イイタリアエミーリア の空高く輝くフレーバー!ランブルスコ デッレ エミリア セッコ モダヴィンの試飲評価!!

Pocket

イタリアエミーリア の空高く輝くフレーバー!ランブルスコ デッレ エミリア セッコ モダヴィンの試飲評価!

イタリアエミーリア の空高く輝くフレーバー!ランブルスコ デッレ エミリア セッコ モダヴィンの試飲評価!!

 

エントリー全品P5倍 スーパーSALE中】1本あたり550円(税込) 送料無料 赤だけ!

特選ワイン12本+2本セット(合計14本) 第182弾 ワイン 赤ワインセット

ミディアムボディ 極上の味 金賞受賞 飲み比べ RSL (w68n182psale)に関連する検索キーワード

売れに 売れてる「赤だけワイン」セット!

「1本当り500円台」コスパ抜群ワインを

厳選してお届けします♪

【181弾 赤だけ12本+2本 ワインセット内容】

●ラ ペルル シラー ペイドック

●メゾンベルロッシュ ガスコーニュ ルージュ

●イル サルメント ネーロ ディ トロイア

●フローレント デコンブ ピノノワール

●アルネギ テンプラニーリョ リオハ

●アルファシナ ヴィーニョ ティント リスボン

●タヴェルネッロ オルガニコ テッレ シチリアーネ ロッソ

●コスティエール ド ニーム ルージュ

●バルデモンテ ピノノワール

●サンタ バイ サンタ カロリーナ カルメネール/プティ ヴェルド

●マルケス デ ラ エラドゥーラ  カベルネソーヴィニヨン

●マルケス デ ラ エラドゥーラ  テンプラニーリョ

<+2本>

●バルデモンテ レッド

●ランブルスコ デッレ エミリア セッコ モダヴィン

 

 

イタリアを代表する赤泡「ランブルスコ」!


ランブルスコ デッレ エミリア セッコ モダヴィン!!

 

1921年創業イタリアの老舗ワイナリーが造るエミリア・ロマーニャ州産の

辛口ランブルスコ。

フリッツァンテで口当たり優しい微発泡。

プラムのようなアロマがあり、

スッキリとした辛口で幅広いお食事に合わせていただけます。

※画像はイメージです。

ラベル変更などによりデザインが変更されている可能性がございます。

また画像のヴィンテージと異なる場合がございますのでヴィンテージについては商品名をご確認ください。

商品名にヴィンテージ記載の無い場合、

最新ヴィンテージまたはノンヴィンテージでのお届けとなります。

※径が太いボトルや箱付の商品など商品によって同梱可能本数が異なります。

自動計算される送料と異なる場合がございますので、弊社からの受注確認メールを必ずご確認お願いします。

(マグナム以上の商品は原則同梱不可)

※実店舗と在庫を共有しているため、在庫があがっていても完売のためご用意できない場合がございます。

予めご了承くださいませ。

ランブルスコ デッレ エミリア セッコ モダヴィン 750ml 辛口 赤微発泡

イタリア エミリーア ロマーニャ フリッツァンテ スパークリング 長S

1921年創業イタリアの老舗ワイナリーが造るエミリア・ロマーニャ州産の

甘口ランブルスコ。

フリッツァンテで口当たり優しい微発泡。

チェリーのような香りが心地よく、フレッシュで優しい甘味が愉しめます。

※画像はイメージです。ラベル変更などによりデザインが変更されている可能性がございます。

また画像のヴィンテージと異なる場合がございますのでヴィンテージについては商品名をご確認ください。

商品名にヴィンテージ記載の無い場合、最新ヴィンテージまたはノンヴィンテージでのお届けとなります。

※径が太いボトルや箱付の商品など商品によって同梱可能本数が異なります。

自動計算される送料と異なる場合がございますので、弊社からの受注確認メールを必ずご確認お願いします。

(マグナム以上の商品は原則同梱不可)

※実店舗と在庫を共有しているため、在庫があがっていても完売のためご用意できない場合がございます。

予めご了承くださいませ。

 

 

イタリアの弱発泡ワイン「ランブルスコ のロゼ」!


スパークリング・ワイン(英語: Sparkling wine、フランス語: Vin effervescent)または発泡性ワイン(はっぽうせいワイン)、発泡性葡萄酒(はっぽうせいぶどうしゅ)とは、ワインの一種。二酸化炭素を多く含有するのが特長である。

目次
1 概要
2 製法
3 主な発泡性ワイン
3.1 フランス
3.2 スペイン
3.3 イタリア
3.4 ドイツ
3.5 オーストラリア
3.6 スロヴェニア
3.7 日本
4 脚注
5 関連項目

