「はかる」が開く新しい扉!欲しいだけの分購入できる量り売りの店が目立ち始めた!はかれないものに着目する人もふえている!!

Pocket

「はかる」が開く新しい扉!

「はかる」が開く新しい扉!欲しいだけの分購入できる量り売りの店が目立ち始めた!はかれないものに着目する人もふえている!!

 

欲しいだけの分購入できる量り売りの店が目立ち始めた。

ハーブやフルーツの香りがするオリーブオイルは食の楽しみを広げ、

印刷会社に眠っていた紙の切れ端との出会いは創作意欲もくすぐる。

人は、適正に何かを図ることで科学技術や文化を発展させてきた。

最近は「幸せ」を数値化する試みにとどまらず、大切な人との距離など、

はかれないものに着目する人もふえている。

今、あなたが図りたいものは?

Measure

Weight

sound

Time

gauge

survey

 

 

オリーブオイルとバルサミコ酢などをはかりうるで購入できる!


思いもよらぬ自分と出会う!自分のできることはやりたいなと思って」と容器を持参し、食器洗剤を購入した!

 

東京や京都にある「オイル&ビネガー」の店内に入ると、黄色やグリーン、深いブラウンの液体が目に飛び込んでくる。

イタリアやスペインなどを産地とするオリーブオイルとビネガーだ。

オランダ初で世界に約150店を展開する。

店舗によって異なるが、オリーブオイルなら、100mlあたり1000円程度から量り売りしている。

合わせて25~30種類を扱うため、珍しいものも多い。

オリーブの実とオレンジを一緒に圧搾した「オレンジオリーブオイル」はサツマイモやポークソテーに合う。

イチジクの風味をつけた「フィグクリームビネガー」は鶏肉や鴨肉のほか、ヨーグルトやバニラアイスのトッピングにもいい。

「これはどんな味ですか」「このフレーバーに合うものは?」店頭ではこんな会話が日常だ。

自由が丘=東京・目黒 の料理長の村主佳丈さんは「気になったものを何度か通って試す人が多い」と話す。

中には全種類を制覇し、お気に入りを探した人もいるそう。

少量から購入できる量り売りが、新しい食や味との出会いをもたらしている。

身近な品で量り売りが広がりつつある。

江戸時代には酒やしょうゆなど日々使う食品の多くがそうだった。

ガラスやプラスチック製の容器の進化や効率化に伴い徐々に消えていったが、この数年再注目されている。

容器を使い捨てせずにすみ、購入量も自分が使いきれる分だけと、無駄を省けることに魅力を感じる人が増えているからだ。

ニュージーランド創業のエコストアは支持を集める店の一つ。

自然由来の原料の洗剤やボディケア用品などを製造販売し、2016年、日本に上陸した。

本国同様の量り売り形式でアトレ恵比寿店=東京・渋谷 では、洗濯洗剤は100g88円、食器洗剤は同77円など。

洗剤などの量り売りの「アトレ恵比寿店」!

