お熱いのがお好き!グランド・プリズマティック・スプリングス!イエローストーン!

Pocket

火山は今でも活動中で、マグマから発せられる熱が多くの温泉や間欠泉地帯を生み出している!


お熱いのがお好き!グランド・プリズマティック・スプリングス!アメリカ・イエローストーン!

 

米国中西部に広がるイエローストーン国立公園。

公園内最大の規模を誇る熱水泉「グランド・プリズマティック・スプリングス」が水蒸気をあげる。

この公園の3分の1の地域は、超巨大火山=スーパーボルケーノ のカルデラ内にある。

火山は今でも活動中で、マグマから発せられる熱が多くの温泉や間欠泉地帯を生み出しているが、

近い将来に超巨大噴火を起こす確率は低いと予想されている。

行き方ー成田空港ージャンクソンホール空港=シカゴ、デンバー経由約19時間ー車で 約2時間半

日経新聞 NATIONAL GEOGRAPHIC 記事より。

 

ではこれについてもう少し詳しく調べてみます。

 

 

七色に輝くプリズムが美しい『グランド・プリズマティック・スプリング』!!


七色に輝くプリズムが美しい!アメリカで最大の熱水泉!!

 

[七色に輝くプリズムが美しい『グランド・プリズマティック・スプリング』]

アメリカで最大の熱水泉、グランド・プリズマティック・スプリング。

その大きさもさることながら、注目していただきたいのは、その色です。

七色に光り輝くその泉は、まさに幻想的です。虹色に輝く泉に、癒やされてみませんか?

グランド・プリズマティック・スプリングは、アメリカ・ワイオミング州のイエローストーン公園内にあります。

世界に3番目に大きい熱水泉です。

1871年に、地質学者が泉の色から取って、今の名前をつけました。

色は、ブルー、イエロー、グリーン、オレンジ、ゴールド、ブラウン、レッドと、七色に彩られています

グランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)

泉の色は、バクテリアが出してるもので、夏と冬で気温が変わると、泉の色も変わります。

夏は、オレンジや赤、冬は濃い緑になるそうです。

夏は、オレンジや赤、冬は濃い緑になるそうです!

泉の周りはバクテリアが生息できるくらいの温度になっていますが、

中心は高温になっているのでバクテリアは生息していません。

泉の深さは、およそ50mで、一分間に、約2100リットルもの熱水が湧き出してます。

ちなみに、人が泳ぐことは、人体に害があるとして禁止されているので、注意しましょう。

グランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)

泉を一番キレイに見れる時間帯は、午後の4時?5時

早朝の気温が低い時間帯に行くと、泉からの湯気で、

泉のキレイな色が見れないので、気温が上がった午後がおすすめです。

グランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)

グランド・プリズマティック・スプリングのある、イエローストーン公園は、世界で初めてできた国立公園としても有名です。

1872年に、世界初の国立公園として指定され、1978年に世界遺産に登録されています。

グランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)

イエローストーン国立公園では、熱水泉だけではなく、グリズリー、バッファロー、オオカミなどの動物を見ることもできます。

また、滝や湖など、自然を満喫できるスポットがたくさんあるので、

フランド・プリズマティック・スプリングだけではなく、イエローストーン公園全体を楽しむのもおすすめです。

グランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)

グランド・プリズマティック・スプリングは、見た目だけではなく、泉の色の原因も面白いため、観光客に人気なスポットです。

イエローストーン公園は、1万2千年前から、人類との関わりがあったとされる公園ということもあり、歴史を感じることができます。

アメリカ旅行の際は、ぜひ、足を運んでみてください。

[グランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)への行き方]

日本から、フランド・プリズマティック・スプリングへ行くには、

日本からソルトレイクへ飛び、そこから車やバスでイエローストーン国立公園に向かいます。

途中にも、グランドティートン国立公園という自然が豊かな公園があるので、

興味がある方は立ち寄って行かれることをおすすめします。

tabiyori 記事より。

 

 

沸騰する湖!夏にはバクテリアマットはオレンジや赤!

沸騰する湖!夏にはバクテリアマットはオレンジや赤!!

