イタリアスター生産者赤ワイン5本セット!元祖スーパータスカン、キャンティ・クラシコ、ピエモンテ、イタリアの魅力を堪能!!

Pocket

イタリアスター生産者赤ワイン5本セット!

イタリアスター生産者赤ワイン5本セット!元祖スーパータスカン、キャンティ・クラシコ、ピエモンテ、イタリアの魅力を堪能!!

 

最近新しく購入したワインセットを紹介します。

今まではパーカー90点ワイン9本セット。世界周遊赤ワインセット6本。

スクリューキャップ赤ワイン6本セット。

冷やして美味しい赤ワイン5本セット。

フルボディ5本セット。

ピノ・ノワール6本セット。

納涼祭赤ワイン6本セット。

モンテス5本セット。

南アフリカワイン12本セット。

肉ワイン6本セット。

ポルトガルワイン9本セット。

などなど次々と試飲してきましたが、今回はイタリアスター生産者赤ワイン5本セットの紹介です!

イタリアスター生産者赤ワイン5本セット

イタリア全土から選び抜かれた生産者が集い、

各生産者自慢の1本が振舞われる夢のようなイタリアワインの祭典、オペラワイン。

2021年度は6月開催予定で、イタリアを代表する偉大な生産者達のワインが競演を果たします。

そこで、今回は先だってエントリーが発表されたトップ生産者が手掛けるワインの中から、

エノテカでも選りすぐりのワインを厳選し、セットならではのお得な価格でご用意しました。

元祖スーパータスカンの美学を受け継ぐ気品溢れる赤ワインをはじめ、

キャンティ・クラシコの巨匠が若樹のブドウで仕立てる親しみやすい1本、

ピエモンテの老舗ワイナリーが手掛けるピュアな果実味が魅力のバルベラまで、

イタリアワインの魅力を堪能できるラインナップです。

ぜひこちらのセットで、イタリアが誇る偉大な生産者が手掛けるワインをご堪能ください。

  圧倒的な存在感を放つ「イタリアワインの至宝」。繊細なタンニンと上質な酸が形作る気品溢れるサードワイン。

「2018年 レ・ディフェーゼ」

 / サッシカイア(テヌータ・サン・グイド) (イタリア トスカーナ) 通常価格 4,290円(税込)

元祖スーパータスカンとして30年以上にも渡り、圧倒的な存在感を放ち続ける「イタリアワインの至宝」サッシカイア。

こちらのレ・ディフェーゼは、サッシカイアの美学を受け継ぐ気品を備えたサードワインです。

プルーンやカシスなどの果実のアロマに、アニスやハーブ、樽のニュアンス。

フレッシュな果実味が広がり、きめ細やかなタンニンと上質な酸がしっかりとした骨格を形成しています。

余韻に感じられるコーヒーや甘草などの複雑な風味も魅力です。  

【ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、サンジョヴェーゼ30%

  キャンティ・クラシコの巨匠。

若樹のブドウから生まれる親しみやすい味わい。

「2018年 キャンティ・クラシコ・アマ」  

/ カステッロ・ディ・アマ (イタリアトスカーナ) 通常価格 4,290円(税込)

常に最高とも言えるキャンティ・クラシコを造り続ける、名門カステッロ・ディ・アマ。

こちらは、彼らのフラッグシップワインであるサン・ロレンツォの畑に植樹されている若樹のブドウを用いて造られています。

ラズベリーやチェリーなどの果実のアロマに、スパイスや土を思わせる深みのあるニュアンス。

滑らかなタンニンに繊細な酸が爽やかな果実味と美しく調和し、ハーブの香りを伴った爽やかな余韻を演出します。

エレガンスと親しみやすさを兼ね備えた1本です。 

【ブドウ品種:サンジョヴェーゼ96%、メルロ4%

  イタリア最高の生産者に輝いた名門がトスカーナで手掛ける1本。

豊かなアロマと香しい余韻が印象的な仕上がり。

「2017年  サン・ポーロ・ルービオ」  

/ アレグリーニ  (イタリア トスカーナ)  通常価格 3,850円(税込)

アレグリーニは、ガンベロロッソにて「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、イタリア最高の生産者に輝いたヴェネト州の名門。

