代には全ての醸造システムに新技術を取り入れワイナリーの近代化に努めました。

チリの歴史と雄大な自然を象徴する、

イースター島のモアイ像に敬意を表し生まれたワインを造っています。

なかでもアイランド・イースターは、

イースター島のモアイ像に敬意を表し生まれたワイン!

エノテカが生産者とともに平和への願いを込めて造り出したワイン。

ラベルに描かれているモアイ像は、マナという霊魂が宿る守り神であり、

古くからチリの人々に親しまれてきました。

アイランド・イースターは、コンチャ・イ・トロの始まりの地、マイポ・ヴァレーを包括する

セントラル・ヴァレー一帯で収穫されたブドウから造られます。

地中海性気候に属するセントラル・ヴァレーは、

温暖な気候ながらはっきりとした四季があり、夏は長く乾燥した気候が特徴的。

日照量に恵まれ、かつ昼夜の気温差が大きいため、ブドウ栽培に非常に適しています。

[生産地について]   

チリセントラル・ヴァレー チリのブドウ栽培発祥の地。

チリのブドウ栽培発祥の地、セントラル・ヴァレー。

雨量が年間300mm未満と非常に乾燥した産地で、

サブリージョンのマイポ・ヴァレー、ラペル・ヴァレー、クリコ・バレーで伝統的に

ボルドー品種、カルメネール、パイスが栽培されていることで有名です。

チリ最大のブドウ産地でもあるマウレヴァレーでは近年カリニャンが盛んに生産されていて、

非灌漑、樹齢30年以上の古木、2年間の熟成などの厳しい条件を経てカリニャンのワインを作る

「VIGNO(ヴィーニョ)プロジェクト」が注目を集めています。

[セントラル・ヴァレーのワインについて]

チリのブドウ栽培発祥の地、セントラル・ヴァレー。

雨量が年間300mm未満と非常に乾燥した産地で、

サブリージョンのマイポ・ヴァレー、ラペル・ヴァレー、クリコ・バレーで伝統的に

ボルドー品種、カルメネール、パイスが栽培されていることで有名です。

チリ最大のブドウ産地でもあるマウレヴァレーでは近年カリニャンが盛んに生産されていて、

非灌漑、樹齢30年以上の古木、2年間の熟成などの厳しい条件を経てカリニャンのワインを作る

「VIGNO(ヴィーニョ)プロジェクト」が注目を集めています。

アイランド・イースター・カベルネ・ソーヴィニヨン    1,500円(1,650円 税込) 

エノテカ記事より紹介しました。

 

 


 

生産者のクイマイは、世界屈指のワイナリー!光沢のあるルビーレッドの色合い!

 

アイランドイースターカベルネソーヴィニヨン2012

ワインの紹介   750mlボトルです

モアイ像は霊魂が宿る守り神として、古くからチリの人々に親しまれてきました。

生産者のクイマイは、世界屈指のプレミアムワイン

「アルマヴィーヴァ」を手掛けるコンチャ・イ・トロのグループワイナリー。

コン・チャ・イ・トロは、フランス・ボルドーからぶどうの苗をチリへ持ち込み、

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド!

ぶどう栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにぶどう畑を開拓したチリ最大かつ最高峰のワイナリーです。

アイランド・イースターはチリの銘醸地、

セントラル・ヴァレーで造られ、フレッシュな果実味とバランスに優れた味わいが魅力。

チリが誇る自然や歴史、文化がこのワインにギュッと凝縮されています。

プレミアム・ワインとは15~20ドルのワインのこと。

【品種】  カベルネ・ソーヴィニヨン 100%

【熟成】  現在飲み頃です。

■テイスティングコメント  

光沢のあるルビーレッドの色合い。

フレッシュな赤系果実をベースに、コーヒーやチョコレートが引き立つ香ばしいアロマがあります。

新鮮なプラムやカシスの風味が口いっぱいに広がり、

ミディアムボディで繊細なタンニンも感じることができます。

上品な長い余韻が特長的です。

■お召し上がり方    飲み頃温度:18-20度

このワインに合う料理 :サーロインステーキ、ローストビーフ、バーベキュー、ビーフシチュー、

ベーコンのソテー、ウオッシュチーズなどの香りの強いチーズ。

このワインに合う素材:牛肉、豚肉、デミグラスソース、ウオッシュチーズ  

保存方法 :ワインカーヴあるいは冷蔵庫の野菜室などで定温保管

■エノテカ(ENOTECA) その他の商品

オイチカではエノテカ(ENOTECA)のこだわりのワインを多数品揃え。

詳細はこちら「” >エノテカ(ENOTECA) @ oisix」

プレミアムワインとは? プレミアム・ワイン(15~20ドル)のワインの事。

 

 

普段重めを飲んでいるせいか…とても軽い!