 

グランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)は、

アメリカ合衆国イエローストーン国立公園ミッドウェイ間欠泉地域に存在し、

行政区画的にはワイオミング州ティトン郡に位置する同国最大の熱水泉であり、

世界的にもニュージーランドのフライング・パン・レイク、

ドミニカ国のボイリング・レイクに次いで第3位の規模である。

グランド・プリズマティック・スプリングは1871年に行われた

ハイデン地質調査において地質学者が注目し、その印象的な色彩から命名された。

その色彩には青、緑、黄、オレンジ、金、赤及び茶が含まれ、

光学プリズムによる白色光から虹色への分散を思い起こさせる。

[参考文献歴史]  

この泉に関する初めの記録は初期ヨーロッパ人探検家および測量士によるものである。

1839年、アメリカン毛皮会社(American Fur Company)の毛皮獲得のために

罠を仕掛ける一団がミッドウェイ間欠泉地域を横断し、直径90メートルの

「沸騰する湖(boiling lake)」との記述を残しているものが、

恐らくグランド・プリズマティック・スプリングである。

1870年、後にイクセルシア(Excelsior)と名付けられる近くの間欠泉を

記録するウォッシュバーン-ラングフォード-ドーン探検隊(Washburn-Langford-Doane Expedition)が泉に訪れている。

泉の鮮明な色彩はミネラル豊富な水の周りに形成されるバクテリアマットの中で着色されるバクテリアによるもの!

[色彩]  

泉の鮮明な色彩はミネラル豊富な水の周りに形成されるバクテリアマットの中で着色されるバクテリアによるものである。

バクテリアは、緑から赤までの色を生じ、バクテリアマットの色の量は、

カロテノイドに対する葉緑素の割合および他の種よりも、ある種のバクテリアに有利となる水温による。

夏にはバクテリアマットはオレンジや赤になる傾向があり、冬は通常濃い緑である。

水域中央は極度の高温のため無菌状態である。

水域中央の水の濃い青は、水が行う可視光線からの選択的な赤色波長域の吸収に起因する本質的な水の青によるものである。

この効果は全ての大きな水の集まりを青くする原因だが、

グランド・プリズマティック・スプリングでは泉の中央における水が高純度で、深さもあるため特に著しい。

ウイキペディア。

[虹色に輝く驚きの泉!『グランド・プリズマティック・スプリング』が凄い。]

グランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)

グランド・プリズマティック・スプリングはアメリカの

イエローストーン国立公園内にある直径約113メートル、深さ48メートルにも及ぶ巨大な泉。

泉の周囲がカラフルな色に変色している珍しい泉です。

[虹色の理由]

泉の周囲がカラフルに変色している原因は「バクテリア」。

ミネラル豊富な泉に生息するバクテリアが緑、黄、オレンジ、赤色など鮮明な色彩を放っているそうです。

泉の中心部分は高熱で、バクテリアが生息できないため、美しいエメラルドブルーに保たれています。

絵具のパレットのような美しい色彩ですが、なにやら異質な雰囲気を感じてしまいます。

一度は訪れてみたいスポットですね。

旅時間 記事より。

 

 

青、緑、黄、オレンジ、金、赤、茶!プリズムで光を分散!虹色に輝く温泉!

青、緑、黄、オレンジ、金、赤、茶!プリズムで光を分散!虹色に輝く温泉!

 

[グランド・プリズマティック・スプリング Grand Prismatic Spring]

「グランド・プリズマティック・スプリング イエローストーンのシンボル」

オールド・フェイスフル・ガイザーの北に位置する間欠泉地帯 ミッドウエイ・ガイザー・ベイズンにある、

グランド・プリズマティック・スプリングは、アメリカで最大の熱水泉。

その規模はおよそ80×90m、深さは50mあり、

世界で第3番目(1:ニュージーランドのフライング・パン・レイク、2:ドミニカ国のボイリング・レイク)です。

青、緑、黄、オレンジ、金、赤、茶が含まれる色彩から、プリズムで光を分散したようなイメージを基に名づけられました。

この神秘的な色は、緑から赤までの色がバクテリアによるもので、中央部の濃い青色は、水によるものです。

グランド・プリズマティック・スプリングは、オールド・フェイスフル・ガイザーと並ぶ、イエローストーン国立公園のシンボルと言えます。

グランド・プリズマティック・スプリングの場所

オールド・フェイスフル・ビジターセンターから 6.7miles(11km) 車で12分

「グランド・プリズマティック・スプリングを見下ろす」

フェアリー・フォールズ・トレイルの入口の駐車場に車を停めて、ファイアーホール川の橋を渡って15分ほど行くと、

右にグランド・プリズマティック・スプリングの湯気が見えてくるあたりに、左の丘へ登った形跡がいくつかあります。

それを登れば上の写真のようなアングルでグランド・プリズマティック・スプリングを望むことができます。

正規に設置された展望所ではないので、自己責任のもと、注意して登ってください。

Link-USA 記事より。

[グランド・プリズマティック・スプリング]

(イエローストーン国立公園)

イエローストーン国立公園の顔とも言える、グランド・プリズマティック・スプリングは

オールドフェイスフル・エリアから少し北へ上がったミッドウェイ・ガイザー・ベイスンにあります。

[アメリカ最大の熱水泉!]

グランド・プリズマティック・スプリングは園内だけにとどまらず、全米でも最大の熱水泉で、直径は約113メートルもあります。

これは世界で第3位の大きさです。温度は70度ほどで、常に熱いお湯が湧き出ています。

[虹色に輝く温泉!]