高い評価を受けるアマローネなど、モダンで美しい銘品を数多く造り出しています。

こちらのサン・ポーロは、アレグリーニがトスカーナで手掛ける赤ワインです。

チェリーや赤スグリ、スミレなどのフレッシュで豊かなアロマに、スパイスのニュアンス。

ほどよく堅い骨格とバランスのとれたタンニンが心地よく、持続性のある香しい余韻が印象的な1本です。

【ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、メルロ、カベルネ・フラン】

  歴史ある産地のシラーを主体に造る上質なワイン。  

凝縮感溢れるエレガントな味わいが魅力。

「2018年 アケーロ」 

/ ラ・ブラチェスカ(アンティノリ) (イタリア トスカーナ)  通常価格 3,190円(税込)

イタリアの名門アンティノリが手掛けるラ・ブラチェスカは、古代ローマ時代からワイン造りの歴史を持つコルトーナに位置するワイナリー。

こちらは、高品質なシラーの産地でもあるコルトーナ地区のブドウを使用した赤ワインです。 

ブラックベリーやプラムの濃密なアロマに黒コショウのニュアンス。

凝縮した果実味と程よい酸が絶妙に調和しており、エレガントな味わいに仕上がっています。

余韻まで心地良く続くしっかりとしたタンニンも魅力です。 

【ブドウ品種:シラー、メルロ、その他】

  ピエモンテを代表するブドウで仕立てる、綺麗な酸とピュアな果実味が魅力の赤ワイン。

「2019年  バルベラ・ダルバ」

 / プルノット(アンティノリ) (イタリア ピエモンテ ) 通常価格 3,080円(税込)

100年以上続くワイン造りの歴史を持つ、プルノット。

様々な畑のブドウの混醸が一般的であったピエモンテで、初めて「クリュ」の概念を導入し、バローロの品質を劇的に向上させたワイナリーとしても知られています。

こちらは、ピエモンテを代表するブドウ品種、バルベラ種から仕立てる赤ワインです。

チェリーやプラム、バラのアロマにスパイスのニュアンスが加わった複雑な香り。

滑らかなタンニンが感じられるモダンな仕上がりで、バルベラらしい綺麗な酸とピュアな果実味が印象的です。 

【ブドウ品種:バルベラ100%  

エノテカonline より。

 

 

イタリアの新時代を開いた唯一無二の存在スーパータスカン「サッシカイア」! 


イタリア中部のトスカーナ州に誕生したワインのスター生産者たち=スーパータスカン「サッシカイア」の奇跡!!!

 

[イタリア中部のトスカーナ州に誕生したワインのスター生産者たち=スーパータスカン「サッシカイア」の奇跡]   

取材・文/鳥海美奈子

イタリアワインにそれほど詳しくない人でも、“スーパータスカン”という言葉をどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

スーパータスカンとは、イタリア中部のトスカーナ州に誕生したワインのスター生産者たちのこと。

イタリアのワイン法や格付けといった基準に縛られることなく、質や美味しさを追求したワインを指します。

そんなスーパータスカンのなかでも、最も伝説的なワイナリーがサッシカイアです。

その始まりは、1940年代にまで遡ることができます。

マリオ・インチーザデッラ・ロケッタ侯爵はボルドーワイン好きが高じて、1944年にボルドーの

シャトー・ラフィットからわけてもらったカベルネ・ソーヴィニヨンの苗を自らのぶどう畑に植えます

第2次世界大戦により、ボルドーワインが輸入されなくなったことから、自ら造ることを決意したのです。

サッシカイアの3銘柄。

「サッシカイア2016」 2万2000円。

カベルネ・ソーヴィニヨン85%、カベルネ・フラン15%。カシスなどブラックベリーの香りとしなやかなタンニン。

「グイダルベルト 2017」6500円 カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロ40%。

「レ・ディフェーゼ 2017」3900円 カベルネ・ソーヴィニヨン70%、サンジョヴェーゼ30%。※価格は2020年1月時点。

問:エノテカ・オンライン0120・81・3634(フリーダイヤル)