 

香りはカシスがメイン!バランスがよい チリの赤!普段重めを飲んでいるせいか…とても軽い!

 

照りのある紫がかったルビー色 粘性は普通、

レッグはゆっくり 香りはカシスがメイン アタックは果実味と酸味がしっかり

タンニンはやや控えめ アフターは中程度の長さ バランスがよい チリの赤 2018

エノテカの10本1万円の赤ワインから2本目!

2018年だったので飲む3時間前に抜栓( • ̀ω•́ ) みずみずしいアタック…

意外… 酸とタンニンは抑えめ…フルーティーと薄いの間くらい…?

エノテカセットの1本。

18年の表示に少し驚きます笑 チリのカベソーですが

Alc12%が示すようにチリ っぽさは感じません。

かなり軽いボディです。

色もピノみたいでイチゴの香りもそれっぽい。

好みではないけれどキャラクターはマッチしていて

飲みやすくどんな料理にも合わせやすいタイプ。

エノテカのセットらしいワインです。

少し重めかな… チーズと一緒にゆっくりと頂きました。

少し重たい、フルーティだけど重さはある。

という印象。

テーブルワインとしてはコスパ◎だと思います。

アイランド・イースター カベルネ・ソーヴィニヨン(2018)

チリのカベルネでありながら、アルコール度12度と比較的軽く飲める一本。

(2017)   チリのカベルネでありながら、アルコール度12度と比較的軽く飲める一本。

鳥の唐揚げなどにも合う自由度が高い飲みやすいワイン?

美味しい!

アイランド・イースター カベルネ・ソーヴィニヨン(2017)  

チリのカベソーに合わすべく、張り切って作った鶏手羽と玉子のさっぱり煮。

焼き目をつけようとソテーした鶏手羽が、豪快に油を弾き火傷…日焼け止めとか、

美白クリームとか、今まで一生懸命してたのに(泣)

デイリーワインとしては最適。 抜栓後5時間くらいでかなり能力発揮。

ようやくエロさが出てきたと思ったら、あと一杯分くらいしかない。

オススメです。

アイランド・イースター カベルネ・ソーヴィニヨン(2016)   

店員さんにオススメされたワインをいただいました。

飲みやすく美味しいですね!

アイランド・イースター カベルネ・ソーヴィニヨン(2016)   

エノテカ3本千円シリーズ。

普段重めを飲んでいるせいか…とても軽い!

アイランド・イースター カベルネ・ソーヴィニヨン(2016)

価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

チリ カベルネ・ソーヴィニオン モアイ像に敬意を表するワイン

牛肉コロッケと豚モツのアヒージョにピッタリ ややフルーティさのあるカベソーにて飲みやすい感じ

モアイの1体だけ目が充血してるのが妙に気になるエチケット。

エノテカの赤ワイン10本パックの中の1つ。さすが、ハズレなし。

空けた瞬間から漂ういい香。

飲みやすくチーズや酒盗にも合わせられました。

Vinica 記事より紹介しました。

 

 

私の試飲評価は★★★★++!

アイランドイースターのヴィンテージが2019年でびっくり仰天!試飲記録★★★★++!!

 

南ア・ワイン8.「アイランド・イースター・カベルネ・ソーヴィニヨン2019」の

試飲記録   2020-2-03-05-07  南アワイン「パンゴリン・カベルネ・ソーヴィニヨン」と飲み比べ。

外観:濃いめの綺麗なルビーレッド。 

アロマ:複雑なアロマで何の香りかわかりませんが、メルロのアロマがあったような気がします。 

ボディ:飲み応え十分のミディアムフルボディ。 

アタック:口に含んだ瞬間時、複雑なアロマが飛び込んできてちょっとびっくり。だが美味さがあって評価は即四つ星++の高評価! 

ストラクチュア:強めの渋みに強い酸味だがこれがアイランドイースターのストラクチュアだ!!

一口評:このワインアイランドイースターのヴィンテージが2019年でびっくり仰天!

南アとチリの飲み比べではほぼ同格の美味さでした!

フレーバーは果実味のある骨格を備えた力強さを見た!!

これからまだまだ美味くなります!!

このワインはこれからまだまだ美味くなります!

 

 

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。