1回分から10g単位で購入できる。

「自分のできることはやりたいなと思って」と容器を持参し、食器洗剤を購入した小笠原智子さんは話す。

関心の高まりを受けて他社のショップ内での販売も含め、エコストアの量り売りの拠点は20カ所に広がっている。

着想のきっかけを生む量り売りもある。

大垣書店=京都市 が運営する「堀川AC Lab」には色や大きさ、暑さの異なる紙が100種類ほどずらりと並ぶ。

ほんの表紙に使われた少し厚めの紙やシャンプーの広告に用いた円い形、しっとりとした

手触りで目の覚めるようなオレンジ色のイタリア製の紙もある。全て1g1円だ。

「こういうお店、なかなかなくて」。

スクラップ作りが趣味という近所に住む女性47 は「きれいな紙で他でも買えるので、くすんだ色やおもしろい紙を探している」。

海外の友人に贈っても、喜ばれるという。

量り売りを企画するのは印刷会社の修美社=京都市 だ。

「これらは倉庫にたまっていく紙なんです」と代表の山下昌毅さん。

業界で「紙出=しで」と呼ぶ、行き場をなくした紙だ。

製紙工場で作られた紙は代理店や卸を経て印刷会社で印刷物となり、私たちの手元に届く。

その間、裁断して使えなくなった紙も出れば、半端な枚数で

売れなくなった紙、発注ミスで使えなくなった紙もある。

従来は古紙回収に出していたものの、

「せっかく個性ある紙として生まれたのに――」と心苦しかったそう。

大きさや枚数がばらばらのため「量り売りにするしかなかった」が、

普通なら捨ててしまうだろうメモリなどがついた端っこの方が実は人気がある。

「星屑」と呼び、閉じたノートや一定量をパック詰にして店頭に並べる。

近所に住む女性もインデックスのタフ型に切り抜かれた、穴の開いた紙を購入した。

使いようがなさそうだが「何かに貼り ドアや窓のように使えるかと思って」。

Labを担当するルーウェイニーさんは「何を作るか決めずにきて、ここで考えるアーティストも多い」という。

アイデアの源になっている。

耳慣れない、変わった単位の量り売りもある。

東京・品川の東洋画材を扱う「ピグモン トウキョー」は、絵具を自作するために用いる顔料4500色を、グラムではなく1両から販売する。

「日本がには広く認識されている単位」

と同施設の能絛雅由さんは説明する。

日本がでは1両は15g=4匁。かって絵具は薬種商が扱っており、薬を測る単位の名残とみられる。

ネイリストなども訪れるが、1両と説明すると「その単位や量に驚く人も多い」。

近代化とともに使わなくなった単位は多い。

例えば大人の羽織1着が仕立てられる反物のサイズは「羽尺=はじゃく」だ。

羽のように見えたのだろうか。

そんなふうに意味をも考えたくなるような単位は少なくなかったが、

「はかる」ことがもたらす出会いは今も広がっている。

 

 

工藤あゆみさんは「はかるとは把握すること、自分の心と対話すること」と話す。


この気持ち、何グラム!「はかる」をめぐり、そんな不思議な現象が起きている!!

 

はかれるものをあえてはかれないものに。

逆に、はかれないものをはかりたい――-。

「はかる」をめぐり、そんな不思議な現象が起きている。

砂時計の砂の中に埋もれているのは赤い石と青い石の指輪。

時計をひっくり返すと、その指輪が邪魔になり、砂の落ち方は均一にならない。

ところどころ途切れたり、しゃっくりするかのようにリズムが崩れたり。

時計を測れない砂時計!

時計を測れない砂時計を作ったのは慶應義塾大学の

特別招聘教授でコンテクストデザイナーの渡邊康太郎さんだ。

時計を測れない砂時計を作ったのは慶應義塾大学の渡邊康太郎さん!

「そもそも何分計なのか、ぼくすらわかりません」という。

「人はぼーっとしている時に脳の複数の部位が活発に動いて、気づきが訪れる。

そんな時間を生み出せばと思ったが、当初はぼく自身も使い方は分かっていなかった」と話す。

だが、製作段階でいぶかしげだったある女性はこう語り出した。

小学生の娘のために部屋を作った。

窓辺にこの砂時計を置いて寝る前に部屋に行き、ひっくり返して聴く時間を持ちたい。

20歳になったら指輪を取り出して、青は娘、赤は私――。

「用途もなく使い手も特定しない、はかれないもの。

矛盾しかないものが意味を持ち始めた」と渡邊さん。

はかれないからこそ、どう使うか、それが自ずと創造しはじめるのだ。

はかれないものへの関心も高まる。

特に注目されているのが「幸せ」だ。

あなたはどんな時に幸せを感じますか。

きれいな桜を見た時、などと答えるだろう。

日立製作所が20年7月に設立したハピネスプラネット=東京都国分寺市 代表、矢野和男さんは

「多くの人が答えるのは手段。人によっても、時代によっても違う」と話す。

同社はスマートフォンのアプリで人が幸せと感じる度合いを測る技術を開発した。

スマートフォンのアプリで人が幸せと感じる度合いを測る技術を開発した!