もともとは自家消費用に醸造していたそのワインが大変な評判を呼び、70年代になると世界的に販路を広げていきます。

しかし当時、ボルゲリは土着品種を使った白とロゼしかD.O.Cというワイン法では認められていなかったために、

カベルネ・ソーヴィニヨン主体のサッシカイアは、テーブルワインとして販売されていました。

しばらくして、大きな転機が起こります。

1978年、イギリスのワイン雑誌『デキャンタ』の

ブラインド・テイスティングで、サッシカイアが「ベスト・カベルネ」に選ばれたのです。

それは、シャトー・マルゴーなどボルドー1級の並みいるシャトーを押さえて輝いた座でした。

イタリア・トスカーナ州のテーブルワインが、カベルネ・ソーヴィニヨンの最高評価を得た事実は、世界に衝撃を与えました。

以来、サッシカイアは「世界最高峰」「イタリアの至宝」と讃えられてきたのです。

サッシカイアは「世界最高峰」「イタリアの至宝」と讃えられてきたのです!

1994年には「ボルゲリ・サッシカイア」というD.O.Cが新たに認定されます。

それはまさにサッシカイアのために新たにつくられたD.O.Cといっても過言ではありませんでした。

2020年を迎えたいまでも、サッシカイアは依然、存在感を放ち続けています。

インチーザ侯爵家の跡継ぎであり、現在はワイナリーのアンバサダーを務めるプリシラ・インチーザ・デッラ・ロケッタさんが2019年末、来日しました。

プリシラさんは1975年、ローマ生まれ。ロンドン大学美術史学部を卒業後、サッシカイアでアンバサダーを務める。

「サッシカイアはファミリービジネスです。決して事業の巨大化は望んでいません」と話す。

「いまリリースされているサッシカイアの2016年は、世界的に有名な

ワイン雑誌『ワイン・アドヴォケイト』で100点を獲得した素晴らしいヴィンテージです。

例年高い評価を得ていますが、100点を獲得したのは1985年以来で、素直にうれしいと感じています。

私たちが30年以上にわたり評価され続けているのはエレガントさやフィネス、酸の美しいワインを造るという哲学をずっと持ち続けたからです。

たとえばボルドーでは80~90年代、濃くて重く、パワフルなワインが流行した時代がありました。

でも私たちは自分たちのテロワールを映したワインを一貫して造り続けてきたのです」

サッシカイアのあるボルゲリはティレニア海に面した地中海性気候のため降雨量が少なく、暖かい地です。

サッシカイアのあるボルゲリはティレニア海に面した地中海性気候のため降雨量が少なく、暖かい地です!

ぶどうが完熟しても美しい酸が残るのは、海からの潮風と背後にある山から風が吹き、冷涼さが保たれるからだといいます。

また「サッシ=石、カイア=~な場所」という名が表すとおり、土壌は小石や砂利が中心のため

水はけの良い土壌を好むカベルネ・ソーヴィニヨンには向いているのです。

現在、イタリアでは多くのスーパータスカンと呼ばれる生産者が誕生しています。

その状況について、プリシラさんはこう語ります。

「いまのスーパータスカンは“D.O.Cの法律に縛られずにワインを造る”、

“自由”ということに主眼を置いた、マーケティングの手法のひとつとして使われる傾向にあります。

大切なのはなにより、誠実に自分たちのテロワールを映したワインを造ること。

それが結果的にD.O.Cの法律に縛られないことになるのであれば、意味があると言えるでしょう」 

プリシラさんの祖父でカベルネ・ソーヴィニヨンを植えたマリオ氏と、サッシカイアの名を世界に広めた父・二コラ氏。 

緑あふれる地に建つサッシカイアのワイナリー。

「今後は、ボルゲリでのワインツーリズムも盛んに取り入れていきたい」とプリシラさんは言う。

同じく真の「スーパータスカン」として名高い「ソライア」を生み出すアンティノリ家とは親戚筋。

今後は互いに協力しつつ、ボルゲリという地の魅力をより高めていきたいと話します。

「アンティノリ家とは強い絆があります。ボルゲリは小さな地域なだけに、何かを決断するスピードも早いんです。

今後は互いに力をあわせてボルゲリという土地のクオリティを上げて、より広く人々に認知されるように努めたいと思っています」  

ティレニア海を望むことのできるボルゲリの畑。

同じトスカーナワインのキャンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノともまったく異なる個性を持つ。

取材・文/鳥海美奈子

2004年からフランス・ブルゴーニュ地方やパリに滞在して、文化や風土、生産者の人物像などとからめたワイン記事を執筆。

著書に『フランス郷土料理の発想と組み立て』(誠文堂新光社)。

また現在は日本の伝統文化、食や旅記事を『サライ』他で執筆している。   

サライ より。

 

 

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ !

