アリババ取扱高・1分で1500億円!中国「独身の日」!アリババの売上高が凄い!

Pocket

アリババの取扱高は1分間で1500億円!


アリババ取扱高・1分で1500億円!中国「独身の日」!アリババの売上高が凄い!

 

日経新聞の記事からアリババ取扱高・1分間で1500億円! を紹介します。

中国で年間で最大のネット通販セール「独身の日」が11日深夜0時に始まった。

今年が11回目で、最も物が売れる一日として知られる。最大のアリババ集団はセール開始から1分で取扱高が1500億円を突破した。

中国景気は減速感漂うが、アリババの今年の取扱高は過去最高の4兆円を越えるとの予測もある。日本など海外から参加する企業の売れ行きにも注目が集まる。

浙江省杭州市にあるアリババの本社内に設けられた特設会場には、深夜にも関わらず多くの関係者が詰めかけた。

会場正面に設置された大型の電光掲示板には、セール開始直後から商品の売れ行きを示す取扱高がリアルタイムで更新され、

開始から1分36秒で、早くも1500億円を突破した。

「独身の日」は中国では「双11=ダブルイレブン」と呼ばれる。アリババの18年の取扱高は過去最高の3兆3000億円を記録した。

「一年間で最も商品が安くなる日」として、数ヶ月分の商品を買いだめする消費者も多い。

今年9月にアリババの経営トップに就任した張勇=ダニエル・チャン 会長兼最高経営責任者 CEOが考案し、09年に始まった。

日経新聞19年11月11日夕刊の記事より掲載。

中国「独身の日」とは?

光棍節(こうこんせつ、中国語: 光棍ジェ=クヮンクンジェ )は中国人で11月11日に祝われる「独身者の日」のこと。「独身の日」ともいう。

「独身の日」とは11月11日で1がずらりと並びます。

起源[編集]

光棍は中国語のスラングで「独身者」という意味であるが、「棒しかない」の意味にもとれるため、

1993年に南京大学の学生たちが始めたといわれていて、1が連続しているのでこの日が選ばれている。

独身者同志が集まってパーティーを開いたり、独身者が結婚相手を探したりといった、様々な活動が行われている。

贈り物をすることも流行っていて、「双十一」(「双十節」の連想)は電子商取引会社(淘宝網)を持つアリババグループのコピーライトであり、

毎年11月11日に最大の売り上げをあげるなど話題になっている。

日本でも、2015年(平成27年)からソフトバンクグループによって「いい買い物の日」として輸入されている。

経済効果[編集]

「双11」ショッピングイベントは、2009年11月11日に中華人民共和国で行ったECサイトの販促イベントが起源となる。

「双11」ショッピングイベントは2009年11月11日が起源!!

2009年(1回目)の売上高は予想以上に達したので、以降、毎年11月11日、大手のアリババグループを始め、各大手通販サイトは一斉に大規模販促イベントを行う。

中華人民共和国では既に全国民の「双十一ショッピングカーニバル(双十一購物狂歓節)」として定着して、その流通総額も毎年増加している。

アリババグループの取引額は下記の通り(いずれも中国標準時11月11日0:00 – 24:00の24時間)

2009年:0.52億元

2010年:9.36億元

2011年:33.6億元

2012年:191億元

2013年:350億元

2014年:571億元

2015年:912億元

2016年:1207億元

2017年:1682億元

となっている。この買い物祭りは、ECサイトや物流など産業技術の発展を刺激した一方、

大量注文による宅配便の遅延や、梱包材による資源浪費や汚染も問題になっている。以上ウィキペディア。

 

 

「独身の日」とは南京大学の学生が始めた。


「独身の日」とは!1993年に南京大学の学生が始めた!!

 

アリババとは?

阿里巴巴集団は、中華人民共和国の情報技術 などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。

1999年の創立以来、企業間電子商取引 のオンライン・マーケット を運営しており、240あまりの国家・地域にて5340万以上の会員のほか、

5つの子会社を保有している。 ウィキペディア

「アリババって通販サイトの名前をよく聞くけど、実際なんなのかはよくわかっていない…」と思っている方のために記事を書きました。

アリババは中国のEコマース企業「Alibaba Group(阿里巴巴集団)」が運営するECサイトです。

アリババはより高次元のサイトを構築!