従来、幸福度はアンケートの回答をデータとする研究が多かったが、「無意識の体の動き」に注目。

私たちは99%以上無意識で動いているといういい、結果として生じる体の動きで幸せを算出する。

約15年前から加速度センサーなどで体の動きを計測してきた。

加速度センサーなどで体の動きを計測してきた矢野和男さん!

そのデータとストレスなどの相関性を調べ、さらに誰と誰が合っているかといった

人間関係の要素や主観的なアンケート結果を盛り込み体の揺れのパターンと幸せの関係性を導き出している。

例えば、組織内で頻繁に5~10分の会話をすると幸せを感じることなどが分かっており、

ジャケットのポケットに入れたスマホ内の加速度センサーが、揺れのパターンからしあわせの程度をはじき出す。

自らの組織の幸福度を図るはかるために約10社が採用している。

20年に導入した第一生命経済研究所は、徐々に幸福度が上昇したそうだ。

「はかるという行為そのものが、前向きに働くことにつながった可能性がある」と社長の丸野孝一さんは見る。

目に見えないものを数値化してはかると、心に変化が訪れる。

ハピネスプラネットの矢野さんは「計測を万能視してはならないのが組織の人間ドックのようなもの」という。

幸せだけではない。「あなたが去った後の静けさを測る」――-。

少し前まで誰かの温もりがあった家で、誰かがさった後の静けさ。

1人残され、ソファが急に広くなったと思った経験があるかもしれない。

日常に感じる49ものははかれないものを絵と言葉で表現した

書籍「はかれないものをはかる」青玄舎は18年に発売し、現在4刷。

21年は前年を上回る売れ行きだ。

著者は現代アート作家でイタリア在住の工藤あゆみさんだ。

新約聖書の「ヨハネスの黙示録」にあった「聖なる場所や礼拝する人々をはかりなさい」という一説が目に留まった。

想像してみたところ、「何かをはかるとは、まずその意味を自分なりに捉えなければならない」と感じた。

49のなかでイタリア人が好むのは「ふとんのぬくもりを測る」とのことで、

工藤さんは「今はある人にとっては『ふとん』を失っている状況かもしれません」と話す。

かの地でロックダウンを経験し、自身も心身の温度を保つ『ふとん』を失う状態だった。

それでも「ただ寒い、つらいと嘆くのではなく、ふとんをはがされて

縮こまる自分を想像するとなんとなく冷静になれた」という。

「はかるとは把握すること」と工藤さんは続ける。

大切なのは「評価をしないこと」で、今はこれくらいと自分のものさしで

把握できると「心がすとんと落ち着き、日常が取り戻せる」と説明する。

コロナ渦で書籍を手に取る人が多いいというのも、うなずける。

長さや重さをはじめ、視力や体温などの健康や気象といった

自然現象をもなんとかはかり、基準を作って人は科学技術や文化を進歩させてきた。

これからも様々なものをはかりはかりながら暮らしを豊かにし、

一方で、はかれないものに心揺さぶられ続けるだろう。   

井上聡子  鈴木健撮影 日経新聞。

 

ではこれらにまつわる関連記事を研究してゆきます。中でもビートゥバーについて詳しく調べます!

 

 

思いもよらない成り行きを、大切にしよう! 自然の成り行きは、チャンスです!

 思いもよらない成り行きを、大切にしよう! 自然の成り行きは、チャンスです!神様からの「その道に進みなさい」という啓示です!