概要[編集]
スパークリング・ワインとは二酸化炭素を多く含むワインのことである。

開栓すると圧力が下がって二酸化炭素が気泡として立ち上る。

通常のワインにも炭酸ガスは含まれるが、溶け込んでいる量が少ないため開栓しても発泡しない。

スパークリング・ワインには、瓶内発酵のために二酸化炭素が溶け込んでいるものと、

人工的に二酸化炭素を吹き込んだ、いわゆる炭酸ワインとが存在する。

代表的な物にフランスのシャンパーニュ地方特産のシャンパンがある。

製造・販売等でのシャンパンの名称の使用は、TRIPS協定の地理的表示によって、

世界中で保護されており、フランスの原産地呼称委員会が定めるAOCの認証を受けた、

シャンパーニュ地方産の発泡性ワインのみ正式に名乗ることが出来、

それ以外の飲料(や物品、サービス)を「シャンパン」と名乗り流通するのは違法である。

シャンパンはスパークリング・ワインの一種で有るが、

日本では「シャンパンがスパークリング・ワインの総称」、

「シャンパンとスパークリングワインは完全に別物」

だと誤った認識がある(シャンパンはスパークリング・ワインの下位概念)。

シャンパーニュ地方以外で製造される、同様の製法を用いたワインをフランスでは「クレマン(仏: Crémant)」と呼ぶ。

それぞれ呼称が異なるが、シャンパンもクレマンも共に、

発泡性ワイン(フランス語ではヴァン・エフェルヴェサン Vin effervescent、ヴァン・ムスー Vin Mousseux)の一種である。

普通の(発泡性でない)ワインも開栓せずに放置した場合などに発泡することがあるが、

これは発泡性ワインには含まず、品質の劣化として忌み嫌われる。

なお、発泡性ワインに対して、非発泡性ワインは「スティルワイン(Still wine)」と呼ばれる。

二酸化炭素が多く溶け込んでいる分瓶内の圧力も高くなるため、発泡性ワインの瓶は非発泡性ワインの瓶よりも頑丈にできている。

ワイン(英: wine)とは、元々果実酒を意味するが、内部に炭酸発泡しているブドウ以外の果実を使用したものに関して日本国内では、

シードル(フランス語では cidre、英語では cider)と表記されている場合がある。

製法[編集]
製造方式には、シャンパン方式もしくは伝統方式(両方とも同じ、瓶内二次発酵)、

シャルマ方式(タンク内二次発酵)、

トランスファ方式、

炭酸ガス注入方式がある。

ワインは発酵の段階で炭酸ガスを放出するが、シャンパン方式では、

これを発酵が終わりきらないうちに瓶詰めする。

すると瓶の中で発酵が続き、

発生した炭酸ガスはワインの中に溶け込んで発泡する。

ただし、炭酸ガスの発生をより活発にするため、瓶詰め時に砂糖などの糖類を加えることもある。

瓶の栓には、ほとんどがマッシュルーム型に成形したコルクが使用される

ビールのような王冠や、スクリューキャップを栓に使用したものも存在する

発泡性ワインのボトルとグラス!

主な発泡性ワイン[編集]
このスパークリングワインは、国によって総称も異なっている。

フランス[編集]
シャンパン

シャンペンとも。

フランス・シャンパーニュ地方で生産される発泡性ワイン。

総じて泡が非常に細かいのが第一の特徴。

クレマン (Crémant)

シャンパーニュ以外の地域で、シャンパンと同様の製法で造られた発泡性ワイン。

芳香の強い白ワインの産地であるアルザス地方の発泡性ワイン、クレマン・ダルザス (Crémant d’Alsace)等が有名。

「Crémant de」の後に産地名が続く(ロワール、ブルゴーニュ等)。

ヴァン ムスー (Vin Mousseux)

「ムスー」とは、「泡」の意味。

AOCに指定されているものから、テーブルワインまで各種ある。

上記のCrémentはトラディッショネル方式で作られるが、ムスーは様々な方式で作られている。

ペティヤン (Pétillant)

フランス語で「ぱちぱちはねる」の意味で、弱発泡性のワインのこと。

いくつかのAOCがある。

・ペルラン(またはペルレ)perlant (ou perlé) 微弱発泡性のワイン。

スペイン[編集]
エスプモッソ(espumoso)

スペイン語で発泡性ワインを表す一般名詞。

カバ(Cava)

スペインの特定地域で生産される発泡性ワイン。

シャンパーニュ地方産ではないのでシャンパンとは呼ばないが、同等のトラディッショネル製法を用いた発泡性ワインである。

シャンパンと同じくらい古い歴史を持つ。

イタリア[編集]
イタリアの弱発泡ワイン、ランブルスコのロザート(ロゼ)

泡が立ち上がっている発泡性ワイン!

スプマンテ(Spumante)

イタリア語で「発泡性の」という意味の言葉で、

イタリア語で(「微発泡」「半発泡」以外の)各国の発泡性ワインを指す一般名詞。

日本では“イタリアの発泡性ワイン”を特にこう呼ぶ。

代表的なものにはアスティ(地名。葡萄品種はモスカート・ビアンコ)、

フランチャコルタ(ロンバルディア州ブレシア県の一地域の古い地名。

葡萄品種はシャルドネ、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネーロ。

歴史は比較的浅いがシャンパンと同様の瓶内二次発酵の製法のものもある。

白葡萄品種のみで作られるサテンもある)、

プロセッコ(葡萄品種名。産地はヴェネト州コネリアーノ、ヴァルドッビアーデネなど)などがある。

フリッザンテ(frizzante)

