アヴィ・2008!ラベルが8万ユーロ!ラベルは毎年変わり・ラベルが凄い人気!!

Pocket

ラベルは毎年変わります・そのラベルが凄い人気です!

アヴィ・2008!なんとラベルが8万ユーロ!ラベルは毎年変わります・そのラベルが凄い人気です!

 

[アヴィ!なんとラベルが8万ユーロ!]    

更生施設で造るワイン  ラベルが毎年変わる! 

今日は、1月2日に紹介したイタリアのロマーニャのワイン「アヴィ」を再度紹介します。

前回の訪問者は9人と少なく――多くの人に紹介したい、素晴らしいワインです。

ロマーニャにある薬物中毒者の更生施設「サン・パトリニャーノ」では更正プログラムの一環として、ワイン造りを行っています。 

施設では70名のスタッフが品質追求に余念がなく、1997年からは世界トップの

醸造家リカルド・コタレッラもコンサルタントとして参加しています。

いまでは更生施設のみならず、ワイン造りが注目され、

ラベルが毎年変ることでも人気—–1999年のラベルの絵は8万ユーロだとか。

その名は 「アヴィ・サンジョベーゼ・ディ・ロマーニャ 2008」

サンジョベーゼらしくない濃いルビーで、アロマはブッラクベリーの甘い香りが立つ。

渋味が割としっかりしていて酸味との相性がいい。

口に含むと甘いフレーバーが際立っていて即四ツ星の旨さ。

一口評:サンジョベーゼの柔らかいフレーバーが、繊細で、力強い特徴があります。

カルディのワインは、ナパセラーズ、ソラフレッド、ミルトンパークに

続き四つ星++を連発、以前より旨いワインが多くなりました。

多分仕入れの担当が、が変わったのでしょうか?

イタリア ロマーニャ/ロマーニャならではのサンジョベーゼ

葡萄:サンジョベーゼ 100% ALC  14.5% フルボディ             

カルディ 1129円  

アヴィのラベルは毎年変わります。

そのラベルが凄い人気です。

 

 

サンジョヴェーゼを使い、その素晴らしい表現力を象徴するワイン!

サンジョヴェーゼを使い、その素晴らしい表現力を象徴するワイン!!

 

サン・パトリニャーノ

サン パトリニャーノは薬物中毒者の更生施設です。

更生プログラムの一環として、牛や豚などの牧畜業や革製品、織物など様々な事業に取り組んで います。

ワイン造りもその内のひとつです。施設には約2,000 名がおり、その内ワイン造りには70 名が関わっています。

品質の追求にも余念が在りません。

1981 年から自社ワインとして瓶詰めを開始、1996 年から高品質ワインとして結果が出始め、

1997 年から世界トップの醸造家 リッカルド・コタレッラがコンサルタントとして参加しています。

さらに、コタレッラの友人でもあるアグロノミスト(農学者)2 名が70 名を指導し、サポートしています。

良い品質のワインを造ることが、世界にサン パトリニャーノの成功を伝えることにつながり、

その成功体験が薬物更生に結びつくと確信しています。

ドゥエミラヴィニやガンベロ ロッソで非常に高い評価を獲得しており、厚生施設としてのみならず、

ワイン造りも注目されています。トレ ビッキエリを獲得した時は、リッカルド・コタレッラが来て、皆で乾杯しました。

サン・パトリニャーノ アヴィ・サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ・スペリオーレ・リゼルヴァ [2007]750ml    価格

3,498円 (税込)

《創始者に捧げられた、ロマーニャならではのサンジョヴェーゼを使い、その素晴らしい表現力を象徴するワイン》

《赤》【フルボディ】等級:D.O.C. 葡萄品種:サンジョヴェーゼ(100%)

発酵・ML・熟成:アリエ産トノー12 ヶ月間

「アヴィ」は、『A Vincenzo』、つまり創始者「ヴィンチェンツオに」という思いの表現です。

このワインは、ロマーニャならではの葡萄品種サンジョヴェーゼの素晴らしい表現力を象徴することを意図して造られています。

繊細さ、力強さ、果実味と柔軟なボディを感じることが出来ます。

畑は標高200mの場所に12ha あり、葡萄の樹は6,250~7,400 本/ha の密度で、グイヨー式で植えられています。

収穫は9 月末から10 月初めに行なわれ、葡萄は選別され、60%しかワインになりません。

アルコール醗酵とマロラクティック醗酵はアリエ産のトノーで行ない、熟成期間は12 ヶ月です。

さらに最低18 ヶ月間瓶で熟成します。

縁がガーネット色の、力強いルビー色。スミレ、プラム、丁子、ナツメグ、シーダーの香り。

味わいはエレガントで、エキス分にあふれ、滑らかなタンニンとしっかりとした構成があります。

生き生きとした濃厚な風味が、ベリーや甘いスパイスの魅力的な香りとともに、フィニッシュへ導きます。

ラベルは毎年変わり、友人である有名な画家がデザインしています。

1999年のラベルの絵は8万ユーロ

ラベルは毎年変わり、友人である有名な画家がデザインしています!