 

[思いもよらない成り行きを、大切にしよう。]   

自然の成り行きは、チャンスです。

自分がこうしようと思わなくても、力がすでに働いているということは、神様からの「その道に進みなさい」という啓示です。

「思う成り行き」から「思いもしない成り行き」にスイッチしましょう。

私たちは、自分が思わないような成り行きばかりです。ほうっておけば自然と髪が伸び、爪が伸びます。

自然に心臓が動き、脈打っています。夜になれば、自然と眠くなり、朝になれば自然と起きてしまいます。

自分が生まれた事実も、自分がそうしようと思って、そうなっているわけではありません。

世の中は「自分が思いもしないことばかり」で成り立っています。

人生の基本土台は、すべて「思いもしないこと」ばかりです。

あなたの目の前で、もし何か「思いもしないこと」が起これば、その自然の成り行きに身を任せてしまうことです。

心臓が勝手に動き、髪や爪が勝手に伸びてしまうことは理屈ではうまく説明できませんが、たしかに必要な出来事です。

同じように、目の前で起こる思いもしない出来事も、理屈では説明できませんが、往々にして必要な出来事なのです。

なぜ起こったのかは、後になってわかります。

自分の意思、思い、願いとは関係なく「思わぬ出来事」は神様からのプレゼントです。    

HAPPY LIFESTYLE より。

 

 

すごっ!「人生には何が起こるかわからない」と感じたエピソード!

すごっ! 「人生には何が起こるかわからない」と感じたエピソード!実際には思いもよらぬことが自分の身に降りかかってくることも!!

 

[すごっ! 「人生には何が起こるかわからない」と感じたエピソード10]    

自分の人生は平凡そのもの。

ドラマチックな出来事が起こるわけはないと思っている人も多いと思いますが、

実際には思いもよらぬことが自分の身に降りかかってくることも。

今回は女性たちが「人生には何が起こるかわからない」と実感したエピソードを集めてみました。

「■意外な相手との結婚」  

・「5回振った男性と結局は結婚したこと」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)  

・「付き合っているけど結婚はないと言っていた相手とデキ婚した友だちを見たとき」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

この人との結婚はないだろうと本人も周囲も思っていたのに、突然の結婚報告。

どんな気持ちの変化があったのかと聞きたくなりますが、

男女の関係というのは第三者から見るとよくわからないものですね。 

「■ドラマのような人生の展開」  

・「社長と結婚した友だちが、その会社がつぶれて、今は一家の大黒柱をやっていること。

マダムになったと思っていたが、実は今のほうが楽しそう」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)   

・「今年、同僚に彼女ができ、妊娠し、結婚し、別居し、離婚したと2カ月ごとくらいに報告されたとき」

(30歳/情報・IT/事務系専門職)  まるでドラマの脚本を地で行くような人生を送っている。

そういう人を見ると幸せが長く続く保証もないし、人からは不幸に見えても

実はそうでもないという当たり前のことを実感させられそうです。

「■思いもかけなかった仕事をしている」    

・「転職をしたとき、こういう仕事をするとは思わなかったと思う」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)   

・「大学時代の語学留学がきっかけで語学の学習に目覚め、現在では語学を駆使して仕事をしているということ」

(25歳/その他/事務系専門職) 学生時代にある程度自分の

将来の仕事について考えていたけれど、今はまさかと思うような仕事をしている。

その方面での才能があったからこそでしょうが、転職などふとしたきっかけでそれに気づくこともありそうですね。

「■予定外の結婚」   

・「いつも短命で終わっている恋愛ばかりしていたのに、あっという間にお金持ちの人と結婚してしまった私。

怖いです」(32歳/建設・土木/事務系専門職)   

・「自分が来年結婚すること。

恋愛とは長年無縁だったし、予定もしてなかったので」(33歳/学校・教育関連/技術職)   