BtoBのECサイトでは世界有数のシェアで、Amazonと並ぶとされています。

この記事では、アリババとはどんな企業か、提供するサービスAmazonとアリババの違いアリババの使い方の順に、アリババについて概要を説明していきます。

記事を読めばアリババをざっくりと知ることが可能です。まずはこの記事で大まかにアリババについて知っていきましょう!

アリババとはどんな企業か!阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング、Alibaba Group Holding Limited)は、

ジャック・マー(馬雲)氏が設立した中国のEコマース企業です。複数の業態のECサイトを運営しており、

中でもBtoB ECは世界でトップクラスのシェアを獲得しています。

ジャック・マー(馬雲)氏は1999年にアリババを創業し、現在ではBtoBEC以外にも天猫国際をはじめとした様々な事業を展開しています。

BtoB ECサイト「アリババドットコム」 BtoC ECサイト「天猫 Tmall」 越境ECサイト「天猫国際 Tmall Global」

CtoC ECサイト「タオバオマーケットプレイス」 決済サービス「アリペイ」クラウド・コンピューティング「アリババクラウドコンピューティング」

 

 

アリババとは情報技術を扱う会社。


アリババとは!情報技術を扱う会社!ECサイトではAmazonと並ぶ!

 

このように、さまざまなサービスを提供しています。

どれも中国EC市場のなかで大きなシェアがあり、中国のECといえばアリババと言っても過言ではありません。

また、「独身の日」に行った巨大なセールでは、1日で約2.8兆円もの売上があがり、最高記録を更新したことで有名になりました。

楽天の2016年の流通額が約4兆円なので、その半分以上の額をアリババはたった1日で売り上げてしまったのです。

グループ全体で見れば、AmazonやeBayの取引額を合計した額よりも大きな金額がアリババで取引されています。

日本にはAmazonや楽天があり、ふだんからアリババを使う方は少ないかもしれませんが、

こうして見ていくとアリババは超巨大なEC企業だとおわかりいただけたかと思います。

[ジャック・マーのニューリテール構想] アリババの現会長のジャック・マー氏は、2016年にニューリテール構想を提唱したことでも有名です。

オンラインとオフライン、物流はそれぞれUX(ユーザー・エクスペリエンス)が限られていますが、

それらをシームレスに融合することによって新しいUXを提供するのがニューリテール戦略です。

ジャック・マー氏の提唱するニューリテールはオンラインだけでなくオフライン、つまり実店舗や物流に関しても新しい構想を持ち、次々と事業展開を行っています。

オムニチャネルや無人店舗、次世代スーパーマーケットといった施策を実現し、中国ではますますアリババの存在感は大きくなっています。

ジャック・マー氏は中国の小売全体がアリババのプラットフォームで行われることを構想しているようです。

小さな個人商店や露店でもアリペイのQRコードが使われ、キャッシュレス化の進む中国。いつかジャック・マー氏の構想も実現しそうな勢いです。

天猫Tモールのウエブサイト。

続いては、Amazonとアリババの違いを具体的に見ていきましょう!

Amazonとアリババの違いとは「じゃあ、Amazonとアリババって具体的に何が違うの?」と思っているかたのために、Amazonとアリババの違いをお伝えしますね。

ざっくりと違いをまとめると

【Amazon】 UIの改善など、どんなユーザーでも使いやすいサイトに同じ業態(インターネット書店)の企業を中心に買収出店料・成約手数料が収益源

【アリババ】 世界中の国にいる中国人をユーザーとするさまざまな業態の企業(スナップチャットなど)を買収サイト内の広告が収入源です。

アリババとAmazonは様々に比較される。

Amazonは登録時や取引ごとに手数料がかかりますが、アリババは登録を無料にしています。

アリババの場合は、マーケティングのサポートなどがある、有料会員による収益がメインです。

ECのミライを考えるメディア > 流通最新お役立ち情報 > アリババとは?

中国のAmazon”Alibaba”を記述しました。この記事を書いた人 黒田剛司。

今日は中国のアリババの取扱高が1分間で1500億円で、これは11月11日の1が並ぶ日を「独身の日」として始め、

今年が11回目で、最も物が売れる一日として知られる。

「一年間で最も商品が安くなる日」として、数ヶ月分の商品を買いだめする消費者も多い。

という。中国経済が低迷する中でアリババは一人気を吐いている!!

アリババが凄いのはアイデアが凄いからこうなるのです!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。