2000年はラベル賞受賞で、1200万の価格。

ですが、彼には6本ワインを上げるだけだそうです。

先週、いつも取引のあるインポーターの案内を見て何かの間違いではないかと思いました。

サン・パトリニャーノのトップ・キュヴェが異常なほど安い価格での提示でした。

確か数年前、正規代理店 Iインポーターで6000円以上の価格で販売されていました。

ヴィンテージは2004年でしたが、最近はあまり見ないなと思っていたところでした。

360本の案内がありましたので全量オーダーしましたが、

半分買えれば良いと思っていたのですが運良く300本近く購入することができました。

今回の入荷はイタリアでは素晴らしいヴィンテージとなった2007年です。

1997年からあの醸造家 リッカルド・コタレッラ氏が関わっています。

まず間違い無く素晴らしいものでしょう。

入荷したばかりですので、暫くワインを落ち着かせてから飲むつもりです。

この地域の郷土料理ボロネーゼと合わせたら最高だろうなあ。2014.04.09

本当はもう少し落ち着かせてから飲むつもりでしたが、飲みたい欲求には勝てず抜栓してしまいました。

13℃ぐらいの温度でコルクを抜きやや大きめの グラスを使用しました。

カラーはグラスの縁には若干のオレンジが感じられるルビー、 立ち上がる香りから期待感が膨らむ。

7~8年前に飲んで大いに感動した1997年のカステロ・ディ・モンサントの

ファブリッチオ・ビアンキ・サンジョヴェーゼに非常に似ていると感じました。

またヴィンテージは失念しましたが以前飲んだペルカルロにも近いなという印象です。

グラスに注いでからすぐは閉じぎみでしたが、7~8分ぐらい経過すると開き始めました。

しっかりとした酸がまだ若干残ってはいるものの、角の取れたまろやかさと 旨みが口一杯に広がります。

カカオ、チェリー、スミレ、ミネラル、クローブ、八角、

鉄などの鉱物的なニュアンスと僕の好きな獣臭も出始めています。

今飲んでも十分の美味しいですが、あと数年は待ちたい、もっともっと旨くなるはずです。

この2007年はガンベロ・ロッソ: 3ヴィッキエリ(最高評価)をを獲得しています。2014.4.11

ウメムラ 記事より。

 

 

スミレや巨峰みたいな香りが目立つ!

スミレや巨峰みたいな香りが目立つ!香りはとてもいい!バランス感が良く、親しみ易い!

 

サン・パトリニャーノ サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ リゼルヴァ アヴィ

今日の夕食は「フキの煮物」「野菜とベーコンのスープ」「ラム肉のラグーのフェットチーネ」です。

サン・パトリニャーノ/サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ リゼルヴァ アヴィ 2008

San Patrignano / Sangiovese di Romagna Superiore Riserva Avi 2008

ワインはエミリア・ロマーニャ州のサンジョヴェーゼにしました。

サン・パトリニャーノは薬物依存症患者の更生施設で、リカルド・コッタレラが醸造に携わっているワイナリー。

このアヴィは2001と2006を飲んだことがあります。

暗いガーネット色で、プラムやプルーン、カラメルやチョコレート、

そして最初のうちはスミレや巨峰みたいな香りが目立ちますが、時間を置くとレーズンの香りも出てきます。

香りはとてもいいです。

思っていたほど重くは無くて、ジューシーな黒系の果実味と、

細かいタンニン、酸味も適度にあって、バランス感が良く、親しみ易い仕上がりでした。  

かぼちゃ太陽 記事より

 

 

パーカー3つ星の造り手!醸造家リカルド・コタレッラ氏!

パーカー3つ星の造り手!醸造家リカルド・コタレッラ氏!!

 

San Patrignano, Avi, 2008

知らないワインだったが、エミリア・ロマーニャ州にあるパーカー3つ星の造り手。

サン・パトリニャーノとは、何と薬物更生施設!