結婚するまでには、まだ間がありそうだと思っていたのにとんとん拍子に話が進んで、という実体験をした人も。

こういうことがあると、恋愛も含めた人生に「絶対」という言葉はないのかなとも思いますね。

「■意外な場所での旧友との再会」   

・「幼稚園同じクラスだった子と大学生になって部活動で出会いました」

(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)   

・「転職先に、高校の同級生がいたことがあり、驚いた」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

子どものときに離れ離れになった人と思いがけない場所で再会したり、同級生と同僚になったり。

地元ならそれほど不思議でもなさそうですが、地元から離れた場所だと不思議な縁を感じますね。

「■まとめ」    

毎日、変わらない暮らしをしていると思っている人でも出会う人生の不思議。

いいことも悪いことも含めて、何が起こるかわからないと実感した経験がある人は少なくないようです。

何が起こるかわからないからこそ、人生は楽しいという人もいますが、

できれば悪い面での思いがけない出来事は避けたいもの。

ただ、それができないのも「人生には何が起こるかわからない」と言われる所以でしょうね。    

Peachy より。

 

 

誰と出会うかで、未来が変わる!

誰と出会うかで、未来が変わる!自分を振り返ってみると 親の影響、アーティストの影響、友達の影響、本の影響・・・様々な事柄が僕に刺激を与えてくれています!!

 

[誰と出会うかで、未来が変わる。]    

「あなたは、誰の影響を受けましたか? 

自分を振り返ってみると 親の影響、アーティストの影響、友達の影響、本の影響・・・様々な事柄が僕に刺激を与えてくれています。

そんなたくさんの刺激に共通しているのは、そこに「人」がいること。

「誰か」の影響を受けて、自分の未来が少しづつ変化しています。 

でも、いつも出会う人が、自分の未来に「良い影響を与える人」とも限りません。

騙されたと思うこともあるでしょうし、失敗したと感じることもあるかもしれません。

誰かからの勧め、誰かへの憧れ、誰かへのアピール・・・

いろいろな「誰か」が私たちの周りにいて、影響を受けて何かしらの行動をします。

その影響は、意識的にも無意識的にも、私たちの未来を常に変化させています。

 未来は、未だ来ぬ時間です。予想や占いはできても、誰にもわかりません。

でも、「誰と会うか」でその未来は大きく変わり、そして良いものにもできます。 

現在の自分が、誰かに会ってその影響を受けてきたように、これからの未来も、誰かに会って影響を受けていくことでしょいう。

だから、「誰に出会えるか」が自分の未来を切り開いていくともいえます。

自分を振り返ってみても、コモンビートを創るに至ったことも、地球したことも、会社を経営してきた時も、

多くの人の出会い、その1つ1つが様々な可能性を爆発的に広げてきたように思います。

思いもよらなかった、すばらしい人生です。

出会いの少ない人の多くに、「あまり影響を受ける人に出会えない」と言う人もいます。

有名人や著名人である必要はなく、偉人である必要もありません。

自分にとって良い未来へと導く人は、自分が気付くかどうかだけで、周りにたくさんいるはずです。

出会いの数だけ、可能性は広がることでしょう。人を選んで出会うより、

出会ってから機会を選ぶくらいがちょうどいいのかもしれません。

 そして、自分も誰かに影響をしています。少なからず誰かに影響を及ぼしている以上、誰かの未来を変える存在です。

自分がそうして影響を受けて未来を築いてるように、誰かの未来にも良い影響を与えられるような存在でありたいですね。    

COMMON BEAT より。

 

 

私の人生を変えた一冊!あなたの一冊」と、出会ってください!

あなたの一冊」と、出会ってください!「私の人生を変えた一冊」をテーマに、著名な方々40名に推薦図書とひとこと書評を寄稿していただき!!