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ !イタリアの代表的なガイド、ヴィーニ・ディタリアで1つ星に輝いている!

 

[プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ | Produttori del Barbaresco]   

バルバレスコ発 ヨーロッパで最良の協同組合

バローロとバルバレスコは今でこそ、スター生産者がひしめくが、ほんの30年前は、輸出に苦しんでいた。

困難な時期も支えてきたのが、栽培農家で作る協同組合だ。

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコはイタリアの代表的なガイド、ヴィーニ・ディタリアで1つ星に輝いている。

トレ・ビッキエーリを10回獲得しないと星はもらえない。

星を獲得しているワイナリーは177しかない。

イタリアワイン界のスーパースターと呼べる生産者なのだ。

「1958年創設のバルバレスコ生産者協同組合は、疑いの余地なくヨーロッパでも最良の生産者協同組合の一つだ。

コストパフォーマンスに注意を払っている愛好家にとって安心できる存在だ」と、ヴィーニ・ディタリアは記している。

50人以上の組合員が約100ヘクタールの畑を栽培している。

これはD.O.C.G.バルバレスコの全面積の2割弱にあたるが、生産量は1万5000本に限られる。品質に妥協はない。

支配人アルド・バッカと長年のエノロゴ、ジャンニ・テスタのもとで、高品質のワイン造りに努力している。

知名度の高い単一畑のワインを9つ生産している。

すっかり値段の上がったバルバレスコのテロワールを、懐を痛めずに極めるのに、これほど適した生産者はいない。

ワイン・アドヴォケイトでは、ここの大半のワインが数倍の値段のほかの生産者と同じか、それ以上の高得点を獲得している。

バルバレスコ2008について、「世界のどの産地と比べても、熟成能力のある最良のお買い得だ」

明確なテロワールの個性を示している。

亜硫酸無添加のワインも手掛けており、保守的な産地にあって、その意欲的な試みが注目を集めている。

ヴィーニ・ディタリアは、カステッロの将来に期待をかけている。

「スピノーラ家のワインは頻繁に私たちの最終試飲に残っているので、

トレ・ビッキエーリを獲得する日も遠くないと確信している」と。

と評している。   

[イタリアの生産者はこちら]  

「カーサ・ヴィニコーラ・フォッシ | Casa Vinicola Fossi」    

飲み手の満足度を徹底的に追求した最高のバリューワイン!

1917年にカーサ・ヴィニコーラ・フォッシのブランドを創設したデュィリオ・フォッシは、

トスカーナでワイン商を営む父親の姿を見て育ち、1910年、20歳を目前に

キアンティ・フォッシの名で知られる小さな家業を受け継ぐと、

1917年にカーサ・ヴィニコーラ・フォッシのブランドを創設したデュィリオ・フォッシ!