イタリアで「微発泡」「半発泡」のものをフリッザンテと呼ぶ。

モスカート・ダスティ(葡萄品種名+地名)などがある。

ランブルスコ(Lambrusco)

ランブルスコは、天然弱発泡性で赤、

白、

ロザート(ロゼ)が存在し、

甘口から辛口まで様々なタイプが造られている。

ランブルスコは一群の葡萄品種=サラミーノ種、

マラーニ種、

マエストリ種、

グラスパロッサ種、

モンテリッコ種など=の総称であり、

それらの葡萄から作られたワインも指す。

産地はエミリア=ロマーニャ州モデナ県

レッジョ・ネッレミリア周辺のレッジャーノ地方、マントヴァ周辺のマントヴァーノ地方。

 

 

ランブルスコ デッレ エミリア セッコ モダヴィン・このフレーバーは、イタリアエミーリア の空高く輝くフレーバーで、これはスパークリングワインのフレーバーなので、当然なことなのでしょう!

ランブルスコ デッレ エミリア セッコ モダヴィン・このフレーバーは、イタリアエミーリア の空高く輝くフレーバーで、これはスパークリングワインのフレーバーなので、当然なことなのでしょう!!!試飲評価・★★★★?

 

ランブルスコ デッレ エミリア セッコ モダヴィンの試飲評価!

1921年創業イタリアの老舗ワイナリーが造るエミリア・ロマーニャ州産の甘口ランブルスコ。

フリッツァンテで口当たり優しい微発泡

チェリーのような香りが心地よく、フレッシュで優しい甘味が愉しめます。

※画像はイメージです。ラベル変更などによりデザインが変更されている可能性がございます。

また画像のヴィンテージと異なる場合がございますのでヴィンテージについては商品名をご確認ください。

商品名にヴィンテージ記載の無い場合、最新ヴィンテージまたはノンヴィンテージでのお届けとなります。

※径が太いボトルや箱付の商品など商品によって同梱可能本数が異なります。

自動計算される送料と異なる場合がございますので、弊社からの受注確認メールを必ずご確認お願いします。

(マグナム以上の商品は原則同梱不可)

※実店舗と在庫を共有しているため、在庫があがっていても

完売のためご用意できない場合がございます。 予めご了承くださいませ。

試飲記録  2022-04-15-17-19

飲み比べ相手「マルケス・デ・ラ・ティントウラ テンプラニーリョ」!

飲み比べ相手「マルケス・デ・ラ・ティントウラ テンプラニーリョ」!

外観:このランブルスコの色合いは濃いルビー色でとても綺麗な色合いです! 

流石イタリアの老舗ワイナリーが醸し出した色合いです! 

私は色合いの良さを重視していますので、いい辛口ワインと言えます!

アロマ:このアロマはとても特徴的ですがそれは辛口ランブルスコ の影響でしょう!

このプラムのようなアロマ—–の香りは果実の良い香りです!

ボディ:この辛口微発泡ワインは、スパークリングワインのためボディはライトボディでしょうか?

イタリアのエミーリア のボディだと思っていますが、決してフルボディではありません!

アタック:口に含んだ時、放たれたフレーバーは、

初めて口にするスパークリングワインのフレーバーだけに、

あまりよく理解できないようでした!

だがそのフレーバーはイタリアのエミーリア の空に輝くフレーバーで、こんなことは初めてです!

ストラクチュア:辛口スパークリングワインだけに強い酸味と、

やはり強いタンニンの渋みで良くバランスしています! 

同程度の強さでよくバランスしたナイスなストラクチュアです!

スパークリングの評価は初めてで、戸惑っています!

だがバランスの取れた良いストラクチュアは間違いありません!

一口評:前記したようにこのフレーバーは、イタリアエミーリア の空高く輝くフレーバーで、

これはスパークリングワインのフレーバーなので、当然なことなのでしょう! 

今までにスパークリングワインのテイスティングは、

一度もありませんので、戸惑うことばかりです!

今日の料理はいつもと同じですが、このスパークリングは幅広い料理に合うとのことで嬉しい限りです! 

料理はいつもの「豚の薄切り野菜炒め」と「ステーキ豚の炒め物」ですが、

幅広い料理に合うスパークリングワインのため、今日のランブルスコ の微発泡の辛口なので、

テイスティングには迷うことばかりですが、でも楽しみにしていたので大いに楽しみたいと思います!! 

さすが老舗ワイナリーか醸し出す、スパークリングだけに今後にも影響することでしょう!

今日の飲み比べ対決の相手は

「マルケス・デ・ラ・ティントウラ テンプラニーリョ」で私の大好きな葡萄のテンプラニーリョだけに、

美味しいいワインで、飲み比べ対決には至りませんでした!

やはり私はこのスパークリングワインは好きになれません! 

ですが老舗ワイナリーが醸し出すスパークリングだけに、その実力が理解できないのは、大変残念です! 

今日のランブルスコ 微発泡辛口スパークリングの、評価はよく分からなくて、申し訳ありません!!

これからもこのような美発泡辛口スパークリングには、あまりお目にかかれませんが、評価にならなくて!! 

ゴメンなさい!!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。