 

[朝日新聞掲載『MEET YOUR BOOK』人生を変えた「あなたの一冊」聞いてみました。

【売れるデザイン、魅せるデジタル Vol.6】]     

今までエードットグループが関わってきた広告やPRなどについての情報を、写真やグラフィックを添えながら、

分かりやすく皆様にご紹介していく企画 「売れるデザイン、魅せるデジタル」。

第6回目は、朝日新聞社さま(以下、敬称略)の『MEET YOUR BOOK』をご紹介いたします。

このプロジェクトには総勢40名の作家やクリエーター、本好きの著名人、インフルエンサー、出版社から「読書のプロ」が参加。

「私の人生を変えた一冊」をテーマに推薦図書とその本に対するひとこと書評を寄稿していただきました。

そしてそれらをもとに、2020年7月11日(土)の朝日新聞朝刊紙面に広告を掲載。

同時に朝日新聞社が運営する本の情報サイト「好書好日」内にも特設ページを設置いたしました。

私たちエードットは、気鋭のクリエーター集団「The Breakthrough Company GO」とともに

『MEET YOUR BOOK』の企画やクリエイティブを担当。

特別協賛には日本図書普及さま、協賛には出版社16社が参加してくださいました。

「あなたの一冊」と、出会ってください。」  

「新しい日常」が始まっています。

新しい自分になるために、本屋さんに足を運んでみませんか。

本屋さんは、ただ本を買う場所でなく、「本と出会う場所」です。

検索ではたどり着けないような、思いもよらぬ一冊が見つかることがあります。

新しいし知恵や思想をインストールし、古い価値観をアップデートしてくれる一冊。

他者の物語に触れ、人生の幅を拡張してくれる一冊。

本を閉じたとき、読む前とは少し違った自分がそこにいる。

人生を変革するような「あなたの一冊」と出会うために、本屋さんはあるのです。

紙の香りに包まれて、奥に広がる世界に思いを馳せてみてください。

あなたの一冊が、今日も、あなたと出会うことを待っています。

(朝日新聞朝刊紙面より抜粋)

さて、今回のエードットジャーナルでは、『MEET YOUR BOOK』で

プロジェクトマネージャーを務めたエードット山口雄大にインタビューを行いました。

『MEET YOUR BOOK』を実施するまでの背景や、このプロジェクトに込められた

想いなどについて語ってもらいましたので、ぜひ最後までご覧ください。

「-『MEET YOUR BOOK』について詳しく教えてください。」   

「私の人生を変えた一冊」をテーマに! 

山口:「私の人生を変えた一冊」をテーマに、著名な方々40名に推薦図書と

ひとこと書評を寄稿していただき、朝日新聞朝刊紙面(15段)と

本の情報サイト「好書好日」内の特設ページで紹介しております。

また特設ページでは、寄稿者の書評を掲載するとともに、閲覧者が推薦本の書影と

本企画のロゴ画像を組み合わせて簡単にSNSに投稿できるジェネレータを設置しております。

“私の一冊”をSNSでシェアすることが可能

「-『MEET YOUR BOOK』のプロジェクトにエードットが参加することになったきっかけは?」  

山口:このプロジェクトは、社会課題解決型の新聞広告を企業と

共に発信するサービス『BrandNews(ブランドニュース)』の一環で行われております。

今回はBrandNewsのメンバーである牧野圭太(エードット副社長/子会社カラス社長)が、

The Breakthrough Company GOさんよりお声がけいただいたことをきっかけにスタートしています。

「-このプロジェクトの目的は?」 

山口:「Withコロナにおける書店支援」×「読書推進活動」で何か話題化できる企画ができないか?