薬物中毒患者達が、恵まれた自然野中で自給自足の生活を行いながら、

牧畜業、革製品、織物などの作業を通じて、尊厳を取り戻して、

社会に通用する技術を身に付けるのだが、その中の一つとしてワイン造りがある。

それだけ聞くとワインの品質はどうなの?って印象を受けるが、

ワイン造りの指導に当たるのは、ソライヤ、オルナレイア、ファレスコなどを手掛けたことでも有名で、

2000年度のガンベロ・ロッソ誌「エノロゴ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたこともある、

著名醸造家リカルド・コタレッラ氏。

著名醸造家リカルド・コタレッラ氏!

造られているワインは、Startというスパークリング、

白はAulente BiancoとVie、赤がAulente Rosso、Oro、Ino、Noi、

トップワインがボルドーブレンドのMontepiroloとサンジョヴェーゼ100%のこのAvi。

このAviの2008年ヴィンテージは、Wine Advocate 93点、ガンベロロッソ3グラスという高評価。

色はやや濃く、ややレンガがかっている。

ヴァイオレット、スミレ、鉛筆の芯、ヴァニラなどの香り。

渋みしっかりで、穏やかな酸、甘みのある果実味。

ほのかに枯れた雰囲気だが、複雑味も感じられる。

カルディの福袋で2300円で買ったワインだが、これはコストパフォーマンス高し。

4000~5000円でもおかしくない味わい。

MyPoint : 89pt

ワイン飲んだくれ日記 記事より。

 

 

親しみやすく素朴なサンジョベーゼ!

親しみやすく素朴なサンジョベーゼ!バランスの良い品格のあるサンジョベーゼ!!

 

泰Sさんが『パパジイ・・・』に持ってきたワインです。

実はこのワインはどう来るのか?経験則がなかったので、

よく分からなかった、というのがショウジキなオハナシ。

で、ケッキョクこのワインを最初に開けたのだけれど、飲んでみて思うのは、

確かに親しみやすく素朴なサンジョベーゼではあるものの、実体は薫り高く内実のある、

見事な『サンジョベーゼ・ディ・ロマーニャ』だったのだ。

ロマーニャのサンジョベーゼに良く見られる、

干したイチジクやマディラの香気、そこにキザミタバコやスパイスもあるでよときた!(笑)

酸味はおおらかで豊富、そこへこなれたタンニンが優しげなフルーツを構成するわけだ。

ここの造り手は社会貢献もしているとのことで、別な意味でのリスペクトも享受しているとのこと!

ワインもリスペクトに値するバランスの良い品格のあるサンジョベーゼ♪

おそらく、待ってもイイと思う!     

The Wine Heat 記事より。    

 

 

私の試飲評価は★★★★++と高評価!

娘婿からのプレゼントワイン!ブルゴーニュのピノ・ノワールと飲み比べ!試飲評価は★★★★++!

 

 「アヴィ・サンジョベーゼ・ディ・ロマーニャ 2008」

娘婿からのプレゼントワインで大事にいただきました! 

アヴィのラベルは毎年変わります。そのラベルが凄い人気です。

パーカー3つ星の造り手、著名醸造家リカルド・コタレッラ氏。

サンジョヴェーゼを使い、その素晴らしい表現力を象徴するワイン。

試飲記録 2015-4-1012-14-21

「マテュ・ルー・ブルゴーニュ。ピノ・ノワール2013」と飲み比べ!

外観:見た目はまさに濃いルビーレッド。 

アロマ:ブラックベリーの甘い香りが立つ。 

ボディ:飲み応えのあるミディアムボディ。 

アタック:口に含むと甘みのフレーバーが際立ち即四つ星の評価! 

ストラクチュア:渋み、酸味ともに柔らかくていいバランスのストラクチュア。 

一口評:サンジョベーゼの柔らかいフレーバーが特徴的な赤ワインですが、

渋みはわりとしっかりありますサンジョベーゼは久しぶりですが、美味いですね!

それはサンジョベーゼがいつも軽くて飲みやすいからです。

最終日は飲み進むほどに旨味が増していて評価を四つ星++に昇格しました。

カルディのワインは最近特に美味く感じています。

「マテュ・ルー・ブルゴーニュ。ピノ・ノワール2013」と飲み比べ対決では寄せ付けませんでした!

今日の投稿は2016年10月10日にYahoo!ブログで投稿した「アヴィ!なんとラベルが8万ユーロ!」を、

全く新しい記事に編集し2020年7月29日に投稿しました。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。