類まれなる情熱と努力で事業を拡大し、イタリアの国内外でキアンティの販路拡大に努めました。

市場で高く評価されるキアンティを目指したデュィリオは、キアンティ・クラッシコ

品質保護協会の指導の下、厳しい選定基準による選果、大樽での樽熟成などを基軸としたワイン作りに惜しみなく心血を注ぎました。

デュィリオの息子ジャンフランコは、大学院で化学の博士号を修め、1940年代後半から父と共に

キアンティ作りを始め、シエナ地方を含む信頼度の高い産地から厳選されたブドウを用い、

黒い鶏(ガッロ・ネロ)のシンボルが付いた最高のキアンティを生み出しました。

現当主は、ジャンフランコの次男アンドレア・フォッシで、30年前から家業を受け継ぎワイナリーの経営を担っています。

幼少期から祖父と共にイタリア中を巡り様々なワインに慣れ親しみ、

毎年夏休みにはセラーでワイン作りを手伝ってきたアンドレア・フォッシは、

大学卒業直後から、祖父と父と共にフルタイムでワイン作りに身を投じてきました。

1981年に渡米し、数カ月の間ワシントンDCのワインショップに勤務して自ら仕込んだワインと共に、

自らテイスティングして気に入ったワインを販売することで、米国のワイン市場についての

知識を身に着けると同時に、卸売業者を相手にワイン売買の経験を培いました。

この滞在期間中、自国では手に入らない様々なテイストを持つ世界中のワインを試飲したことにより、

テイスティング力に磨きがかかり、さらなるワイン造りの技量を高めることに繋がりました。

「飲み手の満足度を第一に考える姿勢」

アンドレア・フォッシは、自らのワイン作りの理念について次のように語っています。

「ワイン作りにおける私の哲学は、伝統にこだわり過ぎず、

飲み手を満足させることの出来る上質なワインを追及することです。

手ごろな価格で美味しく飲める良いワインを常に追求しています。

“価格対質”は私が何よりも重要視する点です。

私のマーケティング戦略の要は、ワインの飲み手を満足させることにあります。

よって常に他社よりもコストパフォーマンスに優れたワインを提供する努力を続けています。」

飲み手の満足度を第一に考える姿勢と、子供時代から現在に至るまでのワインについての多様な経験が、

しきたりにとらわれることなく、常に時代が要求する

ワイン造りを続けるフォッシのワインは、国内外で高い評価と揺るぎない信頼を集めています。

 

 

フォントディ・サンジョヴェーゼの伝道者 ジョヴァンニ・マネッティの情熱!

リオンド | Riondo・気楽に楽しめるプロセッコ!フォントディ・サンジョヴェーゼの伝道者 ジョヴァンニ・マネッティの情熱!

 

[リオンド | Riondo]   

「気楽に楽しめるプロセッコ」  

リオンドは白ワインで有名なソアヴェ地区に拠点を置く。

ガンチアなどの名門ワイナリーから独立したコラッド・カバロが99年に設立した。

タンク内で二次発酵を行うプロセッコは、ほんのり甘みがあり、青リンゴの香りがする。

イタリアでは生ハムなど塩みのあるおつまみと合わせる。日本の食卓でも活躍するはず。

[フォントディ | Fontodi]   

「サンジョヴェーゼの伝道者 ジョヴァンニ・マネッティの情熱」  

品質向上の著しいトスカーナ州キアンティ地区で、不動の評価を得ているのがフォントディだ。

サンジョヴェーゼ100%で造られるフラッグシップのフラッチャネッロ・デッラ・ピエヴェは、

ワイン・スペクテイター誌のトップ10に3度も選ばれた。

ワイン・アドヴォケイトからは、2010年と2006年が97点を獲得している。

設立は1968年。歴史の古い生産者の多いトスカーナで、短期間でトップに躍り出たのは、

当主ジョヴァンニ・マネッティのサンジョヴェーゼにかける情熱と愛情があればこそ。

「サンジョヴェーゼはトスカーナでしか成功しない。サンジョヴェーゼを信じ、育てるのが我々の義務なんだ」と信念を語る。

「サンジョヴェーゼの伝道者 ジョヴァンニ・マネッティの情熱」   

品質向上の著しいトスカーナ州キアンティ地区で、不動の評価を得ているのがフォントディだ。

サンジョヴェーゼ100%で造られるフラッグシップの

フラッチャネッロ・デッラ・ピエヴェは、ワイン・スペクテイター誌のトップ10に3度も選ばれた。

ワイン・アドヴォケイトからは、2010年と2006年が97点を獲得している。

設立は1968年。

歴史の古い生産者の多いトスカーナで、短期間でトップに躍り出たのは、

当主ジョヴァンニ・マネッティのサンジョヴェーゼにかける情熱と愛情があればこそ。

「サンジョヴェーゼはトスカーナでしか成功しない。

サンジョヴェーゼを信じ、育てるのが我々の義務なんだ」と信念を語る。

[アルド・コンテルノ | Aldo Conterno]   

サンジョヴェーゼを信じ、育てるのが我々の義務なんだ」と信念を語るアルド・コンテルノ!