というご依頼を朝日新聞社さまよりいただき、今回のプロジェクトが生まれました。

新型コロナウイルス感染拡大により、家で過ごす時間が長くなった今こそ「読書の価値」を再発見してもらう 。

さらに実際に書店に足を運ぶことで、今まで知らなかった新しい本との出会いを増やしてもらう。

そのような目的で実施された企画です。

 「-このプロジェクトが伝えたいメッセージは?」  

山口:牧野が考えたボディコピーの中の『本屋さんは、ただ本を買う場所でなく、

「本と出会う場所」です。』という一文が、まさに今回のプロジェクトの重要なメッセージになっていると思います。

web上ではできない「本と出会う」という行為が本屋さんの価値であり、その価値を

見出すための後押しをこのプロジェクト『MEET YOUR BOOK』が可能にしていると思います。

 「-今回のお仕事を通して、山口さんが感じられたことをお聞かせください。」  

山口:個人的な感想にはなりますが、今回のプロジェクトでは新聞広告と特設サイト開設を並行して進行し、

インフルエンサーさんのアサイン等、私個人として初めて経験することが多いプロジェクトでした。

何事も初めてのことは緊張しますし、壁にぶち当たることが多いと思いますが、乗り越えた時の自分自身の成長や感動は非常に大きいです。

その成長や感動をこの会社に入ってから1番強く感じることができた案件だったなと思います。

 「-今回の経験を活かして今後やってみたいことは?」  

山口:PMとして仕事をするに当たって、正直今まで

「社会的に価値のあることする」という目線で仕事をしたことがありませんでした。

しかし、今回のプロジェクトに関わったことで、

自分が任された仕事に対しての向き合い方が変わりました。

クライアントの要望に応えることはもちろんのこと、

「その広告・商品が社会に出たときにどのような影響を与えるか」を意識した

仕事の取り組み方をしていきたいと思うようになりました。

そのような意味で、今回の『MEET YOUR BOOK』に関われたことは、

自分にとって本当に大きな学びになりました。

このプロジェクトに関わってくださった多くの皆さんに、心から感謝しています。

ありがとうございました。  

    風間 夏実さんです!  

風間 夏実   株式会社エードットの広報担当。

あだ名はなっちゃん。

コーヒーとコーホーの人。    

a.journal  より。

 

 

人は何かを図ることで科学や文化を発展させてきた!

人は何かを図ることで科学や文化を発展させてきた!またはかれないものに着目する人が増えている!思いもよらぬ自分と出会うこともある!!

 

今日のまとめ。

欲しいだけの分購入できる量り売りの店が目立ち始めた。

ハーブやフルーツの香りがするオリーブオイルは食の楽しみを広げ、印刷会社に眠っていた紙の切れ端との出会いは創作意欲もくすぐる。

人は、適正に何かを図ることで科学技術や文化を発展させてきた。

最近は「幸せ」を数値化する試みにとどまらず、大切な人との距離など、はかれないものに着目する人もふえている。

今、あなたが図りたいものは? 

思いもよらぬ自分と出会う!

自分のできることはやりたいなと思って」と容器を持参し、食器洗剤を購入した! 

この気持ち、何グラム!

「はかる」をめぐり、そんな不思議な現象が起きている! 

思いもよらない成り行きを、大切にしよう!

自然の成り行きは、チャンスです!

神様からの「その道に進みなさい」という啓示です! 

すごっ! 

「人生には何が起こるかわからない」と感じたエピソード!

実際には思いもよらぬことが自分の身に降りかかってくることも! 

誰と出会うかで、未来が変わる!

自分を振り返ってみると 親の影響、アーティストの影響、友達の影響、

本の影響・・・様々な事柄が僕に刺激を与えてくれています! 

あなたの一冊」と、出会ってください!

「私の人生を変えた一冊」をテーマに、著名な方々40名に推薦図書とひとこと書評を寄稿していただき!

今日は「はかる」が開く新しい扉!について研究してきました! 

まず欲しいだけの分購入できる秤売りの店が目立ちはじめた! 

人は何かを図ることで科学や文化を発展させてきた! 

またはかれないものに着目する人が増えている! 

思いもよらぬ自分と出会うこともある!   

この気持ち、何グラム!「はかる」をめぐり、そんな不思議な現象が起きている! 

はかるとはそれなりに色々な試みがあって、不思議な現象も起きているという!  

はかるとはいろいろな現象が起きています!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。