このグランド・プリズマティック・スプリングの特徴はその色。

中央の透き通るような深い青から緑、周縁の黄、オレンジと極彩色のコントラストは強烈な印象を与えます。

この周囲の鮮やかな色はバクテリアによるものです。

脇には板張りの遊歩道が設置されていますが、あまりの大きさと立ち上る湯気で全体像を見ることはできません。

すぐ南の小高い山に登ると、全体を見渡せるポイントがあります。

世界遺産 オンラインガイド 記事より。

 

真ん中の青い部分はおよそ100度!バクテリアも生息していない!

真ん中の青い部分はおよそ100度!バクテリアも生息していない!!

 

[七色の温泉?!

色鮮やかなグランド・プリズマティック・スプリングが美しいinアメリカ]

アメリカにあるイエローストーン国立公園には、七色のまさに虹のような熱水泉があります。

大きさもさることながら、その色合いは鮮やかで美しく、季節によっても違う色彩を見ることができる人気の観光スポットです。

また世界遺産に選ばれているイエローストーン国立公園は雄大な自然が

そのまま残っている貴重な場所で、たくさんの動物や自然を感じることができます。

今回はそんなグランド・プリズマティック・スプリングとイエローストーン国立公園についてご紹介します。

[グランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)]

アメリカにあるイエローストーン国立公園には、カラフルな色合いの

グランド・プリズマティック・スプリングという熱水泉があり、

オレンジ、緑、黄、青、赤、茶、金などまるで虹のような色彩が美しいと評判を呼んでいます。

他にも大きさの異なる様々な熱水泉があちこちにあり、それらをみて周るのも楽しそうですね。

その鮮やかな色合いは場所によって違っていて、水温に応じて変わるバクテリアなどによって出来ています。

気温の変わる夏はオレンジ、冬は深い緑色になる傾向があるそう。

深さが50m弱あり、頻繁に高温の温泉水が噴出しています。もちろん泳いだりすることはできません。

真ん中の青い部分はおよそ100度ほどあるため、バクテリアも生息していないとのこと。

そのため青色が基本だそうです。熱水泉の中を適度な距離で見ることができます。

時間帯や時期にもよりますが、蒸気が立ち込めていて熱いとのこと。

動物達も端の温度が比較的低い部分を歩いています。

こういう自然な風景が見られるのがイエローストーン国立公園の魅力ですね。

蒸気が立ち上っていることが多いグランド・プリズマティック・スプリングをきれいに

見るための時間帯は、晴れてい気温が高めの午後4時すぎ位がおすすめだそう。

バクテリアが作り出すというこの色合い、本当に美しいですね。

Tap Trip 記事より。

 

 

超巨大火山のカルデラ内にある!

グランド・プリズマティック・スプリングス!超巨大火山のカルデラ内にある!

 

以下は今日のまとめです。

米国中西部に広がるイエローストーン国立公園。

公園内最大の規模を誇る熱水泉「グランド・プリズマティック・スプリングス」が水蒸気をあげる。

この公園の3分の1の地域は、超巨大火山=スーパーボルケーノ のカルデラ内にある。

火山は今でも活動中で、マグマから発せられる熱が多くの温泉や間欠泉地帯を生み出しているが、

近い将来に超巨大噴火を起こす確率は低いと予想されている。

七色に輝くプリズムが美しい『グランド・プリズマティック・スプリング』

アメリカで最大の熱水泉、グランド・プリズマティック・スプリング。

その大きさもさることながら、注目していただきたいのは、その色です。

七色に光り輝くその泉は、まさに幻想的です。

七色に光り輝くその泉は、まさに幻想的です!

世界に3番目に大きい熱水泉です。

泉の色は、バクテリアが出してるもので、夏と冬で気温が変わると、泉の色も変わります。

夏は、オレンジや赤、冬は濃い緑になるそうです。

泉の周りはバクテリアが生息できるくらいの温度になっていますが、中心は高温になっているのでバクテリアは生息していません。

[虹色の理由]

泉の周囲がカラフルに変色している原因は「バクテリア」。

ミネラル豊富な泉に生息するバクテリアが緑、黄、オレンジ、赤色など鮮明な色彩を放っているそうです。

泉の中心部分は高熱で、バクテリアが生息できないため、美しいエメラルドブルーに保たれています。

今日はイエローストーンの熱水泉グランド・プリズマティック・スプリングスを紹介しました。

7色に輝くこの熱水泉は、まさに幻想的です。

カラフルに変色するのはバクテリアが原因でした。

中心部は高温でバクテリアが生息できないため、美しいエメラルドグリーンに輝き幻想的です!

世界は広いこのような幻想的な自然が広がっている、素晴らしさが自然界なのです!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。