「バローロの頂点に立つ伝統派」  

「王のワイン、ワインの王」と呼ばれるバローロ。

多くの優秀な生産者がひしめくが、アルド・コンテルノがその頂点にいることに異議を唱える評論家はいない。

18世紀からの歴史を誇る名門ジャコモ・コンテルノの5 代目として生まれた。

1969年、兄のジョヴァンニと衝突して独立し、ブッシアの畑を購入して、自らのワイナリーを開いた。

スラヴォニアン・オークの大樽で醸造するスタイルを貫き、ネッビオーロの精髄を表現した長期熟成タイプのバローロを造る。

たっぷりと力強さと優雅さを備えた味わいは、バローロのみならず、イタリアワインの頂点に立つ生産者と言っても過言ではない。

「大樽で長期熟成するバローロ」 

 「大樽で長期熟成するバローロ」!

ブッシア地区に、ロミラスコ、チカラ、コロネッロの区画を有し、クリュのワインとして仕込まれる。バローロは複数の区画をブレンドして造られる。

頂点に位置するのは、良作年にだけ造られるリセルバ・グランブッシア。

3つの単一畑の最良のブドウで仕込まれる。大樽で3年間熟成される。

世界中のバローロ愛好家が血眼になって探し求めるワインだ。

「息子たちがモダンなワインも」    

アルドが2012年に亡くなった後は、フランコ、ステファーノ、ジャコモの3人の息子が後を継いだ。

バローロのスタイルは不変だが、早くから楽しめるワインにも挑戦している。

ステンレスタンクとバリックを併用するランゲ・ネッビオーロ・イル・ファボットはその代表。

ブッシア地区内の若樹から生産される。

100%新樽のバリックで12か月間の熟成を経る

ランゲ・シャルドネ・ブッシアドールは、イタリアのモダンな白ワインの先駆けとなった。

フレイザ主体のランゲ・ロッソ、早飲みのバルベーラ・ダルバも素晴らしい。

ピエモンテの伝統的なワイン造りは守りながら、時代に合わせて、

バリックやステンレスタンクを使って、幅を広げてきたアルド・コンテルノ。

イタリアの偉大なワインとは何かを知る時に、避けては通れない生産者だ。    

Millesimes より。

 

 


期待ができる赤ワインばかりですので、試飲できる日が今から楽しみです! 

期待ができる赤ワインばかりですので、試飲できる日が今から楽しみです!!!

 

今日のまとめ。

イタリアスター生産者赤ワイン5本セット!

イタリア全土から選び抜かれた生産者が集い、各生産者自慢の1本が振舞われる夢のようなイタリアワインの祭典、オペラワイン。

2021年度は6月開催予定で、イタリアを代表する偉大な生産者達のワインが競演を果たします。

そこで、今回は先だってエントリーが発表されたトップ生産者が手掛けるワインの中から、エノテカでも選りすぐりのワインを厳選し、セットならではのお得な価格でご用意しました。

元祖スーパータスカンの美学を受け継ぐ気品溢れる赤ワインをはじめ、キャンティ・クラシコの

巨匠が若樹のブドウで仕立てる親しみやすい1本、ピエモンテの老舗ワイナリーが手掛ける

ピュアな果実味が魅力のバルベラまで、イタリアワインの魅力を堪能できるラインナップです。

ぜひこちらのセットで、イタリアが誇る偉大な生産者が手掛けるワインをご堪能ください。 

イタリア中部のトスカーナ州に誕生したワインのスター生産者たち=スーパータスカン「サッシカイア」の奇跡! 

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ !イタリアの代表的なガイド、ヴィーニ・ディタリアで1つ星に輝いている! 

リオンド | Riondo・気楽に楽しめるプロセッコ!

フォントディ・サンジョヴェーゼの伝道者 ジョヴァンニ・マネッティの情熱!

今日はイタリアスター生産者赤ワインの紹介です! 

エノテカでも選りすぐりのワインを厳選し、セットならではのお得な価格でご用意しました! 

元祖スーパータスカンの美学を受け継ぐ気品溢れる赤ワインをはじめ、

キャンティ・クラシコの巨匠が若樹のブドウで仕立てる親しみやすい1本、

ピエモンテの老舗ワイナリーが手掛けるピュアな果実味が魅力のバルベラまで、

イタリアワインの魅力を堪能できるラインナップです。

期待ができる赤ワインばかりですので、試飲できる日が今から楽しみです!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。